名言DB

9412 人 / 110637 名言

元祖爆笑王の名言

twitter Facebook はてブ

元祖爆笑王のプロフィール

元祖爆笑王、がんそ・ばくしょうおう。高橋裕幸、たかはし・ひろゆき。日本の放送作家、演芸作家、演芸プロデューサー。秋田県出身。日本大学藝術学部卒業。大学在学中に放送作家・高田文夫の弟子となる。大学卒業後、本格的に放送作家としての道を歩み始める。ラジオ、テレビのヒット番組を数多く手がけた。著書に『漫才入門』『コント入門』『3秒で「場をつかむ」技術』ほか。

元祖爆笑王の名言 一覧

まったく緊張しない芸人は、絶対にウケません。舞台の袖(そで)で見ていると、超大物の芸人は、ステージに上がる前の仕草などからも、緊張しているのがよくわかります。


笑いを取ろうとする喋りは、絶対にやめたほうがいい。笑いを取るためには、我々の業界でいう「話を盛る」、あるいは脚色しがち。でも、後でそれが嘘だとわかると、かえって印象が悪くなる。そういうリスクをあえて負う必要はありません。相手がお笑いをあまり知らない、あるいは不要な方である可能性もありますから。


一生懸命話してくれる相手は、不目然に褒めるよりも「素晴らしい」「ナルホド」「面白い」の三つのうちどれかひとつを言葉にして返してあげれば、気分が乗ってきます。池上彰さんがよく使う「いい質問ですね」の一言は、一回褒められたら、気分の乗った質問者がその後もガンガン聞いてくるところまで考え抜いていると思います。


ヨイショしすぎてたくさん失敗しました。師匠の高田文夫に言われたのは、「ヨイショは丁寧に」。その言葉で持ち上げられていい気分かどうか、相手の身になって考えろ、という意味です。


人と会う場合、最初は謙(へりくだ)ったほうがいい。勝手に自分が年上だと思って「上から」入ってはいけない。また、実際に相手が年下の場合は、説教調にならないように注意すべきです。


事前の情報収集は必要です。下準備があってこそ、その場でいろんな判断ができます。また、紹介者らに、絶対言ってはいけないNGワードや、盛り上がる話題は聞いておいたほうがいい。お笑いの世界でも、かつらの話がNGの相手と挨拶を交わした直後に、パッと視線を頭に向けて叱られた例はよく聞きます。


失敗したと感じたら、「すみません」と頭を下げ、謙(へりくだ)る。黙ってしまうと、判断できない奴だと見なされ、どんどん悪いほうへ進みます。自虐で自分に引き寄せることで話題を変えていけば、最低限空気は読んでいるということはわかってもらえます。


元祖爆笑王の経歴・略歴

元祖爆笑王、がんそ・ばくしょうおう。高橋裕幸、たかはし・ひろゆき。日本の放送作家、演芸作家、演芸プロデューサー。秋田県出身。日本大学藝術学部卒業。大学在学中に放送作家・高田文夫の弟子となる。大学卒業後、本格的に放送作家としての道を歩み始める。ラジオ、テレビのヒット番組を数多く手がけた。著書に『漫才入門』『コント入門』『3秒で「場をつかむ」技術』ほか。

他の記事も読んでみる

ピーター・ドラッカー

リスクが富を生む。


田村次朗

交渉の目標はあくまでも、最高の目標に設定すべきである。多少非現実的でもいいから、極力高い合意目標を携えて交渉に臨む。多くの人は落としどころを探す「下を向いた交渉」を行っている。視点を上に持っていくことで、落としどころを模索して目標から徐々に後退していく下向き交渉を、双方が協力して高い目標の実現可能性を模索しあう「上を向いた交渉」へと脱皮させることが可能になる。


大栗育夫

予定通り工事を終えるため、徹底的に「見える化」しているから想定外が起こりにくい。


藤沢武夫

私の経営信条は、すべてシンプルにするということです。シンプルにすれば、経営者も忙しくしないで済む。そのためには、とにかく一度決めたら、それを貫くことです。状況が変わっても、一筋の太い道を迷わず進むことです。


