名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

億田正則の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

億田正則のプロフィール

億田正則、おくだ・まさのり。日本の経営者。「大建工業」社長。関西学院大商学部卒業後、大建工業に入社。近畿営業部長、執行役員、東部住建営業統轄部長、上席執行役員、取締役常務執行役員、住建営業本部長、取締役専務執行役員、東京本部長などを経て社長に就任。

億田正則の名言 一覧

新設住宅に依存した経営を続ければジリ貧に陥るのは明らか。危機意識を持っていち早く変化に対応し、新たな成長路線を歩むことが必要。


創立80周年を迎える2025年に向け、会社として「ありたい姿」を描き全社員を同じベクトルに向けたいというのが長期ビジョン策定の狙い。


億田正則の経歴・略歴

億田正則、おくだ・まさのり。日本の経営者。「大建工業」社長。関西学院大商学部卒業後、大建工業に入社。近畿営業部長、執行役員、東部住建営業統轄部長、上席執行役員、取締役常務執行役員、住建営業本部長、取締役専務執行役員、東京本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

米山久

「君たちはメーカーの第一線の営業マン。愛想を振りまくだけの薄っぺらなサービス業をやっているんじゃない」と店の接客スタッフにいつも言っています。生産者に代わって食材の特徴を説明するのがスタッフの役割の一つ。


古森重隆

当社では従来の仕事のやり方にとらわれることなく、新しい発想で仕事を進めることを各職場、各人に求めている。


茂木健一郎

オススメしたいのが、苦手なことをとりあえず始めることだ。英会話でも、プログラミングでも、新分野の勉強でも、とにかく始めてしまう。嫌がっていないで、手をつけてしまうのだ。そのために有効なのが、「タイムプレッシャー」。時間制限を設けて、たとえば30分以内でこれをやろうと決め、心地よいプレッシャーの下に作業を始めるのである。苦手なことや慣れていないことは、つい戸惑ってだらだらやってしまいがちだ。時間制限を設けることで、きびきびと集中して作業を進めることができる。


池谷裕二

人間は「エラー&コレクト」、すなわち自分のクセや欠点に気付き、修正しながら成長することで社会に適応してゆきます。


原田まりる

他人の批判を恐れずに受け入れ、常に自分を変化させていかないと人は成長しない。もちろん、批判を受け入れるといっても、それに無批判に従うのではなく、相手の意見が自分と違えば、はっきりと「違う」と言っていい。


古森重隆

印刷材料の営業担当だった30歳の頃、顧客の生の声を聞かせるため、技術者を顧客のもとに連れて行った。そこで辛辣な当社品への評価が響いたのだろう。技術陣もその後は改良に力を入れるようになった。


伊藤正裕(起業家)

「経験が成長に結びついている」という実感をつかめない人は、精一杯を超えたところで仕事をしていないからではないでしょうか。もっとスキーがうまくなりたいというときに、初心者向けのコースで百回滑っても、なかなか上達しません。ところが「ちょっといまの自分の実力では無理だぞ」というコースにあえて挑戦すると、一回目は転がり落ちるかもしれない。けれども二回目でコツをつかんで、三回目には滑れるようになっているものです。初心者コースを滑るのと、あえて難コースに挑戦するのとでは、成長スピードがまったく違うものになるわけです。


古川一夫

情報が変質する中で、コンピュータは省力化マシンから、価値を生むシステム、マシンへと変わってきているんです。我々はメインフレームがバリバリの時代を経てきましたが、その後、ユビキタス時代の到来など、いろんな環境の変化に応じてコンピュータシステムそのものが省力化マシンから、バリュー・クリエイション・マシンになっています。こうした変化を我々は事業の中で本質的にとらえていかなければいけないと思っているんです。


花村仁八郎

大きな金額の政治資金を扱ったが、一銭一厘も間違ったことはありませんでした。それで、「花村なら……」という信頼を得た。


池上彰

一番難しいのは、「このニュース、みんなどこがわからないんだろうか?」という疑問です。みんなのわからないがわからない。そこがわかれば、そこを解決すればいいということになりますでしょう。だからこそ一番、頭を使うんですよね。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

我々は、独りで世の中を歩いている。我々が望むような友達は夢であり、おとぎ話である。


高橋基治

せっかく問題集を買っても使い方を間違えている人が多い。一通り解いて答え合わせをして、そこで満足している。これはその時点の実力を測定しているにすぎません。そうではなく、特に間違えた問題に着目し、なぜ間違えたのかを把握。正しく答えられるようになるまで何度も何度も同じ問題をこなすことが大切です。時間をおいて再トライしたときに、スムーズに正解できるようになって初めて、実力がついたと言えるでしょう。ただ解くだけではなく、積極的に関わることが大事です。