名言DB

9413 人 / 110706 名言

元谷一志の名言

twitter Facebook はてブ

元谷一志のプロフィール

元谷一志、もとや・いっし。日本のホテル経営者。「アパホテル」社長。学習院大学経済学部経営学科卒業後、住友銀行を経てアパホテルに入社。常務、専務、CFO(最高財務責任者)、経営企画本部長、人事部長などを経て社長に就任。

元谷一志の名言 一覧

私どものホテルの考えとしては、コンパクトな客室で平米数を誇るのではなく、満足をいかに売るかを考えています。


規模が大きくなると、調達力も大きく有利になります。調達力は部屋数に比例し、部屋数は競争力になる。


考え方として日本のみならず、世界においても出張に行く人材は仕事ができるからこそ出張に行くのであって、だからこそ将来の経営層に成り得る人材であり、キーパーソンであると考えています。ですから、その方たちが経営層になったときに、アパホテルに良い印象を持っていただくことを推進していきたい、そう考えております。


元谷一志の経歴・略歴

元谷一志、もとや・いっし。日本のホテル経営者。「アパホテル」社長。学習院大学経済学部経営学科卒業後、住友銀行を経てアパホテルに入社。常務、専務、CFO(最高財務責任者)、経営企画本部長、人事部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

磯村巌

トヨタもまだ足りないところが多い。組織改革のスピードだって、もう少し速くてもよかったかもしれない。「うちが1番」と思ったら、トヨタはおしまいです。世間から「強い会社」とか言われる「褒め殺し」が一番怖い。慢心病にならないように、まだヨソの会社に学ぶことはあるぞと社内で言い続けています。


加納裕三

当社は設立当初から「ビットコイン、ブロックチェーンは世界を変える」と考えていました。そこでブロックチェーンに関する基礎研究を行おうと考えましたが、収益がなければできません。そこで、仮想通貨の取引所を運営して収益を上げるとともに、ブロックチェーンの基礎研究を続けてきました。


内藤忍

借りを返すチャンスは、慌てずに待てば必ずやってきます。せっかくお礼の品を贈るなら、相手の好みや興味関心をとことんまで研究し、相手の状況や立場を考慮した一品を差し上げたいじゃないですか。これは、お金がなくても、知恵さえあればできることです。相手の期待を超えたサプライズで、相手に喜んでもらえることを心がけています。


井元章二

最初は無料だから聞いてみようという接点しかありませんが、聞いた以上は最善の方法を提案しますし、相談を繰り返すと必ず本音を打ち明けてくれます。資産運用だけではなく、顧客のあらゆる問題をどうやって円満に解決するかが本来のファイナンシャルプランナーの役割だと思い、顧客とは3世代100年以上の長期サポートの提供を目標に体制を整えつつ、一緒に寄り添いながら問題の解決に取り組んでいます。


松本美江

相手の出身地について調べておくことも大事。お互いの国の食生活や歴史を比較しながら説明すると、興味を持って聴いてくれます。グラフや統計を使って数字で説明するのも、明確に表現するコツの1つ。覚えておくと便利です。


尾﨑孝博(尾崎孝博)

ヘルスケア事業を発表した当初は、反対の声も数多くありましたが、今後大きな可能性が見込める分野となり、ここまで続けてきて本当に良かったと感じています。


松下幸之助

すべての人がそれぞれの持ち味に応じて余すところなく生かされる時、全体の総合された力は非常に大きな働きを示すのであり衆知を集めるとは、こういうことを意味している。


滝久雄

人生は過程である、というのが私の持論です。斜めの坂を一生懸命に昇っていく過程が、人間の生き方そのものなんですよ。だからこそ、過程が大切であり、過程を楽しめない人は、人生を楽しめない。ひいては、仕事を楽しむこともできないでしょう。


田中和彦

人脈は、過去の仕事を通じて苦楽を共にした仲間こそが最も有力なコネクションとなります。しばらく連絡が途絶えていた人にコンタクトをとり、積極的に会いに行くなどしてみれば、思わぬチャンスが巡ってくることもあるでしょう。実際、転職の約半分は、公募ではなく個人的な人脈から発生するケースです。


藤田晋

アンケートやユーザーヒアリングは、そう聞かれたらこう答えるだろうという、予定調和の部分があったりするので、現実とは違うことが多々ある。それだけに、鵜呑みにしない方がいい。


佐野健一

日本の状況が混沌とした中で、我々企業は永続的に発展するために世界に出ていかなければいけない、それも運命であり、チャンスだと捉えた。


三浦将

メンタルコーチングで一番大事な質問は、「本当にやりたいことは何ですか?」。それを自分に問いかけるのです。「家族と時間を共有したい」だったら、逆算して「朝に時間をつくるため早起きする」と習慣を見つけていく。自分の軸がわかると継続力が生まれるし、やらなくていいことの断捨離ができて、節約した時間を大切なことに注げます。


徳重徹

僕がどこの国でも言われるのが、日本人は「NATO」だというんです。「ノー・アクション・トーク・オンリー」の略ですね。僕に言わせたら「ノー・アクション・リサーチ・オンリー」じゃないかと思うんですが。リサーチにだけ来られても、現地の人からしたらえらい迷惑なんですよ。


松方弘樹

多くの人と接する仕事の反動なのか、ハンティングにゴルフ、釣り……。趣味に関しては、自然の中でひとりになれるものを選んできた気がします。


城島健司

配球に正解がないからこそ、キャッチャーとピッチャーの信頼関係が重要です。ずっと組んでるキャッチャーのサインなら投手も「よし、それでいこう」となりますが、初めて受けるキャッチャーが同じサインを出しても違和感を感じるのは当然のことなんです。だから、キャッチャーはピッチャーの型を知り、それに合わせていく。リラックスして投げたいピッチャーには気持ちを楽にしてあげて、プレッシャーが欲しいときには緊張感を与えるような言葉で話す……。言葉だけではなく、そのピッチャーの結果が出るリズムや、ボールを返すタイミングを作ることがキャッチャーの務めですからね。