名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

倍賞千恵子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倍賞千恵子のプロフィール

倍賞千恵子、ばいしょう・ちえこ。日本の歌手、俳優。東京都出身。松竹音楽舞踊学校卒業後、松竹歌劇団(SKD)に入団。『斑女』で映画デビュー。日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞助演女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞を受賞。テレビドラマ、映画で活躍。

倍賞千恵子の名言 一覧

私、「無理しない、我慢しない、頑張らない、自然体」って、いつも思うようにしています。けれど、ついどこかで無理をして、我慢して、頑張っちゃう。自然体でいるのは、とても難しいですね。


熱くなりつつも、同時に冷静でいないといけない。


これまでやってきた2つの仕事、「お芝居」と「歌」の仕事を一体化させることがやっとできるようになった。それをこの先、体と声が続く限り、掘り下げつつ、続けていきたい。


映画などのお芝居には演出家がいて、監督がいて、その人たちの指示に従うことが多い。そして、指示を100%、あるいはそれ以上で表現する。それがお芝居だと思っています。


映画の役になり切りすぎて、帰宅した後も、役が抜けずに引きずってしまったことが何度もあるんです。役を抜くのが本当に大変な時があります。本当は「パチン」と指を鳴らしたらその人になって、「パチン」ともう一度指を鳴らしたら元に戻れるといいのですが、なかなか難しいですね。


自分自身を歌で表現することと、観客が喜ぶ姿を見ること、どちらも楽しく、大事にしたいことですね。お客様から嬉しい反応があると、私自身も嬉しくなって、相乗効果のようによりよいステージになることもあります。そういう時は、お客様との一体感があって、本当に楽しい。


若い頃は歌とお芝居と両方していると、「どちらかを選ばないと、うまくいかないよ」とよく言われました。「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということですね。それが今、この歳になって、二兎を追うことができつつあるのかな、と感じています。歌のことを「3分間のドラマ」とよく言いますが、お芝居もしてきたからこそ、「3分間のドラマ」である歌も、今、しっかり表現できているのではないかな、という思いもあります。


渥美(清)さんも(高倉)健さんも、余分なものがない俳優さんだと思います。山田洋次監督は、「贅肉のない芝居はよい」とおっしゃいますが、まさにそのようなお芝居をされていました。それと、お二人とも大スターなのに、謙虚だったところが共通していますね。どちらも相手のことを考えてくださるし、細かなところにも気を配ってくださいました。


今はむしろ、早くに社会に出てよかったと思っています。おかげでいろいろな人に出会えたし、貴重な体験がたくさんできましたから。「別に学校を出てなくたって、ちゃんと生きてりゃいいんだよ」って、「男はつらいよ」の中で寅さんも言っているんです。確かに社会でどんなふうに生きていくかが一番大事だと、私も思います。


詩人で書家でもあった相田みつをさんのカレンダーをいただいたことがあって、そこに「いまからここから」と書いてありました。その言葉が大好きになって、コンサートのサブタイトルに使わせていただいたことがあります。その言葉に出合った頃は、つらいことや悲しいことがあった時には「そんなこと、全部忘れちゃって、いまからここから前だけを見て、前進あるのみ」なんて思っていました。でも、それから何十年も経った今は、全く違う受け止め方をしています。ちょっと立ち止まって、後ろを振り返って、「あんなことがあった、あんな人に出会えた」と思うのもよいと、今は思えます。たとえつらい過去があったとしても、無理に忘れることをせず、それもひっくるめて受け入れる。それからまた、前を見てゆっくりと歩いていけばいいかな、と。


私が演じている女の人は、本当に普通の人が多いんですよ。『男はつらいよ』のさくらさんは、まさにその代表です。その普通の人を通じて何かを表現しないといけないのですが、余計なことをすると、何かの拍子にその普通さが壊れてしまうような気がする。「普通」って、そのぐらい危ういものに思えるのです。さくらさんは優しくていい人で、主婦の鑑みたいな人。それでいて、普通の人です。大事に演じないと、壊れてしまいそうな部分があるんです。だからよく、撮影の合間にはさくらさんをスタジオに置いていって、渥美清さんとスタジオの外でたわいのない「バカ話」をしていました。それで、また自分の出番になると、暗がりのスタジオの中に戻って、さくらさんを自分のところにたぐり寄せていました。


すべてにおいて満足できるステージは、とても少ないです。ステージでは「命懸け」と言うとオーバーですが、全身全霊を込めて歌ったり、語ったりしています。ですから、その日の夜はドッと疲れが出て、「あそこを間違えた」「あれはもっとうまくできた」などとステージを振り返ると、寝られなくなってしまいます。うまくいく時は「もう一人の倍賞千恵子」がしっかりとステージに存在している時ですね。ステージでは自分で自分を監督し、演出しないといけない。もう一人の自分がしっかりしていると、実際の私をうまくコントロールしてくれる感じがします。


歌は、私の持っている一つの才能を発揮できる、大事な表現の場だと考えています。歌、特にステージで歌う場合は、何千人というお客様の前に立って、その期待に応えられるだけのものが自分にないと、歌うことができない。子供の頃は、人前で歌っても、ほとんど緊張したことはありませんでした。でもプロになると、とても緊張するようになりました。胃が痛くなるほど緊張して、マイクを持ったまま、舞台の袖で手が震えていたこともよくありました。


