名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

元木昌彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

元木昌彦のプロフィール

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

元木昌彦の名言 一覧

編集長時代、私は自分にふたつのことを課していました。「1日3人は社外の人に会うこと」と、「1日30分は一人だけの時間を持つこと」です。このふたつをこなすことで編集者としての人脈も広がり、かつ多くの企画を考えつけたと思っています。


リーダーとしての私のモットーは、「人に期待をしない」ということです。「一致団結」「皆で力を合わせて」というスローガンは、響きとしては美しいけれど、現実的ではありません。「20%、80%の法則」ではないけれど、職場で目覚ましい働きをするのはせいぜい2割から3割です。それ以外の大多数に期待をかけるのは、所詮無駄というもの……、と言うとまた顰蹙を買うかもしれませんが部下が幼稚園レベルと思っていれば怒りも湧いてきません。むしろ温かい目で見守れるし、そのなかで、個々人の個性にあった仕事が出てくれば万々歳なわけです。


私は完全にワンマン型リーダーでしたが、真のワンマンとは、ただ部下を縛り付けるのではなく、彼らの持つ能力をグレードアップさせるためにあるのだと思っています。


私がフライデー編集部に来た当初、韓国語、英語、中国語を操る東大卒の部員がグラビアの担当をしているのを知りました。本人に聞くと、本当は硬派な政治問題をやりたいとのことでした。すぐに配置転換をして国際担当をしてもらいました。


当時(フライデー編集長就任当時)は、部数が伸び悩んでいた時期でもあり、暗くなるのもわからなくもないが、同じ仕事をするのであれば、やっぱり楽しいほうがいいに決まっています。


元木昌彦の経歴・略歴

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

他の記事も読んでみる

塚田正由記(塚田正之)

私はサラリーマン時代から挑戦者でした。しかし、どこの会社もたいてい保守的で体制派ですから、「考えている暇があったら、仕事しろ」と相手にされませんでした。私は変革が大好きですから、色んな事にチャレンジしました。そのつど、体制派から、蹴飛ばされ、つぶされ、頭をたたかれました。日本では出る杭は打たれてしまう。しかし、そんな事は構いませんでした。私の味方は会社ではなく、お客様だったからです。


藤原洋

日本がもう一度世界をリードできるような社会になってほしい。それは政治では出来ない。民間の力だと思う。その一石を投じたい。日本が国際社会で受け容れられる、安全保障とかではなくて、世界の経済発展の一翼を担えるような国、社会になってほしいし、それをやれるのは企業家しかいない。


三戸政和

中小企業を買収するポイントは、相手の社長の自己評価欲求を満たすこと。そのために大切なのは、あなたがいかにその会社のビジネスをよく理解し、商品やサービスに魅力や可能性を感じているかを伝えること。


末川久幸

社長に就任し、最終決定責任者とは、こんなに重いものかと日々感じています。夜中の2時くらいに急に目が覚めて寝られないということもあります(笑)。


笠倉健司

心に悩みがあると、当たり前のことが当たり前にできなくなるものです。心の悩みや煩悩に振り回されて自分を見失わないようにするため、「自己と宇宙は一体」という瞑想の心を学ぶことに意味があるわけです。


柳井正

経営書を読むとき、漠然と活字を追っているわけではなく、読みながらこの会社を自分が経営していたらどうする、と登場する経営者を自らに置き換えて考える。著者が書いたことと自分の想像を突き合わせながらページをめくっています。そうしないと本を読んだという気がしない。


田原総一朗

みなさんが政治ニュースに接する際に、ぜひ心がけていただきたいのは、「なぜこうなったのか?」という視点で見ることです。解説なきメディアのニュースに触れて、知識としてニュースを知っても、生きた知識にはなりません。「なぜこうなったのか?」と素直に考えながらニュースを見ると、ニュースが報道しない疑問点が見つかります。


山本梁介

当社はホテル業界でIT化を先駆けて導入し、顧客満足度を上げる取り組みをしています。自動チェックイン機で宿泊費を支払うと部屋番号と鍵の代わりとなる暗証番号が印字された領収書が発券されます。この前払い式の自動チェックイン機を導入することで、ルームキーは不要になり、チェックアウトもスムーズになりました。朝のフロントの込み合いがなくなり、顧客満足度は上がり、さらに人件費も抑えられるのです。


村山富市

戦争だけは二度としてはいけない。そのためには民主主義を守り、議論を尽くすことが大切。


ビル・エモット

人材投資こそが、新たなイノベーションを生み出すことは日本の過去の歴史を見れば明らかだ。優秀な学生が労働市場に参加した後も継続して能力を高めていく。地味だが愚直な政策を続けることが、日本経済の今後の発展の基礎となる。政府は何よりも、人的資源の開発に注力すべきだ。


山田ズーニー

感情をもった文章を書ける人に共通しているのは、投げかけられた問いに対して「考える」姿勢があることです。たとえば、誰かにムカッとしたら、「ムカッとした」と表層的な感情を吐き出すのではなく、なぜムカッとしたか、それはどんな経験からきているのか、じっくり考えます。それは、自分の心の深い部分にある、経験の湖にダイビングして、ポンプのように想いを汲み出す作業です。


ジャック・シェーファー(心理学者)

人の心を完璧に読み取ることなど誰にもできない。ただし、しぐさという言葉を伴わないシグナルを観察することによって、限りなくそれに近いことができるようになる。