名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

傳田信行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

傳田信行のプロフィール

傳田信行、でんだ・のぶゆき。日本の経営者。インテル日本法人会長。当時ベンチャー企業だったインテルの日本法人に入社。インテルジャパン株式会社を設立し、同社の社員第一号となる。セールス・マーケティング本部長、取締役などを経て社長。米国インテルの副社長も務めた。同社に30年勤務し、退職後は若手ベンチャーの育成活動を行った。また、トラステッド・ソリューションズ株式会社代表取締役会長、ピーシーフェーズ株式会社取締役会長、国際経営者協会理事などを務めた。

傳田信行の名言 一覧

私はインテル時代、日本の責任者として、既存ビジネスのシェア拡大ではなく、「新しいマーケットを創る」ことに全力を注ぎました。


人が成長するには失敗の経験が必要。会社全体に影響を与えないまでの失敗はさせたほうがいい。ただし、それには部下を見守る我慢が必要。この我慢が人材育成には大切だと感じています。


数年先の目標を定め、具体的なイメージを描き、達成に向けて努力しろ。


選択肢が複数あるときは、常に困難な道を選べ。


人を評価するときは、自ら対話し判断しろ。


部下の自主性や自ら考える力を重視し、一挙手一投足に細かく指示を出すのではなく、自由に仕事をさせ、本質から離れてしまった場合のみ、ダメ出しをするマネジメントをしてきました。


今、手掛けているベンチャーは、どちらも世界初の事業を手掛ける会社です。人と同じことではなく、人と違うことをやる。そして新たな市場を創造する。インテル時代も現在も、この生き方を貫いています。


顧客に対しても安請け合いをしてはいけません。結局実現できず、かえって相手に迷惑をかけてしまいます。誰に対しても、いい顔ばかりしてはいけないのです。このことは、ビジネス全般に通じる真理だと思います。


本社への要求の声を出し続けないと、外資系日本法人の経営者は務まりません。いつ辞めても構わないと覚悟を決めて、最終的に会社にとって重要だと思うアクションを取り続けなければならないのです。一時的にでも相手の機嫌を取るようなことをしていたら、すべてを失います。


インテル日本法人の創業まもないころですが、本社が突然製品の出荷を止めました。米国市場で品不足が起きると、すでに日本の顧客から注文をもらっていても、何の前触れもなく出荷をストップするのです。出荷が止まれば、日本の顧客は生産ラインを止めざるを得なくなり、被害甚大です。顧客はかんかんになって怒鳴り込んできます。無理もありません。こんなときは、本社に対して声を大にして抗議します。担当者が駄目ならその上司、そして最後には社長に文句を言います。アンディー・グローブ社長にもずいぶん噛みつきました。


強じんな精神力を持っていないと、海外の本社と顧客企業の間に挟まれて、いとも簡単につぶされてしまいます。両社ともそれぞれの立場しか考えずに無理な要求を突き付けてくるからです。


外資系日本法人の仕事は、想像以上にストレスのたまるものです。両者を仲介すれば済むという簡単な仕事ではありません。我々が日本の顧客の話を100%本社に持っていくと、「お前は誰のために働いているんだ」と怒られ、本社の言っていることを100%日本に持ってくると、「お前は何人だ。日本人だろう」と非難されます。


62歳のとき、ゼロからピアノを始めました。腎臓の移植手術後、いままでのような仕事人間ではなく、やりたいことをやろうと。講演は緊張しませんが、ピアノの発表会は超緊張する。集中が大切。少しでも他のことを考えると、手が止まる。僕も人間だな(笑)。


アンディ・グローブを始め、インテルのCEOとは「ハーイ」と名前で呼び合う関係で侃々諤々の議論をしました。特に、アンディは「Why?」を連発し、「NO」から始まる経営者でしたが、そのやり取りを通じて部下は成長し、会社が急成長する原動力となっていました。


社員数がまだ100名にも満たない頃のインテルに入社。歴代CEOのもとで働き、日本法人社長だけでなく、アメリカ本国の副社長を務めた経験は、私の人生において、かけがえのない財産となりました。インテル退社後、傳田アソシエイツを設立し、現在、ベンチャー育成と投資、コンサルティングを手掛けていますが、これも「インテルユニバーシティ」を卒業し、ビジネスの神髄を様々な形で学ぶことができたからです。


傳田信行の経歴・略歴

傳田信行、でんだ・のぶゆき。日本の経営者。インテル日本法人会長。当時ベンチャー企業だったインテルの日本法人に入社。インテルジャパン株式会社を設立し、同社の社員第一号となる。セールス・マーケティング本部長、取締役などを経て社長。米国インテルの副社長も務めた。同社に30年勤務し、退職後は若手ベンチャーの育成活動を行った。また、トラステッド・ソリューションズ株式会社代表取締役会長、ピーシーフェーズ株式会社取締役会長、国際経営者協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

