名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

元木昌彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

元木昌彦のプロフィール

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

元木昌彦の名言 一覧

編集長時代、私は自分にふたつのことを課していました。「1日3人は社外の人に会うこと」と、「1日30分は一人だけの時間を持つこと」です。このふたつをこなすことで編集者としての人脈も広がり、かつ多くの企画を考えつけたと思っています。


リーダーとしての私のモットーは、「人に期待をしない」ということです。「一致団結」「皆で力を合わせて」というスローガンは、響きとしては美しいけれど、現実的ではありません。「20%、80%の法則」ではないけれど、職場で目覚ましい働きをするのはせいぜい2割から3割です。それ以外の大多数に期待をかけるのは、所詮無駄というもの……、と言うとまた顰蹙を買うかもしれませんが部下が幼稚園レベルと思っていれば怒りも湧いてきません。むしろ温かい目で見守れるし、そのなかで、個々人の個性にあった仕事が出てくれば万々歳なわけです。


私は完全にワンマン型リーダーでしたが、真のワンマンとは、ただ部下を縛り付けるのではなく、彼らの持つ能力をグレードアップさせるためにあるのだと思っています。


私がフライデー編集部に来た当初、韓国語、英語、中国語を操る東大卒の部員がグラビアの担当をしているのを知りました。本人に聞くと、本当は硬派な政治問題をやりたいとのことでした。すぐに配置転換をして国際担当をしてもらいました。


当時(フライデー編集長就任当時)は、部数が伸び悩んでいた時期でもあり、暗くなるのもわからなくもないが、同じ仕事をするのであれば、やっぱり楽しいほうがいいに決まっています。


元木昌彦の経歴・略歴

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

他の記事も読んでみる

柳井正

自分のお金で会社を経営して、100%自分でリスクをとってきたので、責任が自分以外の人間にあるとか、他の要因にあると思った瞬間、僕は自分に負けるような気になるんです。言い訳をせずに全部自分に責任があると割り切った方が気持ちがいいんです。だいいち、失敗を直視し、かつ客観的に原因を分析してこなければ、生き延びてこられなかったでしょう。


横山信弘

仕事を溜め込んでしまっている人は、今それを「やる/やらない」の決断を先延ばししているのではないでしょうか。ならば、するべきことは決断だけです。


新浪剛史

自らしっかり考えて挑戦して失敗した人には「バッテン」をつけてはいけません。


松本洋(コンサルタント)

管理職は、自分の部署の数値目標を全員に知らしめて、その目標について、説得力のある理由を部下に説明し、納得してもらうことが必要。また数値目標に対して現在の達成値がどれくらいか資料を見ずに答えられ、そのギャップを埋めることができなければなりません。


津賀一宏

人事、経理、財務、経営企画の部門が一緒に会議をするようにしたことで、事業計画を検討する際には、経理や財務の側面だけではなく人事の側面からも同時に検討できるようになりました。この点については間違いなくプラスに働いています。


高橋滋

僕がお金持ちだったら、レストランではなくてホテルや航空会社を作りたかったんです。でもそれほどのお金はありませんでした。そこで、自分が東京で顧客として嫌な思いをすることが多いのがレストランでしたから、自分が感じるようなストレスのないレストランを作れば、お客様が来てくれるのではないかと考えたんです。スタートは自分が行きたくなるようなレストランを作りたいという発想でした。


江上剛

会社を辞めた後、雑誌の取材で、本名でハローワークに行きました。その時に自分の役立たずさを思い知りましたね。僕の職歴は人事部、総務部、最後は支店長でした。総合力はあるけど、専門性がなかった。一度、人材紹介の窓口に行くと、自分の市場価値が分かるかもしれません。


中田誠司

「クオリティナンバーワン」を追求していく。顧客のニーズを引き出して喜ばれる提案をするには、知識と、自分でストーリーを考え組み立てる能力が必要だ。


倉持治夫

グループ組成の一番のメリットは、得意分野に専念できること。銀行窓口販売はT&Dフィナンシャル生命がやり、家庭市場では太陽生命が強みを生かす。そして当社、大同生命は中小企業マーケットに特化する。保険会社というものは、どうしても全部をやりがちなのですが「やらなくてもいい自由」とでもいいますか、経営資源を特定分野に集中できるのは、社長としては非常にありがたいです。


茂木健一郎

「やる気」って贅沢品なんです。「やる気がわいてきたから、一気に仕事が片づく」なんて、人生の中でそう起こることではないですから。逆に言うと、いつもやる気がある状態だと疲れてしまいます。そうではなく、やる気がなくてもやれるように習慣化することが大事。


冨山和彦

日本経済や日本企業に逆風が吹いていると慌てふためく必要はありません。やり方次第では、むしろこうした時代を追い風と捉えて、これから日本企業の出番が来るぐらいの気概と覚悟をもって道を切り拓いていってほしい。


大坪清

段ボールの生産で15%の廃棄があるとして、これを10%にできれば大きなインパクトがあります。しかし、実現するには、全要素生産性、トータルファクタープロダクティビティで考えていかないと実現できません。そうしていくと、生産性が上がる、ロスも減る、結果として労働時間も減っていくということが起きる。今話題の働き方改革も、全要素生産性で考えないとうまくいかないでしょうね。