名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

倉田百三の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉田百三のプロフィール

倉田百三、くらた・ひゃくぞう。日本の劇作家、評論家。広島県出身。旧制第一高等学校(東京大学教養学部と千葉大学医学部・薬学部の前身)を肺結核のため中退。病床で執筆活動に励み、多くの傑作を生み出した。代表作に「出家とその弟子」「愛と認識の出発」「大化の改新」などがある

倉田百三の名言 一覧

青春、夢を見ることをやめたとき、我々の若さがなくなる。そして未来はなくなる。


人間に与えられる自由というものがあるならば、それは道徳的自由のほかに確実なものはない。


懐疑の課題がないなら、真理の探究はできない。


優しいのは性格が弱いからだ。私はそれに打ち勝たなければならない。酷いことにも耐える強い心にならねばならない。


青春の時代は短いけれど、青春という被服をまとって、我々は愛、善、正義というものに血をわかせます。そして次第に社会性が備わり処世術を学ぶにしたがって、いつのまにか青春の夢は食いつぶされ、気概は奪い去られていくのは惜しむべきことです。どんなに青春は短くても、青春の時代に得た宝石のような精神は大切にしておきたいのです。


倉田百三の経歴・略歴

倉田百三、くらた・ひゃくぞう。日本の劇作家、評論家。広島県出身。旧制第一高等学校(東京大学教養学部と千葉大学医学部・薬学部の前身)を肺結核のため中退。病床で執筆活動に励み、多くの傑作を生み出した。代表作に「出家とその弟子」「愛と認識の出発」「大化の改新」などがある

他の記事も読んでみる

永守重信

トップ自身が率先してすぐ動くことも重要です。私はメールの返事も速い。1日約300件受け取るメールのうち、返信が必要なものは半分の約150件。これらは読んだ瞬間にすぐに処理します。すぐに返事が返ってくるから、下も動かざるをえません。


福島和美

再チャレンジを恐れず、他社から欲しいと思われる社員になれ。


三谷宏治

新たな知識を得ることも大事ですが、本当に必要なのは新しいスキルを身につけることです。スキルとならないまま、次に進んでも価値はありません。まずあれこれと手を広げずに、取り組む対象を絞ることが肝心です。


藤巻幸夫(藤巻幸大)

機能はすべての商品が持っているものです。それを少し変えたり、加えたりするだけで売れるようになるんです。


早見泰弘

40歳になった年に腰椎椎間板ヘルニアで入院してしまいました。手術後、寝たきりの状態になり、病院のベッドで過ごしながら、気持ちがどんどん落ち込む毎日でした。しかし、その状況を変えたのがリハビリです。少し歩けるようになると、少し気持ちが前向きになる。そんなことを繰り返すうちに、やがて歩けるまでに回復し、再び職場に戻ることができました。偽善的にも聞こえるかもしれませんが、「歩く」という今まで当たり前だったことさえできなくなった私にとって、リハビリによって社会復帰できたことは大きな感銘でした。そこでリハビリに関する事業が何かできないかと思うようになったのです。


荒木香織

ルーティーンとは、同じ動きを繰り返し、その動作に集中することが狙いです。同じ動きし、その動作に集中することで、「ゴールに入らなかったらどうしよう」という「内的障害」や、大歓声などといった「外的障害」をシャットダウンしている。プレッシャーから解放され、ストレスも軽減します。そして、同じ動作をすることで「今からキックだ」と体が反応する。もちろんすぐにできたわけではなく、3年半、練習を繰り返しました。ルーティーンの点数をつけ、精度を高めた結果、キックの成功率は格段に上がりました。


嶋田毅

そもそもの根拠が、主張している人の勝手な思い込みや妄想、誰かから吹き込まれた間違った情報であったら、どれだけ論理展開がしっかりしていても結論がおかしくなってしまう。


財津和夫

60歳を過ぎてから、否が応でも、手持ちの駒で勝負するしかないと悟りました。掴むべきものがハッキリしたことがありがたいんです。


大山健太郎

私が過去より今を重視するのは、私自身の半生と密接に関係があります。私が若くして社長を継いだのは、会社を経営していた父を亡くしたからです。5人の工員と8人兄弟姉妹の家族が残され、長男だった私がみんなを養わなければならなくなりました。経営のことなど、何も分かりませんでした。父から経営の話を聞く機会は限られていましたし、助言してくれる人も周りにはいませんでした。経験に頼りたくても、できないのです。朝から晩まで、今、目の前で起きている課題に向き合い、自分で考え、がむしゃらに働く道しかありませんでした。


鈴鹿可奈子

当社も、全社でも各部署でも忘年会や新年会をしており、宴会は多いほうだと思います。研修旅行にも毎年行っていて、「コストがかかるのでは?」と指摘されたこともありますが、それ以上に得られるものがあると思っています。


田崎正巳

あれもこれもやりたいと迷う人は「自分はどちらが好きか」で選べばいい。自分軸で選ぶのです。自分軸で仕事を選び、他の道を捨てた人が「伸び続ける人」になれます。


柳田泰山

偉ぶっている人は僕も嫌いです。席上揮毫(きごう)は最近の若手書家の流行りですが、実際は明治時代からあるもの。もっともあんなものは芸術ではありません。5分で書き上がるものを、もったいぶって演出して見せているだけですよ。それでも書道は閉鎖的な世界ですから、多くの人に興味を持ってもらうには大事なパフォーマンスで、僕のイベントでも弦楽四重奏を流したりもします。書家も自己満足で終わらせず、多くの人に見てもらうという意識は必要です。書のパフォーマンスや映画化などを批判する人もいますが、人々が書に触れるきっかけをつくっているのだから素晴らしいことです。基本がしっかりしているならどんどんやればいい。