名言DB

9413 人 / 110706 名言

元榮太一郎の名言

twitter Facebook はてブ

元榮太一郎のプロフィール

元榮太一郎、もとえ・たいちろう。日本の弁護士、経営者。「弁護士ドットコム」創業者。米国イリノイ州出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、司法試験に合格。アンダーソン・毛利法律事務所に入所。同事務所で経験を積んだのち独立して法律事務所オーセンスを開業。その後「弁護士ドットコム」「税理士ドットコム」などのサイトを開設。

元榮太一郎の名言 一覧

自分が法律事務所の経営者弁護士という一人のプレーヤーとして頑張り続けることで、いま弁護士に求められるものも見えてくると思います。


弁護士ドットコムで弁護士を身近な存在にしていくためには、私自身が弁護士界の最前線にいることがとても大事です。


インターネットは他メディアでは考えられないほどの伝播力を持っており、放置すれば、猛烈なスピードで、きわめて広範囲に情報が伝わっていく。一方で、自社の名誉毀損に当たる文言を見つけた際に大騒ぎをするのも禁物です。騒げば騒ぐほど内容の拡散に拍車を掛けるからです。インターネット上の名誉毀損に対しては、「速やかに、密やかに」対応することが肝心。


「悪事千里を走る」。この格言どおり、悪い評判はすぐに世間に知れ渡るものです。もちろん、企業としては、自社の悪評の拡散は是が非でも避けたいところです。ですが、匿名性の高いソーシャルメディアの普及により、最近では、名誉毀損や誹謗中傷に類する風評が増えつつあり、時にはそれによって会社が倒産に追い込まれるケースもあります。


プライベートの予定も含め、スケジュールはグループウエアで部下全員に公開しています。私は創業者なので、「自分=会社」。公私の区別なく予定を公開しますが、心理的抵抗はない。率先して精力的に働く私を部下が見て、働くモチベーションを出してくれることの方が大事です。


起業を考えたのは、楽天が某ネット証券会社を買収する案件を担当した経験をしてからです。上場直後の楽天の人たちはアグレッシブで、自分たちが時代をつくっていくのだという気概に満ち溢れていました。社長の三木谷浩史さんのことも調べて、起業家という人生があるのかと衝撃を受けました。


弁護士こそポジティブな感情を大事にすべき。法律を駆使してトラブルを解決しても、依頼主は100%満足とは言えない。我々弁護士が頭の中では冷静な状態を保ちつつ、依頼主への態度では「一緒に解決しましょう!」という熱い感情や共感を全面に打ち出す。そうして初めて、依頼主の満足度向上につながるんです。


訴訟で情報漏洩の損害賠償請求が認められるか否かは、その情報が秘密として適切に管理されていたかどうかが重要なポイント。実際、営業秘密に関する民事訴訟の64%が棄却判決を受けており、棄却理由として最も多いのが、「秘密管理の不徹底」です。


元榮太一郎の経歴・略歴

元榮太一郎、もとえ・たいちろう。日本の弁護士、経営者。「弁護士ドットコム」創業者。米国イリノイ州出身。慶應義塾大学法学部法律学科卒業後、司法試験に合格。アンダーソン・毛利法律事務所に入所。同事務所で経験を積んだのち独立して法律事務所オーセンスを開業。その後「弁護士ドットコム」「税理士ドットコム」などのサイトを開設。

他の記事も読んでみる

森正文(経営者)

高級ホテルに絞らないと売れっこなというのは、ホテルマンにも教わりました。安いホテルと一緒に売られるのはブランドが傷つくので嫌だとも言われました。実際、安いホテルがいっぱい並ぶ宿泊予約サイトでは、高級ホテルの予約は不思議なほど入らないんです。


財津和夫

60歳を過ぎてから、否が応でも、手持ちの駒で勝負するしかないと悟りました。掴むべきものがハッキリしたことがありがたいんです。


大坪勇二

自分のメンタルを整理する時間をどこかで持たないと、モチベーションはガタ落ちします。努力しているのに、「これは違うな?」と感じたら、自分にできることか、など洗い出してみることが大切です。


加藤義博(経営者)

起業家の人たちって、熟考していたと思ったら、急に違う方向に走り出すような変な「スイッチ」みたいなものを持っているのかもしれませんね。彼らを見ていると、どこかしら変わったところがある気がします。


川村隆

私が経営再建の最初に注力したのは、すべての社員の気持ちを揃えることだった。それには自分たちのアイデンティティを明確に打ち出す必要があった。日立は創業者小平浪平が国産電気機械の量産を目指し、五馬力電動機を製作したところから出発した。創業の原点は社会インフラの事業や技術にある。日立の事業の基本は電力や鉄道や水事業などの社会インフラにある。そこで、ITで高度化された社会インフラの実現を「社会イノベーション」と呼び、「総合電機」から「世界有数の社会イノベーション企業」になることを新たなアイデンティティとして掲げた。


松井忠三

優秀な人材の囲い込みが起こらないように、人事異動では優秀な順番に人材を出す決まりにしています。部下は固有財産ではないのです。


青井宏和

休日に動物園や水族館に行くことが多いですね。それがヒントになることがよくあります。動物にしろ魚にしろ、人工物ではない美しい姿が多くの人を魅了します。文具はまず機能や使いやすさを追求して形を作ってデザインを考えるんですが、動物や魚のシルエットを取り入れるケースもあります。ヒットした「ハリナックス」がまさにそうでした。


新貝康司

時候の挨拶から英語では何と言ったらいいなどと考えていたら、本題にゆきつくころには疲れて頭が働かなくなってしまいます。だから、会話でよく使う文章は丸暗記して、脊髄反射のように口を突いて出てくるようにしておくのです。そうすると外国人とも余裕を持って会話をすることができるようになります。


田口佳史

「有事」の時に何が重要かというと、みんなが慌てふためいている時に、いかにリーダーが泰然自若として、心を鎮めていけるかが問われる。


アレックス・ゴルスキー

自分たちに既に大きな実績があり、魅力的な存在であれば、さらに魅力的なパートナーが付いてきてくれます。


小宮一慶

リラックスする時間も持ったほうが、集中すべきときに集中できる。


池田潤一郎

顧客から見たときに、コンテナ会社の中で、一定の規模を持った大きなプレーヤーであって、安定性があり、信頼の置ける会社であるということが一番大事。


杉村太蔵

特定の誰かに取り入って施しを受けようとするのではなく、相手を区別することなく、まずは自分から与える。一見遠回りにも感じますが、こうすることが敵を作らず、かつ結果的に重要な人を味方につけるには遙かに近道です。


福岡伸一

今日、何か悩ましいことがあったとしても、分子のレベルで考えれば、それさえも流転している。だから生物は、「自由であれ」と命じられているともいえるのです。私が伝えたいのは、こうしたポジティブな無常観というべきものです。


若林正恭

「ネガティブを潰すのはポジティブではない。没頭だ」。その言葉が出てきたのは、当時、ポジティブシンキングを薦める本が流行っていて、マイナス思考なんて忘れなさいとか、考えすぎだとか、そんな文句が大きく謳われていた頃のこと。その風潮に、「自分の脳細胞が勝手に考えちゃうんだから、そんなの絶対、無理だよ!」という違和感というか、怒りを抱いて。だったら僕は――という想いから出てきた言葉ですね。