名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

倉田真由美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉田真由美のプロフィール

倉田真由美、くらた・まゆみ。日本の漫画家。福岡県出身。高校生時代に漫画を描くことに没頭しはじめる。一橋大学商学部に進学。一時期漫画を描くことをやめていたが就職活動の失敗を機に再開。就職活動失敗の体験をもとに描いた漫画が『ヤングマガジン』ギャグ大賞に選ばれ漫画家デビュー。その後、鳴かず飛ばずの状況が続いたが、漫画の制作を続け、『だめんず・うぉ~か~』でブレイク。漫画家としてだけでなく、コメンテーターとしてテレビや雑誌など様々な媒体で活躍した。

倉田真由美の名言 一覧

粛々と受け止めるような心の強さを持ってほしい。大事なのは、「じゃあ次をどうするか」ということ。


マスコミが「夢を諦めるな」というメッセージを流しすぎるのも、問題だと思う。それにマスコミは、たとえばプロ野球選手のような希少価値の職業だけを夢ととらえて、銀行員になるのは夢がないといったメッセージを流したりする。でも、そんなことは決してない。


どんなに優秀な人でも、何でも得られるわけじゃない。諦めや妥協が必要なこともあると思う。結婚だって、ある程度、諦めがないとできない。結婚することで失うものはたくさんありますから。


いいことも悪いことも、自分のことは自己責任だと思う発想って必要だと思うんです。会社員である以上、リストラされるリスクは誰でも持っているし、される自分にも責任がある。


私は男性にはもっと身近なことに注目して欲しいという気持ちがあって。どうも男性は半径5m内の出来事よりも天下国家に興味がいきがちというか……。「だから政治が悪いんだ」とか「リストラされたのは会社のせいだ」とか。


ダメな男って、基本的に他人のせいにする人が多いんですよ。「俺がこうなったのは会社のせい、上司のせい、親のせい」と。「そんなのが通るわけないでしょ!」と言いたいですね。


本たちとの出合いの原点は実家の本棚です。そこには、流行りの本ではなく、文芸作品としては評価されないような娯楽色の強いものも多くあって、まさに私の本の嗜好の原型。そこにあるものをはじめ、派生した本もよく読みました。本棚には、その人の嗜好や価値観、生き方などが表われ、改めて自分のことを発見できると思います。


私の読書の目的は、もっぱら「楽しむため」。ですから、「これだけは読むべき」といわれる類の古典や名著、流行りの作品はあまり読みません。「知識や教養を得るため」の読書は、どこか義務感も伴うのではないでしょうか。楽しむための読書は解放感に満ちています。共感あり、想像あり、別世界への冒険あり……。とにかく「心が喜ぶもの」を選んでいます。


蔵書はノンフィクションの割合が多いですね。ノンフィクションの魅力はディティールの面白さ。たとえば、私の作品に登場する女が男に殴られた理由も、いつもの位置に灰皿がなかったとか本当に些細なことだったりするんです。こんな変な人がいるんだな、というところに私のレーダーが反応するようになっているのかもしれません。


倉田真由美の経歴・略歴

倉田真由美、くらた・まゆみ。日本の漫画家。福岡県出身。高校生時代に漫画を描くことに没頭しはじめる。一橋大学商学部に進学。一時期漫画を描くことをやめていたが就職活動の失敗を機に再開。就職活動失敗の体験をもとに描いた漫画が『ヤングマガジン』ギャグ大賞に選ばれ漫画家デビュー。その後、鳴かず飛ばずの状況が続いたが、漫画の制作を続け、『だめんず・うぉ~か~』でブレイク。漫画家としてだけでなく、コメンテーターとしてテレビや雑誌など様々な媒体で活躍した。

他の記事も読んでみる

川村益之

私は誰もが「あのクライアントは無理だ」と言うような客先にも、進んで営業に行きました。今でもよく覚えているのは、あるメーカー様から初めて契約をいただいた時のこと。社長のご学友が経営する旅行代理店が、その会社の社員旅行やイベントをすべて請け負っていたので、弊社の営業は誰もが諦めていたのです。しかし私は7年かけて、そこを開拓しました。最後の最後は直談判でした。情報を集めるうち、実際に決定権を持つのは副社長だとわかったので、会議がある日を聞き出して、廊下で待ち伏せしたのです。会議室から出て来た副社長に直接話しかけ、名刺と企画書をお渡ししたら、「そこまで言うなら担当の部長を紹介するよ」と言ってくださって、そこから契約を勝ち取ることができました。あとでご本人から、「約束なしで会いに来るなんて失礼だよ」と叱られましたけれどね。でも、このときは私の情熱を感じてくださったのでしょう。以来、その会社とはおつきあいが続いています。これぞ仕事の醍醐味ですよね。


伊東孝紳

一気にシェアを上げようとするのではなく、一つひとつの商品力を高めて、収益性を高めるかということを地道にやるしかない。


大川豊

政治や社会を語るコメンテーターをする芸人は増えたけど、俺の場合、彼らとはモチベーションが違います。なにせ政治は俺の「趣味」(笑)。趣味だからもうとことん楽しんで、しかも現場にも必ず足を運んでいますからね。もちろん自腹でね。


岩瀬大輔

以前から実名でブログを書いているのですが、批判的なコメントが付くことは日常茶飯事です。最初に心がけるべきは、相手の書いた内容をよく読んで吟味することです。肝心なのは頭から否定してかからず、その人の属性や立場、書いた動機まで考え、相手はなぜ自分と違う意見を持つにいたったのかをしっかり見極めることです。


江戸英雄

経営者は人間として部下と対峙できるか。その時、自分を支えるのは公私のけじめをはっきりさせた身辺の清潔さである。


川崎正己

激変の時代に代えなければならないのは、我々の意識です。士農工商的に川上のメーカーが一番上で、川下の商が一番下のような意識では変化に対応できません。顧客もいくら多機能機を持っていてもフルに使いこなしているわけではありません。そこで、必要なときに必要な機能を最適な価格で使える仕組みをつくる。顧客に一番近いところで付加価値を生み出せる我々現場サイドにとって、面白い時代になってきました。必要なのは顧客主語のソリューション力です。


高城幸司

成功しても慕われる人は、自分の功績を自慢する前に、感謝の言葉を口にする人。


佐山展生

何よりも従業員がハッピーになれる企業再生が大前提。


尾山基

鬼塚(喜八郎、アシックス創業者)さんも言っていた「頂上作戦」をやっています。頂上とは、日本ではオリンピック選手だし、世界でいくと世界記録を出している選手ですね。このトップラインは、ナイキもアディダスも勝てるかどうかの難しい世界ですよ。そこで選手のニーズをくみ取って、徹底的に技術と商品を磨く。頂上がとれれば、その後で中間層も追随します。そうやって商品は浸透するんです。


高田明(ジャパネットたかた)

私は67年間、「失敗」が無い人生でした。本当に一生懸命やったことは、たとえ結果が出なくても「失敗」ではありません。


藤田晋

「ポジティブ思考」が強く、何を話しても「頑張れば大丈夫!」「元気を出そうよ!」という人は、相談相手に向きません。「弱っている時」のポジティブ思考は、「押しつけがましい」と感じることが多く、疲れてしまうからです。


鈴木貴博(コンサルタント)

クレーム主が優先客か劣後客で対応は異なります。劣後客の場合は、経営効率上自社サービスに適応しきれていないことがクレームにつながる場合がある。それが原因のクレームは仕方ないと見切る経営判断もある。