檜谷芳彦

「自己満足の実力磨き」はほどほどにして、まずは職場で一番身近な直属の上司とゆっくり飲みに行ってみましょう。職場では話せないことを、顔を突き合わせ、相手の目を見て、「最近どうですか? ○○さんも大変ですよね」なんて話を聞いてみる。それだけで、グッと親密になるというものです。こうして親密な関係ができれば、企画も通りやすくなるし、窮地のときは助けてくれる。厳しい時代の今だからこそ、血と血の通ったつき合いが大切なんです。


竹内一郎

非言語コミュニケーションというと、表情や立ち居振る舞いなど、自分から発信することにばかり意識が向きがちです。しかし、非言語コミュニケーションを円滑に進めるには、相手の表情やしぐさなどを観察し、相手が求めていることを受信する力が不可欠です。自分が話していることを相手が理解できていないとき、それは表情やしぐさに表われます。それにすばやく気づいて、「ご存知だとは思いますが、これは……」とさり気なく説明できる人こそが、受信力の高い人です。このような人は、心地よい人間関係を維持したまま、相手とのコミュニケーションを深めていくことができます。


唐沢寿明

僕は30代の時に思い知りました。ウチの奥さん(山口智子)は、女性に絶大な支持を得ていたカリスマですよ。ある日、大人気のアイドルがウチに遊びに来たんです。彼と奥さんが並んでいる様子を見て、オーラが違うと感じましたね。僕は「そっち側ではない」とハッキリとわかったんです。彼らはスター性でも勝負できるけど、僕にはムリ……。だから、幅広く、何の役でもやるという方向で自分を売ろうと決めたんです。


マイケル・ゲルブ

1980年代の米国マネジメント協会の出版物によれば、最も成功する管理者とは、「不確かなことに耐える力が大きく、直感的な判断力を持っている人」だった。今では時代の変化の速度はもっと早くなっているから、不確かさに対する「耐性」だけでは十分ではない。不確かさを喜んで受け入れられなければならない。


岡田裕介(東映)

最近、つくづく思うのですが、オリンピックを見ていても「案外、日本やるじゃない」という話になりますよね。つまり、若者は若者で、ある種の価値観の中で、しっかりやっていける可能性があると思うんです。


酒巻久

朝起きたら風呂掃除をして、洗濯機を回し、時間があるときは干すのも私がやります。帰ってから洗濯物を畳むのも私の役目。女房に頼まれたことを断わってケンカになってもストレスが溜まるだけでしょう(笑)。家庭も職場と同じで、相手をよく観察して、お互いの意見を尊重しなくてはいけませんよ。


鈴木博毅

日本の家電メーカーは高い技術が付加価値に結びつく前半戦から、コモディティー化が進んで価格が競争の主戦場となる後半戦へというお決まりの流れを想定せずにビジネスモデルを組んでいる。残念ながら、ほかの事業でもよく似たケースが多い。


西樹

僕にとって、トライしないことは失敗と同じ。どうせなら前のめりに倒れたい。


矢作兼

人生も偏ってるほうがいいよ。だから、40代になっても小さくまとまらないようにしたい。大げさに言えば、仕事がなくなってもなんとかなるぐらいの、自由な気持ちを持ち続けていたい。


伊藤嘉明(経営者)

階層が多い企業に未来はない。有能な社員が無力化してしまう。


清水正孝

40代でケーブルTV会社に出向し、大変なカルチャーショックを受けました。外に出てみて初めて東京電力がいかにお役所かということに気づいたのです。前例主義、たらい回し、コスト感覚もメーカーから出向してきたほかの同僚とはまったく違う。これまでのやり方は通用せず、ちょっと慌てました。そのとき「いや、仕事の表面上のやり方や職場の体質は違っても、仕事の基本は変わらないはずだ。いま自分がすべきことは何か」と自分に言い聞かせました。ジタバタしそうなときほど足元をしっかり固めることが大切だと痛感しました。