倉益幸弘の名言

倉益幸弘のプロフィール

倉益幸弘、くらます・さちひろ。日本のコンサルタント。東京農工大学工学部卒業。設備機械メーカー、コンサルティング会社を経て、「インパクト・コンサルティング」設立に参画。のちに同社代表を務めた。全部共著に『開発チーム革新を成功に導くインパクト・メソッド』『アナログコミュニケーション経営』『実践! “元気”な開発チームをつくるマネジメント』ほか。

倉益幸弘の名言 一覧

上司は仕事の問題の報告を叱ってはいけません。上手くいっていないこと、すなわち問題の報告こそ「よく言ってくれた!」という姿勢が早期の問題解決につながるのです。


大切なのは仕事のやり方に「善いこと」と「悪いこと」というマネジメントの基準を設けることです。たとえば、仕事を抱え込むことは「悪いこと」だという基準を組織として持つのです。


互いの思考を共有する過程で知恵を出しあい意見交換することが、先手先手の問題・課題解決を可能にし、組織の一体感の醸成に繋がります。


会議の目的・内容もいろいろな違いはあると思いますが、大切なのは時間の長短ではなく、その進め方や内容です。


部下は会議が状況共有の場という意識が薄く、他のメンバーが話していても、自分の業務に関係しない限り、たいていは聞き流してしまいます。これでは会議を長く感じても仕方がないでしょう。


コミュニケーションを情報の伝達・共有としか考えていない人が多いのですが、これでは一方通行です。決断をするための議論こそがその本質なのです。


組織の一体感を出すための日常業務に対する会議に限れば、会議とは課題に対して議論し、組織としての方針や方向づけを決定し、参加者全員でコンセンサスを得るのが本来の姿です。目標をどこに置くのか、そのために起こりうる問題は何か、解決にはどのような方法があるかといった仕事の段取りをしっかり行うことが大事。


倉益幸弘の経歴・略歴

倉益幸弘、くらます・さちひろ。日本のコンサルタント。東京農工大学工学部卒業。設備機械メーカー、コンサルティング会社を経て、「インパクト・コンサルティング」設立に参画。のちに同社代表を務めた。全部共著に『開発チーム革新を成功に導くインパクト・メソッド』『アナログコミュニケーション経営』『実践! “元気”な開発チームをつくるマネジメント』ほか。

他の記事も読んでみる

井阪隆一

強化しているのは品揃えだけではありません。ATM、マルチコピー端末、ネットショッピングの商品店頭渡し、印鑑証明書の発行、ぴあのチケット取扱いなどを始めています。サービス業務を利用されたお客様の6割が、何らかの買い物をしています。


小泉光臣

JTの経営を語るとき、私はリスクヘッジとリスクテーキングのふたつの概念を重要視します。ポートフォリオとは経営資源を分散させるリスクヘッジの概念です。一方で、選択と集中というリスクテーキングの概念も必要になります。ただしこのふたつは相反する概念ですから、両者をどれだけマネジメントできるかが、経営陣の役目だと考えています。


安形哲夫

豊田自動織機で学んだことは、タテとヨコの糸を編むということ。タテの糸は事業。ここは事業本部長にきちっとやってもらう。社長がやることはヨコの糸で、コーポレート機能になる。


玄侑宗久

「わたし自身」という個性は、あくまでも結果についての呼び名にすぎず、自然の分身としての「自分」は本当はどのようにでも変化できる。いや、いまも休みなく変化し続けているのだ。


吉野佳秀

経営者の言葉が社員にちゃんと伝わっているか、実感されているかどうか、経営者が伝える努力をしているかどうかが大切。


市川典男

当社は消費者の不満要素を減らすよう、細かい改善を徹底的に重ねている。目に見えない部分、普段は気付かれない部分に象印の強さがある。5年、10年といった生活家電の買い替えサイクルの中で、当社の良さを分かってもらえる商品作りをこれからも続けていく。


久保田隆(経営者)

インドネシアに駐在したときに実感したのは、相手の文化を尊重し、相手の視線でモノを考え、伝えることの大切さです。日本人同士なら、使い慣れた専門用語だけである程度は意思疎通できるし、「ポンチ絵」を描けば設計の意図が伝わります。しかし海外ではそうはいきません。技術や設計の本質を理解したうえで、明確で単純な言葉で表現しなくては、言いたいことが伝わらない。


城島健司

「城島さんのサイン通りに投げます」では意味がない。彼らの色を消したくないし、サインに首を振ることで、投げるピッチャーにも責任が出てきますからね。


岡島悦子

つべこべいわずに目の前の仕事に真剣に取り組むべきだと思いますが、「つべこべタイプ」が意外にたくさんいます。そのような人にかぎって目的意識の薄い資格取得などに走り、「いつか抜擢されるだろう」と白馬の王子様を待ち続けるのです。OJT(職場内訓練)に勝る学習はないのだから、まずは目の前の仕事に打ち込みたいものです。


安藤文男

ビジネスモデルにばかり振り回されてはいけない。


徳重徹

全部1人でやろうとせずに、社員や他の役員と意思疎通を緊密にして、任せられることは任せることが重要。経営方針さえ全員で共有できていれば、従業員は主体的に動いてくれる。


加藤智治

その人に言われると、なぜか納得してしまう。そういう人の話は、内容は非常にロジカルなのに、それが理屈ではなく、ストーリーとして頭に入ってくるのです。聞いていて単純に話が面白いと思えるんです。


ジョン・ウッド

従来の慈善活動と違うのは、ビジネス同様、目的を設定し、効率を追求し、結果を出していることです。効率の良い運営で成果を上げているため、ゴールドマン・サックスやアクセンチュアといった大企業も、我々の活動を評価し、サポートしてくれています。


和田裕美

手紙を送る場合は、パソコンで打った文書と一緒に、手書きの手紙を同封することがあります。手書きの手紙は、打ち込んだ文字にはない温かみがあって、そのぶん、気持ちが伝わると思うから。商品を買ってくださったお客様には、コピーであっても、必ず手書きの書面を同封しています。


米山公啓

運動によってさまざまな脳内物質が増えます。たとえば、身体の活動性を高めるノルアドレナリン、意欲や前向きさ幸福感に関係のあるドーパミン、精神的な安定をもたらすセロトニンなどです。脳内物質は、いわば脳の中の潤滑油のようなもの。これが適正に分泌されることで、脳内の情報伝達がスムーズに行なわれるようになり、頭が冴えた状態になるのです。


ページの先頭へ