名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

倉田真由美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉田真由美のプロフィール

倉田真由美、くらた・まゆみ。日本の漫画家。福岡県出身。高校生時代に漫画を描くことに没頭しはじめる。一橋大学商学部に進学。一時期漫画を描くことをやめていたが就職活動の失敗を機に再開。就職活動失敗の体験をもとに描いた漫画が『ヤングマガジン』ギャグ大賞に選ばれ漫画家デビュー。その後、鳴かず飛ばずの状況が続いたが、漫画の制作を続け、『だめんず・うぉ~か~』でブレイク。漫画家としてだけでなく、コメンテーターとしてテレビや雑誌など様々な媒体で活躍した。

倉田真由美の名言 一覧

粛々と受け止めるような心の強さを持ってほしい。大事なのは、「じゃあ次をどうするか」ということ。


マスコミが「夢を諦めるな」というメッセージを流しすぎるのも、問題だと思う。それにマスコミは、たとえばプロ野球選手のような希少価値の職業だけを夢ととらえて、銀行員になるのは夢がないといったメッセージを流したりする。でも、そんなことは決してない。


どんなに優秀な人でも、何でも得られるわけじゃない。諦めや妥協が必要なこともあると思う。結婚だって、ある程度、諦めがないとできない。結婚することで失うものはたくさんありますから。


いいことも悪いことも、自分のことは自己責任だと思う発想って必要だと思うんです。会社員である以上、リストラされるリスクは誰でも持っているし、される自分にも責任がある。


私は男性にはもっと身近なことに注目して欲しいという気持ちがあって。どうも男性は半径5m内の出来事よりも天下国家に興味がいきがちというか……。「だから政治が悪いんだ」とか「リストラされたのは会社のせいだ」とか。


ダメな男って、基本的に他人のせいにする人が多いんですよ。「俺がこうなったのは会社のせい、上司のせい、親のせい」と。「そんなのが通るわけないでしょ!」と言いたいですね。


本たちとの出合いの原点は実家の本棚です。そこには、流行りの本ではなく、文芸作品としては評価されないような娯楽色の強いものも多くあって、まさに私の本の嗜好の原型。そこにあるものをはじめ、派生した本もよく読みました。本棚には、その人の嗜好や価値観、生き方などが表われ、改めて自分のことを発見できると思います。


私の読書の目的は、もっぱら「楽しむため」。ですから、「これだけは読むべき」といわれる類の古典や名著、流行りの作品はあまり読みません。「知識や教養を得るため」の読書は、どこか義務感も伴うのではないでしょうか。楽しむための読書は解放感に満ちています。共感あり、想像あり、別世界への冒険あり……。とにかく「心が喜ぶもの」を選んでいます。


蔵書はノンフィクションの割合が多いですね。ノンフィクションの魅力はディティールの面白さ。たとえば、私の作品に登場する女が男に殴られた理由も、いつもの位置に灰皿がなかったとか本当に些細なことだったりするんです。こんな変な人がいるんだな、というところに私のレーダーが反応するようになっているのかもしれません。


倉田真由美の経歴・略歴

倉田真由美、くらた・まゆみ。日本の漫画家。福岡県出身。高校生時代に漫画を描くことに没頭しはじめる。一橋大学商学部に進学。一時期漫画を描くことをやめていたが就職活動の失敗を機に再開。就職活動失敗の体験をもとに描いた漫画が『ヤングマガジン』ギャグ大賞に選ばれ漫画家デビュー。その後、鳴かず飛ばずの状況が続いたが、漫画の制作を続け、『だめんず・うぉ~か~』でブレイク。漫画家としてだけでなく、コメンテーターとしてテレビや雑誌など様々な媒体で活躍した。

他の記事も読んでみる

前澤友作

自分たちの手で作業を行うと、商品への愛着が深まるという利点だってあります。だから逆に、アウトソーシングを重視している企業に聞きたいんですよ。自分たちでできることを、なぜ外部に任せるのかと。


ルチアーノ・ベネトン

もう25年も履いているんだよ。もちろん、底は毎年張り替えているけどね。
【覚書き|インタビュアーに履いている靴についての質問を受けたときの言葉。まるで新品のような手入れの行き届いた靴だったらしい】


三木谷浩史

大事なのは現実を直視すること。つまずいたら出直せばいい。そういうダイナミズムがなければ、この時代は生き抜いていけないと僕は思う。


世阿弥

そもそも芸能というのは、人々の心を和らげ、楽しませ、身分の上下なくあらゆる人の心も動かすものであり、幸福を増進し寿命を延ばす基となるべきものだ。さらに突きつめて考えてみれば、人間社会の営みというものは、いかなる道も幸せにしてゆくためにあるものだ。


泉谷直木

打ち合わせを早く終わらせて、残りの時間で「今年これができたら来年はあれができる。そうすると再来年はこうなる」と先々の構想まで話をしておけば、それを知っている人と知らない人とでは仕事のやり方も変わってくるだろう。


二宮雅也

保険会社にとって人材は経営の柱です。社員が持てる力を発揮し、さらに伸ばしていくことができれば会社の成長につながります。


伊集院静

私は60歳を機に仕事の量を倍にした。これだけの量をやるのだから、10作出せば3~4作は駄作が出るだろう。それでかまわない。平気でやっていこうという覚悟が、私の中にある。なぜなら、仕事を倍にした時、「失敗を恐れない」と決めたからだ。


本田英一

米アマゾン・ドット・コムが食品宅配に参入していることについて、よく聞かれます。生協関係者がアマゾンを脅威に思っているのは事実ですし、全国の生協をすべて束ねても、商品の調達力やIT(情報技術)の開発力ではかないません。ただ、私たちは社会課題の解決という使命があります。注文から最短1時間で商品が届くアマゾンのサービスは素晴らしいと思いますが、一人暮らしの高齢男性が自宅内で倒れているのを発見するような社会的役割を、どこまで果たすことができるでしょうか。彼らが悪いわけではなく、戦う土俵が違うのです。利益を追求する民間企業が、社会課題の解決を第一のミッションに掲げるのは難しいでしょう。生協だからこそできることは何か、考え続けていきます。


矢野博丈

デフレの時代だから、安くしたらお客さんが喜んでくれると思い込んでいる人は多いかもしれません。たしかにお客さんに振り向いてもらうために、とにかく安くしなければならない時代もありました。しかし、いまもその手法が通じると思ってはいけません。


ロバート・ルイス・スティーブンソン

誰でも、今いる場所にたどり着くためには、かつていた場所から歩き始めなければならなかった。


葉田順治

キーワードは「業際の展開」。既存事業の「際」を徐々に広げ、しゃくとり虫のように会社を成長させる。


小宮一慶

年齢が若く、元本を殖やすことが目的で投資信託を買うなら、分配金はなくても運用益を再投資するタイプの投資信託を選ぶべきでしょう。再投資されて元金に組み込まれた部分が複利で増えていくので、結果的に運用利回りが高まる可能性があります。