名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

倉本由香利の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉本由香利のプロフィール

倉本由香利、くらもと・ゆかり。日本の経営コンサルタント。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院物理学修士、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後帰国し、外資系有力コンサルティングファームでコンサルティングを行っている。

倉本由香利の名言 一覧

ゼロベース構築力は、必要な目標や解決方法、戦略などをゼロから論理的に構築する力のことです。調整する力といえる「和」で問題が解決しない場合は、掘り下げて、ゼロベースで問題を解決していかないといけません。


日本人は会議でなぜ話さないのかとしばしば聞かれます。その理由を日本人の和の重視で説明しています。日本人はその場の雰囲気を大切にし、対立することを避ける傾向にあります。それであえて発言しないのであって、決して意見がないわけではないと。互いに誤解がないように、違いを感じたり違和感を持ったとき説明する力が、グローバル環境では大事になってきます。


オーナーシップはものごとを組み立てて、前に進むためのポイントになります。オーナーシップとは、常に当事者意識を持ち、自分が積極的に動いて解決しようとすることです。


日本発のグローバル企業を日本にとどまり続けさせるには、2つしか方法はありません。ひとつは日本が技術の中心地として、新しいイノベーションを次々と生み、優秀な技術者や研究者を輩出し続ける環境を持つこと。もうひとつはグローバルに活躍できる素地を内外の若者が身につけられる環境を持つことです。それができれば好循環となって、日本発のグローバル企業の本社機能をとどまらせることができるでしょう。


倉本由香利の経歴・略歴

倉本由香利、くらもと・ゆかり。日本の経営コンサルタント。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院物理学修士、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後帰国し、外資系有力コンサルティングファームでコンサルティングを行っている。

他の記事も読んでみる

テリー伊藤

ひとりで死ぬことが「孤独死」で寂し過ぎるというのは本当? 本人は幸せかもしれないよ。勝手に不幸だと決めつけているんじゃないかな。死はどんな形でも、たかが死なんですよ。家族に見守られていても、人はひとりで死んでいく。看取られたから幸せなわけじゃない。


青木真也

自分の本来の目的を見つめ、そこに向けて手段を考えろ。


カルロス・ゴーン

成長させるためには、スタッフ部門に置くのではなく、本当に厳しい環境に送り込み、自分で解決を図ることができるようにすることが大切。


吉川英治

この人生は旅である。その旅は片道切符の旅である。往きはあるが、帰りはない。この旅で様々な人と道中道連れになる。それらの人と楽しくスムーズにやっていくには人生のパスポートが大切だ。それはお辞儀とあいさつである。


ジェフ・ベゾス

発明には長い時間がかかり、我慢強いことが大切です。


佐野恵一

私たちは六年前から行政に先駆けて京都にバリアフリー観光案内所を設けており、車椅子の無料貸出を行う一方、「車椅子で観光できるお寺や神社」とか「ストレッチャーや酸素ボンベを借りることのできる場所」などの情報を提供しています。こういう情報が分かれば、車椅子の人にとって非常に助かるのです。当初はこの無料サービスに対する理解がなかなか得られなかったのですが、最近は行政の理解も進み、京都市の政策に反映されるようになりました。私は同市のバリアフリー観光相談事業にも協力しています。


奥脇洋子

いまはメールの時代だけに、じかに人と話すことは「生きた言葉」を身につける絶好の機会です。話すことから生まれる気づきや知恵、喜びや活力、そういうことがコミュニケーションのもたらす楽しみであり価値なのです。


中村貞裕

ブームと同時に意識しているのが「スタイル」です。「スタイル」とはブームとしては沈静化した後に、生活の一部として定着した状態のことです。ブームよりもスタイルになってからの方が商売としての引き合いが多くなります。


襟川陽一(シブサワ・コウ)

「信長の野望」はつくる前から「絶対ヒットする」と確信していました。いままでつくってきたゲームは単に「戦う」だけのゲームでしたが、「信長の野望」にはマネジメントの要素を初めて入れたのです。織田信長は戦いだけをしていたわけではありません。内政や外交、地域の発展のために様々な施策をしました。こうした新しい要素をゲームに組み込むことで、プレーヤーは戦国時代を生きた武将・信長となり、臨場感をもって彼が果たせなかった「統一」に熱中できるのです。


貞松成

勉強になりましたが、ワタミでの仕事は決して楽なものではありませんでした(笑)。1年くらいして店長を任され、35人くらいのスタッフをまとめる立場になったのですが、飲食店ですから昼間の15時にはお店に出勤します。そこから開店準備をして、17時にオープン。そこから翌朝5時まで営業して6時に終わりますよね。でも、当時のワタミはそこから週に何度か店長会議があって、朝7時に本社に行かなければならなかった。会議が終わって家に帰った頃には11時過ぎ。そこから仮眠をとって3時間後には店に行かなければならないのです。だから、本当にきつかったですね。今だったらアウトですが、当時はまだそういうものだと思っていました。でも、1年間で半分以上スタッフがいなくなるほど離職率は高く、目的のない人にとっては本当につらい職場だったと思います。私は、マネジメントの勉強をする目的で入りました。会社は社宅も用意してくれましたし、給料も安くなかったので、起業の元手を貯めるまでは頑張ろうと思いました。


松永安左エ門

元来、私の家は商売のほかに土地もかなりあった。自分のうちの畑と知らず、スイカ泥棒をやって番人に怒鳴られたこともある。土地の管理、漁場経営などには相当手間がかかった。そこで私は酒造業、海産物取扱い、呉服業などは一切取りやめる決意をした。それらの業は他人に譲渡して、土地だけを確実に継承していくことにした。
【覚書き|18歳で家業を継いだ当時を振り返っての発言。父が亡くなり、家業は衰退しはじめていた】


松井忠三

仕事のマニュアルを標準化していかない限り、モノづくりはレベルアップしていかない。