名言DB

9412 人 / 110637 名言

倉本由香利の名言

twitter Facebook はてブ

倉本由香利のプロフィール

倉本由香利、くらもと・ゆかり。日本の経営コンサルタント。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院物理学修士、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後帰国し、外資系有力コンサルティングファームでコンサルティングを行っている。

倉本由香利の名言 一覧

ゼロベース構築力は、必要な目標や解決方法、戦略などをゼロから論理的に構築する力のことです。調整する力といえる「和」で問題が解決しない場合は、掘り下げて、ゼロベースで問題を解決していかないといけません。


日本人は会議でなぜ話さないのかとしばしば聞かれます。その理由を日本人の和の重視で説明しています。日本人はその場の雰囲気を大切にし、対立することを避ける傾向にあります。それであえて発言しないのであって、決して意見がないわけではないと。互いに誤解がないように、違いを感じたり違和感を持ったとき説明する力が、グローバル環境では大事になってきます。


オーナーシップはものごとを組み立てて、前に進むためのポイントになります。オーナーシップとは、常に当事者意識を持ち、自分が積極的に動いて解決しようとすることです。


日本発のグローバル企業を日本にとどまり続けさせるには、2つしか方法はありません。ひとつは日本が技術の中心地として、新しいイノベーションを次々と生み、優秀な技術者や研究者を輩出し続ける環境を持つこと。もうひとつはグローバルに活躍できる素地を内外の若者が身につけられる環境を持つことです。それができれば好循環となって、日本発のグローバル企業の本社機能をとどまらせることができるでしょう。


倉本由香利の経歴・略歴

倉本由香利、くらもと・ゆかり。日本の経営コンサルタント。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院物理学修士、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後帰国し、外資系有力コンサルティングファームでコンサルティングを行っている。

他の記事も読んでみる

及川智正

農産物の生産に乗り出す考えはありません。流通の仕組みを提供することに特化して、生産や小売りは手掛けない。システムの構築など外注できるものは外注して「持たない経営」を志向しているので、それにも反します。


嶋基裕(経営者)

自分とつきあうとどんなメリットがあるのか、相手に明確にイメージさせることができれば成功。


齋藤孝(教育学者)

何が問題になっているのか、どこにボトルネックがあるのかを提示できれば、誰でも思考を整理しやすくなる。そのアイデアを持ち寄れば、クリエーティブな議論が展開されるはずだ。


山根多恵

私と一緒に旅館を切り盛りしている若女将も、インターンに来てそのまま就職した一人です。彼女は東京で就職が決まっていたのですが、「できる仕事は東京にあったけれど、やりたい仕事は自分でつくらなきゃならないと気づいた」と言っていました。すでにある仕事のなかからやりたいことを探す人が多いですが、小さいことでも自分で始めた方が、より成長できると思うんです。


井上愛一郎

日本企業の存在感が薄いのが心配だ。かつては「ガラパゴス」と揶揄されながらも、日本企業は信頼性に優れた様々な製品を開発し、世界を驚かせてきた。(スーパーコンピューター)「京」はその代表だろう。ところが今、先端のコンピューター研究は「風前のともしび」だ。ガラパゴスすら作れない状況に陥りつつあるのが、気がかりでならない。


田中良和(GREE)

マラソンでも一人で走るより、大勢の方が苦しくても頑張ろうという気持ちが出てきます。また、他社から新しい商品が出ると、こういうやり方もあるのだと勉強にもなります。そういう意味で言うなら、競争相手がいるのはいいことだと思います。


稲盛和夫

まだ毎日(日次)の路線収支は出てきていません。月次で各路線の収支が分かるようになっています。毎月「業績報告会」という形で、全幹部社員が集まって各部門別に採算がどうなっているかを発表し、議論することを通じ、会社の詳細で正確な経営状況を全員で共有するようにしています。


田中史朗

まずは自分が、世界最高峰リーグのスーパーラグビーに挑戦することで国内でのラグビーの認知度を上げたい。日本人選手が頑張っている姿を世界に見せたい。それが日本のラグビーのためになると考えて、ニュージーランドに渡りました。


三毛兼承

まだ6割ほどの時間は事務をやっている。デジタル化によって、この事務作業から解き放たれれば、従来の3倍はお客様と向き合う時間ができる。


松岡友子

ビジネスのコミュニケーションで言葉が重視されるのは、相手への敬意が最も如実に現われる表現方法であり、相手との心地よい距離感を作る大切な要素であるためです。距離感は同じような立場でも自分と相手の関係性によって異なってきます。一概に「良い・悪い」とするのではなく、その距離感にあった適切な言葉を選ぶためにまずは本来の使い方を知ること。


樋口廣太郎

悩みがないのは仕事をしていない証拠だ。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

お金で苦労していない人に共通する習慣は、「固定費の見直しを定期的に行なっていること」です。


中山泰男

社長になってから、創業者の飯田(亮)の言葉「もう5分考えろ」が、大変重要だと認識するようになりました。一旦考えても、実際もう一回考えると「あの判断は必ずしも正しくなかった」と思うことがときどきあります。結論を出しても、もう5分さらに考えることを、より意識するようになりました。


岡藤正広

人がたくさん集まる。より大きな市場を狙えということです。釣り堀だってそうでしょう。魚が少ない池でやるよりも、魚が群れを成す大きな池を選んだ方が、釣れる可能性が高いのです。


ブレンダン・フランシス・ビーハン

作家が最も書きたがるのは、小切手裏の受け取りサインだ。