名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

倉本昌弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉本昌弘のプロフィール

倉本昌弘、くらもと・まさひろ。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ協会会長。広島県出身。10歳でゴルフを開始。アマチュア時代に数々のタイトルを獲得。日本大学卒業。26歳でプロデビュー。日本男子プロゴルフ史上5人目の永久シードを獲得。また、日本プロゴルフ協会会長に就任し、改革を行った。

倉本昌弘の名言 一覧

順風満帆の時であれば、改革はできません。どん底だからこそドラスティックな改革が推進できる。


日本プロゴルフ協会は会員数が約5200人という大所帯ですが、末端まで情報が行き届いていないし、末端の情報も吸い上げられていない。より多くの会員から情報を吸い上げると同時に、私自身の言葉で情報を発信し、現状を検証しなければなりません。


私が会長になって感じるのは、世間の目と我々の常識とは乖離があるのかもしれないということ。これからはそう思われないためにも、外部の意見を取り入れるべきだろうと考えています。


倉本昌弘の経歴・略歴

倉本昌弘、くらもと・まさひろ。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ協会会長。広島県出身。10歳でゴルフを開始。アマチュア時代に数々のタイトルを獲得。日本大学卒業。26歳でプロデビュー。日本男子プロゴルフ史上5人目の永久シードを獲得。また、日本プロゴルフ協会会長に就任し、改革を行った。

他の記事も読んでみる

岩田彰一郎

「流通」というのは従来、メーカーと消費者のあいだに壁として立ちはだかる、ある種ブラックボックスのような存在でした。アスクルが描いている絵というのは、メーカーと消費者のあいだの壁をできるだけ薄くすること。薄いどころか、取り去ってしまってもいい。アスクルは両者が直接向き合う場所を提供するプラットフォームになりたい。


妹尾八郎

卸屋さんには多くの食品メーカーさんから商品が運ばれてきますが、店前には毎日別個のメーカーの商品を積んだトラックが何十台も並ぶ。積載量が少なくても、前の車が荷下ろしを終えるまで待つしかなく、ものすごい無駄。そこで、うちが各メーカーから商品を引き取って、朝6時にまとめて納品するようにしました。


湯川れい子

スーパースターだって一人の人間であることに変わりはありません。流す涙は同じ色ですし、別れのつらさにもだえることもあります。普段は他人に決して見せない姿を垣間見せたり、悩みを打ち明け合ったりした時に、初めて心の「ひも」が解けるんでしょうね。


寺尾玄

何かをやろう、やりたいと思った時に、「でも、普通はこうだよね」と考えて諦めてしまうことがあると思います。この「普通はこうだよね」というのが、自分の中にある常識です。可能性を信じて使っていくためには、常にこの常識と対決し、打ち破っていく必要があります。


波頭亮

生産性を上げるためには、アルバイトや派遣社員をカットすることは、企業として常道になっていますが、マッキンゼーでそんなことをやろうとすると「お前、何バカなことを言ってるの?」と注意を受けます。たとえば、課長の1時間に、アルバイトの10時間分のコストがかかっているとします。アルバイトを辞めさせたら、課長は10倍のコストをかけて、アルバイトの仕事をしないといけないですよね。そんなバカらしいことをなぜするのか、ということです。


行本明説

自動車工場などのものづくりの現場では、大事なことが明確です。それはラインを守ることと、生産効率を上げること。逆に、ラインを止め、生産効率を下げるような要因が、ものづくりの現場にとっての無駄です。そのような大事なことが明らかだから、それを阻害する要因である無駄もわかり、カイゼンを続けられるわけです。


佐藤浩市

オフの何も考えない時間があるから良い演技ができるとは言い切れないけど、何かしらの好影響を与えていることは確かです。曖昧なオン・オフではなくて、100か0かみたいなメリハリのある時間が僕には必要なのでしょう。


パスカル

人間は天使でもなければ獣でもない。だが不幸なことに、人間は天使のように振る舞おうと欲しながら、まるで獣のように行動する。


越智直正

日本の工場が今、一番失っているのは「プライド」です。職人たちが冗談交じりに言うんですよ。「せめて70歳くらいの若手が入社してほしい」と。


カール・マルクス

汝の道を行け、しかして、あとは人の語るにまかせよ。


今井雅則

戸田建設の強みは、良心を持った技術者集団だということです。真面目な社員が多い。トップが正しい方向に導きさえすれば、必ず持続的に成果を出せるはずです。


小寺春樹

日本がダメだから海外へ、という発想では成功は難しい。我々の強みは何か、ということを考えて海外でどう展開するかを具体的に見据えていなければ。