名言DB

9419 人 / 110788 名言

倉益幸弘の名言

twitter Facebook はてブ

倉益幸弘のプロフィール

倉益幸弘、くらます・さちひろ。日本のコンサルタント。東京農工大学工学部卒業。設備機械メーカー、コンサルティング会社を経て、「インパクト・コンサルティング」設立に参画。のちに同社代表を務めた。全部共著に『開発チーム革新を成功に導くインパクト・メソッド』『アナログコミュニケーション経営』『実践! “元気”な開発チームをつくるマネジメント』ほか。

倉益幸弘の名言 一覧

上司は仕事の問題の報告を叱ってはいけません。上手くいっていないこと、すなわち問題の報告こそ「よく言ってくれた!」という姿勢が早期の問題解決につながるのです。


大切なのは仕事のやり方に「善いこと」と「悪いこと」というマネジメントの基準を設けることです。たとえば、仕事を抱え込むことは「悪いこと」だという基準を組織として持つのです。


互いの思考を共有する過程で知恵を出しあい意見交換することが、先手先手の問題・課題解決を可能にし、組織の一体感の醸成に繋がります。


会議の目的・内容もいろいろな違いはあると思いますが、大切なのは時間の長短ではなく、その進め方や内容です。


コミュニケーションを情報の伝達・共有としか考えていない人が多いのですが、これでは一方通行です。決断をするための議論こそがその本質なのです。


組織の一体感を出すための日常業務に対する会議に限れば、会議とは課題に対して議論し、組織としての方針や方向づけを決定し、参加者全員でコンセンサスを得るのが本来の姿です。目標をどこに置くのか、そのために起こりうる問題は何か、解決にはどのような方法があるかといった仕事の段取りをしっかり行うことが大事。


部下は会議が状況共有の場という意識が薄く、他のメンバーが話していても、自分の業務に関係しない限り、たいていは聞き流してしまいます。これでは会議を長く感じても仕方がないでしょう。


倉益幸弘の経歴・略歴

倉益幸弘、くらます・さちひろ。日本のコンサルタント。東京農工大学工学部卒業。設備機械メーカー、コンサルティング会社を経て、「インパクト・コンサルティング」設立に参画。のちに同社代表を務めた。全部共著に『開発チーム革新を成功に導くインパクト・メソッド』『アナログコミュニケーション経営』『実践! “元気”な開発チームをつくるマネジメント』ほか。

他の記事も読んでみる

市居愛

まず、毎月使う現金の額を決めます。次に、その現金を引き出す回数を決めます。引き出す回数のベストは月1回、多くても月2回まで。毎月、決めた日に決めた金額を引き出すことが重要なポイントです。お金をおろすのは給料日後のタイミングがお勧め。たとえば月4万円の現金でやりくりをすると決めたなら、月1回の人は1日に4万円、月2回の人は1日と15日に各2万円ずつ引き出します。こうすると、財布の中にあるお金でやりくりしようという自制心が生まれます。慣れてくると月末に「まだ現金が残っている!」といううれしい体験をすることができ、さらに「来月はもっと残るようにやりくりしよう」という気持ちが生まれ、ムダ遣いが激減します。この方法は「自分はお金をきちんと管理できている」という自信にもつながるので、長期的に節約・貯金効果を得ることができます。


茂木亮介

まずは資産状況はもちろん、どんな老後のプランを持っているのか、そのためには定年までにどのくらいの資産を築きたいのかなどを、徹底的に聞き出します。そのうえで、その目指す未来の実現のため、「不動産がどうお手伝いできるか」をご提案するのです。もし、その方には不動産投資が必要ないと判断すれば、無理に売り込むことは一切いたしません。


吉越浩一郎

私が理想とする社長は、現場に近いトップである。現場を見て歩き、情報を逐一収集するエネルギッシュな経営者がよい。これは、相当なエネルギーを消費するので、ある程度若くないと務まらない。高齢の人では現場に即した経営はむずかしいはずだ。


森信三

お金を軽視する者は、いつかどこかでしっぺ返しを受ける。


八谷和彦

このプロジェクト(オープンスカイプロジェクト)の書籍に「ナウシカ」の名称を使う許可をいただくために、宮崎監督にお願いして、承諾してくださったメモの最後に「死なないでください」とありました。もともと臆病で、とにかく安全には気を使って進めてきたつもりですが、支援して下さる多くの方々のためにも、あらためて「生きねば」と決意を新たにしました。


島正博

大切なのは何をもって優秀かということ。学校を出て知識はあっても知恵がないとあかん。コンピュータでもAIは高度な知識を速く編集しているだけ。知恵と知識を混同している人に発明はできません。


国谷裕子

問題の本質を見極めるため、考えるための軸線を明示し、提供していく役割がメディアに求められる。


立石剛

ビジネスそのものは、目的を果たすための手段でしかありませんが、逆にいえば、やってみたいと思うビジネスから、自分がそこにどんな意義を感じるかを探り出すことができます。例えば、文章を書く仕事がしたいという場合にも、企画を立てることが楽しいのか、何かを表現することに喜びがあるのかなど、その奥底に様々な意義が隠されています。


柳弘之

やはりグローバル経営は、各市場との強いつながりをつくることに尽きると思います。そのためには世界の逸材を登用、処遇することです。物事は何も無くてはなかなか進まないものなので、目標数値を置いています。主要連結子会社方社の取締役は現在245ポジションあります。社長ポジションは77ポジションあります。その22%が非日本人です。管理系、販売は現地化率が進んでいます。製造開発はあまり進んでいません。トータルが50%ですが、それを80%に引き上げてみようということです。


松沢幸一

10年前のキリンは、会議と書類が多い会社でした。1980年代後半まで敗北を知らなかったのが一変して、何事につけても計画通りに行かず、言い訳が増えた結果でしょう。こうした会議や書類は消費者のためにはならず、決定的に時間を無駄にしていました。この間、市場は変化しライバル社は動いていたのですから。