名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

倉田主税の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉田主税のプロフィール

倉田主税、くらた・ちから。日立製作所2代目社長・会長。福岡県出身、仙台高等工業学校(現:東北大学工学部)卒業後、日立製作所入社。終戦後、GHQにより公職追放された小平浪平の跡を継ぎ社長に就任。財団法人国産技術振興会を設立し日本産業界の成長に功績を残す

倉田主税の名言 一覧

先人が遺した正しい道徳や人間の道を深く身につけ、さらに進んで新しい伝統を生み出していくことは、我々に課せられた義務であろう。


人は天下一品の使命といって、その人でなければ持ち合わせてない特性、あるいは才能がある。これを自由に発揮させる場をつくることが、経営者にとって最も必要なことだと思う。


わが社の製品はこのように優れているのだから、これを使用するのは当たり前である。売れないのは、非はむしろ需要者の側にあるといった思い上がった態度も、技術屋の側になくはなかった。これではいかに口先で経営を論じてもしょせんは机上の空論であり、企業を伸ばしていくことは不可能である。


人は「天下一品の使命」といって、その人でなければ持ち合わせていない特性、あるいは才能がある。これを自由に発揮させる場を作ることが、経営者にとって最も必要なことだと思う。【覚書き:日立製作所を発展させた中興の祖と言われる氏の人材登用、社員教育の哲学を語ったもの】


せっかく、わが国で開発した技術が、むしろ外国で発展するといった例さえ少なくない。これは自分の技術に真の自信を持たず、どこか劣っているのではないかという劣等感にとらわれているからではないかと思うのである。


私が企業の経営という仕事を通じて感ずることは、戦後の日本人が祖国愛という精神的バックボーンを喪失した結果、仕事の面においても自主性が欠如し、また一面、無意味な競争意識過剰に悩んでいることである。


政治的な意図より出た誤った愛国心の昂揚などは、避くべきものであることは、歴史の教えるところであるが、人間の本性に訴えた純粋な愛国心の昂揚は、忘れられるべきではない。


自分が生まれ、育まれた家庭を愛する心は全く自然の感情であり、麗しい心である。また自分が生を享(う)け、生活している郷土を愛し、国を愛するのは、これまた自然の心であり、理屈ではない。祖国を愛する心を持つ国民に満ちた国ほど将来の繁栄が約束されるものである。


倉田主税の経歴・略歴

倉田主税、くらた・ちから。日立製作所2代目社長・会長。福岡県出身、仙台高等工業学校(現:東北大学工学部)卒業後、日立製作所入社。終戦後、GHQにより公職追放された小平浪平の跡を継ぎ社長に就任。財団法人国産技術振興会を設立し日本産業界の成長に功績を残す

他の記事も読んでみる

深野康彦

様々な機関が「老後の生活資金はこのくらい欲しい」といったアンケートをとった結果、「最低でも3000万円いる」という話が蔓延しています。しかし、本当にそうでしょうか。鵜呑みにするのは早計です。「定年後の生活費はいくらかかるか」を自分で計算しプランニングすることは、運用で増やすことよりもずっと大切なこと。


家入一真

逃げるといっても、何でも放り出せばいいといっている訳ではありません。ただ、「本当はほかにやりたいことがあるのに」と思いながら、後ろ向きの気持ちで仕事をすることに、どれだけの意味があるのでしょうか。


進藤孝生

他人の言葉を借りて、どんなに上手に話しても、こちらの思いは伝わりません。私自身がどう考えているのかを、私自身の言葉で伝えることが大事。


隈研吾

触りながら何かをつくるのは、人間という生き物にとって、ものすごい充実感のある仕事。学生がそういうものに興味を持ってくれるのは、すごく良いことだと思う。


鈴木茂晴

社長になって、支店を回った時、頑張って働いている女性社員をたくさん見ました。結果も出しているのに、男性社会のせいで評価されず、出世も遅い。それではモチベーションも下がってしまいます。優秀な戦力なのに、会社はそこに戦力があると認めていない。これではダメだと思いました。

【覚え書き|社長就任後、女性役員を増やした理由について】


ケイト・ホワイト

優れた仕事をした人が成功を手にするべきだと、良い子は考える。ルックスや口のうまさで成功するなんて、考えてもみない。だから、口が上手いだけの人、ましてルックスだけの人がいい思いをすると愕然とする。でも現実には、きちんと基準をクリアしてもお望みのクラブに入れないとは限らない。メンバーにふさわしい外見と言葉を持っていないと、仲間にしてもらえない。


亀岡剛

近畿支店長時代、給油所を運営する特約店との関係も改めました。「特約店ではできないことを我々がやる。要望を言って欲しい」と伝え、改善につなげました。


工藤啓

留学生仲間たちと夜な夜なディスカッションの日々。みんな起業を夢見ていて刺激的でしたね。一方で、日本から電話をかけてくる友人の声は、「就職活動がうまくいかない」と暗い。この差は何だろうと。「雇ってもらう」ではなく「自分でビジネスを始める」という選択肢が見えてきました。
【覚え書き|アメリカ留学時を振り返っての発言】


林野宏

昔の競争相手は、銀行系であれ信販系であれカード会社でした。その中で勝てばよかった。でも今はそこだけで考えてはいけない。戦略を描くにも以前とは違う絵を描かなければならない。だからこそ、常に過去をデストロイする必要がある。


古市幸雄

支出に占める割合が多いのは、住宅費、クルマ、保険の3つです。この3大支出を収入の2割程度に収めるのが節約への近道となります。逆にいえば、3大支出にメスを入れずして、支出を抑えるのは難しいのです。玉子が10円安く買えたとしても、家賃の高いマンションを借りていたら節約も何もないでしょう。交通の便が良い都心に住んでいれば車はいらないし、専業主婦の生命保健は不要なはずです。「普通」の幻想に惑わされずに、必要なものは残し、不要なものは切り捨てましょう。


越智仁

「知っているつもり」は仕事の邪魔をします。現場だけでなく、事業部でも同じ。


津田久資

価値ある情報を効率よく集めるためには「とりあえず情報収集」をやめて、まずは「価値のある結論(仮説)」を考えることが必要。