倉田信靖(倉田信靖)の名言

倉田信靖(倉田信靖)のプロフィール

倉田信靖(倉田信靖)、くらた・のぶやす。日本の教育者。「東京国際大学」理事長・総長。大東文化大学中国文学科卒業。大東文化大学教授、マスコミ総合研究所理事長などを経て東京国際大学理事長・総長に就任。

倉田信靖(倉田信靖)の名言 一覧

それぞれの立場で、どうすれば社会に貢献できるかということを常に意識し続けないといけない。


人間の能力には、いずれにせよ、優劣があります。しかし、公徳心には優劣がない。


日本の将来を考えたときに、まさにあらゆる分野でトップに立つ人材は重要です。ただ、トップだけでは社会はまわりません。トップを支える厚い知識層が欠かせない。


倉田信靖(倉田信靖)の経歴・略歴

倉田信靖(倉田信靖)、くらた・のぶやす。日本の教育者。「東京国際大学」理事長・総長。大東文化大学中国文学科卒業。大東文化大学教授、マスコミ総合研究所理事長などを経て東京国際大学理事長・総長に就任。

他の記事も読んでみる

野田一夫

上司は命令を部下に与えるけれども、その与え方が大事だと思う。方針を示し、それをやるためには自分はこう思うが、君たちはどう思うかと問いかける。そうすれば部下は育つ。


石渡美奈

部下に声をかけるときは、なるべくパーソナルなトピックを織り込む。これが部下との意思疎通を深めるコツではないでしょうか。


和田秀樹

多くの人は「お金を借りるなら、なるべく少ない金額」で済ませようと考えます。ところが、この考えこそ、負債のスパイラルに陥るリスクをはらんでいるのです。成功する人ほど、お金を借りる際、「できるだけ多めに見積もって」借りているものなんですよ。私自身、自宅ビルのローンを建設費用ギリギリで組んでいません。やはり、数千万円分は多く見積もって借りてます。そうすれば、心にも行動にも余裕が生まれるからです。それが顕著に出るのは、独立起業時です。余剰資金があれば、焦らずに日々の営業に打ち込めるから成功の確率も上がります。


金川千尋

外部に丸投げするほうが簡単ですが、当社は部分的に仕事を頼むことはあっても、丸投げは一切しない。苦労して、経験やノウハウを自社に蓄積することに意味があるからです。


平本あきお

相手が何を求めているか、相手が重要視していることを考えて対応することが求められる。つまり、必要なのは相手をプロファイリングすること。


堤康次郎

考えてみると、自分一人でコツコツと仕事をやっていくのならいくらかずつでも積み重ねていけるが、大きくやろうと思って人を使って事業をやるには自分はまだ資格ができていない。真珠をやろうとしても、御木本(日本の真珠王、御木本幸吉)という長年苦心して築いた人と競争しなければならない。船をやるにしても、砂原で船をこしらえるようでは本格的な造船所と太刀打ちできるわけがない。自分はまだ20歳代で判断力もいかに乏しかったことかと深く反省した。
【覚書き|多くの事業に手をだし失敗した当時を振り返っての発言】


佐々木靜

お客様との信頼関係が販売力につながっている。


柳井正

組織は大きくなると安定を求め、保守的になります。それは、日本の企業の多くが直面する課題です。だから、常にぶち壊して一番いい組織に造り替えていかなければなりません。一つ成功すると、達成感のようなものがあって、これでいんじゃないか、このままずっと続けられるのではないかという錯覚に陥る。しかし、世の中は動いていますからそのままではいけない。


岩井俊憲

評価軸が他者にある人は、他者からどう注目されるか、他者が自分に何を与えてくれるかが気になる。それは自分の人生という名のクルマのハンドルを他人に渡していること。まずは自分のことは自分で決めると決意することが大事。


オグ・マンディーノ

すべての悪いできごとは、あなたがたどる平和と達成への道筋をほんの一瞬見えなくするものにすぎない。


柳井正

すべての企業が新たな創業期。我々もいま、創業している最中。


トマス・J・スタンリー

自営業者に比べ、会社勤めの蓄財劣等生は外的な要因に影響を受けやすい。高額所得を得ていて億万長者でない蓄財劣等生の36%は職を失うことに不安感を抱いているが、蓄財優等生ではその比率が19%でしかない。高給取りは漠然とした不安を抱えているにも関わらず、消費志向の強い生活を改めようとはしない。


朝倉千恵子

私くらい部下に対してムキになる社長はいないでしょう。「そんなにムキにならなくても」と言われることもあります。でも、「部下の能力は無限大」「部下は皆、私より優れている」と思うのです。大学生は小学生にムキになりません。それはレベルが違うから。私は社員に対してムキになります。それは、バカにしていない証拠。自分以上になってほしいと思うからです。


星野源

変わるなら、なるべく地続きで変わっていきたいし、きれいなグラデーションを作っていきたい。


高山直

これからの経営者に必要なのは、カリスマ性よりも適応力。


ページの先頭へ