名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

元祖爆笑王の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

元祖爆笑王のプロフィール

元祖爆笑王、がんそ・ばくしょうおう。高橋裕幸、たかはし・ひろゆき。日本の放送作家、演芸作家、演芸プロデューサー。秋田県出身。日本大学藝術学部卒業。大学在学中に放送作家・高田文夫の弟子となる。大学卒業後、本格的に放送作家としての道を歩み始める。ラジオ、テレビのヒット番組を数多く手がけた。著書に『漫才入門』『コント入門』『3秒で「場をつかむ」技術』ほか。

元祖爆笑王の名言 一覧

まったく緊張しない芸人は、絶対にウケません。舞台の袖(そで)で見ていると、超大物の芸人は、ステージに上がる前の仕草などからも、緊張しているのがよくわかります。


笑いを取ろうとする喋りは、絶対にやめたほうがいい。笑いを取るためには、我々の業界でいう「話を盛る」、あるいは脚色しがち。でも、後でそれが嘘だとわかると、かえって印象が悪くなる。そういうリスクをあえて負う必要はありません。相手がお笑いをあまり知らない、あるいは不要な方である可能性もありますから。


一生懸命話してくれる相手は、不目然に褒めるよりも「素晴らしい」「ナルホド」「面白い」の三つのうちどれかひとつを言葉にして返してあげれば、気分が乗ってきます。池上彰さんがよく使う「いい質問ですね」の一言は、一回褒められたら、気分の乗った質問者がその後もガンガン聞いてくるところまで考え抜いていると思います。


ヨイショしすぎてたくさん失敗しました。師匠の高田文夫に言われたのは、「ヨイショは丁寧に」。その言葉で持ち上げられていい気分かどうか、相手の身になって考えろ、という意味です。


人と会う場合、最初は謙(へりくだ)ったほうがいい。勝手に自分が年上だと思って「上から」入ってはいけない。また、実際に相手が年下の場合は、説教調にならないように注意すべきです。


事前の情報収集は必要です。下準備があってこそ、その場でいろんな判断ができます。また、紹介者らに、絶対言ってはいけないNGワードや、盛り上がる話題は聞いておいたほうがいい。お笑いの世界でも、かつらの話がNGの相手と挨拶を交わした直後に、パッと視線を頭に向けて叱られた例はよく聞きます。


失敗したと感じたら、「すみません」と頭を下げ、謙(へりくだ)る。黙ってしまうと、判断できない奴だと見なされ、どんどん悪いほうへ進みます。自虐で自分に引き寄せることで話題を変えていけば、最低限空気は読んでいるということはわかってもらえます。


元祖爆笑王の経歴・略歴

元祖爆笑王、がんそ・ばくしょうおう。高橋裕幸、たかはし・ひろゆき。日本の放送作家、演芸作家、演芸プロデューサー。秋田県出身。日本大学藝術学部卒業。大学在学中に放送作家・高田文夫の弟子となる。大学卒業後、本格的に放送作家としての道を歩み始める。ラジオ、テレビのヒット番組を数多く手がけた。著書に『漫才入門』『コント入門』『3秒で「場をつかむ」技術』ほか。

他の記事も読んでみる

米津玄師

もっといろんな人に自分の音楽を聴いてもらうためにはどうしたらいいだろう、っていうことをずっと考えていたから、新しく生まれたボーカロイドの空間が盛り上がっているのがすごく楽しそうに見えた。当時のボカロ界隈はまだ混沌としていて、「ボカロが歌っている」というただ一点だけでギリギリつながっている、多種多様な音楽性を持った人間がたくさんいた。すごく刺激的な空間だったし、この先どうなるのかも全然わからなかったけど、自分の音楽をボカロに歌わせてここに投下したら、いろんな人に聴いてもらえるんじゃないかなって。ボカロに移った途端に、いろんな人に曲を聴いてもらえるようになったこともすごくうれしかった。


大前研一

私のコンサルティングの基本は「自分が社長だったらどうするか」である。現場に足しげく通って綿密なフィールドインタビューを繰り返し、経営トップが知りえないような情報をかき集めて、問題点の背景にある原因のさらにまたその原因や課題を炎り出していく。そして自分が経営トップならどう対処するかを客観的に判断して、具体的でわかりやすい提言をひとつにまとめていく。そうやって経営者にアドバイスすれば、私も経営者もお互い悔いが残らない。結果として、そのアドバイスが間違っていたとしても、「あなたは本当に私のために、私に代わっていろいろ考えてくれた。私もそれに基づいて決断した」と相手側も納得してくれるからだ。


宇佐美進典

事業環境が変わり、テクノロジーも進化をしているが、変わらないもの。それは人。いかに働く人がモチベーション高く、組織にコミットする人たちが集まれる組織を未来においても、どう作っていくかが重要。


中村太一(経営者)

人間は本来、朝になると交感神経が優位になり、夕方以降、副交感神経が優位となります。つまり、朝日が昇るとともに活動を開始し、日が落ちるとともに眠る、という生活が一番疲れないのです。子供が元気なのは、まさにこうした生活をしているから。


浦野光人

私は人間は、「腑に落ちる」というレベルまでひとつのことを考え抜くことが大事だと思っているのですが、新しい倉庫事業について「腑に落ちる」状態で取り組んでいたので、それをやり続けることができました。


佐々木正悟

私は、タスクの最初のアクションはできるだけ自動化しています。例えば、「メルマガ作成」など、定期タスクに取りかかる時間が来たら、いつも使っている文章のひな型がパソコン画面に自動でポップアップされるように設定している。これだけでも作業の効率はかなり変わってきます。


町田勝彦

ルーティンワーク(毎日定期的に行う繰り返しの仕事)は、慣れて来ればいくらでも楽ができる。しかし、それではオンリーワンの商品は生まれない。流れ作業にならないよう、どんな仕事もこれでいいのか、これでいいのかと繰り返しチェックしてほしい。


松本南海雄

若い人に任せていかなければいけない。僕にはなかった新しい、若い発想でやってもらえればと思っています。


佐藤孝幸

時間を有効活用するために、私は、一つの科目に没頭するのではなく、複数の科目を同時並行で進めるようにしていました。人は、同じことをずっとやっていると、飽きてくるものです。目先を変えることで、集中力が保てますし、科目ごとの勉強量に偏りができるのも防げます。


盛田昌夫

ドキドキする気持ちは人から教わるだけでは実感できません。自分で行動して初めてわかるものです。


レジェンド松下

実演販売というと、トークで売る印象が強いですけど、私はトーク術に長けているわけではありません。強く意識しているのは、実際に商品を使用したときの驚きなどを感情を込めて再現すること。リアルな想いをストレートに伝えることがなにより大事で、言葉巧みなトークは必要ないと思っています。


橘フクシマ咲江

相手との認識のズレを防ぐには、繰り返し伝えることと、言葉の定義を明確にすることが必要。