元木昌彦の名言

元木昌彦のプロフィール

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

元木昌彦の名言 一覧

編集長時代、私は自分にふたつのことを課していました。「1日3人は社外の人に会うこと」と、「1日30分は一人だけの時間を持つこと」です。このふたつをこなすことで編集者としての人脈も広がり、かつ多くの企画を考えつけたと思っています。


リーダーとしての私のモットーは、「人に期待をしない」ということです。「一致団結」「皆で力を合わせて」というスローガンは、響きとしては美しいけれど、現実的ではありません。「20%、80%の法則」ではないけれど、職場で目覚ましい働きをするのはせいぜい2割から3割です。それ以外の大多数に期待をかけるのは、所詮無駄というもの……、と言うとまた顰蹙を買うかもしれませんが部下が幼稚園レベルと思っていれば怒りも湧いてきません。むしろ温かい目で見守れるし、そのなかで、個々人の個性にあった仕事が出てくれば万々歳なわけです。


私は完全にワンマン型リーダーでしたが、真のワンマンとは、ただ部下を縛り付けるのではなく、彼らの持つ能力をグレードアップさせるためにあるのだと思っています。


私がフライデー編集部に来た当初、韓国語、英語、中国語を操る東大卒の部員がグラビアの担当をしているのを知りました。本人に聞くと、本当は硬派な政治問題をやりたいとのことでした。すぐに配置転換をして国際担当をしてもらいました。


当時(フライデー編集長就任当時)は、部数が伸び悩んでいた時期でもあり、暗くなるのもわからなくもないが、同じ仕事をするのであれば、やっぱり楽しいほうがいいに決まっています。


元木昌彦の経歴・略歴

元木昌彦、もとき・まさひこ。日本の雑誌編集者。週刊現代編集長。早稲田大学商学部卒業後、講談社へ入社。FRIDAY編集長を経て週刊現代編集長に就任。同誌の販売部数を100万部にまで伸ばした人物。その他、WEB現代編集長、オーマイニュース日本版編集長・社長などを務めた。主な著書に『週刊誌は死なず』『週刊誌編集長 週刊現代・フライデー・WEB現代編集長が明かすスキャンダル・事件報道現場の3300日』『孤独死ゼロの町づくり』など。

他の記事も読んでみる

松岡修造

一時的とはいえ、テニスより麻雀という遊びを選んでしまった。いま思えば1つの挫折でしたよね。「ああ、自分は弱いんだな」って。それで、もっと厳しい環境に身を置こうと、思い切って、慶應高校からテニスの名門・柳川高校へ転校したんです。弱い自分を鍛え直すには、厳しい環境に自分を置くしかない。だからテニスの厳しい柳川に行くしかないと。


野村克也

自分は選手に対して、「無視」「称賛」「非難」の三段階で接しているんだ。プロとしてのレベルに達していない選手は無視をする。一定レベルに達した選手は称賛する。そして、一流選手に対しては、徹底的に非難する。


冨田英揮

求人分野だけで目標の営業利益・時価総額を超えることは不可能。その可能性を探るために、若い経営者に会い、見込みがありそうなら投資をする。私自身、創業期には、パソナの南部(靖之)さんに育ててもらった。成功確率が低いのは分かっていますが、今度はその役目を自分が果たしていく。


篠原欣子

仕事って大変なことです。しかし続けていくことが大切。石の上にも三年。何事も諦めない。続けることが大切です。そして常に可能性に挑戦して欲しい。


ナポレオン

愚人は過去を、賢人は現在を、狂人は未来を語る。


伊達公子

以前現役だったころと比べれば、体力や回復力が落ちていることは、素直に認めなくてはなりません。だからこそ、無駄を削ぎ落とし、有効な練習法を考える必要があるのです。


オスカー・ワイルド

経験はタダでは手に入らない。


徳光正子

父はよく「80パーセントの稼働でいい」とも言っていました。力をその程度に抑えておけば、あと20パーセントも余裕があります。でも目いっぱい力を出し切っていたら、これでもか、これでもかとやり続けなければなりません。


御手洗冨士夫

トップにとって経営とはバランスシート(貸借対照表)で語る物語です。理想的なバランスシートを構想し、それを実現するため、企業内のあらゆる組織、あらゆる人間が行うべき仕事を導き出していくのです。


リスト・シラスマ

ノキアのアトム(原子)は全て変わったが、150年の歴史をもつ会社のスピリット(魂)は生き続けている。


尾賀真城

我々は発泡酒や新ジャンルの先鞭をつけ、市場を開拓、成果を上げてきました。ただし、多くの商品を投入した結果、分散したところがあったことは否めません。そこでもう一度原点に戻ろうと努めてきました。それが本業のビールに特化するというものです。


松下幸之助

松下電器の人々のあいだでは、北海道におる人の苦労が九州におる人に伝わる、九州におる人の苦労が北海道の人に伝わるという、打てば響くようなかたちにおいて全員が結ばれていくというようにずらなければ、けっして成果というものはあがるものではないと思うのであります。


城繁幸

人事部は、幹部候補に選んだ人物に対して、早い段階からハードミッションを与えます。若手のうちに厳しい仕事を課して成長を促すとともに、「生き残った者にポストを与える」という仕組みが、最も効率の良い人材選別法だと考えられているからです。


和地孝

人をつくらずによい製品はつくれない。


石井淳蔵

実践者と理論家、両者を共に虜にするパラダイムが生まれる。両者が互いに強化しあい、共にそれに取り込まれる。「業界の常識」とは、そうしたものだ。経営者はそのことを自覚しないといけない。自分の考えがドグマ(教義)ではないか、イデオロギーになっていないかを常に顧みる姿勢、プラグマティズムの精神が必要とされる所以だ。


ページの先頭へ