名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

倉田信靖(倉田信靖)の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉田信靖(倉田信靖)のプロフィール

倉田信靖(倉田信靖)、くらた・のぶやす。日本の教育者。「東京国際大学」理事長・総長。大東文化大学中国文学科卒業。大東文化大学教授、マスコミ総合研究所理事長などを経て東京国際大学理事長・総長に就任。

倉田信靖(倉田信靖)の名言 一覧

それぞれの立場で、どうすれば社会に貢献できるかということを常に意識し続けないといけない。


人間の能力には、いずれにせよ、優劣があります。しかし、公徳心には優劣がない。


日本の将来を考えたときに、まさにあらゆる分野でトップに立つ人材は重要です。ただ、トップだけでは社会はまわりません。トップを支える厚い知識層が欠かせない。


倉田信靖(倉田信靖)の経歴・略歴

倉田信靖(倉田信靖)、くらた・のぶやす。日本の教育者。「東京国際大学」理事長・総長。大東文化大学中国文学科卒業。大東文化大学教授、マスコミ総合研究所理事長などを経て東京国際大学理事長・総長に就任。

他の記事も読んでみる

松岡修造

意外と思われるかもしれませんが、僕自身、ネガティブ思考なので、現役時代に数々のメンタルトレーニングを試し、自分に合ったものを選んできました。


大田正文

従来から人脈をつくる出会いの場として異業種交流会がありましたが、主催の趣旨や会の事前情報がつかみづらく、ただ名刺を交換するだけの場になっているケースも少なくありません。その点、勉強会やセミナーは自分が何を学びたいかという目的によって参加する、また、同じ目的を持った人が集まるため気が合う人と出会える確率が高いといえます。共通の目的や趣味を持つ友人が欲しいと考えている人は、一度検討してみてはいかがでしょうか。


スガシカオ

観客を常に裏切っていきたい。「この曲がウケました」ってなったら、「同じ感じのものは当分作らないよ」って。それは年を取ってからまたやるから、今は一つでも前にコマを進めたいんだよって思いのほうが強い。


高田明(ジャパネットたかた)

今を生きなくては未来はない。


竹之内幸子

午前中の仕事モードを正午に一度リセットして、体内時計を調整するのが、私にとっての昼休み。手作りのお弁当を食べた後は、ブログを執筆する。そう決めておくと、ブログを毎日更新できます。そして、マッサージローラーを首の周りなどに当てて、リンパの流れをよくして、すっきり午後を迎えます。


田川博己

気づきがヒントになって新しい商品や企画が生まれ、メモ書きによってスキマ時間やオフタイムに浮かんだアイデアが呼び起こされます。人と話をしているときでも、私は必ずメモを取ります。日本人は人前でメモを取るのは相手に失礼だと思っている節がありますが、欧米の経営トップやビジネスマンは平気でメモを取っているのを見ると、「ああ大事なことを理解して書いてくれているんだな」と思うし、逆にメモを取らないと「大事なことなのに、なぜメモをとらないのだろう」と感じます。


荒木秀夫

以前、あるお客様のところで、年末の忙しい時期に出荷が滞ってしまったことがあります。その原因は何かを探ったところ、問題は出荷ではなく、集中しがちな入荷にあることが分かりました。ですから、入荷の時点でアイテム別、あるいはフロア別といった仕分けをし、もしその人手が足りないようであれば私たちの側で仕分けをして、入荷の効率化を図りました。その結果として、出荷もスムーズに行えるようにしました。この「入荷」に注目した考え方は、2014年から提供を開始した「スマート納品」に生きています。


枡野俊明

苦労したからこそ、人の苦労が分かるようになり、悲しみを味わったからこそ、人の悲しみが分かるようになる。苦労せずに得られた結果より、苦労があるからこそ得られた喜びは大きい。つまり、苦労は人間としての幅を増していく。


鈴木敏文

市場飽和を唱える人たちはマーケットを固定的に見ているとしか思えません。セブンイレブンの場合、住民票の写しや印鑑証明が夜間や休日でも身近な店舗で取得できるコンビニ初の行政サービスを始めるなど、革新的な試みに次々着手しています。近くて便利な店としての利便性はいっそう高まるはずです。決して市場は飽和しない。


瀧本哲史

マーク・グラノヴェッターという社会学者が282人のホワイトカラー労働者を対象に、就職活動中、どのような人とコミュニケーションしたかについて調べました。その結果、自分のもっているリソースやバックグラウンドとまったく異なる人とつながったほうが大きな価値が生まれる、ということがわかりました。グラノヴェッターはそのつながりを「ウィークタイズ(弱いつながり)」と名付けています。


青木康晋

ずっと社内で、「正確な情報、信頼に足る情報を載せた雑誌や本をつくれ」と言ってきました。そこをないがしろにすると、どんな媒体であれ、滅びると思います。


梶浦玄器

今後は日本にいても外国人と接するのが不可避な時代です。また、年金不安から、定年後に物価の安い東南アジアに移住する、といった動きも出てくるでしょう。そんなとき、日本語を教えることができれば、現地にすぐに溶け込めるはずです。日本語教師になるには、日本語教育能力検定試験に合格するか、四大卒の方ならスクールで420時間の授業を受けることが推奨されています。中小企業診断士のような資格よりはるかに容易で、何歳からでも、仕事をしながら学ぶことも十分に可能です。将来を見据え、検討してみてはいかがでしょうか。