名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

倉田浩美の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉田浩美のプロフィール

倉田浩美、くらた・ひろみ。日本の経営者。「フルラジャパン」社長。福岡女学院大学卒業、米セントラル・ワシントン大学卒。米プライスウォーターハウスクーパーズ、ギャップ・ジャパン、コーチ・ジャパン マーケティング担当シニア・バイス・プレジデントなどを経てフルラジャパン社長に就任。

倉田浩美の名言 一覧

会社を良くするための意見を自由記述で募ったところ、200人以上のコメントが集まりました。それをすべて読んだ結果が新たな取り組みにつながっています。


素晴らしい商品と抜群の接客サービスは大切ですが、これだけではビジネスの伸びしろとしては限界があります。「ブランドへの憧れ」を高めることが肝要であり、マーケティングとはこのブランドへの憧れをつくることにほかなりません。もちろん、商品の良さを顧客に伝えるブランドのアンバサダーとしてのストアスタッフと、質の高い商品は絶対に欠かせません。商品とマーケティングとストアスタッフが三位一体でしっかりと整っていなければ、ブランドビジネスは成り立ちません。


全ストアスタッフの正社員化を実施しました。我々の規模の小売業でノンマネージャーのスタッフを正社員化している会社は少ないですが、高額商品を扱う以上、商品知識は非常に重要となってきますし、何よりスタッフのモチベーションも高まります。


ビジネスで数字を伸ばし続けることは必須ですが、最終的には人が最も大切です。同じ仕事であっても、会社の雰囲気や企業文化によってどのようにでも感じられます。従業員の満足度が、結果として素晴らしい接客となって顧客に還元されるので、フルラは従業員の成長を促すためにどう会社がサポートできるのかを常に考えて動いています。


ターゲットとなっている消費者の動向やブランドイメージについてのトレンドをリサーチすることはとても重要です。2年前に行ったマーケットリサーチを今年さらにもう一度実施し、この2年間においてフルラへのイメージがどのように変わっているか動向を追跡しました。プラスに変化した部分を分析し、伸びしろはどこにあるのかを見極めつつ、ブランドのポジショニングをどのように進化させていくかを詰めていきます。


フルラは世界100か国に400店舗以上の直営店を展開するグローバル企業となりましたが、社会進出し自立する女性をバッグなどの小物類でサポートするという当初からの理念を大切にしています。


フルラのバッグは世代を問わず購入される方が多く、商品ラインナップが幅広いので、母娘が一緒にご来店されてもそれぞれ好きなものが見つかるのが強みですね。当社の製品には世代を越えて受け継がれても飽きがこないレザーの自然な風合いや、気取りのない飾らなさと遊び心があります。


倉田浩美の経歴・略歴

倉田浩美、くらた・ひろみ。日本の経営者。「フルラジャパン」社長。福岡女学院大学卒業、米セントラル・ワシントン大学卒。米プライスウォーターハウスクーパーズ、ギャップ・ジャパン、コーチ・ジャパン マーケティング担当シニア・バイス・プレジデントなどを経てフルラジャパン社長に就任。

他の記事も読んでみる

松尾正彦

準備はしておいた上で、タイミングを見て一気に乗り出す。忍耐は必要ですが、それが経営者の肝ですね。


林高生

成績優秀者を表彰するなどといったことも、短期的なモチベーションアップには役立つでしょう。しかし、モチベーションを維持できる組織にするためには、「認め合う」文化のような、中長期的な土台が必要だと思います。


坂本孝

飲食業界で昔の栄光を語るような人が来てもしょうがない。従来とは全然違う発想を持てる人の方がいい。


草刈正雄

僕、草刈正雄には、何をやるにも必ず、ついて回る代名詞がありました。「二枚目」です。要求される演技は常に正統派の二枚目。だんだんと「二枚目」という代名詞が自分に貼り付けられたレッテルのように感じられるようになり、窮屈になっていきました。「二枚目」を崩したいと思うあまり、勝手にコミカルな演技をして、プロデューサーを困らせたりもしました。


小林佳雄

意思決定の数は、周りがどう思うかではなく、自分がどうしたいかを重視すれば自ずと増えていく。


矢﨑雄一郎(矢崎雄一郎)

道は開ける、という思いでやってきました。


坂本龍一

あのころは、1日16時間くらい仕事しても全然平気でした。僕をマネジメントしてる人たちが体調崩してバタバタ倒れていく中で、僕だけが馬並みの体力で、事務所の人が「あいつにトリカブトを飲ませて、カラダを弱らせろ」って言ってたくらい。自分のことしかなかった。でも30代はそれでもいいんじゃない。いずれできなくなる日が来るから。
【覚書き|ラストエンペラーでアカデミー作曲賞を受賞したころの状況について語った言葉】


藤田聰

ダイバーシティー(多様性)という言葉が一般的になりましたが、多様性のある働き方に対応するには、何より「人間の理解」が必要です。パーソナリティーは国籍や性差、世代や職種を問いません。まずは自分のパーソナリティーを理解し、そのうえで他者を理解し、リスペクトする。それができる人が社内で高い評価を得ていくのだと思います。


ケリー・マクゴニガル

威嚇や脅しで自分の立場を有利にすることはできる。けれども人は「公平で親切心にあふれ、相談相手になる」ことで、尊敬を勝ち取ることもできる。


水野泰三(経営者)

スキー以外のものを売り始めたきっかけは、実は市場の縮小とは関係ないんです。アルペンがまだ1店しかなかった時、スキーは季節商材なもんですから、需要のある冬の半年だけ店をやって、残りは従業員に「来るな」と言ったんです。スキーだけで食えちゃったからね。夏の人件費も電気代ももったいないじゃないですか。でもそうしたら、「アルペンが潰れたらしい」と噂になった。さすがにそれはまずいと思って、閑散期にできるものを探してゴルフを始めたんです。


山本邦子

電車で見る日本人は、携帯電話をいじっているか居眠りをしているだけで、活き活きした感じが伝わってきません。街の雑踏で肩がぶつかっても、お詫びをするどころか舌打ちをしたり、文句を言ったりします。そんな人は総じて、よじれて座っていたり、背中を丸めて歩いていたりします。そんな身体では自律神経を狂わせ、結果としてイライラするだけです。そんな人こそ、正しい身体づくりを行うことで、心に余裕を持ち、普段とは違う自分に気づいてほしいと思っています。


安永竜夫

中計でも謳っているように、コア事業は資源エネルギーであり化学品、機械インフラ事業。これらが過去数年間、利益の大半を稼ぎ出しています。一時は「資源エネルギー一本足」といわれていましたが、機械インフラと化学品も安定的な利益を生み出せるようになっています。