名言DB

9,510 人 / 112,245 名言

倉本由香利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉本由香利のプロフィール

倉本由香利、くらもと・ゆかり。日本の経営コンサルタント。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院物理学修士、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後帰国し、外資系有力コンサルティングファームでコンサルティングを行っている。

倉本由香利の名言 一覧

ゼロベース構築力は、必要な目標や解決方法、戦略などをゼロから論理的に構築する力のことです。調整する力といえる「和」で問題が解決しない場合は、掘り下げて、ゼロベースで問題を解決していかないといけません。


日本人は会議でなぜ話さないのかとしばしば聞かれます。その理由を日本人の和の重視で説明しています。日本人はその場の雰囲気を大切にし、対立することを避ける傾向にあります。それであえて発言しないのであって、決して意見がないわけではないと。互いに誤解がないように、違いを感じたり違和感を持ったとき説明する力が、グローバル環境では大事になってきます。


オーナーシップはものごとを組み立てて、前に進むためのポイントになります。オーナーシップとは、常に当事者意識を持ち、自分が積極的に動いて解決しようとすることです。


日本発のグローバル企業を日本にとどまり続けさせるには、2つしか方法はありません。ひとつは日本が技術の中心地として、新しいイノベーションを次々と生み、優秀な技術者や研究者を輩出し続ける環境を持つこと。もうひとつはグローバルに活躍できる素地を内外の若者が身につけられる環境を持つことです。それができれば好循環となって、日本発のグローバル企業の本社機能をとどまらせることができるでしょう。


倉本由香利の経歴・略歴

倉本由香利、くらもと・ゆかり。日本の経営コンサルタント。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院物理学修士、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後帰国し、外資系有力コンサルティングファームでコンサルティングを行っている。

他の記事も読んでみる

安藤徳隆

お客様との接点1つひとつが、日清ブランドへの信頼に直結する。


塚本隆史

みずほフィナンシャルグループは大きい組織ですから、金太郎飴のように、どこを切っても同じ人がいて成り立っているわけではありません。それでも、みずほフィナンシャルグループの一員として日本経済、世界経済のためにやっていくのだという強い意志、意欲を持っている限りは、すべての仲間にこの船から降りずについてきてもらいたいと思っています。そのために、組織としてできることは何でもします。


エバ・チェン(経営者)

顧客の欲求を100%満足させることは不可能ですが、我々は終わりのない努力を続けていく。


高野登

いまのような時代は、先が見えないから不安で、若い人があせる気持ちもわかりますが、先が見えないからこそ面白いともいえますよね。


伊藤東涯

道を曲げずして、よく人心に従う。これ中庸の極みなり。


小林豊(小林製薬)

100出したアイデアもそのままでは生かせません。そこで会社がブラッシュアップの仕組みをつくる必要があります。出てきたアイデアを選り分けるのは会議の席上ですが、そこで残ったアイデアをブラッシュアップしていく旗振り役は、各開発カテゴリーごとに指名して2から4名ほどにあたらせています。指名するのは経営陣ではなく現場の長です。現場で力を発揮しそうな人物を選んでもらい、選ばれた本人は何としてもアイデアを製品にしなくてはと責任を自覚します。そこで考える力が付き、思考力が高まるのです。


江川達也

社会というのは、これまで自分が見たことのない問題にばかり出くわすところだ。自分の頭で考えられない人間が増えれば、その国は滅びてしまう。


千葉智之

人脈は、お金では買えません。もちろん、きっかけはお金を払えば作れますが、「脈」にできるかどうかはその後の動き次第です。


鈴木英男(日新製鋼)

当社は設立当初から一貫して「お客様視点のモノづくり」を続けてきました。お客様のオフィスに自分の席があった、という社員も少なくありません。そうした当社のよき伝統やDNAを時代や環境に合わせて進化させつつ、次世代にきちっと継承していくことこそが、厳しい競争を勝ち抜いていくうえでの最重要ポイントだと、私は考えています。


逢坂ユリ

私は自己啓発書を読むと「この人が成功したのだから、私にもできないはずはない」と根拠なく信じられるタイプです。自分のメンタルを支えるために、読書の全体の2割は自己啓発書を読むようにしていました。外資系金融機関には、私より頭のいいアカデミックスマートが大勢いましたが、専門書ばかり読み、自己啓発書のようなものをバカにしていた人は皆、途中で挫折して去っていきました。


高須武男

退職後の第2の人生を有意義に生きるには、会社ではない、新たなコミュニティーに参加することが不可欠です。そしてその準備は、会社に席があるうちから始めたほうがうまくいきます。もっとも、私にとっては第2の人生はバンダイでしたから、第3の人生になるわけですが。


ドナルド・トランプ

かつて私に対してまったく見当違いなことをいう人たちがいた。今なら、およそ9割は私とは何の関係もない言いがかりとわかっているから、さらりとかわせる。面(つら)の皮を厚くし、常に自分はポジティブな物の考え方をキープしていなければならない。