名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

倉本昌弘の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉本昌弘のプロフィール

倉本昌弘、くらもと・まさひろ。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ協会会長。広島県出身。10歳でゴルフを開始。アマチュア時代に数々のタイトルを獲得。日本大学卒業。26歳でプロデビュー。日本男子プロゴルフ史上5人目の永久シードを獲得。また、日本プロゴルフ協会会長に就任し、改革を行った。

倉本昌弘の名言 一覧

順風満帆の時であれば、改革はできません。どん底だからこそドラスティックな改革が推進できる。


日本プロゴルフ協会は会員数が約5200人という大所帯ですが、末端まで情報が行き届いていないし、末端の情報も吸い上げられていない。より多くの会員から情報を吸い上げると同時に、私自身の言葉で情報を発信し、現状を検証しなければなりません。


私が会長になって感じるのは、世間の目と我々の常識とは乖離があるのかもしれないということ。これからはそう思われないためにも、外部の意見を取り入れるべきだろうと考えています。


倉本昌弘の経歴・略歴

倉本昌弘、くらもと・まさひろ。日本のプロゴルファー。日本プロゴルフ協会会長。広島県出身。10歳でゴルフを開始。アマチュア時代に数々のタイトルを獲得。日本大学卒業。26歳でプロデビュー。日本男子プロゴルフ史上5人目の永久シードを獲得。また、日本プロゴルフ協会会長に就任し、改革を行った。

他の記事も読んでみる

野田聖子

最初の衆議院議員選挙はボロ負けでした。約5万5千票取れましたが、当時の当選ラインが10万票だから「泡沫候補」ですね。しかも共産党の候補者よりも少なかったですから、めちゃくちゃ格好悪い大惨敗です。やめてもよい状況だったんですが、ある日、応援してくれた人の1人が甲子園球場に連れて行ってくれて「5万5千人というのはこの甲子園を満席にする数なんだ」と私に向かって言ったんですね。「これをいっぱいにするだけの人が見たことも聞いたこともない若い女に何かの気持ちを託してくれたんじゃないの? ここでやめるのは君の勝手だけれど、その人たちに礼を尽くしておかないと、その後の人生ずっと辛いんじゃない?」。これで火がついて「もう一度だけトライする、それでもダメならやめさせて」ということにしたんです。


岩澤誠一郎

無条件に長期だからいい、アクティブだからいいというわけではない。勉強や損失回避行動が成績を大きく左右する。これこそファイナンスの教科書に載せるべき。


横田雅俊

営業マンに最初の一件目を売るのは個人の力ではなく、会社の力である。どうやって一件目を売らせるのか。それを体験させ学ばせるのも、マネジメントの力である。これは「とにかく飛び込みをしてこい!」というような意味の体験ではない。個人任せの属人的営業は完全に時代遅れだ。


吉冨学

うちの社員は知識労働者でなければいけないと思っているんです。会社はイノベーションを続けていかないと衰退していきます。そのアイデアを出す社員が、本を読むのは当然じゃないですか。
【覚書き|一蘭本社に図書室があることについて語った言葉】


三浦善司

国によって潜在ニーズもお客さまの質も全く違ってくる。現在、グローバルで約3万人の販売・サービス人員を配置し、お客さまとの接点、いわば「ラストワンマイル」の部分を重視した体制を築いています。


いっこく堂

独立したいと思ったら、すぐにすべきです。したいけど、どうしようなんて悩む人は、独立しないほうがいい。「したい! よし、やろう!」その瞬発力が強い人ほど成功しやすいと思います。


ドン小西(小西良幸)

僕が自分の会社を起こしたのは、31歳の誕生日の直前のことです。それまで勤めていたアパレル会社での仕事は順調でしたが、どうしても自由に自分の服づくりがしたかったのです。会社からは「給料を倍にするから」と引きとめられたけれど断りました。純粋だったんですね。それはいまでも変わっていませんが(笑)。


石川康晴

リーダーには、突破していく胆力が大事なのではないかと思います。ゼロを1にする力、目をつぶって一歩前に出ていこうとする意志、不安なマーケットにも立ち向かうこと、どんな標的でも戦っていく力、そのような胆力は気質として大事なのではないかと思っています。


外山滋比古

かつて団塊の世代は、権威に反発することにエネルギーを注ぎ、考えることを疎かにしてきました。そういう人たちが、あまり考えることなしに仕事に邁進して、現在の社会や企業の空気をつくったわけです。しかしいまの若者たちは、それでは駄目ではないかと感じています。自分で考えることの大切さに気付き始めているという点で、いまの若い人たちの方が、その親世代よりもよっぽど見込みがあるように思います。


村田昭治

相手の立場を考えるのが商人だ。そして感謝しながら、相手にこころを捧げていくことが繁盛への決め手になる。


中川裕(経営者)

我々不動産事業の場合は、ホテルの運営会社や、外食事業者など、様々な分野の方々とつながりを持ち、価値を見いだしてもらえる取り組みを進める必要があります。時には、他の不動産会社やゼネコンとも連携する。その分、大きな責任があると思います。


藤森義明

新しい部門に移ったら、まずビジネスの内容を短時間に徹底して学びます。マーケットを知り、顧客を知り、自分たちの強さを知る。その際大切なのは、顧客に直接会いに行き、謙虚に声を聞いてフィードバックをもらうことです。従業員からも謙虚に話を聞くのです。