倉本由香利の名言

倉本由香利のプロフィール

倉本由香利、くらもと・ゆかり。日本の経営コンサルタント。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院物理学修士、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後帰国し、外資系有力コンサルティングファームでコンサルティングを行っている。

倉本由香利の名言 一覧

ゼロベース構築力は、必要な目標や解決方法、戦略などをゼロから論理的に構築する力のことです。調整する力といえる「和」で問題が解決しない場合は、掘り下げて、ゼロベースで問題を解決していかないといけません。


日本人は会議でなぜ話さないのかとしばしば聞かれます。その理由を日本人の和の重視で説明しています。日本人はその場の雰囲気を大切にし、対立することを避ける傾向にあります。それであえて発言しないのであって、決して意見がないわけではないと。互いに誤解がないように、違いを感じたり違和感を持ったとき説明する力が、グローバル環境では大事になってきます。


オーナーシップはものごとを組み立てて、前に進むためのポイントになります。オーナーシップとは、常に当事者意識を持ち、自分が積極的に動いて解決しようとすることです。


日本発のグローバル企業を日本にとどまり続けさせるには、2つしか方法はありません。ひとつは日本が技術の中心地として、新しいイノベーションを次々と生み、優秀な技術者や研究者を輩出し続ける環境を持つこと。もうひとつはグローバルに活躍できる素地を内外の若者が身につけられる環境を持つことです。それができれば好循環となって、日本発のグローバル企業の本社機能をとどまらせることができるでしょう。


倉本由香利の経歴・略歴

倉本由香利、くらもと・ゆかり。日本の経営コンサルタント。東京出身。東京大学理学部物理学科卒業、東京大学大学院物理学修士、マサチューセッツ工科大学スローン経営大学院でMBAを取得。その後帰国し、外資系有力コンサルティングファームでコンサルティングを行っている。

他の記事も読んでみる

今田耕司

僕が芸人になったのは19歳。何の実績もなかったけど、「自分はいけるんちゃう」と思って飛び込んだ。今の年齢やと恐ろしくてできないけど。


濱田純一

私は「知の共創」という言葉を使うのですが、大学で生み出した知を社会に還元するだけでなく、産官学で一緒になって取り組むことで、大学だけではつくれない知識や知恵が生み出される。


岡田卓也

全国チェーンに生まれ変わるために、200年続いた岡田屋の名前を捨てる決断をしました。200年の歴史と決別したのは、ゼロから出発してまったく新しい会社になるという強い決意を社員一人ひとりに持ってもらう狙いがあったのです。


安延申

社長が、「うちの社員は駄目で働かない」と公言している企業はダメ。どんなダメ社員でもおだてて使う器量がなければいけない。


齋藤孝(教育学者)

打ち合わせや会議なども時間を計り、分単位で管理すべきです。たとえば打ち合わせの際、最初に「この打ち合わせは5分で終わらせましょう」とはじめに決めておく。5分しかないと思えば、私も相手も無駄な話はせず、重要なことから話し、時間内で結論を出すことを意識するはずです。時間に余裕がありすぎると、むしろ雑談に終始して、肝心なことを決められなかったりするのです。


西岡務

怖いのは、失敗を恐れて誰がやってもすぐに作れるものに手を出すこと。こうした分野はキャッシュが豊富で生産コストが低い企業にすぐに真似される。


中村勇吾

メモも手帳も、書くと思考が整理されるとよく言いますよね。でも僕は、思考を文字に書いた途端、それはもう外界のものになるというか、矮小化されるというか……。常に思考は頭の中で泳がしたくて、そこから考えや可能性が広がると思っている。


金子和斗志

極端な例では、新郎新婦が馬に乗って入場したというケースもありました。これには私も驚きました。当社はとにかく、お客さまの感動に資することであれば(もちろん安全面などは十分に考慮したうえで)何をやってもいいという会社なのです。


浜島俊哉

口だけ出して結果を待っている上司よりも、自分で考える状況を作ってくれて結果を横取りしない上司がいい。


野口英世

誰よりも3倍、4倍、5倍勉強する者、それが天才だ。


的場一成

変に何かスタイルを変えていくよりは、自分たちに何ができるのかということをはっきり丁寧に打ち出して、お客さまにお選びいただくことが大事。


清水宏保

ものごとを始めるときは壁があると思います。まず最初にそれに慣れるのに何日もかかる。そこで耐えられずに駄目になる人は諦めるんです。俺には向いてないと。でも、僕は慣れるまでやります。


安田隆夫

円滑な人間関係を維持し、相手を尊敬するために、一定の距離をとることが欠かせません。距離があまりに近すぎると、親密さが相手に対する甘えや馴れ合いを生み、大きなトラブルを引き起こし、2人の関係はおかしくなる。逆に、遠すぎると疎遠になって関係が終わってしまう。お互いの状況や時期で千変万化する「適切な距離感」を意識して取るべきです。


ロバート・キヨサキ

賢い人間というのは、自分より賢い人間と仕事をするか、またはそういう人を雇う。


永守重信

組織というものは同じ目標で動いている以上、思考も同じ傾向になりやすい。


ページの先頭へ