假屋崎省吾の名言

假屋崎省吾のプロフィール

假屋崎省吾、かりやざき・しょうご。日本の華道家。東京出身。園芸好きの両親に影響を受け園芸少年として育つ。早稲田大学文学部在学中、いけばなの「草月流」本部教室に入門。家元の勅使河原宏氏から教えを受ける。数か月間のアパレルメーカー勤務を経て、アルバイトをしながらいけばなの修行に専念する。その後、草月工房に入社。草月出版新人賞、ディスプレイデザイン賞などを受賞。財団法人草月会評議員、草月流師範会理事、草月流本部講師を歴任したのち独立し、假屋崎省吾 花・ブーケ教室を立ち上げる。国内外を問わず、数々の重要イベントにて花のプロデュースを行った。

假屋崎省吾の名言 一覧

私の信条は一生懸命やるということ。手抜きはせず、どこにいても私が一番よく動く。マグロみたいに、止まったら死ぬんじゃないかというくらいです(笑)。


経済的な無理をしすぎてはいけませんが、精神面での背伸びに一切の制限はないはずです。「自分はこの程度」だなんて思わずに、自分がいいと思うもの、素敵だと思うものを徹底的に追究してください。


いまのように世の中が混沌としていると、「身の丈に合った生き方をすればいい」と考えたくなる気持ちもわかります。でも私は、いまの自分を基準にせず、「背伸び」をすることをお勧めします。そうすることで、次第にそれが「身の丈」になっていくんです。


少しずつ仕事が舞い込むようになりましたが、それでもすぐに楽にはなりませんでした。お仕事の予算が10万円だとすると、10万円どころか自腹を切ってもっと使っちゃうので、それじゃ、儲かるわけがありません。中途半端は嫌いな性格なので、自分が納得いくまでとことんやっていて、気がついたらそうなってしまうんです。でも不思議なことに、そうして自分がいいと思うものを追究していくと、つぎ込んだ以上のものが次のお仕事として返ってくるんです。「出さなきゃ入ってこないんだな」と実感した時期でもありました。


転機は、20代の終わりから30代の初めにかけて、銀座や神田の画廊で個展を開催したことです。もちろん、スポンサーなんて居ませんから、全部自費。でもその個展をやったことで、美術雑誌や見に来て下さった方々の目にとまり、それから少しずつ、企業からディスプレイのお仕事などが舞い込むようになりました。


花の修行をしながらマクドナルドでアルバイトをする日々。けれども、将来の望みが見えていなかった一方で、「たとえお金にはならなくても、一生、花の仕事に携わっていこう」という気持ちに迷いはありませんでした。不安であっても、毎日が充実している。そんな不思議な精神状態だったことを覚えています。
【覚書き|修業時代を振り返っての発言】


私は、お仕事や教室などでたくさんの若い方々をみていますが、みなさんオシャレで、いい意味で個性豊かです。礼儀正しい人もとても多いと思います。「最近の若者はなっとらん」なんておっしゃる人もいるけれど、私から見たら、むしろ中高年のほうにマナーで問題のある方が多い気がします。いまの若者たちは、優しさと美しいものへの感性を兼ね備えた素敵な方々が多いと感じます。


私もこれまで建築業者に騙されたり週刊誌に妬みでデマを書かれたり、大変なことは多々ありました。でも「どっこい、そんなのに負けてはならん」と、マイナスをプラスに転換しちゃう。それには死んだ両親が見守ってくれていることや、美輪明宏さんの教えが大きい。美輪さんに「人間とはどうあるべきか」という理想を教えていただいて、それがエネルギーの源になっています。家で待っている2匹の猫、3匹の犬にも元気をチャージしてもらっています。


お金はあの世に持っていけないんだから、成功した人は子孫に残そうとしないで、自分のためにパッと使い切って欲しいですね。残したって遺産相続で喧嘩になるだけ。お金を使って見栄を張りたい人がいないと、日本も世界も経済が回らないんですから。


父は中央区役所に勤めてた普通の公務員で、お金は教育や旅行や趣味に全部使っちゃうから貯金の全然ない家でした。クラスで1人だけ借家だったので、私が中高時代に「節約して頭金を作ろう!」と号令をかけました。父親のたばこを減らさせたり、私がちくわと玉ネギで節約料理を考えたり。そうしたら頭金が貯まってマイホームが買えた。つまり使いすぎの両親が反面教師になって、目覚めたんです。お金は、使うべきものにはじゃんじゃん投資をする。無駄だなと思うものには使わない。要はメリハリなんです。それで今に至っているわけです。


假屋崎省吾の経歴・略歴

假屋崎省吾、かりやざき・しょうご。日本の華道家。東京出身。園芸好きの両親に影響を受け園芸少年として育つ。早稲田大学文学部在学中、いけばなの「草月流」本部教室に入門。家元の勅使河原宏氏から教えを受ける。数か月間のアパレルメーカー勤務を経て、アルバイトをしながらいけばなの修行に専念する。その後、草月工房に入社。草月出版新人賞、ディスプレイデザイン賞などを受賞。財団法人草月会評議員、草月流師範会理事、草月流本部講師を歴任したのち独立し、假屋崎省吾 花・ブーケ教室を立ち上げる。国内外を問わず、数々の重要イベントにて花のプロデュースを行った。

