名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

倉田主税の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉田主税のプロフィール

倉田主税、くらた・ちから。日立製作所2代目社長・会長。福岡県出身、仙台高等工業学校(現:東北大学工学部)卒業後、日立製作所入社。終戦後、GHQにより公職追放された小平浪平の跡を継ぎ社長に就任。財団法人国産技術振興会を設立し日本産業界の成長に功績を残す

倉田主税の名言 一覧

先人が遺した正しい道徳や人間の道を深く身につけ、さらに進んで新しい伝統を生み出していくことは、我々に課せられた義務であろう。


人は天下一品の使命といって、その人でなければ持ち合わせてない特性、あるいは才能がある。これを自由に発揮させる場をつくることが、経営者にとって最も必要なことだと思う。


わが社の製品はこのように優れているのだから、これを使用するのは当たり前である。売れないのは、非はむしろ需要者の側にあるといった思い上がった態度も、技術屋の側になくはなかった。これではいかに口先で経営を論じてもしょせんは机上の空論であり、企業を伸ばしていくことは不可能である。


人は「天下一品の使命」といって、その人でなければ持ち合わせていない特性、あるいは才能がある。これを自由に発揮させる場を作ることが、経営者にとって最も必要なことだと思う。【覚書き:日立製作所を発展させた中興の祖と言われる氏の人材登用、社員教育の哲学を語ったもの】


せっかく、わが国で開発した技術が、むしろ外国で発展するといった例さえ少なくない。これは自分の技術に真の自信を持たず、どこか劣っているのではないかという劣等感にとらわれているからではないかと思うのである。


私が企業の経営という仕事を通じて感ずることは、戦後の日本人が祖国愛という精神的バックボーンを喪失した結果、仕事の面においても自主性が欠如し、また一面、無意味な競争意識過剰に悩んでいることである。


政治的な意図より出た誤った愛国心の昂揚などは、避くべきものであることは、歴史の教えるところであるが、人間の本性に訴えた純粋な愛国心の昂揚は、忘れられるべきではない。


自分が生まれ、育まれた家庭を愛する心は全く自然の感情であり、麗しい心である。また自分が生を享(う)け、生活している郷土を愛し、国を愛するのは、これまた自然の心であり、理屈ではない。祖国を愛する心を持つ国民に満ちた国ほど将来の繁栄が約束されるものである。


倉田主税の経歴・略歴

倉田主税、くらた・ちから。日立製作所2代目社長・会長。福岡県出身、仙台高等工業学校(現:東北大学工学部)卒業後、日立製作所入社。終戦後、GHQにより公職追放された小平浪平の跡を継ぎ社長に就任。財団法人国産技術振興会を設立し日本産業界の成長に功績を残す

他の記事も読んでみる

柴田励司

私は雇われ経営者ですから、創業者が20数年間やってきたことにキャッチアップしないといけません。それには、とにかく創業者と同じ時間を共有することが大切なのです。そのため、朝一番の予定の前に増田(宗昭:CCC創業者)さんの自宅に行くことが多いです。私は、朝駆けと呼んでいますが、一緒にお茶でも飲みながら、雑談をしています。


宮原道夫

新コーポレートスローガン、新たな経営理念は「当社が何のために事業を行うのか」という根本的な問いへの答えから生まれたもの。


Mr.マリック

マジシャンとして最初に就いた仕事が地元名古屋のデパートのおもちゃ売り場での手品道具の実演販売でした。毎日、私のマジックでお客さんの喜ぶ顔がみられて、幸せでした。これが私の原点です。


樋口武男

勉強は大事ですが、理屈だけこね回していても、仕事は前に進みません。理屈を知ったうえで、行動が伴わなければならない。


佐野陽光

家族、子供と起業は相性がいいですよ。それまでは経営はトントンならいいと思っていましたが、そんな甘いものじゃない。子供のオムツって高くて、1枚27円もするんです。それを買うためには利益の目標を数値化しなければなりません。漠然としていた事業計画が明確になり、クックパッドの前進につながりました。


小路明善

アサヒグループでしかできない新規事業をやっていく。他ができることを我々がやる必要はない。我々が持つ資源やリソースを使った事業をすることで、結果的に社会課題の解決につながることをやっていきたい。


古森重隆

富士フイルムヨーロッパ社長就任当時、富士フイルムは欧州で米イーストマン・コダックの後塵を拝していた。しかし、積極的に戦うでもなく、2位の座に安住していた。そこで欧州各国の販売代理店に対して、「3年でトップに立てる作戦書を提示せよ」と指示した。もちろん、それぞれの前線で戦えるよう新製品と新たなプロモーション戦略などの実弾も用意した。


藤口光紀

経験と知恵を出し合って練った計画なら、結果が目標から大きくブレることは滅多にないはずです。しかし、それでもブレが生じたときは、ミッションに立ち返って弁印を見極め、改善するしかありません。無理につじつま合わせをしてミッションを見失ってしまうくらいなら、目先の目標を諦めて、次の目標に向けて進んだ方がいいでしょう。


ロイス・クルーガー

人は成功よりも失敗から多くを学ぶものです。不調のときこそ、企業体質を強化する絶好の機会なのです。


荒木三郎(経営者)

信頼は実績の積み重ねでしか得られない。


林野宏

人は皆、自分の中にクリエーティビティーやイノベーションを生み出す「知の泉」を持っています。この泉を広げ深めていくのも、遊びであり、学びであり、仕事です。そして、その源泉にあるのが、好奇心でしょう。


山内宏

かつての大蔵省では仕事の価値観も「国のためになるか」だけで十分でした。余計なことは考えなくてよかった。政治家や上司の機嫌が悪かろうが、自分が「国にとって良い」と考えれば、その仕事をやり遂げる。そんなことが許されたのです。
【覚書き|太平洋戦争敗戦直後の大蔵省での仕事について語った言葉】