名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

倉本圭造の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉本圭造のプロフィール

倉本圭造、くらもと・けいぞう。日本の経済思想家、経営コンサルタント。兵庫県出身。京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー、船井総研などを経て独立。

倉本圭造の名言 一覧

短所の裏側にしか、本当の長所はない。


「自分が根を張っている足元を最先端に持っていく」ぐらいの気概を持ってほしい。そのためには長い時間をかけて準備していく必要がある。


重要なのは、自分の居場所に根を張りつつ、最先端にもアンテナを張っておくこと。そういうバランスの取れたマイペースさこそが大切。


正論で押し切ると自分らしさを圧殺してしまう。正論に対して、本能的に何か違う、自分には合わないと感じていて、その生身の感情こそが正しいかもしれないのに、それをなくしてしまう。すると、すべてのビジネスが画一的で似たようなものになってしまう。


マッキンゼーでコンサルタントをしていた頃、「グローバルベストプラクティス」という言葉が飛び交っていたのですが、これに違和感がありました。成果を出すための「世界で最も優れた手法」といった意味ですが、この論理をコンサルがクライアント企業に対して押し切ってしまうプロジェクトはうまくいきませんでした。「おたくは古い」「あれができてない」「これができない」と基準に照らして切り捨てていく。すると、最初の数年は成果が出ても、だんだん企業の中にいる人たちの生身の感情が欠落していき、そのビジネスが他人事になっていくのです。


最先端なものを知っておくことは大事ですが、自分がいる場所、自分が受け継いでいるものから何の関係もなく、流行の後追いをしているだけでは結局、いいカモにされるだけです。一方で、世の中の流れに乗ることを全くあきらめてしまって、毎日縮こまって惰性だけで生きてしまう人もたくさんいる。そのどちらも良くないですよね。


一番良くないのは、「これからの時代はこれだよね」と流行の尻馬に次々乗っては、いつも自分の周りの人を「遅れている」と貶める一方で、自分自身は何も積み重ねていない、というような根無し草になること。そういう人になってはいけない。


今は時代が変化するスピードが速いからこそ、逆に「マイペースさ」が一番大事になってきていますね。なぜかというと、「驕れる平氏は久しからず」がすごいスピードで繰り返される時代だからです。「これに乗り遅れたら終わりだ!」という流行がすごいスピードで現れては消えていく時代なので、それに惑わされないことが大事。


倉本圭造の経歴・略歴

倉本圭造、くらもと・けいぞう。日本の経済思想家、経営コンサルタント。兵庫県出身。京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー、船井総研などを経て独立。

他の記事も読んでみる

田中和彦

ちょっと不安定な状態に身を置いておくほうが、周囲の環境の変化に対応できるんです。安定を求めてルーティンワークをこなし、同じ人としか付き合わず、新しいものに興味を抱かなければ少々の環境変化で、一気に落ちてしまうかもしれません。私はサラリーマン時代から「外酒外飯」で新しい出会いを心がけ、いつもアクティブに動いてきました。


中原淳

様々な属性を持った人が集まったチームで課題の設定から解決までを行うためには、もはや一人のリーダーが全員を率いていくようなリーダーシップではなく、チームメンバー全員でチームを動かしていく形のリーダーシップが必要になってきている。


田崎真也(田崎眞也)

ソムリエのコンクールでも、お客様がその人のサービスを受けたいと思うかどうかは、評価の重要なポイントになっています。いいソムリエとは、ワインの知識を豊富に持っている人ではなく、たくさんのファンを持っている人のことです。


青山真治

ストレスの連続である撮影中は、ストレス解消と称して酒を呑み、呑みすぎてしばしば身体を壊しています。悪循環ですね(笑)。在宅中は猫と遊んでいればいいんですけど。
【覚書き|ストレス解消法についての発言】


生月誠

たとえ挫折したとしても「浪費癖を克服したい」と思うこと自体が大きなチャンスだと考えてください。問題は自分自身に逃げ道を作っていることなのです。つまり浪費癖のある人に案外共通していることが「本当に切羽詰まってはいない」という点です。そこで有効なのは退路を断つという方法なのです。まずは自分の手持ちのクレジットカードは、手が届かないところにしまいましょう。


吉川稲美(吉川稻)

先輩女性経営者の厳しそかった後姿から、引き際の潔さ良さ、執着心を引きずらない事の大切さ等も学ばせていただいたからこそ、今が社長交代のチャンスと決断できた。


小泉文明

「不得手なことの克服は目標に設定しない」のも、目標達成のコツです。苦手なことや嫌いなことで負荷がかかると、人は長続きはしません。きっと誰もが分かっているはずです(笑)。そもそも、自分の弱点に負荷をかけても、「強み」の範疇まで伸ばすのは難しい、歯を食いしばって頑張ったのに、たいがいはせいぜい「普通」止まり。骨折り損のくたびれもうけでしょう。


裵英洙(医療機関再生コンサルタント)

一流のビジネスパーソンにとって、睡眠は投資。「明日はこういう仕事があるから、快眠していいパフォーマンスを発揮しよう」と未来志向で考える。翌日に最高のパフォーマンスを発揮するためにどう眠ればいいのかを考えるのが、成果を出す思考。


アルベルト・ザッケローニ

コトバで説明しながら、やってもらうのですが、選手たちができることを説明しないといけないでしょう。できるレベルじゃないと、選手たちがこわがってしまう。だからこそ、選手たちの力をよく把握する必要かあるのです。どういったことができるかどうか、それを把握することが大事だと思っています。


朝原宣治

リレーという団体種目は、「チームワーク」「絆」「信頼」といった科学では証明しにくい要素が思わぬ力となり、結果に結びつくことがある。実際、メンバーの気持ちに温度差が生じると、バトンミスなどにつながる恐れもある。


鳥越慎二

社内外のカウンセリング窓口を本人は利用したがらないケースも多いでしょう。ならば、自分自身が窓口に電話をして、こういう部下を抱えているが、どう接したらいいだろうか、何をしてはいけないのか、彼をどうやって窓口に誘導すればいいのかをカウンセラーと相談すればいいでしょう。


澤田道隆

ネット企業はもっとスモールマスの販促やマーケティングをして、消費者情報を集めたビッグデータを使った事業ができる。私は、ネット企業は最後にはメーカーになるのではないかと踏んでいるんです。ただ、購買履歴やSNS(交流サイト)の書き込みは把握できても、作り手のメッセージが心にまで届いているかは分かりません。そういう意味で、ネット企業もリアルで消費者との接点を重視しているのかなと思います。