名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

倉益幸弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉益幸弘のプロフィール

倉益幸弘、くらます・さちひろ。日本のコンサルタント。東京農工大学工学部卒業。設備機械メーカー、コンサルティング会社を経て、「インパクト・コンサルティング」設立に参画。のちに同社代表を務めた。全部共著に『開発チーム革新を成功に導くインパクト・メソッド』『アナログコミュニケーション経営』『実践! “元気”な開発チームをつくるマネジメント』ほか。

倉益幸弘の名言 一覧

上司は仕事の問題の報告を叱ってはいけません。上手くいっていないこと、すなわち問題の報告こそ「よく言ってくれた!」という姿勢が早期の問題解決につながるのです。


大切なのは仕事のやり方に「善いこと」と「悪いこと」というマネジメントの基準を設けることです。たとえば、仕事を抱え込むことは「悪いこと」だという基準を組織として持つのです。


互いの思考を共有する過程で知恵を出しあい意見交換することが、先手先手の問題・課題解決を可能にし、組織の一体感の醸成に繋がります。


会議の目的・内容もいろいろな違いはあると思いますが、大切なのは時間の長短ではなく、その進め方や内容です。


コミュニケーションを情報の伝達・共有としか考えていない人が多いのですが、これでは一方通行です。決断をするための議論こそがその本質なのです。


組織の一体感を出すための日常業務に対する会議に限れば、会議とは課題に対して議論し、組織としての方針や方向づけを決定し、参加者全員でコンセンサスを得るのが本来の姿です。目標をどこに置くのか、そのために起こりうる問題は何か、解決にはどのような方法があるかといった仕事の段取りをしっかり行うことが大事。


部下は会議が状況共有の場という意識が薄く、他のメンバーが話していても、自分の業務に関係しない限り、たいていは聞き流してしまいます。これでは会議を長く感じても仕方がないでしょう。


倉益幸弘の経歴・略歴

倉益幸弘、くらます・さちひろ。日本のコンサルタント。東京農工大学工学部卒業。設備機械メーカー、コンサルティング会社を経て、「インパクト・コンサルティング」設立に参画。のちに同社代表を務めた。全部共著に『開発チーム革新を成功に導くインパクト・メソッド』『アナログコミュニケーション経営』『実践! “元気”な開発チームをつくるマネジメント』ほか。

他の記事も読んでみる

塚越友子(水希)

私が銀座でホステスをしていたとき、他人をいいように利用する利己主義タイプの人がいました。「俺は一線を退くから、君に社長を任せたい」と、周囲の人に子会社の社長などを任せて自分は要職から退く。秘密裏に離婚して準備を進め、ある日突然高飛びしたんです。残された人たちは莫大な借金を背負わされ、酷いことになっていました。その社長はいい人そうに見えたのですが、利己主義の極致でしたね。そうした利己主義タイプヘの対処方法ですが、自分が被害を被らないように逃げ道をつくっておくしかありません。下手に関わると痛い目に遭いますから、「ヤバそうだな」と思ったら逃げましょう。


家入一真

一番大事なのは、何かに依存して生きるのをやめることです。会社や上司に依存するから、身動きがとれなくなる。「上司に恩があるから、あと3年はこの会社で頑張る」といった考え方もしなくていいと思います。僕は、会社はもちろん、友人や仕事相手との人間関係にも依存したくないし、もっと大きなことをいえば、国や社会にも依存したくないと考えている。だから自由に生きられるのです。


藤巻健史

外国企業からの直接投資を増やすことは、自国を繁栄させるうえで極めて重要である。グローバル化が進み、世界を股にかけて活動する企業が増えた今、自国に外国企業を取り込めるかどうかで、経済の行く末が決まると言っても過言ではない。グローバル化とは、外に出ていくことだけではない。多様な国の企業を取り込むこともグローバル化なのである。


茅野亮

バブルが崩壊して経営環境が激変しました。国内外の価格差がなくなり、一気に低価格競争に突入しました。そこで始めたのがガストでした。低価格レストランチェーンの草分け的な存在です。当時、すかいらーくは650店舗を超えていました。せっかく築いたすかいらーくというブランドを捨てるのは、もったいないと思われる方もいるかもしれませんが、そんなことにこだわっていては生き残れません。


伊藤正裕(起業家)

本質的なバリューを理解することが必要です。たとえば、500万円の価値の商品があるとします。あるお客様は2000万円でも買ってくれそうなお金持ちです。でも、だからといって2000万円で売ってはいけません。あくまで本質的なバリューに従って、適正価格をつけなければならないのです。


澤田秀雄

黒字経営のコツはまず経費削減です。経営が危うくなる企業は、往々にして無駄なお金を使っています。特に会社が大きくなると、どこの部署から赤字が出ているのか、どこに無駄があるかが見えづらくなります。会社にぶら下がっているだけの社員もおりますから、そうした経費は徹底的に削減します。大抵それだけで黒字にはなります。ただし、必要な経費まで下げては本末転倒なので、見極めが必要です。


岡田圭右

何年か前、関西ローカルの番組にピンで出たときのこと。若手芸人が順番にボケて、ボケて、3番目で僕に回ってきたんです。いつものように何も思い浮かばず、そうかといって何も言わないわけにもいかずという状況に追い込まれ、そのときに発した声が「パァ、出たぁ、ワォ~!」でした。ギャグをいったつもりはなく、もがきながらヘンな声を出しただけ。ところが、それがウケた。岡田の芸ではなく、岡田の声がウケてしまった。そのあたりから「いじられキャラ」「すべり芸」と言われるようになりました。人間としての岡田を出すようになって、他の芸人とかぶらない独自のキャラが定着。結果的に、あの番組中に発した声が転機になりました。


桂茶がま

今の投資スタイルは結構堅実で、最低1年以上使わないお金で投資するとか、思い付きで行動しないなど慎重を心掛けています。なんせハッカーにやられないようにネット証券を使わず、対面証券に電話してますから(笑)。手数料も高いし時間もかかるけど、「現金を振り込む」という一手間がかかることで冷静になれる良さもあるんですよ。


永守重信

その時点では実現不可能なことをまず言ってみることが大切。


山下聰(経営者)

お客様ニーズが変質している今こそ、大きなチャンスだと思っています。きちんと対応すれば、必ず次のステージへと乗り越えていけるからです。


平賀敏

あの男はこうだから、この男はああだからと、人事に感情を交えてはいけない。


佐藤優

逆説的ですが、上手なケンカというのは、ケンカをしないで済ませることです。「賢者は争わない」という言葉がありますが、正面からぶつからず、自分の考えと目的をどう達するか? ときには演技やパフォーマンスを織りまぜつつ、冷静で戦略的な駆け引きができるかどうか? 怒ってケンカをふっかけた瞬間、それはあなたの負けだと考えてください。