名言DB

9425 人 / 110833 名言

倉田浩美の名言

twitter Facebook はてブ

倉田浩美のプロフィール

倉田浩美、くらた・ひろみ。日本の経営者。「フルラジャパン」社長。福岡女学院大学卒業、米セントラル・ワシントン大学卒。米プライスウォーターハウスクーパーズ、ギャップ・ジャパン、コーチ・ジャパン マーケティング担当シニア・バイス・プレジデントなどを経てフルラジャパン社長に就任。

倉田浩美の名言 一覧

会社を良くするための意見を自由記述で募ったところ、200人以上のコメントが集まりました。それをすべて読んだ結果が新たな取り組みにつながっています。


素晴らしい商品と抜群の接客サービスは大切ですが、これだけではビジネスの伸びしろとしては限界があります。「ブランドへの憧れ」を高めることが肝要であり、マーケティングとはこのブランドへの憧れをつくることにほかなりません。もちろん、商品の良さを顧客に伝えるブランドのアンバサダーとしてのストアスタッフと、質の高い商品は絶対に欠かせません。商品とマーケティングとストアスタッフが三位一体でしっかりと整っていなければ、ブランドビジネスは成り立ちません。


全ストアスタッフの正社員化を実施しました。我々の規模の小売業でノンマネージャーのスタッフを正社員化している会社は少ないですが、高額商品を扱う以上、商品知識は非常に重要となってきますし、何よりスタッフのモチベーションも高まります。


ビジネスで数字を伸ばし続けることは必須ですが、最終的には人が最も大切です。同じ仕事であっても、会社の雰囲気や企業文化によってどのようにでも感じられます。従業員の満足度が、結果として素晴らしい接客となって顧客に還元されるので、フルラは従業員の成長を促すためにどう会社がサポートできるのかを常に考えて動いています。


ターゲットとなっている消費者の動向やブランドイメージについてのトレンドをリサーチすることはとても重要です。2年前に行ったマーケットリサーチを今年さらにもう一度実施し、この2年間においてフルラへのイメージがどのように変わっているか動向を追跡しました。プラスに変化した部分を分析し、伸びしろはどこにあるのかを見極めつつ、ブランドのポジショニングをどのように進化させていくかを詰めていきます。


フルラは世界100か国に400店舗以上の直営店を展開するグローバル企業となりましたが、社会進出し自立する女性をバッグなどの小物類でサポートするという当初からの理念を大切にしています。


フルラのバッグは世代を問わず購入される方が多く、商品ラインナップが幅広いので、母娘が一緒にご来店されてもそれぞれ好きなものが見つかるのが強みですね。当社の製品には世代を越えて受け継がれても飽きがこないレザーの自然な風合いや、気取りのない飾らなさと遊び心があります。


倉田浩美の経歴・略歴

倉田浩美、くらた・ひろみ。日本の経営者。「フルラジャパン」社長。福岡女学院大学卒業、米セントラル・ワシントン大学卒。米プライスウォーターハウスクーパーズ、ギャップ・ジャパン、コーチ・ジャパン マーケティング担当シニア・バイス・プレジデントなどを経てフルラジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

森下一喜

年間計画に沿って、そこそこの面白さのゲームを一定量出せば利益が出るかというと、そんなことはない。


北尾吉孝

人をいかに育てていくかが、イノベーションが起こるか起こらないかを決定します。


山口哲史

自分らしく自然体で働けるように、社員はニックネームで呼び合っています。私は「ガッツ」。昔、ガッツ石松みたいだったから(笑)。


西田厚聰

競争原理のもとでは、つねに一歩先を読み、先手を取らなければいけない。後ろ手に回った途端、コストは倍に膨らみます。ビジネスとは言ってみれば市場環境の変化など、時代が作り出す状況と相関関係にある関数です。時代の状況が変われば、経営の重要なポイントも変わってくるのです。状況が変われば事業の優劣関係もコロッと逆転するかもしれない。


稲盛和夫

盛和塾でもよくいっているのですが、いろいろな交渉などで簡単に妥協してしまう経営者がいますが、そういう人は信念が希薄だから妥協してしまうのです。なぜ、信念が希薄なのかといえば、それは大義を考えていないからです。つまり、簡単に要求を呑んで妥協してしまうのは、「この厳しい交渉を一刻も早く終わらせたい」という、経営者の私心にすぎません。相手が利己的なのではなくて、経営者こそ利己的なのです。


横槍メンゴ

本音を言わないと、キャラも人も好かれない。


出口治明

普段、私が経営判断をするうえでもっとも参考にしているのは、モンゴル帝国の皇帝クビライです。ヨーロッパでは十字軍や異端審問が行なわれていた時代に、彼は思想・信条・宗教と政治を切り離していました。首都・大都(のちの北京)の設計をムスリムの技術者に任せたことが好例です。この例にかぎらず、彼は中国人やペルシャ人、アラブ人など、さまざまな国・地域から優秀な人材を登用しています。徹底的に合理的なのです。いってみれば、ダイバーシティの先駆けですね。経営判断をするときには、社会の常識に囚われていないだろうか、クビライのように合理的に判断できているだろうか、とつねに自分を顧みています。


森澤紳勝

企業というのは社会的責任を負うものであり、上場するには世界に発信できる科学の裏付けが不可欠でした。科学で実証されて初めて誰しもに認められるビジネスになるのです。


岡野雅行(サッカー選手)

逆境に飛び込んだからこそ、本当に多くのものを得られた。


渡辺美智雄

政治家の使命は、勇気と真心をもって真実を語ることだ。