名言DB

9419 人 / 110788 名言

元木昌彦の名言

twitter Facebook はてブ

元木昌彦のプロフィール

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

元木昌彦の名言 一覧

編集長時代、私は自分にふたつのことを課していました。「1日3人は社外の人に会うこと」と、「1日30分は一人だけの時間を持つこと」です。このふたつをこなすことで編集者としての人脈も広がり、かつ多くの企画を考えつけたと思っています。


リーダーとしての私のモットーは、「人に期待をしない」ということです。「一致団結」「皆で力を合わせて」というスローガンは、響きとしては美しいけれど、現実的ではありません。「20%、80%の法則」ではないけれど、職場で目覚ましい働きをするのはせいぜい2割から3割です。それ以外の大多数に期待をかけるのは、所詮無駄というもの……、と言うとまた顰蹙を買うかもしれませんが部下が幼稚園レベルと思っていれば怒りも湧いてきません。むしろ温かい目で見守れるし、そのなかで、個々人の個性にあった仕事が出てくれば万々歳なわけです。


私は完全にワンマン型リーダーでしたが、真のワンマンとは、ただ部下を縛り付けるのではなく、彼らの持つ能力をグレードアップさせるためにあるのだと思っています。


私がフライデー編集部に来た当初、韓国語、英語、中国語を操る東大卒の部員がグラビアの担当をしているのを知りました。本人に聞くと、本当は硬派な政治問題をやりたいとのことでした。すぐに配置転換をして国際担当をしてもらいました。


当時(フライデー編集長就任当時)は、部数が伸び悩んでいた時期でもあり、暗くなるのもわからなくもないが、同じ仕事をするのであれば、やっぱり楽しいほうがいいに決まっています。


元木昌彦の経歴・略歴

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

他の記事も読んでみる

アラン(哲学者)

いかなる職業でも自分が支配するかぎり愉快であり、服従するかぎり不愉快である。


マギー司郎

僕の場合、人と比べるってことがほとんどないの。それは出発点の違いがあるかもしれないね。生い立ちは貧乏で、子供の頃はお金持ちの家のゴミから食べられるものを探したこともあったし、マジシャンになっても華々しさなんか何もなかったからね。


玉塚元一

経営判断は瞬時にしなくては現場が迷う。


野本弘文

大事なのは、何のためにやるかということ。それが何のためにやるのかということが明快になり、高尚になればなるほど賛同も得られますし、やる人間のモチベーションが高まります。


蒲島郁夫

知事就任当初、「できません」ではなく、「どうしたらできるかを考えよう」ということから職員と話し合った。


岩崎達也(マーケティング)

リーダーシップというと、ともすれば一番上のリーダーしか語られない場合が多いですが、実は中間のリーダーシップを持つ人たちが、目的の遂行に向けてブレずに、内外の圧力を払いのけていくことが大事。


苅谷道郎

ニコンは5年前に2年連続赤字に陥って以来、全社を挙げて改革に取り組み、昨期に続いて今期も売上高、利益とも過去最高が予想されています。このV字回復の原動力のひとつには経営のスピード化があるのは間違いありません。ただ、私自身は考えるのは速い方ではないし、とくにひらめく方でもありません。それでもタイミングを逃がさず指示を出せるのは考える時間を取って考え貯めをし、毎週300通の週報を読んで準備を怠らないからでしょう。


新井田傳

とにかく店を開けて、お客さまの役に立つという精神を常日頃から考えていなければいけない。


國分文也(国分文也)

これからの世界の中で、僕が実感として感じるところは、今までは何の商売をしていても、競合相手は(同じ商社界の)競合相手だったんです。ところが、今はだんだんそこのところが少なくなっている気がしています。これからの競合相手はグローバルだということでやっていかないと勝てないということです。


片田珠美

投資詐欺の類いは、楽をして利益を得ようとする人がひっかかりやすいもの。つまり、騙す人は、騙される側の欲につけ込んで話を持ちかけるんですね。職場に当てはめると、自分の言うことを聞いていれば出世できる、などという上司の言葉を信じて愚直に従ってしまう人が振り回される。相手の話を真に受けてしまう点も、振り回される原因になっている。こういう人はまず、相手の話をよく分析し、疑ってみる姿勢が必要です。