名言DB

9490 人 / 112001 名言

假屋崎省吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

假屋崎省吾のプロフィール

假屋崎省吾、かりやざき・しょうご。日本の華道家。東京出身。園芸好きの両親に影響を受け園芸少年として育つ。早稲田大学文学部在学中、いけばなの「草月流」本部教室に入門。家元の勅使河原宏氏から教えを受ける。数か月間のアパレルメーカー勤務を経て、アルバイトをしながらいけばなの修行に専念する。その後、草月工房に入社。草月出版新人賞、ディスプレイデザイン賞などを受賞。財団法人草月会評議員、草月流師範会理事、草月流本部講師を歴任したのち独立し、假屋崎省吾 花・ブーケ教室を立ち上げる。国内外を問わず、数々の重要イベントにて花のプロデュースを行った。

假屋崎省吾の名言 一覧

私の信条は一生懸命やるということ。手抜きはせず、どこにいても私が一番よく動く。マグロみたいに、止まったら死ぬんじゃないかというくらいです(笑)。


経済的な無理をしすぎてはいけませんが、精神面での背伸びに一切の制限はないはずです。「自分はこの程度」だなんて思わずに、自分がいいと思うもの、素敵だと思うものを徹底的に追究してください。


いまのように世の中が混沌としていると、「身の丈に合った生き方をすればいい」と考えたくなる気持ちもわかります。でも私は、いまの自分を基準にせず、「背伸び」をすることをお勧めします。そうすることで、次第にそれが「身の丈」になっていくんです。


少しずつ仕事が舞い込むようになりましたが、それでもすぐに楽にはなりませんでした。お仕事の予算が10万円だとすると、10万円どころか自腹を切ってもっと使っちゃうので、それじゃ、儲かるわけがありません。中途半端は嫌いな性格なので、自分が納得いくまでとことんやっていて、気がついたらそうなってしまうんです。でも不思議なことに、そうして自分がいいと思うものを追究していくと、つぎ込んだ以上のものが次のお仕事として返ってくるんです。「出さなきゃ入ってこないんだな」と実感した時期でもありました。


転機は、20代の終わりから30代の初めにかけて、銀座や神田の画廊で個展を開催したことです。もちろん、スポンサーなんて居ませんから、全部自費。でもその個展をやったことで、美術雑誌や見に来て下さった方々の目にとまり、それから少しずつ、企業からディスプレイのお仕事などが舞い込むようになりました。


花の修行をしながらマクドナルドでアルバイトをする日々。けれども、将来の望みが見えていなかった一方で、「たとえお金にはならなくても、一生、花の仕事に携わっていこう」という気持ちに迷いはありませんでした。不安であっても、毎日が充実している。そんな不思議な精神状態だったことを覚えています。
【覚書き|修業時代を振り返っての発言】


私は、お仕事や教室などでたくさんの若い方々をみていますが、みなさんオシャレで、いい意味で個性豊かです。礼儀正しい人もとても多いと思います。「最近の若者はなっとらん」なんておっしゃる人もいるけれど、私から見たら、むしろ中高年のほうにマナーで問題のある方が多い気がします。いまの若者たちは、優しさと美しいものへの感性を兼ね備えた素敵な方々が多いと感じます。


私もこれまで建築業者に騙されたり週刊誌に妬みでデマを書かれたり、大変なことは多々ありました。でも「どっこい、そんなのに負けてはならん」と、マイナスをプラスに転換しちゃう。それには死んだ両親が見守ってくれていることや、美輪明宏さんの教えが大きい。美輪さんに「人間とはどうあるべきか」という理想を教えていただいて、それがエネルギーの源になっています。家で待っている2匹の猫、3匹の犬にも元気をチャージしてもらっています。


お金はあの世に持っていけないんだから、成功した人は子孫に残そうとしないで、自分のためにパッと使い切って欲しいですね。残したって遺産相続で喧嘩になるだけ。お金を使って見栄を張りたい人がいないと、日本も世界も経済が回らないんですから。


父は中央区役所に勤めてた普通の公務員で、お金は教育や旅行や趣味に全部使っちゃうから貯金の全然ない家でした。クラスで1人だけ借家だったので、私が中高時代に「節約して頭金を作ろう!」と号令をかけました。父親のたばこを減らさせたり、私がちくわと玉ネギで節約料理を考えたり。そうしたら頭金が貯まってマイホームが買えた。つまり使いすぎの両親が反面教師になって、目覚めたんです。お金は、使うべきものにはじゃんじゃん投資をする。無駄だなと思うものには使わない。要はメリハリなんです。それで今に至っているわけです。


