名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

傳田信行の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

傳田信行のプロフィール

傳田信行、でんだ・のぶゆき。日本の経営者。インテル日本法人会長。当時ベンチャー企業だったインテルの日本法人に入社。インテルジャパン株式会社を設立し、同社の社員第一号となる。セールス・マーケティング本部長、取締役などを経て社長。米国インテルの副社長も務めた。同社に30年勤務し、退職後は若手ベンチャーの育成活動を行った。また、トラステッド・ソリューションズ株式会社代表取締役会長、ピーシーフェーズ株式会社取締役会長、国際経営者協会理事などを務めた。

傳田信行の名言 一覧

私はインテル時代、日本の責任者として、既存ビジネスのシェア拡大ではなく、「新しいマーケットを創る」ことに全力を注ぎました。


人が成長するには失敗の経験が必要。会社全体に影響を与えないまでの失敗はさせたほうがいい。ただし、それには部下を見守る我慢が必要。この我慢が人材育成には大切だと感じています。


数年先の目標を定め、具体的なイメージを描き、達成に向けて努力しろ。


選択肢が複数あるときは、常に困難な道を選べ。


人を評価するときは、自ら対話し判断しろ。


部下の自主性や自ら考える力を重視し、一挙手一投足に細かく指示を出すのではなく、自由に仕事をさせ、本質から離れてしまった場合のみ、ダメ出しをするマネジメントをしてきました。


今、手掛けているベンチャーは、どちらも世界初の事業を手掛ける会社です。人と同じことではなく、人と違うことをやる。そして新たな市場を創造する。インテル時代も現在も、この生き方を貫いています。


顧客に対しても安請け合いをしてはいけません。結局実現できず、かえって相手に迷惑をかけてしまいます。誰に対しても、いい顔ばかりしてはいけないのです。このことは、ビジネス全般に通じる真理だと思います。


本社への要求の声を出し続けないと、外資系日本法人の経営者は務まりません。いつ辞めても構わないと覚悟を決めて、最終的に会社にとって重要だと思うアクションを取り続けなければならないのです。一時的にでも相手の機嫌を取るようなことをしていたら、すべてを失います。


インテル日本法人の創業まもないころですが、本社が突然製品の出荷を止めました。米国市場で品不足が起きると、すでに日本の顧客から注文をもらっていても、何の前触れもなく出荷をストップするのです。出荷が止まれば、日本の顧客は生産ラインを止めざるを得なくなり、被害甚大です。顧客はかんかんになって怒鳴り込んできます。無理もありません。こんなときは、本社に対して声を大にして抗議します。担当者が駄目ならその上司、そして最後には社長に文句を言います。アンディー・グローブ社長にもずいぶん噛みつきました。


強じんな精神力を持っていないと、海外の本社と顧客企業の間に挟まれて、いとも簡単につぶされてしまいます。両社ともそれぞれの立場しか考えずに無理な要求を突き付けてくるからです。


外資系日本法人の仕事は、想像以上にストレスのたまるものです。両者を仲介すれば済むという簡単な仕事ではありません。我々が日本の顧客の話を100%本社に持っていくと、「お前は誰のために働いているんだ」と怒られ、本社の言っていることを100%日本に持ってくると、「お前は何人だ。日本人だろう」と非難されます。


62歳のとき、ゼロからピアノを始めました。腎臓の移植手術後、いままでのような仕事人間ではなく、やりたいことをやろうと。講演は緊張しませんが、ピアノの発表会は超緊張する。集中が大切。少しでも他のことを考えると、手が止まる。僕も人間だな(笑)。


アンディ・グローブを始め、インテルのCEOとは「ハーイ」と名前で呼び合う関係で侃々諤々の議論をしました。特に、アンディは「Why?」を連発し、「NO」から始まる経営者でしたが、そのやり取りを通じて部下は成長し、会社が急成長する原動力となっていました。