他の記事も読んでみる

前田鎌利

経験上、とくに社内に向けたプレゼンは資料で9割決まる。


三浦善司

経営というのは団体競技ですから、一人ひとりが自分の役割をきっちり認識して、その役割を情熱をもってこなしていく必要がある。


赤羽雄二

もともと、人は誰しも賢く、その人の力をしっかり発揮できれば、仕事で大きな成果を上げられます。だが現実は、多くの人が本来の力を発揮できていません。阻害要因は、頭の中で浮遊する、不安やプレッシャーなどから生まれる「モヤモヤとした気持ち」。それらを取り除き、頭の中を常にクリアにすることができれば、思考もスムーズになり、迅速で的確な判断ができるようになります。


高津和彦

ドラマのセリフって大袈裟でしょ。「俺……お前のこと……好きだーっ!」とか(笑)。あれくらいオーバーに言うと伝わりやすい、という面もある。声を出して実際に練習してみると、いざ、というとき差が出てきます。


金井政明

世界人口が100億に近づくと、食料や水などの奪い合いが起きかねない。日本は人口が減っても国民1人当たりの土地や自然は増える。悪い面ばかりではない。


池田ゆう

大人のおしゃれはシンプルでスタンダードなものの中に自分流を取り入れることです。ちょっとしたポイントを抑えるだけで良いのですから、今までおしゃれに関心を持っていなかった方も、ぜひこれを機会におしゃれを楽しんでください。


大島武(学者)

指導はメンバーや部下の裁量に任せる部分が必要となる。最初に内容や期限などを明確に示し、そこに至る筋道はある程度、メンバーに任せる。裁量の範囲はメンバーの熟練度に応じて段階的に決めるのが理想です。


北島康介

誰もが応援したくなる選手ほど、大事な局面で結果を出している。様々な人の支えがあるからこそ、人は強くなれるんだと思います。そのためには、皆から愛されて尊敬される選手じゃないといけないと思う。僕が言うのはとてもおかしいんだけどね(笑)。でも、一匹狼は必ずどこかで行き詰まる。それは確信を持って言えます。だから僕はどんな時も人のせいにしたくない。「自分はこれだけ我慢してきたから結果を出せて当然」と思う人こそ、人のせいにしがちです。


加藤俊徳

1日やったことを再確認することで充実感が得られ、記憶力が強化されます。「自分は何か新しいことができたか?」、自分にとっての1日の収穫を1つでもよいので見つけて、文章に1行でも書き残しましょう。休日は、明らかに平日とは異なった時間を過ごすことで元気が出てきます。


江川昌史

課題整理をせずに目先のコストを下げることは可能です。しかし、整理がないままコストを下げても、結局は5年後にオペレーションが破綻してしまいます。


江崎利一

本当の商売のあり方、すなわち真の商道精神というものについて、私に初めて教えてくれたのは、寺子屋の師匠で、楢村佐代吉先生である。「商売というものは、自分のためにあるとともに、世の中のためにあるものだ。商品を売る人はモノを売って利益を得るが、買う人もまたそれだけの値打ちのものを買って得をする。この均霑性(きんてんせい、平等に利益を受ける性質)すなわち共存共栄がなかったら、本当の意味の商売は成り立たないし発展もしない。商売で大成しようとする者は決してこのことを忘れてはならない」


似鳥昭雄

同僚には「社長のために命をかける」というヤツもいました。でも、僕はそんな気はぜんぜんありませんでした。だから、最初から何もしなかったんです。契約が取れなくてクビになりましたが(笑)。そのときに、もし「お客さんのために」とか、「社会のために」と言ってくれたらヤル気も出たと思うけど、「社長のため」では、全然気合が入りませんでした。
【覚書き|大学卒業後に就職した看板広告会社の営業時代を振り返っての発言】


三島海雲

売るべき商品、カルピスはできた。しかし私には販売ルートがない。いくら製品が良くても販売ルートが弱ければどうしようもないということは、ラクトー・キャラメルの失敗で身に染みていた。そこで、当時、食品問屋では日本一だった国分商店と交渉することにした。


高橋興三(経営者)

幹部育成と言えば、社内にいる人材の能力を把握し、最終的に数人の社長候補としてから選ぶ方法が一般的でしょう。でも僕が考える人材育成は違う。文化を共有することで、社員全員を育てていこうと思っています。皆があるレベルの人材になって誰を社長にしても大丈夫になるのが理想です。きっと社長候補は50人、100人に膨らみます。日々議論していますわ。


山田敏夫

「ファクトリエ」の存在が知られるようになると、ベンチャーキャピタルなどから「出資したい」というありがたいお申し出を頂く機会が増えました。中には「数億円出す」というところもありましたが、今のところ、どこもお断りしています。今、経営者として未熟な僕があり余るような大金を手にしても、それをどう生かしていいか分からず、とりあえず立派なオフィスを借りたりして、高コスト体質が定着してしまうのが目に見えています。無駄遣いをしていると、お金なんてどんなにあっても、すぐになくなってしまう。次の資金調達をしなければ、会社は潰れてしまいます。


ページの先頭へ