假屋崎省吾の経歴・略歴

假屋崎省吾、かりやざき・しょうご。日本の華道家。東京出身。園芸好きの両親に影響を受け園芸少年として育つ。早稲田大学文学部在学中、いけばなの「草月流」本部教室に入門。家元の勅使河原宏氏から教えを受ける。数か月間のアパレルメーカー勤務を経て、アルバイトをしながらいけばなの修行に専念する。その後、草月工房に入社。草月出版新人賞、ディスプレイデザイン賞などを受賞。財団法人草月会評議員、草月流師範会理事、草月流本部講師を歴任したのち独立し、假屋崎省吾 花・ブーケ教室を立ち上げる。国内外を問わず、数々の重要イベントにて花のプロデュースを行った。

他の記事も読んでみる

豊田泰光

日本人が変にアメリカナイズされちゃいけない。組織のリーダーは特に、スマートさの一方で、人を熱くさせる心意気を大切にすべきです。


堀場雅夫

自分が好きで得意なことだけをトコトンやれ。イヤだと思うことは堂々とやめてええ。さすれば人生、きっとうまくいくんですわ。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

身体はきわめてシンプルにできています。働いたぶんだけ休ませれば回復するのです。どの疲れにも休養は有効。ですから、業務の合い間や週末などには疲れていなくても、予防的に休みを取るべきです。頭では疲労を感じていなくても、身体が疲れているケースがあるからです。


神岡真司

謝る方法は単純で、ひたすら謝ること。人は、自分の存在が大事に扱われることで「快」の感覚を覚える。2、3度謝って、もういいだろうと思わないこと。


山本真司

変化への対応が求められるとき、言われた通り仕事をする人、つまり過去の延長線上で仕事をする人は、あまり必要とされません。企業は新しい製品、サービス、ビジネスモデルを創造するクリエイティビティある人材を本気で求めています。


浮世満理子

これまで自分と向き合ってこなかった人に、ただ考えろと言っても難しいかもしれません。そこでお勧めなのが、「将来の自分」をテーマにしたコラージュをつくってみること。たとえば「3年後の自分」とか、「将来の私」というタイトルで、雑誌やフリーペーパーなどから写真や文字を切り抜いて、自由に紙に貼っていきます。こんな家に住みたいとか、こんなところへ旅をしたいとか、こんなふうになりたいという自分の憧れや理想のイメージを集めて貼ってみるのです。できあがったものを見ると、自分でも知らなかった自分の願望が見えてきます。


田島弓子

仕事をしている限り、利害の衝突する相手と対峙せざるを得ない場面が必ずありますが、そうした出会いもひとつの縁です。緊張したやりとりのなかにあってもベストな落としどころを真剣に考える。そんな経験が学びと成長をもたらします。


ガルブレイス

偉大なリーダーは皆、ある共通な特徴を持っている。それは、その時代の人々の大きな不安に進んで真っ向から立ち向かう気持ちである。他でもなく、これがリーダーシップの要点なのだ。


宮田玲(経営者)

やはり私は「企業は人」だと思います。大半の時間を会社で過ごすのですから、「人」が楽しさとか生きがいを感じられないと、結局は企業の力にもなりません。だからフレンドリーでチームワークのいい、厳しくても根底に愛情を持った組織でありたいと思っています。


原田武夫

究極の悪知恵、究極のしたたかさともいえる生き方は、自分がハブ人脈に在ることだ。たとえ社内で派閥抗争があっても、どちらにもいい顔ができ、最後には重要なポジションに収まってしまう算段である。


大田友昭

思いもかけない事が起きた時でも、いちいち悩んでいる時間はない。日常の小さな事に、精一杯の努力で一つ一つ取り組んでいく。あまり先の事は考えない方が良い。


遠藤功

人間は、情報の8割を視覚から得るといわれているほど、目は重要な感覚器官。行動を起こすとトリガーとなる最も重要な入口です。この目のメカニズムをうまく活用し、情報が目に飛び込んでくる状況をつくってしまうことが、現在多くの企業で重要な課題になっている「見える化」の肝といえます。つまり「見える化」とは、目的を明確にしたうえで、「見せる化」を実行することなのです。