元谷一志の名言

元谷一志のプロフィール

元谷一志、もとや・いっし。日本のホテル経営者。「アパホテル」社長。学習院大学経済学部経営学科卒業後、住友銀行を経てアパホテルに入社。常務、専務、CFO(最高財務責任者)、経営企画本部長、人事部長などを経て社長に就任。

元谷一志の名言 一覧

私どものホテルの考えとしては、コンパクトな客室で平米数を誇るのではなく、満足をいかに売るかを考えています。


規模が大きくなると、調達力も大きく有利になります。調達力は部屋数に比例し、部屋数は競争力になる。


考え方として日本のみならず、世界においても出張に行く人材は仕事ができるからこそ出張に行くのであって、だからこそ将来の経営層に成り得る人材であり、キーパーソンであると考えています。ですから、その方たちが経営層になったときに、アパホテルに良い印象を持っていただくことを推進していきたい、そう考えております。


元谷一志の経歴・略歴

元谷一志、もとや・いっし。日本のホテル経営者。「アパホテル」社長。学習院大学経済学部経営学科卒業後、住友銀行を経てアパホテルに入社。常務、専務、CFO(最高財務責任者)、経営企画本部長、人事部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

藤巻健史

私は話すのが下手で、いまでも結婚式のスピーチなどはド下手くそであるが、「ならば機械を見ている仕事がいいや」とディーラーに転身したことで、自分に合った仕事が見つかった。


中村剛也

試合で調子が出ない時もあります。その時の僕の対処法は、気にしないこと(笑)。調子が悪い時期に細かいことを意識しすぎると、変な知識が頭に入るんです。それを実践しようとすると、余計なところに力が入るし、普段しないようなことをして、打撃フォームが余計におかしくなる。


吉永泰之

うちはニッチャーであり個性を打ち出していくべき会社ですから、必ずしも新興国市場に参入したいとは考えていないのです。新興国市場はコモディティー競争を避けられない市場です。コモディティー競争とは即ち、ボリュームとコストの競争です。安いクルマを大量に売る会社が新興国市場の勝者になる。スバルのような70万台レベルの会社がそんな競争をしても、絶対に勝ち目はないのです。


川村益之

思考の柔軟性を磨くには、いろんな人に会うことが必要です。多様な価値観を持つ人たちと触れることで、多くの気づきを得ることができます。本やセミナー、異業種交流会も有効です。


三木雄信

ソフトバンクでは、ある事業の売り上げを「継続的な売り上げ」と「一時的な売り上げ」の2種類に分けて示していた。企業が安定的に成長するためには、前者が重要になる。


内藤忍

新興国市場となると、右肩上がりの角度も急ですが、途中の下げもさらにキツくなります。さらに政情などのカントリーリスクも考え合わせなければなりません。将来的な成長性を見て、新興国に投資するのはいいですが、下げに耐えられずに途中退場することにならないよう、投資額には配慮すべきです。


瀬島龍三

先人がいい言葉を残しているんです。「進むは諮(はか)り、退くは自ら決す」と。進むときは他人に相談して決めて、退くときは自分ひとりで決断せよ、という意味です。


中谷彰宏

「部下を褒めると調子に乗るから」という理由で褒めないのは間違いです。たとえば、いつも報告書をきっちり出している部下がいて、上司が「君の報告書はいつもきっちりしているね」と褒めたとします。その部下は、その次から手抜きをするでしょうか。そんなことは決してないはずです。褒められたら逆に手を抜きにくくなるのが人間です。ですから、褒めることは実はとても厳しいことなのです。


山部和孝

人は与えられた環境で揉まれるから成長できる。摩擦=争いではない。ディスカッションをやめれば成長できません。


築山節

多くの仕事が舞い込んで、立ち止まってしまうと焦りの感情が発生してしまう。それを避けるには、すぐに行動に落とし込むこと。


新田信行

メガバンクなどは組織が大きい分、それなりの規模のマーケットがなければ動くことはできませんが、我々は身軽なので小さなマーケットでもそちらへ舵を向けることができます。疲弊した地方の地域経済を支援できるのは、中小零細企業に細かな気配りができ、地域に密着した僕らのような金融機関であり、それこそが毛細血管である僕らの役割だと思っています。


坂根正弘

かつてコマツの行動指針には「ミス、不正をなくせ」といった趣旨の記述がありました。しかし、私自身、社長時代にいくつかの不祥事を経験して考えを変えました。人間だからミスは当然あるし、不正も、かつて社会が許していたことが許されなくなることが多い。それならば、不正は起こるものだと覚悟しました。隠すことが悪いという価値観をどうやって植えつけるか。それは具体的な行動基準にまで落とし込まないと定着しません。こういった努力をトップダウンで懸命に続けていると、今、問題になっているような品質の不祥事もあれほど長くは続かなかったはずです。


小路明善

物的価値はマイナス2度にまで冷やして飲む「エクストラコールド」というビールがあります。これは氷点下2度という凍る寸前のビールが美味しく飲めるという物性価値です。一方、数年前に販売したピンク缶入りのスーパードライは情緒的価値になります。ビールという男性色の強い飲み物に対し、ピンク色の缶を作ることで、何となく可愛く、食卓に置くと明るくなるような情緒的な訴えを盛り込んだ商品を作りました。これらの物的価値と情緒的な価値を常に作り続け、商品に付加して売ることが大事なのです。


冨山和彦

「会社や上司が悪い」とすべて環境のせいにして、思考停止してしまうのは一番よくありません。


ロバート・キャプラン

企業は日常業務や短期的問題の解決に追われがちで、こうした消火活動に時間をとられ、戦略に関する課題に時間や資源をあまり投じないことが多い。業務や改善活動への取り組みは必要だが、「戦略は重要だ」と唱えるだけではなく、具体的にそれを実行するための計画を立てていくことが極めて大切です。


ページの先頭へ