名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

元木昌彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

元木昌彦のプロフィール

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

元木昌彦の名言 一覧

編集長時代、私は自分にふたつのことを課していました。「1日3人は社外の人に会うこと」と、「1日30分は一人だけの時間を持つこと」です。このふたつをこなすことで編集者としての人脈も広がり、かつ多くの企画を考えつけたと思っています。


リーダーとしての私のモットーは、「人に期待をしない」ということです。「一致団結」「皆で力を合わせて」というスローガンは、響きとしては美しいけれど、現実的ではありません。「20%、80%の法則」ではないけれど、職場で目覚ましい働きをするのはせいぜい2割から3割です。それ以外の大多数に期待をかけるのは、所詮無駄というもの……、と言うとまた顰蹙を買うかもしれませんが部下が幼稚園レベルと思っていれば怒りも湧いてきません。むしろ温かい目で見守れるし、そのなかで、個々人の個性にあった仕事が出てくれば万々歳なわけです。


私は完全にワンマン型リーダーでしたが、真のワンマンとは、ただ部下を縛り付けるのではなく、彼らの持つ能力をグレードアップさせるためにあるのだと思っています。


私がフライデー編集部に来た当初、韓国語、英語、中国語を操る東大卒の部員がグラビアの担当をしているのを知りました。本人に聞くと、本当は硬派な政治問題をやりたいとのことでした。すぐに配置転換をして国際担当をしてもらいました。


当時(フライデー編集長就任当時)は、部数が伸び悩んでいた時期でもあり、暗くなるのもわからなくもないが、同じ仕事をするのであれば、やっぱり楽しいほうがいいに決まっています。


元木昌彦の経歴・略歴

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

他の記事も読んでみる

冨田英揮

夢も、アイデアも、情熱も、そこに「人」がいなければ、生まれようがありません。人材こそがビジネスの生命線であり、夢とアイデアと情熱を持てること、持ち続けられることが人材の「人財」たるゆえんではないでしょうか。


高橋政史

私は、これまで3万人以上のノートを見てきましたが、仕事で目覚ましい結果を出している人とそうでない人のノートには、明確な違いがあります。それは、「結果を出すために必要な行動」と、そこに至るまでの思考プロセスが、きちんと書かれているかどうかです。


亀井智英

電通にいたころ、人材・転職ビジネスをやっているビズリーチに話を聞きにいきました。すると、社長の南壮一郎さんから「亀井君ならいつでも転職できる。その前にうちの新規事業を手伝ってくれないか」と誘われまして。いずれ起業したいと考えていた僕にとって、事業をゼロからつくる経験は魅力的。引き受けて、南さんが集めた仲間と一緒にゼロをイチにするところまでやりました。イチになったら、その事業にフルコミットできる人たちが新しく入ってきて、僕たちは卒業することに。今度は自分たちでという話になり、Tokyo Otaku Modeにつながっていきます。


松下幸之助

土俵の何百倍かの努力を、毎日たゆまずやってはじめて、1分の土俵で勝負を決する際に効果が表れる。


河野英太郎

私は、同僚にはあまり気を這わずに予定を入れてしまいます。みんなにおうかがいを立てていたら収拾がつかなくなってしまいますから。誰かが先に決めてあげることが大事だと思います。それに、どうしても出なければならない会議以外は、忙しければ、「遅れてしまうので先に進めておいてください」とひと言もらっておけば問題ないことが多いのです。


勝野哲

再編自体が目的となってはいけない。顧客ニーズを原点に、必要に応じて連携を模索する。そういうスタンスが重要だ。


渡邊陽一

会社というものは、体裁でなくて中身で勝負するもの。だから、金もないのにいいビルに入居したり、秘書を雇ってみたり、そんなのは最初から失敗に向かって進むようなもの。


福原正大

アメリカのリベラルアーツカレッジを訪問したときに、ある学長さんが「コミュニティをつくれる人間を育てることが、大学のあるべき姿だ」と話していて、非常に印象に残りました。コミュニティは上から与えられるものではなく、一人一人が教育を通して考え、つくっていくものだと思います。


青田嘉光

当社のように商業施設、文化施設ほか事業分野が広い会社は、この業界ではごく少数です。しかも内装・ディスプレイの企画、デザイン・設計・制作・施工に加え、施設の運営までトータルにサポートできることが、私たちの強みです。


吉沢康弘(吉澤康弘)

高年収層は、誰も知らない情報を発信することが自分の価値を高めると知っている。それには自分で考えたコンテンツをSNSで発表するのが手っ取り早い。


内村航平

世界一の練習をした選手が、世界一になる。帰宅後も体操のことを考えていることが多いですね。気づいたら1時間くらい経っていることがしばしばあります。


中島武

飲食店としてでも、男としででもそうなんですけど、なんでこんなに仕事をするのかと考えてみると、自分のお金が欲しくてやっているわけじゃないしょみんな。すごい男だと言われたくて、自分の能力を試したくてやっているんじゃないですか。