名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

倉本由香利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉本由香利のプロフィール

倉本由香利、くらもと・ゆかり。日本の経営コンサルタント。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院物理学修士、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後帰国し、外資系有力コンサルティングファームでコンサルティングを行っている。

倉本由香利の名言 一覧

ゼロベース構築力は、必要な目標や解決方法、戦略などをゼロから論理的に構築する力のことです。調整する力といえる「和」で問題が解決しない場合は、掘り下げて、ゼロベースで問題を解決していかないといけません。


日本人は会議でなぜ話さないのかとしばしば聞かれます。その理由を日本人の和の重視で説明しています。日本人はその場の雰囲気を大切にし、対立することを避ける傾向にあります。それであえて発言しないのであって、決して意見がないわけではないと。互いに誤解がないように、違いを感じたり違和感を持ったとき説明する力が、グローバル環境では大事になってきます。


オーナーシップはものごとを組み立てて、前に進むためのポイントになります。オーナーシップとは、常に当事者意識を持ち、自分が積極的に動いて解決しようとすることです。


日本発のグローバル企業を日本にとどまり続けさせるには、2つしか方法はありません。ひとつは日本が技術の中心地として、新しいイノベーションを次々と生み、優秀な技術者や研究者を輩出し続ける環境を持つこと。もうひとつはグローバルに活躍できる素地を内外の若者が身につけられる環境を持つことです。それができれば好循環となって、日本発のグローバル企業の本社機能をとどまらせることができるでしょう。


倉本由香利の経歴・略歴

倉本由香利、くらもと・ゆかり。日本の経営コンサルタント。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院物理学修士、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後帰国し、外資系有力コンサルティングファームでコンサルティングを行っている。

他の記事も読んでみる

渡邉美樹

じつは、僕は社員を褒めたり、感謝の気持ちを伝えるのがとてもヘタなんです。だから、意識して気持ちを形に変える努力をしています。何か教わったらお礼のハガキを書いたり、電話したりね。もちろん、それはとてつもなく感謝したいという気持ちがあってのことだけど。心が大切だけど、言わなきゃわからないこと、伝わらないってこともあるから。


大谷昭宏

いまはやる前から先に結論を知りたいというか、人生の結論めいたものを求める若者が増えたんじゃないかな。なにかに挑戦するというより、失敗することのほうを非常に警戒するでしょう。社会全体が減点主義になっているからだろうけど、飛び込んでみないことには、何も始まらないじゃない。


杉山金太郎

一寒村の小農の家庭に生まれたため、幼少から、常にものを大切にするように、しつけられてきた。そのためか、自分の勤務先でもあらゆるものを大切にし、たとえ一枚の紙、一本の鉛筆、一粒の大豆でも、必ず無駄にしないことを念願して、社内の従業員にも、厳にその心構えを伝えているのである。


堀場雅夫

日本人の能力が高いのは製造業だけではありません。例えば農業。日本産のスイートオレンジなんて、あれほど手で簡単に皮をむけて、おいしいものはないということで、世界のフルーツの中でも最高の需要がある。ドバイに行ったら、日本産のメロンが1個15万円ですよ。ゴールデンキウイも超傑作。宮崎県や石垣島のマンゴーも世界一。これだけ競争力が高いのに、TPP反対なんてあほやないかと思いますわ。


石井力重

頭の概念空間の中で、抱えるテーマと、そこから遠い要素を結びつけて生まれるもの。それが斬新なアイデアであり、ひらめき。


川上量生

僕がやろうとしているのはわけがわからない事業だから、みんな逃げます。説得は無理なので、巻き込もうとせず勝手にやったほうがいいんです。


津田秀樹

多少不愉快な人と日ごろから付きあっておくことは、対人関係の耐性を高めるうえで大切なことです。これを「ワクチン友達」と呼びます。友達レベルで免疫をつけておけば、もっとひどい上司や同僚と仕事をしなくてはならなくなったときに、耐えやすくなります。


小笹芳央

私は気持ちが落ち込んでいるときは地球儀を眺めます。地球儀全体を見渡すと視野が広がり、自分の悩みが小さなことのように思えて、気持ちが晴れていきます。これは自分の頭の「空間」を切り替える作業です。そのほかにも、目先のことで行き詰まったら、5年後、10年後の未来を具体的に考えてみたり、あるいは先のことを不安に感じるときは、今日1日でうれしかったことや改善できたことを書き出し、今という時間にフォーカスしたりしています。これは「時間」の物差しを切り替える作業です。悩み事にとらわれてやる気の出ない状況から脱却するには、このように頭の中の「空間」や「時間」を切り替えると効果的です。


中島武

一つのテーマが決まると、それを横展開していきます。たとえば、中華料理の冷やし中華のメニューを100種類考えろって言われたら、僕はすぐに考えられるんですよ。味では、辛い、味噌、シンプル、ヘルシー、ゴージャス。素材はゴージャスだったら、フカヒレ、アワビ、和牛のたたき、マグロのカルパッチョ・・・というふうに。お店も同じで、地味にいくのか派手にいくのかといったような形で考えていくと、いろいろなものが出てきます。


小池百合子

覚悟を決めて、退路を断って、前だけを向いて突き進む。そういうのが大好きなんです。そのほうがやるべきことに集中できますよ。


中原淳

ひとつの組織に属して、仕事に熟達してくると、その組織特有の物の見方や考え方が身についてしまい、惰性を獲得し始めます。ひどい場合には「世間感覚」を失ってしまう。組織特有の知識があるからこそ、その組織で効率的に仕事ができるのですが、その半面、失うものもある。


藤野英人

社員をビジネスマンとしてではなく商売人として育てることが大切です。仕入れて売る、この商売の基本をいかにして社会に浸透させ、突き詰めるかが日本に必要だと感じます。