名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

假屋崎省吾の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

假屋崎省吾のプロフィール

假屋崎省吾、かりやざき・しょうご。日本の華道家。東京出身。園芸好きの両親に影響を受け園芸少年として育つ。早稲田大学文学部在学中、いけばなの「草月流」本部教室に入門。家元の勅使河原宏氏から教えを受ける。数か月間のアパレルメーカー勤務を経て、アルバイトをしながらいけばなの修行に専念する。その後、草月工房に入社。草月出版新人賞、ディスプレイデザイン賞などを受賞。財団法人草月会評議員、草月流師範会理事、草月流本部講師を歴任したのち独立し、假屋崎省吾 花・ブーケ教室を立ち上げる。国内外を問わず、数々の重要イベントにて花のプロデュースを行った。

假屋崎省吾の名言 一覧

私の信条は一生懸命やるということ。手抜きはせず、どこにいても私が一番よく動く。マグロみたいに、止まったら死ぬんじゃないかというくらいです(笑)。


経済的な無理をしすぎてはいけませんが、精神面での背伸びに一切の制限はないはずです。「自分はこの程度」だなんて思わずに、自分がいいと思うもの、素敵だと思うものを徹底的に追究してください。


いまのように世の中が混沌としていると、「身の丈に合った生き方をすればいい」と考えたくなる気持ちもわかります。でも私は、いまの自分を基準にせず、「背伸び」をすることをお勧めします。そうすることで、次第にそれが「身の丈」になっていくんです。


少しずつ仕事が舞い込むようになりましたが、それでもすぐに楽にはなりませんでした。お仕事の予算が10万円だとすると、10万円どころか自腹を切ってもっと使っちゃうので、それじゃ、儲かるわけがありません。中途半端は嫌いな性格なので、自分が納得いくまでとことんやっていて、気がついたらそうなってしまうんです。でも不思議なことに、そうして自分がいいと思うものを追究していくと、つぎ込んだ以上のものが次のお仕事として返ってくるんです。「出さなきゃ入ってこないんだな」と実感した時期でもありました。


転機は、20代の終わりから30代の初めにかけて、銀座や神田の画廊で個展を開催したことです。もちろん、スポンサーなんて居ませんから、全部自費。でもその個展をやったことで、美術雑誌や見に来て下さった方々の目にとまり、それから少しずつ、企業からディスプレイのお仕事などが舞い込むようになりました。


花の修行をしながらマクドナルドでアルバイトをする日々。けれども、将来の望みが見えていなかった一方で、「たとえお金にはならなくても、一生、花の仕事に携わっていこう」という気持ちに迷いはありませんでした。不安であっても、毎日が充実している。そんな不思議な精神状態だったことを覚えています。
【覚書き|修業時代を振り返っての発言】


私は、お仕事や教室などでたくさんの若い方々をみていますが、みなさんオシャレで、いい意味で個性豊かです。礼儀正しい人もとても多いと思います。「最近の若者はなっとらん」なんておっしゃる人もいるけれど、私から見たら、むしろ中高年のほうにマナーで問題のある方が多い気がします。いまの若者たちは、優しさと美しいものへの感性を兼ね備えた素敵な方々が多いと感じます。


私もこれまで建築業者に騙されたり週刊誌に妬みでデマを書かれたり、大変なことは多々ありました。でも「どっこい、そんなのに負けてはならん」と、マイナスをプラスに転換しちゃう。それには死んだ両親が見守ってくれていることや、美輪明宏さんの教えが大きい。美輪さんに「人間とはどうあるべきか」という理想を教えていただいて、それがエネルギーの源になっています。家で待っている2匹の猫、3匹の犬にも元気をチャージしてもらっています。


お金はあの世に持っていけないんだから、成功した人は子孫に残そうとしないで、自分のためにパッと使い切って欲しいですね。残したって遺産相続で喧嘩になるだけ。お金を使って見栄を張りたい人がいないと、日本も世界も経済が回らないんですから。


父は中央区役所に勤めてた普通の公務員で、お金は教育や旅行や趣味に全部使っちゃうから貯金の全然ない家でした。クラスで1人だけ借家だったので、私が中高時代に「節約して頭金を作ろう!」と号令をかけました。父親のたばこを減らさせたり、私がちくわと玉ネギで節約料理を考えたり。そうしたら頭金が貯まってマイホームが買えた。つまり使いすぎの両親が反面教師になって、目覚めたんです。お金は、使うべきものにはじゃんじゃん投資をする。無駄だなと思うものには使わない。要はメリハリなんです。それで今に至っているわけです。


