名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

倉益幸弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉益幸弘のプロフィール

倉益幸弘、くらます・さちひろ。日本のコンサルタント。東京農工大学工学部卒業。設備機械メーカー、コンサルティング会社を経て、「インパクト・コンサルティング」設立に参画。のちに同社代表を務めた。全部共著に『開発チーム革新を成功に導くインパクト・メソッド』『アナログコミュニケーション経営』『実践! “元気”な開発チームをつくるマネジメント』ほか。

倉益幸弘の名言 一覧

上司は仕事の問題の報告を叱ってはいけません。上手くいっていないこと、すなわち問題の報告こそ「よく言ってくれた!」という姿勢が早期の問題解決につながるのです。


大切なのは仕事のやり方に「善いこと」と「悪いこと」というマネジメントの基準を設けることです。たとえば、仕事を抱え込むことは「悪いこと」だという基準を組織として持つのです。


互いの思考を共有する過程で知恵を出しあい意見交換することが、先手先手の問題・課題解決を可能にし、組織の一体感の醸成に繋がります。


会議の目的・内容もいろいろな違いはあると思いますが、大切なのは時間の長短ではなく、その進め方や内容です。


コミュニケーションを情報の伝達・共有としか考えていない人が多いのですが、これでは一方通行です。決断をするための議論こそがその本質なのです。


組織の一体感を出すための日常業務に対する会議に限れば、会議とは課題に対して議論し、組織としての方針や方向づけを決定し、参加者全員でコンセンサスを得るのが本来の姿です。目標をどこに置くのか、そのために起こりうる問題は何か、解決にはどのような方法があるかといった仕事の段取りをしっかり行うことが大事。


部下は会議が状況共有の場という意識が薄く、他のメンバーが話していても、自分の業務に関係しない限り、たいていは聞き流してしまいます。これでは会議を長く感じても仕方がないでしょう。


倉益幸弘の経歴・略歴

倉益幸弘、くらます・さちひろ。日本のコンサルタント。東京農工大学工学部卒業。設備機械メーカー、コンサルティング会社を経て、「インパクト・コンサルティング」設立に参画。のちに同社代表を務めた。全部共著に『開発チーム革新を成功に導くインパクト・メソッド』『アナログコミュニケーション経営』『実践! “元気”な開発チームをつくるマネジメント』ほか。

他の記事も読んでみる

竹内一正

人材は傍流でこそ育ちます。


枡野俊明

人間が変えようと思っても変えられないものがあるという事実を受け入れられれば、不安や妬みなどの感情はすーっと引いていく。


西田文郎

成功する人もしない人も、幸せになる人もならない人も、脳の機能は同じです。ただ、成功する人、幸せになる人は、脳の中に肯定的なデータがたくさん蓄積されています。逆に、成功できない人、幸せになれない人は、否定的データばかりが脳を支配しています。


木村英文(木村飲料)

モンドセレクション金賞を受賞した「元祖ビー玉ラムネ」が売上を落とした原因はわかりませんでした。デザインもいいし、味もおいしいのに……。宣伝費をかけられない中小企業は大手に勝てないのだと本当にガックリしました。いいものを作れば売れると思っていたのが間違いだったのです。


マーガレット・サッチャー

我々は核兵器のない世界ではなく、戦争のない世界を目指すべきです。


ロバート・キヨサキ

自分の考え方を向上させるには、まず、自分の中に巣くっている「古い考え方」や「古いやり方」を鋳溶かさなければならない。時代遅れのポンコツ車を鋳溶かすほうが、「時代遅れのビジネス」や「時代遅れの考え方」を鋳溶かすより、はるかにやさしい。


中野裕哲

副業を始めるにあたり注意すべきことの一つは、情報の取捨選択をすること。成功者の話を参考にするのは良いのですが、その情報は玉石混交です。ネットでは何万円もする情報商材が売られていたり、高額なセミナーの情報なども出てきます。情報商材やセミナー自体が主催者の収入源となっている可能性もあります。中には本当に役立つ情報もあり、それを得るにはある程度の出費も必要だとは思います。しかし、その人がそのやり方で成功したとしても、同じ方法があなたに合うとは限りません。


岡野雅行(岡野工業)

俺は若いころ遊びが好きで、また戦争で学校にちゃんと行けなかった。履歴書を書いたって誰も雇ってくれない。いつも絶体絶命。それがよかった。目の前の仕事しかないんだから、やる気がないなんて言っていられなかったんだ。それに、学問を知らないという劣等感がある。これがいまでも、大学や大学院で勉強した奴に負けるもんかという自負心のもとになっているんだ。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

この世で、恐怖心ほど多くの人々を屈服させたものはない。


高城幸司

未来の顧客をつくるのは、地道な積み重ね。


坂根正弘

日本企業の間接部門の生産性が低いという議論がありますが、それは個人の能力の問題ではなく、例えば経理にしても、日本では自前のソフトウェアを作り、きめ細かくやっており、人が入れ替わると仕事にならない。一方、アメリカはERP(統合型ソフトウェア)を導入して多くの会社が業務を共通化し労働移動を容易にしている。


嶋津良智

「報連相のルールを決めておく」ことも重要。どのようなタイミングで、どのような報告を受けたいと思っているのかを部下と共有しておくのです。たとえば、「仕事の総完成までに、これらのポイントを踏まえて、これらのタイミングで3回報告してほしい」と指示します。報告のルールを共有しておけば、「なんであいつは報告してこないんだ」とイライラしたり、「上司は自分の都合のいいときだけ進捗を聞いてくる」といったストレスをお互いに溜めることなく仕事ができます。