名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

元木昌彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

元木昌彦のプロフィール

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

元木昌彦の名言 一覧

編集長時代、私は自分にふたつのことを課していました。「1日3人は社外の人に会うこと」と、「1日30分は一人だけの時間を持つこと」です。このふたつをこなすことで編集者としての人脈も広がり、かつ多くの企画を考えつけたと思っています。


リーダーとしての私のモットーは、「人に期待をしない」ということです。「一致団結」「皆で力を合わせて」というスローガンは、響きとしては美しいけれど、現実的ではありません。「20%、80%の法則」ではないけれど、職場で目覚ましい働きをするのはせいぜい2割から3割です。それ以外の大多数に期待をかけるのは、所詮無駄というもの……、と言うとまた顰蹙を買うかもしれませんが部下が幼稚園レベルと思っていれば怒りも湧いてきません。むしろ温かい目で見守れるし、そのなかで、個々人の個性にあった仕事が出てくれば万々歳なわけです。


私は完全にワンマン型リーダーでしたが、真のワンマンとは、ただ部下を縛り付けるのではなく、彼らの持つ能力をグレードアップさせるためにあるのだと思っています。


私がフライデー編集部に来た当初、韓国語、英語、中国語を操る東大卒の部員がグラビアの担当をしているのを知りました。本人に聞くと、本当は硬派な政治問題をやりたいとのことでした。すぐに配置転換をして国際担当をしてもらいました。


当時(フライデー編集長就任当時)は、部数が伸び悩んでいた時期でもあり、暗くなるのもわからなくもないが、同じ仕事をするのであれば、やっぱり楽しいほうがいいに決まっています。


元木昌彦の経歴・略歴

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

他の記事も読んでみる

御手洗冨士夫

(キヤノンのトップの任期はみんな長いが)経営者たる人材は、ためています。私は社長になったときに公平な人事をしようと思って、「経営塾」を始めました。米ゼネラル・エレクトリック(GE)のジャック・ウェルチ氏に手紙を書いてお願いし、(GEの研修所のある)米クロトンビルに社員を3か月間派遣して経営者人材の育成システムを勉強させて作ったものです。


山名昌衛

これから重要なのは顧客との接点力だ。大手や中小の会社のオフィスに入り込み、事務機回りのサポートやコンサルティングサービスまで手掛ける。ここまで顧客と強い接点力を持つ業界は、家電メーカーやIT企業にもない。


藤山寛美

役者は舞台の上だけで稼ぐもんや。それ以外のことでおカネを儲けたら、余計なものが入り込んで汚れてしまう。


船ヶ山哲

あなたが1日も早くビジネスを成功させ、より多くのお客様に価値と感動を届けたいと願うのであれば、当て勘ではなく、すでに商品を買っている数人の共通点を探り、未来の「顧客像を確定」させる必要がある。


マーサ・スチュワート

顧客からの手紙を尊重するのは、より良い仕事をする方法を教えてくれるからです。


細谷英二

りそなは社外取締役のメンバーが取締役会の過半数を占めています。もともとは公的資金投入を引き金とする措置でしたが、いまは大企業病の予防策に社外取締役の存在が欠かせないと身にしみています。


柳井正

これからは日本へも大勢の外国人が来るでしょうから、外国人と共に仕事をすることになるでしょう。だから、上から与えられた仕事を右から左へ流すような人は、仕事ができなくなると思います。


横田雅俊

部下の体験をナレッジ化(知識化)して横展開できる仕組みがある組織は、継続的アプローチの重要性やその方法論が比較的早く定着していく。逆に、ナレッジが個人の中にとどまっている組織は、新しい価値観や方法論がまわりに伝わりにくく、組織レベルではなかなか改革が進んでいかない。


山西治男

文法にこだわるあまり、人前で話せなくなるのは日本人の悪い癖。前置詞や三人称単数現在の「s」などの細かい部分は後から勉強すればいいのです。


成毛眞

マーケットの中心軸は若い世代の感性によって形成されている。それを掴めるようになると、有望な市場を獲得できる可能性も自ずと高まってくる。そのためには、とりあえず若い世代の近くに身を置くことが大切。


梶原しげる

相手から軽んじられてしまえば、やりたいことも実現できず、思ったような成果も上げられません。とくに敬語や言い回しというものは、その人の人物を見るための「リトマス試験紙」です。言葉ができないだけで軽んじられてしまうのは、とてももったいないことです。


義家弘介(ヤンキー先生)

私の教師経験からすると、落ちこぼれにはふたつのタイプがあります。ひとつは勉強が人よりもできないという意味の落ちこぼれ。もうひとつは豊かな感受性のために集団に溶け込めず学校教育の枠から浮いてしまう「浮きこぼれ」です。