名言DB

9425 人 / 110833 名言

元祖爆笑王の名言

twitter Facebook はてブ

元祖爆笑王のプロフィール

元祖爆笑王、がんそ・ばくしょうおう。高橋裕幸、たかはし・ひろゆき。日本の放送作家、演芸作家、演芸プロデューサー。秋田県出身。日本大学藝術学部卒業。大学在学中に放送作家・高田文夫の弟子となる。大学卒業後、本格的に放送作家としての道を歩み始める。ラジオ、テレビのヒット番組を数多く手がけた。著書に『漫才入門』『コント入門』『3秒で「場をつかむ」技術』ほか。

元祖爆笑王の名言 一覧

まったく緊張しない芸人は、絶対にウケません。舞台の袖(そで)で見ていると、超大物の芸人は、ステージに上がる前の仕草などからも、緊張しているのがよくわかります。


笑いを取ろうとする喋りは、絶対にやめたほうがいい。笑いを取るためには、我々の業界でいう「話を盛る」、あるいは脚色しがち。でも、後でそれが嘘だとわかると、かえって印象が悪くなる。そういうリスクをあえて負う必要はありません。相手がお笑いをあまり知らない、あるいは不要な方である可能性もありますから。


一生懸命話してくれる相手は、不目然に褒めるよりも「素晴らしい」「ナルホド」「面白い」の三つのうちどれかひとつを言葉にして返してあげれば、気分が乗ってきます。池上彰さんがよく使う「いい質問ですね」の一言は、一回褒められたら、気分の乗った質問者がその後もガンガン聞いてくるところまで考え抜いていると思います。


ヨイショしすぎてたくさん失敗しました。師匠の高田文夫に言われたのは、「ヨイショは丁寧に」。その言葉で持ち上げられていい気分かどうか、相手の身になって考えろ、という意味です。


人と会う場合、最初は謙(へりくだ)ったほうがいい。勝手に自分が年上だと思って「上から」入ってはいけない。また、実際に相手が年下の場合は、説教調にならないように注意すべきです。


事前の情報収集は必要です。下準備があってこそ、その場でいろんな判断ができます。また、紹介者らに、絶対言ってはいけないNGワードや、盛り上がる話題は聞いておいたほうがいい。お笑いの世界でも、かつらの話がNGの相手と挨拶を交わした直後に、パッと視線を頭に向けて叱られた例はよく聞きます。


失敗したと感じたら、「すみません」と頭を下げ、謙(へりくだ)る。黙ってしまうと、判断できない奴だと見なされ、どんどん悪いほうへ進みます。自虐で自分に引き寄せることで話題を変えていけば、最低限空気は読んでいるということはわかってもらえます。


元祖爆笑王の経歴・略歴

元祖爆笑王、がんそ・ばくしょうおう。高橋裕幸、たかはし・ひろゆき。日本の放送作家、演芸作家、演芸プロデューサー。秋田県出身。日本大学藝術学部卒業。大学在学中に放送作家・高田文夫の弟子となる。大学卒業後、本格的に放送作家としての道を歩み始める。ラジオ、テレビのヒット番組を数多く手がけた。著書に『漫才入門』『コント入門』『3秒で「場をつかむ」技術』ほか。

他の記事も読んでみる

小川賢太郎

日本が今後もリスペクトしてもらえるためには、日本人や日本企業としての価値観を持つことが大事であり、今は日本がどのように人類に貢献していくかが問われている。


吉永泰之

ポルシェの生産台数は10万台なのですが、スバルがポルシェの方向に尖っていこうと思ったら、案外、簡単にできてしまうと思います。しかし、10万台という規模では、うちの社員全員と販売店さんを食べさせることはできません。尖りすぎて台数を落とさないためには、技術畑ではなく営業畑出身の私が先鋭化にプレーキをかけていくしかないんです。


宗次徳二

礼状にはくだけた表現は使いません。手紙でユーモアを伝えるような相手というのは、本当に限られていると思いますから。また、礼状は全部手書きします。


澤田秀雄

人間は知らないうちに自分の思考に枠をはめてしまうので、視線も興味があるものにしか行きません。その枠を外さなくては、新しいものは見えてきません。


藤修

松下(パナソニック)は1000社以上のグループ会社があった。つまり松下は、何千人というスターを作ったのです。当社ではグループ会社計画を毎年発表していますが、それはグループ会社を多くするよりも、スターを輩出する会社にしたいから。スターを作るという意味で松下を超えたいですね。


山本護

個人のお客様は、客室の料金とSNS上の評価、クチコミをもとに決める傾向にある。客室の料金をどう設定するかが、一つの課題。もう一つが、SNSでいかに注目され、好評価を得るか、ということ。そのために、SNS上で影響力を持つ海外のインフルエンサーに体験宿泊を働きかけたり、現地メディアからの取材に積極的に対応している。


穂村弘

学校や会社で普通に使われる散文は「社会」と繋がっている。それに対して、詩歌の言葉は「世界」と繋がっているのだ。私たちは物心ついた時から「社会」的にきちんとチューニングを合わせることを要求されて、幼稚園や学校や会社で長年訓練を受けてくる。しかし一方で、その訓練の結果、私たちは子供の頃もっていたような「世界」を直接味わう感覚を衰弱させてしまう。旅行やギャンブルや恋愛といった反「社会」的な時空間でだけ、「世界」に直接触れる自らの命を強く実感できるのはそのためだ。


中田敦彦

自分の能力の生かし方がわかっていないとか、そもそもそれが特別な能力と気づいていない人もいる。僕は、周りの人の力を見抜いて、その力を発揮するために必要な言葉をかけることは得意です。ですから、できる人たちを見つけたら、自分のやりたいことの方向性と相手にとってのメリットを伝える。そして、彼らに適材適所の役割をお願いして、「したい」役の自分が引っ張っていけば、最高のチームになっていくのです。


駒崎弘樹

ビジネスパーソンこそ、積極的に寄付をするべきだ、と私は思います。ビジネスの基本は人に与え、喜んでもらうこと。自分の都合を押しつけるようでは売り上げや利益には結びつきません。短期的な投資効果にとらわれず、いかに相手の役に立てるかを考えることが成果につながります。そうしたセンスを磨くうえで、寄付はすごくいい訓練になるのです。


伊藤正裕(起業家)

たとえ、話し方が上手くなくても「いま自分の勧めている商品はきっとお客様のためになる」と本気で信じていれば、その思いは必ず相手に伝わります。そして、その思いこそが、プレゼンテーションの最大の武器になります。