名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

倉田真由美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉田真由美のプロフィール

倉田真由美、くらた・まゆみ。日本の漫画家。福岡県出身。高校生時代に漫画を描くことに没頭しはじめる。一橋大学商学部に進学。一時期漫画を描くことをやめていたが就職活動の失敗を機に再開。就職活動失敗の体験をもとに描いた漫画が『ヤングマガジン』ギャグ大賞に選ばれ漫画家デビュー。その後、鳴かず飛ばずの状況が続いたが、漫画の制作を続け、『だめんず・うぉ~か~』でブレイク。漫画家としてだけでなく、コメンテーターとしてテレビや雑誌など様々な媒体で活躍した。

倉田真由美の名言 一覧

粛々と受け止めるような心の強さを持ってほしい。大事なのは、「じゃあ次をどうするか」ということ。


マスコミが「夢を諦めるな」というメッセージを流しすぎるのも、問題だと思う。それにマスコミは、たとえばプロ野球選手のような希少価値の職業だけを夢ととらえて、銀行員になるのは夢がないといったメッセージを流したりする。でも、そんなことは決してない。


どんなに優秀な人でも、何でも得られるわけじゃない。諦めや妥協が必要なこともあると思う。結婚だって、ある程度、諦めがないとできない。結婚することで失うものはたくさんありますから。


いいことも悪いことも、自分のことは自己責任だと思う発想って必要だと思うんです。会社員である以上、リストラされるリスクは誰でも持っているし、される自分にも責任がある。


私は男性にはもっと身近なことに注目して欲しいという気持ちがあって。どうも男性は半径5m内の出来事よりも天下国家に興味がいきがちというか……。「だから政治が悪いんだ」とか「リストラされたのは会社のせいだ」とか。


ダメな男って、基本的に他人のせいにする人が多いんですよ。「俺がこうなったのは会社のせい、上司のせい、親のせい」と。「そんなのが通るわけないでしょ!」と言いたいですね。


本たちとの出合いの原点は実家の本棚です。そこには、流行りの本ではなく、文芸作品としては評価されないような娯楽色の強いものも多くあって、まさに私の本の嗜好の原型。そこにあるものをはじめ、派生した本もよく読みました。本棚には、その人の嗜好や価値観、生き方などが表われ、改めて自分のことを発見できると思います。


私の読書の目的は、もっぱら「楽しむため」。ですから、「これだけは読むべき」といわれる類の古典や名著、流行りの作品はあまり読みません。「知識や教養を得るため」の読書は、どこか義務感も伴うのではないでしょうか。楽しむための読書は解放感に満ちています。共感あり、想像あり、別世界への冒険あり……。とにかく「心が喜ぶもの」を選んでいます。


蔵書はノンフィクションの割合が多いですね。ノンフィクションの魅力はディティールの面白さ。たとえば、私の作品に登場する女が男に殴られた理由も、いつもの位置に灰皿がなかったとか本当に些細なことだったりするんです。こんな変な人がいるんだな、というところに私のレーダーが反応するようになっているのかもしれません。


倉田真由美の経歴・略歴

倉田真由美、くらた・まゆみ。日本の漫画家。福岡県出身。高校生時代に漫画を描くことに没頭しはじめる。一橋大学商学部に進学。一時期漫画を描くことをやめていたが就職活動の失敗を機に再開。就職活動失敗の体験をもとに描いた漫画が『ヤングマガジン』ギャグ大賞に選ばれ漫画家デビュー。その後、鳴かず飛ばずの状況が続いたが、漫画の制作を続け、『だめんず・うぉ~か~』でブレイク。漫画家としてだけでなく、コメンテーターとしてテレビや雑誌など様々な媒体で活躍した。

他の記事も読んでみる

樋野興夫

自分の人生に意味が見出せないのは、いつも他人と比べているから。人間は、価値を確認するために何かと比較する癖がついています。ですが、人生においてそれは意味のないこと。


いっこく堂

劇団の先輩に「腹話術をやろうと思っています」と話すと、「腹話術? とっくに終わった芸をやってどうするんだ?」なんてバカにもされました。でも僕は、誰もが知っている芸なのだから、新境地を切り開けば絶対にチャンスがくると信じていました。


津曲孝

私は菓子学校に行って学んだわけではないので、素材選びもすべて私の思いから始めたことです。思いが強いとお客様が見えてきます。そうして、お客様が喜ぶことをしていくうちに、売上げも伸びていきました。


岩田松雄

社会や企業など、自分以外のものにやりがいを求めるのではなく、物事を「自分起点」で考えてほしい。自分のやりたいことを実現するにはどうすればいいか、常に頭を動かすことが大切です。


水谷孝次

小さなことでいつも部下をきりきりと叱りつけているような上司の下では、部下はミスをして上司から叱責されることがないように、とにかく無難に仕事をこなそうとします。つまり、挑戦心が失われる。一方、小さなことにこせこせせず仕事を任せて、見守ってくれる上司の下では、部下は安心して攻めの姿勢で仕事に取り組むことができます。


富田純正

身の丈が大事といいますが、階段を一段ずつ、半歩でもいいから上がることが大事。2段、3段飛ばしで行くと、時には踏み外して10段落ちたりすることもある。業績は永遠の微増がいい。


永野重雄

私は幸い、甘党、辛党の両刀使いですから、夕方5時に会社が引けると「おい○○君」と後ろから声をかける。相手に応じて一杯やったり、あんみつを食べたりする。そうすると、後ろから見ても名前がわかり、趣味まで知っているということで、百の訓言よりもはるかにいい。


大垣尚司

住宅ローンは、消費者が欲しい住宅に寄り添う形で、自然に売ればいいのです。だから住宅の営業マンに売ってもらうのが、正しいと考えました。
【覚書き|大手住宅メーカーと提携し、販売委託をした理由について】


岡崎雅弘

創業当時の買取業界ではお酒の買取店はあまりなかったものですから、非常に良いポジショニングで業績を伸ばす事ができました。当社の場合は、お酒の買取専門店として特化した事業展開をしてきたので、たくさんのお客様に受け入れやすかった事が事業拡大に大きく繋がったと思っています。


ロバート・ドブキン

アナログ技術の進化は、それが物理変量を扱う限り、過去も未来も常に限界との戦いなのです。


堀之内九一郎

私は数々の失敗を繰り返し、ホームレスに転落した。そこで初めて、過去の失敗の原因を徹底的に細かく分析してみた。すると、すべての失敗の要因が必ず自分の中にあることに気づいた。確かに、世の中の景気や借入・取引先の事情などに左右された部分もありましたが、元凶はすべて自分。


小林喜光

景気が「気」であるように、事業というのも「気」。