假屋崎省吾の経歴・略歴

假屋崎省吾、かりやざき・しょうご。日本の華道家。東京出身。園芸好きの両親に影響を受け園芸少年として育つ。早稲田大学文学部在学中、いけばなの「草月流」本部教室に入門。家元の勅使河原宏氏から教えを受ける。数か月間のアパレルメーカー勤務を経て、アルバイトをしながらいけばなの修行に専念する。その後、草月工房に入社。草月出版新人賞、ディスプレイデザイン賞などを受賞。財団法人草月会評議員、草月流師範会理事、草月流本部講師を歴任したのち独立し、假屋崎省吾 花・ブーケ教室を立ち上げる。国内外を問わず、数々の重要イベントにて花のプロデュースを行った。

他の記事も読んでみる

姜尚中

堂々と悩んでいい。生きるとは、不確実性を抱きしめること。これからの日本は不確実性はますます高まる。そんな時代にどう立ち向かっていくか。大切なのは悩むこと。大いに悩めばいい。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

自信は、成功の第一の秘訣である。


米村でんじろう(米村傳治郎)

教師を辞めてから、仕事がなくなるのが不安で、来た仕事は片っ端から受けていました。


中村扇雀・3代目

芝居で得たものが人生に繋がるというのはまさにその通りだと思いますよ。今日僕が持ってきた『世阿弥のことば一○○選』はタイトル通り世阿弥の言葉を集めた本だけど、舞台上に限らず、人生全体に応用できる言葉がたくさんあります。たとえば「離見の見」は、演者が客観的な目線で、あらゆる方向から自身の演技を見る意識を指す言葉だけど、人として大切なことをも教えてくれています。人間って、生きている限り、自分の顔は鏡を通してしか見られない。直接見ることは絶対にできないんだよね。ということは、他人様が見ているの方がたぶん本当の姿である。つまり、みんなが「扇雀とはああいう人間だ」と考えている扇雀像こそ、本当の自分であるということに気づかないといけない。そんな意味も含んでいると思うんです。


男鹿和雄

知らない風景は、思うようには描けません。実物を知っていれば、サラッと描いても植物の縮尺が多少ズレても「むしろこの勢いがいい」と自信を持てるんですよ。知らないものほど、「せっかく調べたのだから」と省略できないで窮屈な絵になってしまいがちですから。そして、写真では奥行きや立体感や軽重についてはなかなかわからないのではないでしょうか。だから、風景を描く時には、自分の体験した中で一番いい風景を思い出して描くわけです。


河合雅司

勤労世代の減少に対して政策を打つこと。社会に必要な総仕事数を効率化すれば、労働力不足は起こりません。24時間働くのをやめる、他国に仕事をゆだねる、高齢者にも働いてもらう。今の規模に合わせて物事を考えるのではなく、サイズを縮めて考え、そこから生まれる余剰人員や資本を得意分野に向けるべきでしょう。それにより、小さくとも豊かな国、なくてはならない国になれるのです。


村田昭治

ビジネスの成功の要素は人脈、運、そして努力に尽きる。


品川正治

太平洋戦争中、日本の参謀本部は俊秀を揃えていたはずでした。しかし米軍の反攻に対して、取り返せもしない島をあたかも奪還できるかに信じ、見込みのない作戦に兵力を注ぎ込み続けた。それに似た発想の硬直化を感じずにはいられません。経済とは大きくしなければならないものだという呪縛に、私たちはとらわれすぎています。


六角精児

失敗することで、自分のダメな部分に気づく。失敗することで、人の優しさが身にしみる。


エドガー・ケイシー

夢はその人が肉体で活動するためのパイロットのようなものです。心と体の状態に照合させて正しく解釈し、導かれるようにしなさい。


田中優子(江戸文化研究者)

日本人は「観る」より「する」が好きなんだと思います。例えば、江戸時代に歌舞伎が流行すると、そのうち役者の物まねが流行り始めて、『鸚鵡石(おうむせき)』という物まねのための本が出版されます。また、小唄の前身の端唄というのは、長唄を短くして素人でもできるように工夫したものです。つまり「観る」だけでは満足できず「する」を創り出している。そういう面白さは、外国にもどんどん伝わっていますよね。アニメを中心としたコスプレやカラオケは世界に広がっている。東京は、そういうものを先導していく拠点になる可能性があると思います。


三國連太郎

自分という容器の中で、自分の体や感情の中にある役柄との共通点を取り出して、そこを原点に精一杯演じていく。その方法しかないと思っています。