倉本圭造の名言

倉本圭造のプロフィール

倉本圭造、くらもと・けいぞう。日本の経済思想家、経営コンサルタント。兵庫県出身。京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー、船井総研などを経て独立。

倉本圭造の名言 一覧

1 / 11

短所の裏側にしか、本当の長所はない。

倉本圭造の名言|短所の裏側にしか、本当の長所はない


「自分が根を張っている足元を最先端に持っていく」ぐらいの気概を持ってほしい。そのためには長い時間をかけて準備していく必要がある。

倉本圭造の名言|「自分が根を張っている足元を最先端に持っていく」ぐらいの気概を


重要なのは、自分の居場所に根を張りつつ、最先端にもアンテナを張っておくこと。そういうバランスの取れたマイペースさこそが大切。

倉本圭造の名言|バランスの取れたマイペースさこそが大切


正論で押し切ると自分らしさを圧殺してしまう。正論に対して、本能的に何か違う、自分には合わないと感じていて、その生身の感情こそが正しいかもしれないのに、それをなくしてしまう。すると、すべてのビジネスが画一的で似たようなものになってしまう。

倉本圭造の名言|正論で押し切ると自分らしさを圧殺してしまう


マッキンゼーでコンサルタントをしていた頃、「グローバルベストプラクティス」という言葉が飛び交っていたのですが、これに違和感がありました。成果を出すための「世界で最も優れた手法」といった意味ですが、この論理をコンサルがクライアント企業に対して押し切ってしまうプロジェクトはうまくいきませんでした。「おたくは古い」「あれができてない」「これができない」と基準に照らして切り捨てていく。すると、最初の数年は成果が出ても、だんだん企業の中にいる人たちの生身の感情が欠落していき、そのビジネスが他人事になっていくのです。

倉本圭造の名言|「グローバルベストプラクティス」の押しつけでは上手くいかない


最先端なものを知っておくことは大事ですが、自分がいる場所、自分が受け継いでいるものから何の関係もなく、流行の後追いをしているだけでは結局、いいカモにされるだけです。一方で、世の中の流れに乗ることを全くあきらめてしまって、毎日縮こまって惰性だけで生きてしまう人もたくさんいる。そのどちらも良くないですよね。

倉本圭造の名言|流行の後追いをしているだけでは、いいカモにされるだけ


一番良くないのは、「これからの時代はこれだよね」と流行の尻馬に次々乗っては、いつも自分の周りの人を「遅れている」と貶める一方で、自分自身は何も積み重ねていない、というような根無し草になること。そういう人になってはいけない。

倉本圭造の名言|流行に次々に乗らないことが大事



今は時代が変化するスピードが速いからこそ、逆に「マイペースさ」が一番大事になってきていますね。なぜかというと、「驕れる平氏は久しからず」がすごいスピードで繰り返される時代だからです。「これに乗り遅れたら終わりだ!」という流行がすごいスピードで現れては消えていく時代なので、それに惑わされないことが大事。

倉本圭造の名言|逆に「マイペースさ」が大事


倉本圭造の経歴・略歴

倉本圭造、くらもと・けいぞう。日本の経済思想家、経営コンサルタント。兵庫県出身。京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー、船井総研などを経て独立。


1 / 11

気に入ったらみんなとシェア

ページの先頭へ