名言DB

9429 人 / 110879 名言

倉田百三の名言

twitter Facebook はてブ

倉田百三のプロフィール

倉田百三、くらた・ひゃくぞう。日本の劇作家、評論家。広島県出身。旧制第一高等学校(東京大学教養学部と千葉大学医学部・薬学部の前身)を肺結核のため中退。病床で執筆活動に励み、多くの傑作を生み出した。代表作に「出家とその弟子」「愛と認識の出発」「大化の改新」などがある

倉田百三の名言 一覧

青春、夢を見ることをやめたとき、我々の若さがなくなる。そして未来はなくなる。


人間に与えられる自由というものがあるならば、それは道徳的自由のほかに確実なものはない。


懐疑の課題がないなら、真理の探究はできない。


優しいのは性格が弱いからだ。私はそれに打ち勝たなければならない。酷いことにも耐える強い心にならねばならない。


青春の時代は短いけれど、青春という被服をまとって、我々は愛、善、正義というものに血をわかせます。そして次第に社会性が備わり処世術を学ぶにしたがって、いつのまにか青春の夢は食いつぶされ、気概は奪い去られていくのは惜しむべきことです。どんなに青春は短くても、青春の時代に得た宝石のような精神は大切にしておきたいのです。


倉田百三の経歴・略歴

倉田百三、くらた・ひゃくぞう。日本の劇作家、評論家。広島県出身。旧制第一高等学校(東京大学教養学部と千葉大学医学部・薬学部の前身)を肺結核のため中退。病床で執筆活動に励み、多くの傑作を生み出した。代表作に「出家とその弟子」「愛と認識の出発」「大化の改新」などがある

他の記事も読んでみる

鈴井貴之

年齢を重ねるたびに、自分もどんどん「死」に近づいているなっていう実感もあって。そうなると、最期を迎えるとき、「偏屈なジジイだったよな」って思われるより、みんなに涙を流しながら哀しんでもらいたいっていう欲も出てくる。


猪瀬直樹

大切なのは、逆風のなかで空気に流されずに自分の意見を主張し続けられるかどうか。それを貫ける人こそが、優れた人材。


野木森雅郁

外箱のパッケージデザインも世界で統一すると決めて欧米各国の事務所などに提示しましたが、多くの国から返答が来ません。理由を聞いて、初めてわかりました。例えば北欧で販売するためには複数の言語での表示が必要でした。日本では想像できない様々なルールがあったのです。各国の担当者からすればとても受け入れられない案だったわけです。それぞれの国の規制や実情を細かく尋ねました。


廣田尚子

やはり作品は、営業ツールとしても一番ですね。私が一件一件、営業に回らなくても、プロダクト(製品)は独り立ちして、自然にPRしてくれます。遠方の人にも私のメッセージを伝え、ヒットを引き寄せる力があります。そういうプロダクトの魅力や醍醐味をしみじみ実感しています。


中山雅史

現実問題として年々フィジカル的な能力が落ちているのは、数値として出てくる。じゃあ、そこでなにもせずに衰えを受け入れるのか。鍛えて、維持し、なるべく緩やかな曲線にしていくのか。当然、常に向上できればいいと思ってトレーニングに励んでますよ。欲振りだからね。それに、俺が最後までやってると若手も手を抜けないでしょう(笑)。


菊地敬一

ノン・チェーン・オペレーションの専門店として、世界No.1の規模になりたいですね。僕はヴィレッジヴァンガードをチェーン・オペレーションではなく、「マネジメントモデル」だと思っているんです。ボードメンバーが考えたことをどう末端の社員にまで継承していくか、このことには最大限の注意を払っている会社だと思います。


鈴木宗男

いうまでもなく政治家・鈴木宗男の生みの親は中川一郎先生であり、育ての親は金丸信先生です。中川先生と金丸先生に共通しているのは、人間関係を大事にする情の政治です。中川先生には「人間関係が細いか、太いかで政治家の将来が決まるぞ」とよく言われたものです。


稲盛和夫

私自身、大学を卒業して入った碍子メーカーはずっと赤字続きで、給料の遅配も当たり前という状況でした。そんな会社ですから、会社の中には不満が常に充満していました。最初の頃こそ同じく不満を持っていた私ですが、このままではダメだと思い、「少なくとも自分のいる研究部門だけは必死で頑張ろう」と考えを改めた。そして、「不平不満はあるかもしれないが、それを横に置いて、今、目の前にある研究に全身全霊を傾けよう」と呼びかけ、仲間とともに必死に、一生懸命に研究に打ち込みました。その結果、徐々に研究の成果が上がるようになり、社内での評価も高まり、仕事も楽しくなってくるという好循環が生まれたのです。そして、このとき身につけた技術が、京セラの創業にもつながっていきました。


菅賢治

たとえ言ったほうは無自覚だとしても、受けたほうはずっと心に残っていたりします。それはイヤなことをされた場合でも同じ。10年経っても「あのヤロウ……」と恨んでいたりするものです。僕はたとえ何十歳も年下の相手でも、決して「おい、オマエ」とは言いません。要は、相手の気持ちにたって、イヤな気持ちにさせないということです。はじめは部下や新入りだったのにいつの間にか立場が逆転……なんてことはよくありますから。


桜井正光

ビジョンを全社員で共有し、社員一人一人がそのビジョン達成のために頑張ることです。ファイヤー(構える前に撃て)文化が社内に根付き、常にお客様からも新しい価値を提供し続ける企業として評価を受ける会社にならなければいけません。そうすれば、その企業の未来は決して暗くない。そのような企業が多く出てくれば、日本の未来もまた明るくなるはずです。