疎開先の小学校に学校放送ができて、生徒の歌を放送で流すことになり、みんなの多数決で私が選ばれました。放送室の小さな部屋の中で初めて、マイクを前にして歌いました。その小学校では、先生から放課後にピアノを教えてもらったこともあります。そうしたことを思い起こすと、子供の頃は自分で何かに向かって突き進むのではなく、誰かに選んでもらって、そこで夢ややりがいを見つけることが多かったような気がしています。高校に進学して、学校の先生になりたいと思っていた時期もありましたが、両親の勧めもあって、松竹音楽舞踊学校に進みました。


倍賞千恵子の経歴・略歴

倍賞千恵子、ばいしょう・ちえこ。日本の歌手、俳優。東京都出身。松竹音楽舞踊学校卒業後、松竹歌劇団(SKD)に入団。『斑女』で映画デビュー。日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、ブルーリボン賞助演女優賞、毎日映画コンクール女優主演賞を受賞。テレビドラマ、映画で活躍。

他の記事も読んでみる

日高憲三

経営の基本は、すべてスタンレー電気で学びました。銀行だけではなく、公認会計士などの意見をきちんと聞いて調子に乗ったことはしない、などの教訓があるからこそ、借金なし、赤字なしの会社を経営してこられたのだと思います。


小路明善

何もしなければ、非常に厳しい状況になるという危機感は強く持っている。


楠木新

私は47歳の時に会社生活に行き詰まり、体調を崩して長期休職した経験があります。その時に痛切に感じたのは「個性や主体性の発揮は、他人がいて初めて成立する」という厳然たる事実。自分を見てくれている他人からフィードバックや評価を受けて初めて、「人は人として成り立つ」から、仮にボロカスに言われたとしても大変ありがたいわけです(笑)。


石坂典子

あるとき、同業者の社長さんで「自分たちは被害者だから」と言う方がいました。なぜならば、ゴミを一生懸命に片付けているのに、周囲からはバッシングされてしまう。許認可も受けさせてもらえず、むしろ自分たちは被害者なんだと。でもそれは違うと思うんです。自分たちのことを被害者と言うならば、被害者と思われないような仕組みを作っていかないといけないと私は思ったんです。今やっていることが許されないのであれば、それを変えていかないといけません。


ジェイ・エイブラハム

あなた自身が立ち上がって行動しない限り、あなたの人生には何も起きない。


青野慶久

サイボウズでは「複業」を許可し、原則自由としています。一般的には本業のかたわら別の仕事をするので「副業」ですが、サイボウズでは複数の仕事を本業として取り組んでよいと考えているため「複業」としています。副業をしたいという声が出てきたので、社内で議論を重ねるうちに、認めたほうがメリットは多いのではないかと、考えを改めるようになったのです。解禁してみたら、効果テキメンでした。特に採用面で。複数の企業で働けることや、企業に在籍しながら個人の仕事ができることに魅力を感じ、社内にはない知識やスキル、人脈を持った多才な人材が入社・定着するようになったのです。多様性を重視し自由に働ける職場だからこそ、異能の人材にも選ばれるのです。


カルロス・ゴーン

先の見えない時代に正しい決断なんてない。もっと言えば、正しい結論が一つしかないわけでもない。経営者がしっかりと市場を見極め、他の経営陣と意見交換をした上で決断を下すことが大切だ。


南美希子

息子は英語で議論もし、論文も書ける。ところが、一緒に外国旅行をすると、私のいい加減な英語の方が日常のふとした場面ではよく通じるのだ。それは、指示が明快だからだ。言葉が堪能でも、指示する人間に迷いがあると、相手は動きにくい。


守安功

仕事を割り振るときに、どうみても本人の適性に合わないことをやらせる会社はないですよ。結果的に損をするのは会社ですから。ということは、本人の希望とは一致しないにしても、「この人にならできる」「実は向いているはず」「こういう仕事もできるようになれば、もっと価値ある人材になるだろう」といった見込みをもって仕事を振っているはずです。つまり、会社はその人にとって意味のある仕事をアサインするわけです。たとえ割り振られた仕事に興味がなくても、まずはしっかり取り組んでみる方がいいでしょう。


大嶋信頼

嫉妬は、発作のようなもの。嫉妬の発作は、「共振」する性質も持っています。苛立った上司と接していると、部下も理性が働かなくなります。頭が真っ白になり、さらにミスをしてしまう、といったことが続いている人は、間違いなく「相手の嫉妬の発作の影響下にある」と考えてよいでしょう。


深田晶恵

人生にはお金を貯めやすい「タメキ(貯め期)」が何度か到来する。第1のタメキは、実は独身時代。自分1人でシンプルに収支を管理できるので、一定額を積立貯蓄する習慣さえ身につけられれば、お金を貯めるのはそう難しくない。そして第2のタメキは、結婚してから子供が生まれるまでの間。昨今主流の夫婦共働きなら、2人分の収入があるので貯蓄ペースを容易に上げられる。


木村多江

セリフを発した途端、自分の心の中がわ1つと動き出すのを感じたのは、初めてのことでした。言葉が眠っていた力を起こしてくれた。なかでも好きなセリフは「何がハッピーエンドかは、自分で決めるわ」。すっかり気に入って、撮影が終わったいまも、ちょっと落ち込んだときにこのセリフを言ってみるんです。そうすると、どうしてダメなんだろう……と塞いでしまっている考えが、がらっと変わる。自分なりのハッピーエンドに向かって、心も体も動き出す。まるで、私の性格自体が、その言葉を発する性格に変わったみたいなパワーをもらえる。できないと思っていたことの扉がパッと開いていくんです。

【覚え書き|映画『東京島』の撮影を振り返って】