倉田百三の名言

倉田百三のプロフィール

倉田百三、くらた・ひゃくぞう。日本の劇作家、評論家。広島県出身。旧制第一高等学校(東京大学教養学部と千葉大学医学部・薬学部の前身)を肺結核のため中退。病床で執筆活動に励み、多くの傑作を生み出した。代表作に「出家とその弟子」「愛と認識の出発」「大化の改新」などがある

倉田百三の名言 一覧

青春、夢を見ることをやめたとき、我々の若さがなくなる。そして未来はなくなる。


人間に与えられる自由というものがあるならば、それは道徳的自由のほかに確実なものはない。


懐疑の課題がないなら、真理の探究はできない。


優しいのは性格が弱いからだ。私はそれに打ち勝たなければならない。酷いことにも耐える強い心にならねばならない。


青春の時代は短いけれど、青春という被服をまとって、我々は愛、善、正義というものに血をわかせます。そして次第に社会性が備わり処世術を学ぶにしたがって、いつのまにか青春の夢は食いつぶされ、気概は奪い去られていくのは惜しむべきことです。どんなに青春は短くても、青春の時代に得た宝石のような精神は大切にしておきたいのです。


倉田百三の経歴・略歴

倉田百三、くらた・ひゃくぞう。日本の劇作家、評論家。広島県出身。旧制第一高等学校(東京大学教養学部と千葉大学医学部・薬学部の前身)を肺結核のため中退。病床で執筆活動に励み、多くの傑作を生み出した。代表作に「出家とその弟子」「愛と認識の出発」「大化の改新」などがある

他の記事も読んでみる

松岡浩(経営者)

改善は苦しい、だが、その実は甘い。


吉田寿

大きなトラブルに遭遇した時や、切羽詰まった時こそ、人間力が問われます。動じてジタバタしたり、責任を放り投げて逃げてしまう人がいてもおかしくないケースで、腹をくくって落ち着いて仕事をこなす人がいたらどうでしょう。周りはそういった人についていきますよね。


菊入みゆき

やる気の低い人は、自分と同じくやる気の低い人に目が行きがち。逆に、やる気の高い人は、同じようにやる気の高い人を見つけやすい。こうしてやる気は伝播します。ですから、やる気の低い人のことは気にしないのが一番なのです。


村上英三

回復と悪化を繰り返すようでは本当の収益力とは言えない。


江上治

頭で10のことを考えられる人間より、1つのことを行動で示せる人間のほうが、最後には大きな成果を上げることができる。


嶋田毅

成功者ばかりを見て成功の理由を挙げてしまうのは、典型的な偏った根拠の例です。成功した者と失敗した者の典型を拾ってきて、その差はどこにあるのかという分析をしっかりと行なえば、成功するポイントを抽出できますが、成功した者ばかりを見ていては意味がないのです。


唐鎌謙二

お客さまにうそをつくのは倫理的にダメ。また、相手をだましている自覚があると、手がける商品・サービスに自信が持てません。それはお客さまにも伝わり、結局、仕事が取れなくなる。


並木裕太

人に比べて、スマホを見ている時間が圧倒的に少ないです。1日せいぜい30分程度でしょうか。情報を遮断する目的もあるし、もう一つには思考する時間をつくるためでもあります。


西澤ロイ

上達を感じられないのは、英語に対して日本人の理想が高すぎることも原因になっています。できないことに注目して自分を否定し、やる気を失ってしまうのです。しかし、英語ではなく中国語だったらどうでしょうか。ある人は「中国語の単語を3つ覚えただけで嬉しくて、中国人に会うたびに使っていた」と話していましたが、本来、新しい言葉を学ぶのは、そうした喜びを伴うものであるはずです。この人の中国語に比べたら、みなさんの英語はかなりレベルが高いはずです。もっと自信をもって、減点主義ではなく、加点主義で取り組むという意識も大切なことです。


藤田晋

見るべきなのは、「常に自分の一歩先を行く先輩」。「引退した偉い人」ではなく、身近にいる先輩のような存在で「何かに挑戦し続けている人」です。そんな人の背中はリアリティーがある。自然と目線が上がりますし、「自分も負けていられない」と、後についていこうとします。「一歩先を行く先輩」が何を考え、どんな決断をするのか。それがどういう結果を招いたとしても、後ろで背中を見ている人は多くのことを学べます。


鈴木喬(経営者)

社員には「頭は人に教えを請うて下げるためにある」と伝えています。もちろん、社長もそうです。


藤井義彦

コーチングとは、いろいろなスキルを駆使して、クライアントを操作することではありません。コーチはクライアントの成功と成長を心から願い、自分のすべての経験や技量を惜しみなく与えます。クライアントに対しては、裏切らない、批判しない、感情的にならない、コーチの意思とノウハウを押し付けない、そして常に秘密を守り、甘えることは許されない。このようなコーチであってはじめて信頼されるのです。


寺門ジモン

観察力を磨くと身の回りのリスクにも敏感になります。自宅や職場がどんな地盤の上に建てられていて、地震が起きた時どの場所ならば安全か……などは知っておかないと不安になるわけで、私は仕事先の非常階段まで把握しています。防災グッズもリュックに入れて常に持ち歩いていますね。火事や地震の際は呼吸器と目を守ること、そして水分を確保することが重要なので、最低でもタオル、ゴーグル、マスク、簡易ライト、ミネラルウオーターくらいは常備しておくべきでしょう。


森川亮

ダメなものほど伸びるチャンスがある。


ルー大柴

楽屋では若い人の会話や交流には、積極的に参加し、コミュニケーションをはかっています。本番前には「何かきっかけがあったら、突っ込んで来いよ。俺は全然大丈夫だからな」と言ってあげます。すると彼らは本気で突っ込んできます。僕も負けずに返していくと、自然に若い力が蘇ってきて心がときめいてくるんです。若い人たちとの積極的なコミュニケーションをぜひお勧めしたい。


ページの先頭へ