倉田主税の名言

倉田主税のプロフィール

倉田主税、くらた・ちから。日立製作所2代目社長・会長。福岡県出身、仙台高等工業学校(現:東北大学工学部)卒業後、日立製作所入社。終戦後、GHQにより公職追放された小平浪平の跡を継ぎ社長に就任。財団法人国産技術振興会を設立し日本産業界の成長に功績を残す

倉田主税の名言 一覧

先人が遺した正しい道徳や人間の道を深く身につけ、さらに進んで新しい伝統を生み出していくことは、我々に課せられた義務であろう。


人は天下一品の使命といって、その人でなければ持ち合わせてない特性、あるいは才能がある。これを自由に発揮させる場をつくることが、経営者にとって最も必要なことだと思う。


わが社の製品はこのように優れているのだから、これを使用するのは当たり前である。売れないのは、非はむしろ需要者の側にあるといった思い上がった態度も、技術屋の側になくはなかった。これではいかに口先で経営を論じてもしょせんは机上の空論であり、企業を伸ばしていくことは不可能である。


人は「天下一品の使命」といって、その人でなければ持ち合わせていない特性、あるいは才能がある。これを自由に発揮させる場を作ることが、経営者にとって最も必要なことだと思う。【覚書き:日立製作所を発展させた中興の祖と言われる氏の人材登用、社員教育の哲学を語ったもの】


せっかく、わが国で開発した技術が、むしろ外国で発展するといった例さえ少なくない。これは自分の技術に真の自信を持たず、どこか劣っているのではないかという劣等感にとらわれているからではないかと思うのである。


私が企業の経営という仕事を通じて感ずることは、戦後の日本人が祖国愛という精神的バックボーンを喪失した結果、仕事の面においても自主性が欠如し、また一面、無意味な競争意識過剰に悩んでいることである。


政治的な意図より出た誤った愛国心の昂揚などは、避くべきものであることは、歴史の教えるところであるが、人間の本性に訴えた純粋な愛国心の昂揚は、忘れられるべきではない。


自分が生まれ、育まれた家庭を愛する心は全く自然の感情であり、麗しい心である。また自分が生を享(う)け、生活している郷土を愛し、国を愛するのは、これまた自然の心であり、理屈ではない。祖国を愛する心を持つ国民に満ちた国ほど将来の繁栄が約束されるものである。


倉田主税の経歴・略歴

倉田主税、くらた・ちから。日立製作所2代目社長・会長。福岡県出身、仙台高等工業学校(現:東北大学工学部)卒業後、日立製作所入社。終戦後、GHQにより公職追放された小平浪平の跡を継ぎ社長に就任。財団法人国産技術振興会を設立し日本産業界の成長に功績を残す

他の記事も読んでみる

中野信子

悪性の妬みが生まれやすいのが、公正な競争が行われていない場所。たとえばコネや容姿など、上司や人事部の主観だけで評価が決まってしまう会社。努力が報われにくいため、陰で悪口を言い合ったり、足を引っ張ったりといったことが起きやすい。自分が前向きに努力するよりも、相手の噂や評判を落とす方に気持ちが向かってしまいがちになる。


林真理子

20代のデビューからいままで途切れることなく仕事に恵まれてきたのは、人の縁によるところが大きいです。


豊田圭一

通勤時間中に「今日のやることリスト」を考え、それをメールで自分宛に送ることを習慣にしています。こうすることで、タスクを忘れないのはもちろんのこと、もっと大きなメリットがあります。それは、始業前から頭を「仕事モード」に切り替え、出社したらすぐに仕事にとりかかれることです。


山口悟郎

京セラでは部内で責任者を決めて、あるグループを任せられると、その中で「君は、徹底的に電話代を削減しなさい」「あなたは運送費、荷造り運賃を徹底的に削減しなさい」というふうに担当を決めていく。担当者はデータを取って、どうしたら安くなるのかを徹底的に研究する。そうした工夫を新入社員のころからずっとやっているのです。


市村洋文

世の中で今、どんなモノ、考え方、スタイルが流行っているのか、「自分の目」で見て回ることが大切。大型書店はとても勉強になりますね。


篠山紀信

たとえば役者の撮影であれば、決め顔をつくる直前や直後、そのほんの一瞬の表情にこそ、撮る価値があると思っています。予定調和はつまらない。


テリー伊藤

「ああしろ、こうしろ」と言ったって、いいものは絶対に生まれないし、「あれをするな、これもするな」と禁止事項を並べていては伸びる人も伸びない。


樹なつみ

『八雲立つ』を読み返すと、何も考えず没頭して描いていた当時の熱量が感じられて、とても清々しいですね。若さゆえに、作品に集中し切っている作家性の強さがあります。今のほうが、知識量は確実に増えました。あの頃の怖いものなしの熱量と世界観を壊さないように、頑張っていきたいと思います。


和田裕美

文章を書くのが苦手な人も結構いますよね。そうした人には、小説を読むことをお勧めします。小説を読むと、表現の幅がとっても広がります。たとえば、食べ物の味を伝えるのも、たんに「おいしい」とか「まずい」と書くだけでなく、まったりしている、ほんわかしている、心に染み入る、あるいは柔らかい、硬い……と、じつにさまざまな表現があることに気がつきます。「硬い味」だけでなく、「硬い雨」も「硬い涙」もあることに気がつく。こうした言葉を仕事上のメールや手紙で使ってみても、私は全然かまわないと思います。肝心なことは、相手の心に響くかどうか、相手の心をときめかすことができるかどうかだから。


是枝伸彦

いつまでも変わらない企業理念や経営方針を持つ一方で、時代に応じて変化するべきところは変化させないといけない。


佐藤綾子(心理学者)

聞いて9割、話して1割。


横田英毅

社員やお客様の幸せは「目的」、売上や利益は「目標」です。目的はこっちを向いて進もうという方角であり、売上や利益の目標は、ディスタンス、距離にあたります。目的と目標は、このようにまったく性質が違うものです。


大山健太郎

効率的に働くためには、「集中」と「休息」の適度な切り替えが必要。


羽鳥兼市

商売を楽しむという根本は変わりませんでした。苦しい思いや辛い思いだけで仕事をしていくのではなく、「仕事そのものが何よりも楽しい」と思ってやっていきたかった。それは子供のころから変わっていませんでしたね。


吉川廣和

社員に動いてもらうにはトップの「本気度」を伝える必要があります。私は、あらゆる方法を駆使してひたすらメッセージを送りつづけました。


ページの先頭へ