木川眞

私は2011年4月にヤマトホールディングスの社長に就きました。東日本大震災の直後です。就任時、経営トップ3人で相談して大きな決断を下しました。宅急便1個につき10円の寄付です。その前年の宅急便取扱個数は約13億個でしたから、概算すると寄付総額は130億円以上にも達します。年間純利益の約4割ですから、相当の覚悟が必要でした。株主や社員が理解してくれるかわからない。最悪の場合、株主代表訴訟のリスクもある。それでも決断した最大の理由は、宅急便、とりわけクール宅急便を育ててくれた東北の被災地に恩返しをすべきだという思いです。もうひとつは、社員に対して平素から言っていた「世のため人のため」「サービスが先、利益は後」という経営理念を具体的な形として見せることでした。


小泉文明

現在、社員のバリュー(重視する価値観・行動様式)実践度はかなり高いと思っています。ただ、手を緩めた途端に下がるでしょうから油断は禁物。


中村義一

小さい頃の私は、父の職場だった東京天文台で生活をしていたようなものでした。のちのちの望遠鏡や顕微鏡を開発するきっかけは、その時期に遊んでいて気づいたことが多いんだ。かつてドイツの名品と言われた望遠鏡には、古くてネジがガタガタでも、プレない工夫が凝らされていた。それを、いまの手術顕微鏡で「顕微鏡を動かしても、もとの患部に焦点を合わせられる」という工夫に活かしたんです。患部で焦点をロックさせ、そこから円運動で顕微鏡を移動できるようにしたら、ライカに「いままでどうしても解決できなかったことなんだ」と驚かれた。過去の工夫の中に、宝はゴロゴロ隠れていたんだよね。


鵜澤静

いまや過去の10年が数カ月かと思うぐらいの速さで世の中が変化している。そういうなかで何かをやろうとしたときに、我々が一番陥りやすい過ちが、成功体験に縛られることなのだ。


丹下大

当社の強みはとにかくテストの部分を入念に行うところです。むしろ入念過ぎて顧客から「そんなテストしなくていいよ」と言われるぐらいです(笑)。


ルディー和子

日本の企業は、自社アピールも弱いですね。こういう低迷期こそ、経営者は自社の個性を明確にして、顧客の心理を変えるのは自分だという意気込みが必要。共感してもらうのではなく、共感させるのだという強い意志を持つことです。顧客と一緒に不景気な気分に陥ってしまっては、元も子もありません。


佐々木常夫

まわりがサポートしたくなるのは、自分の弱さから目を背ける人ではなく、弱さを認めたうえで改善しようと頑張る人。うまくいかないときにまわりの目を気にして格好つけても、事態は良くなりません。自分の弱さを素直にさらけ出すことで人は共感し、手を差し伸べてくれるのです。


春香クリスティーン

私は基本的にネガティブで自分に自信があるわけではありません。だから、自信がない分、自分がいろいろな現場に行って、なるべく多くのことを自分の目で見て、感じ取るように心掛けています。


得丸英司

定年は自由な人生のスタートラインです。そのためには、「もういまさら」といった先入観は捨てて、「まだこれから」という気持ちで、50代のうちから準備を始めることが何より必要です。


佐藤可士和

切り口を見つける時は、様々な立場の、できる限り多くの人の立場に立って考えます。この時、妥当性が高い切り口を選ぶうえで、集めた情報が役立ちます。「妥当性が高い」とは、より多くの人から共感を得られている状態です。最終的には、ネガティブな要素がより少ないと思われる案を、「妥当性が高い」と判断することが多い。ビジネスでは正解は1つとは限りませんが、妥当性を追求する姿勢は重要です。


内藤誼人

心理テクニックなどに頼る以前に、誰でも超簡単に職場の人間関係を改善できる最強の心理的アプローチがあります。それは「挨拶・名前を呼ぶ・笑顔」の3つ。想像してみてください。「○○さん、お疲れ様です」といつも笑顔で名前を呼んで挨拶してくれる相手を嫌うことはできますか? その人が頼み事をしてきたら、なんとか力になってあげたいと思うでしょう。「挨拶・名前を呼ぶ・笑顔」は心理テクニック以前に人間関係をよくする土台。これをせずして、テクニックだけを学んでも、人を動かすことはできないのです。


上村光弼

仕事の原動力になるものは2つあります。愛とエゴです。嫉妬心がやまない人は、エゴが強い人です。そういう人は、いまより高いポジションを手にしたとしても、もっと上をという欲望を抑えることができません。少なくとも社長になるまでは救われないでしょう。だからこそ、この流れをどこかで断ち切ることをお勧めしたいのです。