社員数がまだ100名にも満たない頃のインテルに入社。歴代CEOのもとで働き、日本法人社長だけでなく、アメリカ本国の副社長を務めた経験は、私の人生において、かけがえのない財産となりました。インテル退社後、傳田アソシエイツを設立し、現在、ベンチャー育成と投資、コンサルティングを手掛けていますが、これも「インテルユニバーシティ」を卒業し、ビジネスの神髄を様々な形で学ぶことができたからです。


傳田信行の経歴・略歴

傳田信行、でんだ・のぶゆき。日本の経営者。インテル日本法人会長。当時ベンチャー企業だったインテルの日本法人に入社。インテルジャパン株式会社を設立し、同社の社員第一号となる。セールス・マーケティング本部長、取締役などを経て社長。米国インテルの副社長も務めた。同社に30年勤務し、退職後は若手ベンチャーの育成活動を行った。また、トラステッド・ソリューションズ株式会社代表取締役会長、ピーシーフェーズ株式会社取締役会長、国際経営者協会理事などを務めた。

他の記事も読んでみる

森秀明

資料はコミュニケーションそのもの。説得力のある資料を作るには、完成するまでの過程で何度も修正を繰り返すといい。


津田晃

初対面では、政治やスポーツなど、個人の嗜好にからみやすい話は避けるのが無難です。「昨日の巨人の戦いは素晴らしかったですね」と切り出して、もし相手がアンチ巨人だったら、そこで会話が止まってしまいますから。


藤田近男

「会社は社長の人格以上にはならない。この言葉さえ覚えておいてもらえれば何をやってもよい」と、先代(創業者、中島董一郎氏)は他に何の条件も付けず、私にキユーピーの経営を任せてくれました。


朝原宣治

ピンチに立たされた時こそ「割り切りの良さ」がピンチをチャンスに変える。


岡田圭右

漫才で賞を獲ってレギュラー番組を持っていても、安心なんかこれっぽっちも無い。ツーアウト満塁、ここで打てば逆転という打席に立つ気で仕事に臨んでます。


家入一真

ビジネスのアイデアが生まれるのは、外部の人とコミュニケーションをしているときだけです。一人で考えていても、アイデアなんて生まれてきません。自分とは職業も年齢も経歴もまったく異なる人と会話をするなかで、自分の価値観とのギャップが生まれる。そこにアイデアのヒントが隠されているのです。会社員の方々も、社内の上司や同僚と飲みにいく回数を減らして、外の世界の人たちと会う機会を増やすだけで、みえる世界が大きく変わってくるはずです。


稲盛和夫

つらいことはいくらでもありましたが、歯を食いしばって頑張ってきました。


杉原博茂

業績面では、日本オラクルは4期連続の増収を続けており順調に成長しています。このため、社員が課題を意識しにくい時期だと考えています。現実に成果が出ているし、多くの人は自分の成功体験に自信を持っているわけですから。


谷井昭雄

大切なことを、創業者はもちろん、その伝道師のような社員たちが繰り返し語ってきました。だから、松下電器は創業者と直接言葉を交わしたことのない社員にまで、理念を徹底できたのだと思います。


孫正義

私は常に7手先まで読みながら碁の石を打っていく。まあ、分かる人には分かるし、分からない人には分からない。


大西洋

私は売上だけが世界一の指標になるとは思っていません。三越伊勢丹グループが目指すブランドの指標としては、わざわざ足を運ぼうとしてくださるお客様が多数いること。世界中のどの百貨店にも真似のできないことを実践していること。どのカテゴリーであるかは別として圧倒的な強みがあること。こうした視点が必要であると考えています。果たして、これらの視点でも世界一と言えるような百貨店になっているでしょうか。まだまだそうとは思えません。


詹國良(ボブ・セン)

法人向け市場で重要なキーワードは「生産性」。お客様は高機能で効率の高いマシンを求めておられます。