名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

倉益幸弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉益幸弘のプロフィール

倉益幸弘、くらます・さちひろ。日本のコンサルタント。東京農工大学工学部卒業。設備機械メーカー、コンサルティング会社を経て、「インパクト・コンサルティング」設立に参画。のちに同社代表を務めた。全部共著に『開発チーム革新を成功に導くインパクト・メソッド』『アナログコミュニケーション経営』『実践! “元気”な開発チームをつくるマネジメント』ほか。

倉益幸弘の名言 一覧

上司は仕事の問題の報告を叱ってはいけません。上手くいっていないこと、すなわち問題の報告こそ「よく言ってくれた!」という姿勢が早期の問題解決につながるのです。


大切なのは仕事のやり方に「善いこと」と「悪いこと」というマネジメントの基準を設けることです。たとえば、仕事を抱え込むことは「悪いこと」だという基準を組織として持つのです。


互いの思考を共有する過程で知恵を出しあい意見交換することが、先手先手の問題・課題解決を可能にし、組織の一体感の醸成に繋がります。


会議の目的・内容もいろいろな違いはあると思いますが、大切なのは時間の長短ではなく、その進め方や内容です。


コミュニケーションを情報の伝達・共有としか考えていない人が多いのですが、これでは一方通行です。決断をするための議論こそがその本質なのです。


組織の一体感を出すための日常業務に対する会議に限れば、会議とは課題に対して議論し、組織としての方針や方向づけを決定し、参加者全員でコンセンサスを得るのが本来の姿です。目標をどこに置くのか、そのために起こりうる問題は何か、解決にはどのような方法があるかといった仕事の段取りをしっかり行うことが大事。


部下は会議が状況共有の場という意識が薄く、他のメンバーが話していても、自分の業務に関係しない限り、たいていは聞き流してしまいます。これでは会議を長く感じても仕方がないでしょう。


倉益幸弘の経歴・略歴

倉益幸弘、くらます・さちひろ。日本のコンサルタント。東京農工大学工学部卒業。設備機械メーカー、コンサルティング会社を経て、「インパクト・コンサルティング」設立に参画。のちに同社代表を務めた。全部共著に『開発チーム革新を成功に導くインパクト・メソッド』『アナログコミュニケーション経営』『実践! “元気”な開発チームをつくるマネジメント』ほか。

他の記事も読んでみる

野津基弘

限られた時間の中でも自分の仕事に対して本当にこれでよいのか、という前提すらも疑って、「いいもの」を作るためにどんなことでも言い合える空気に変えていかなければ。


マルチナ・ヒンギス

勝ちたいと思う意思。これが私の強みです。
【覚書き:あなたの強みは何かと問われたときの発言】


酒巻久

私は人に対する「気遣い」には、二つあると思っています。ひとつは、「自分自身に気を遣うこと」で、もうひとつは「他人に気を遣うこと」です。自分の能力以上の仕事を請け負ってしまう人は、人に気を遣っているようで自分自身に気を遣っているから、結局は周りに迷惑をかけてしまうのです。


ジェイ・エイブラハム

21世紀のビジネス環境における成功のカギは、人と創造的に協働する能力を持つことだとわかった。どんな個人も、すべてを知ることはできないし、パズルのすべてのピースを持ち合わせることもできない。


齋藤嘉則

「この問題には原因が100あります」といっても、企業の経営資源であるヒト・モノ・カネには限りがあります。すべてに対策を打つことは現実的ではないし、仮にできたとしても中途半端に終わってしまいます。問題の原因追求や解決策の具体化を行ったあとは、どれに焦点を当てて取り組むべきか、絞り込まなければいけません。「優先して取り組むべき課題はこれだ!」と決める、課題決定力が必要です。


渋沢栄一

富を成す根源は何かといえば、仁義道徳、正しい道理の富でなければ、その富は完全に永続することができぬ。論語(義・倫理)とそろばん(利益)は両立する。


眞保智絵(鳥海智絵)

私たちは「本業を通じた社会貢献」といっていますが、株式や投資信託、債券などへの投資を通じて、企業や社会の成長に参画していただく。しかも日本だけでなく世界の成長にも貢献していく。投資にはそんな視点もあると考えています。


吉田典史

「いい仕事をすれば認められる」と考えるのは甘い。他の社員もベストを尽くしているに違いない。自分が思っているほど、同僚の間で実力に大きな差はないものだ。その中で頭角を現すためには、上司をうまくコントロールする力が不可欠である。


小林一雅(小林製薬)

破壊が創造につながる。その創造の報酬が利益となる。


滝澤光樹

創業の地である富山に脈々と受け継がれる「進取の精神」を忘れずに、引き続き人材育成などへ注力し、さらなる成長を図っていきます。


岩田松雄

私は研修で話す際、従業員に「必ずひとつ質問をしろ」と求めていました。そうすれば同じ話でも懸命に聞くからです。ピント外れの質問をすれば恥をかくので、どうすれば的確に相手の意図を捉えられるか考えもするでしょう。意識を変えるだけで、得られる効果は劇的に変わるものです。


陰山英男

勉強で基礎というと、多くの人は「知識」のことだと考えますが、より重要なのは「能力」を身につけることです。勉強すると脳が持つポテンシャルが高まり、力が蓄えられていきます。