名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

元谷一志の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

元谷一志のプロフィール

元谷一志、もとや・いっし。日本のホテル経営者。「アパホテル」社長。学習院大学経済学部経営学科卒業後、住友銀行を経てアパホテルに入社。常務、専務、CFO(最高財務責任者)、経営企画本部長、人事部長などを経て社長に就任。

元谷一志の名言 一覧

私どものホテルの考えとしては、コンパクトな客室で平米数を誇るのではなく、満足をいかに売るかを考えています。


規模が大きくなると、調達力も大きく有利になります。調達力は部屋数に比例し、部屋数は競争力になる。


考え方として日本のみならず、世界においても出張に行く人材は仕事ができるからこそ出張に行くのであって、だからこそ将来の経営層に成り得る人材であり、キーパーソンであると考えています。ですから、その方たちが経営層になったときに、アパホテルに良い印象を持っていただくことを推進していきたい、そう考えております。


元谷一志の経歴・略歴

元谷一志、もとや・いっし。日本のホテル経営者。「アパホテル」社長。学習院大学経済学部経営学科卒業後、住友銀行を経てアパホテルに入社。常務、専務、CFO(最高財務責任者)、経営企画本部長、人事部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

木川眞

ヤマト運輸の社長に就いた年、私は改革を進める上で、社員にどう伝えるべきか考えました。そして、1年ごとにわかりやすいキャッチフレーズをつけることにしました。初年度の2007年は「チェンジ」。米国大統領選の前ですから、オバマ大統領より私の方が早かったので真似ではありませんよ(笑)。2年目は「チャレンジ」、3年目は「アドバンス(前進)」、4年目が「アチーブ(達成・成就)」です。この4年間は社内のどこへ行ってもキャッチフレーズがあり、効果はあったと実感しています。


堀之内九一郎

あまりに早くスタートしても、その人の人間性が備わるまでは、なかなか成功しません。一時的に成功しても、途中で人の嫉妬などのマイナス感情を受けて、どこかでつまずいてしまいます。商売とは、人が集まって初めて成り立つものですから、まわりの人に悪感情を持たれると、そのほころびは、どんどん大きくなっていくのです


中村澄子

多忙なビジネスマンでも、その気になれば学習時間は作れるのです。私の教室の参加者には、教室の時間(週3時間2カ月8回)以外に、平日は毎日自宅で1時間、通勤時間は往復2時間と仮定して両方をリスニングにあて、昼休みのうち10分間をリーディングにあて、週末は土日各3時間ずつ学習を、と勧めています。


内藤忍

人付き合いで大切なのは数ではなく質といえます。人付き合いがいいというのは褒め言葉かもしれませんが、そのために無理をする必要はありません。それに大勢の人と付き合うことは、リスクを増やすことにもつながります。自分なりの付き合いの基準を持って、ときには人間関係の損切りを行ってもよいのではないでしょうか。


柏本湊

日々心がけてほしいのが「原価を知る」こと。たとえば私は最近、外食チェーン店の餃子の原価がひとつ5円程度だと知ったのですが、そう考えれば1皿200円の餃子すら高く思えて「家で作ろうか」という発想になります。その商品の原価がどのくらいかを知ると、自然と節約する気持ちが芽生えますし、贅沢をする際の本当の価値もわかるのです。


池谷幹男

いま一度、お客様に適切にサービス提供ができているかをグループ全体で検討している。機動的にサービスが提供できるかどうかが、お客様にご評価いただくためのキーポイントになる。


市村洋文

不摂生な人は、30分早く就寝し、起床時間を30分早くしてみてはいかがでしょうか。そして、その30分で、その日にやることをメモします。そしてそれに沿って行動を開始します。時間的な余裕を感じ始めたら、それがモチベーションになり、早起きするのが楽しくなってきます。するといつの間にか、それが習慣になってくるのです。


浜田宏一

米国の学生は、何か問題が出てきた時にそれをどう解決するか、自分の頭で考えて相手と議論しながら、私的な解答にまで高めていく訓練がされています。日本の学生に「この問題についてどう思うか」と聞いても答えられない人が多い。そういう意味で、日本人は幼稚な印象を受けます。


佐々木宏

『コピー年鑑』を覚えるほど読みまくるなんていう猛勉強は効きました。いつも僕に対して批判的だった先輩からも仕事をもらえるようになりましたし、それに、キャッチフレーズのあとに説明を加えるポディコピーがヘタだと言われても、「ほかの人にキャッチは褒められたのだから、ボディコピーそのものをなくしてみよう」「そもそも、見る人だってキャッチしか見ていないだろう」なんて、自分の長所で勝負できるようになっていったんです。
【覚書き|コピー年鑑とは東京コピーライターズクラブが毎年発行している優れた広告コピーを集めた本】


中村獅童(二代目)

問われるのは、意気込みがあるかないか。その人が仕事にどんな気持ちで臨んでいるのかは、何も言わなくても相手に伝わる。


吉永泰之

新しい技術でも的を絞って取り組む。それを明確にしています。たとえば無人運転はやりません。その時代が来ないと思っているわけではありませんが、地球上のクルマがいきなり全て無人運転になるとも考えにくい。それに、我々は世界シェアたった1%の会社です。そんな会社が今から大手と競って無人運転をやるより、まずは運転支援にしっかり取り組んだ方がいいと思っています。


星﨑尚彦(星崎尚彦)

全国にいる社員全員が「やり切る」のは本当に難しいんです。変わったと思っても、すぐに元に戻ってしまう。ふらりと店舗を訪れてみると、POP(店頭販促)が使われずに山積みになっていたこともある。そこで始めたのが全国の店舗を回ること。それが私の苗字を取って名づけた「ホシキャラバン」です。社員を鼓舞し統ける方法を考えた末の結論でした。一緒に店舗を回りたいと志願する社員とともに、マイクロバスを使って現場に向かいます。運転手を雇うお金はないので、私が大型2種免許を取得しました。店舗では約2時間をかけ、接客の改善点から店内の掃除、商品の陳列、のぼりの立て方まで指導します。経営判断が必要なことがあれば、移動中に関係者と会議をして、すぐに決めます。