倉林啓士郎の名言

このエントリーをはてなブックマークに追加

倉林啓士郎のプロフィール

倉林啓士郎、くらばやし・けいしろう。日本の経営者。スポーツメーカー「イミオ」社長。東京都出身。東京大学経済学部在学中、DeNAにインターンシップをしたことをきっかけにグローバルトレーディング(のちのイミオ)を創業。また、FC琉球社長を務めた。


倉林啓士郎の名言 一覧

1 / 11

せっかく新しいことをやるなら、逆張りで、ものづくりや、新しい物を売ることに挑戦したい。


南場(智子)さんのおかげで、いろいろなベンチャー経営者にお会いでき、様々な事業を知って、自分も事業を立ち上げたい、という気持ちが大きくなった。


フェアトレードのコンセプトは非常に良いものなのですが、ビジネスを展開していくには、それだけではなく、やはりもっと品質やデザイン、ブランディングで他社に負けないように作らなければいけない、ということに気づいた。


ネット販売を強化するのは、既存のスポーツ用品業界の体質が古いからです。需要が広がっているのに価格競争で儲からない。自分たちは新しいブランドをつくり、フットサル・コートやインテリアショップなどのチャネル、自社のeコマースでの通販を強化することで、パキスタン、バングラデシュでの製造からなるべく短い距離で最終消費者に商品を届ける新しいスポーツ・ビジネスが展開できると考えています。


倉林啓士郎の経歴・略歴

倉林啓士郎、くらばやし・けいしろう。日本の経営者。スポーツメーカー「イミオ」社長。東京都出身。東京大学経済学部在学中、DeNAにインターンシップをしたことをきっかけにグローバルトレーディング(のちのイミオ)を創業。また、FC琉球社長を務めた。

気に入ったらみんなとシェア

このエントリーをはてなブックマークに追加
1 / 11

ページの先頭へ