名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

倉本圭造の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉本圭造のプロフィール

倉本圭造、くらもと・けいぞう。日本の経済思想家、経営コンサルタント。兵庫県出身。京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー、船井総研などを経て独立。

倉本圭造の名言 一覧

短所の裏側にしか、本当の長所はない。


「自分が根を張っている足元を最先端に持っていく」ぐらいの気概を持ってほしい。そのためには長い時間をかけて準備していく必要がある。


重要なのは、自分の居場所に根を張りつつ、最先端にもアンテナを張っておくこと。そういうバランスの取れたマイペースさこそが大切。


正論で押し切ると自分らしさを圧殺してしまう。正論に対して、本能的に何か違う、自分には合わないと感じていて、その生身の感情こそが正しいかもしれないのに、それをなくしてしまう。すると、すべてのビジネスが画一的で似たようなものになってしまう。


マッキンゼーでコンサルタントをしていた頃、「グローバルベストプラクティス」という言葉が飛び交っていたのですが、これに違和感がありました。成果を出すための「世界で最も優れた手法」といった意味ですが、この論理をコンサルがクライアント企業に対して押し切ってしまうプロジェクトはうまくいきませんでした。「おたくは古い」「あれができてない」「これができない」と基準に照らして切り捨てていく。すると、最初の数年は成果が出ても、だんだん企業の中にいる人たちの生身の感情が欠落していき、そのビジネスが他人事になっていくのです。


最先端なものを知っておくことは大事ですが、自分がいる場所、自分が受け継いでいるものから何の関係もなく、流行の後追いをしているだけでは結局、いいカモにされるだけです。一方で、世の中の流れに乗ることを全くあきらめてしまって、毎日縮こまって惰性だけで生きてしまう人もたくさんいる。そのどちらも良くないですよね。


一番良くないのは、「これからの時代はこれだよね」と流行の尻馬に次々乗っては、いつも自分の周りの人を「遅れている」と貶める一方で、自分自身は何も積み重ねていない、というような根無し草になること。そういう人になってはいけない。


今は時代が変化するスピードが速いからこそ、逆に「マイペースさ」が一番大事になってきていますね。なぜかというと、「驕れる平氏は久しからず」がすごいスピードで繰り返される時代だからです。「これに乗り遅れたら終わりだ!」という流行がすごいスピードで現れては消えていく時代なので、それに惑わされないことが大事。


倉本圭造の経歴・略歴

倉本圭造、くらもと・けいぞう。日本の経済思想家、経営コンサルタント。兵庫県出身。京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー、船井総研などを経て独立。

他の記事も読んでみる

佐瀬守男

頼りがいのあるのは、アルバイト出身の社員かな。ウチには中卒でアルバイトとして入店して、のちに幹部になるまで成長した社員がたくさんいます。彼らは働き者で、目の前の小さな仕事から決して逃げ出さなかった。そこで学んだことを積み重ねてきたからこそ、いま活躍できているんです。


服部幸應

僕の30代は、「本当に苦しかったけど、だからこそいろんなものをスポンジのように吸収し、日々成長した10年だった」といえるかもしれません。


藤川太(ファイナンシャルプランナー)

日本のお金持ちの多くは実は地主や大家さん。安定したお金が自動的に入る。つまり家賃収入など、いわゆるインカムゲインを得ている人。


山田真哉

数字の大きさに惑わされてはダメです。大きな数字は「一人当たり」「1か月当たり」といった小さい数字に直すと、本当の状況が見えてきます。


水野雄介

オックスフォード大学に日本の中高生14人を連れて行き、1週間キャンプをしたり講義を受けたりしました。目的は、早いうちにダイバーシティを経験して課題発見能力を身に付けてもらうことと、イノベーション思考に触れてもらうこと。将来的には、世界中のいろんな場所で学べるグローバルコミュニティを作りたいと思います。


佐野末四郎

(マホガニーで自転車をつくったのは)世界をあっと言わせることができると思ったから。自転車はカーボンファイバーなど固い素材を使ったほうが速く走ると考えられています。でも、僕がいままで学んだり、木造船造りでの経験したりしたことに照らし合わせると、どう考えても木で造った方が速いんです。実際、カーボンより軽いマホガニーの船を造った経験がありましたし。船でできたのなら、自転車でもできるはずです。それで造ろうと思ったんですよ。


伊藤友則

過去には本田宗一郎や松下幸之助など優れた経営者もいたが、彼らは天才だ。普通のビジネスマンが強い経営者になるには教育をしっかり受けなければならない。


小宮一慶

ポイントは相手が興味を持っていること、相手がほしがっている情報について話すこと。究極は、相手が話したがっていることを、気持ちよく話してもらうこと。


和田一郎(経営者)

商売の核である「売る力」を鍛えるには事務所も設備もいりません。フリーマーケットやヤフオク、最近だとスマホのフリマアプリ「メルカリ」でも鍛えられる。まずはそこからです。


中原淳

過去に自分が言っていたことを覚えてくれていると、人は好感を持つもの。


榎本まみ

お客から怒鳴られたら、その内容を「悪口辞典」にメモ。怒鳴られ1回=1ポイントと換算し、ポイントがたまるほど成長すると考えた。結果、もっと溜めたいと思い、イライラしなくなりました。


三宅占二

キリンビールでは、営業日報の提出のほか、情報共有のために「キリノロジー」というシステムを活用しています。会社はこれをもとに営業戦略や戦術を練ります。日報の記述の中に他の営業マンや営業拠点でも参考になりそうな事例があれば、上司の判断によって、全員が目にするトピックス欄に転送されます。営業日報はいまや営業マンの活動履歴というよりも、組織的な営業活動を行うための情報共有ツールになっています。