倉本圭造の名言

倉本圭造のプロフィール

倉本圭造、くらもと・けいぞう。日本の経済思想家、経営コンサルタント。兵庫県出身。京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー、船井総研などを経て独立。

倉本圭造の名言 一覧

短所の裏側にしか、本当の長所はない。


「自分が根を張っている足元を最先端に持っていく」ぐらいの気概を持ってほしい。そのためには長い時間をかけて準備していく必要がある。


重要なのは、自分の居場所に根を張りつつ、最先端にもアンテナを張っておくこと。そういうバランスの取れたマイペースさこそが大切。


正論で押し切ると自分らしさを圧殺してしまう。正論に対して、本能的に何か違う、自分には合わないと感じていて、その生身の感情こそが正しいかもしれないのに、それをなくしてしまう。すると、すべてのビジネスが画一的で似たようなものになってしまう。


マッキンゼーでコンサルタントをしていた頃、「グローバルベストプラクティス」という言葉が飛び交っていたのですが、これに違和感がありました。成果を出すための「世界で最も優れた手法」といった意味ですが、この論理をコンサルがクライアント企業に対して押し切ってしまうプロジェクトはうまくいきませんでした。「おたくは古い」「あれができてない」「これができない」と基準に照らして切り捨てていく。すると、最初の数年は成果が出ても、だんだん企業の中にいる人たちの生身の感情が欠落していき、そのビジネスが他人事になっていくのです。


最先端なものを知っておくことは大事ですが、自分がいる場所、自分が受け継いでいるものから何の関係もなく、流行の後追いをしているだけでは結局、いいカモにされるだけです。一方で、世の中の流れに乗ることを全くあきらめてしまって、毎日縮こまって惰性だけで生きてしまう人もたくさんいる。そのどちらも良くないですよね。


一番良くないのは、「これからの時代はこれだよね」と流行の尻馬に次々乗っては、いつも自分の周りの人を「遅れている」と貶める一方で、自分自身は何も積み重ねていない、というような根無し草になること。そういう人になってはいけない。


今は時代が変化するスピードが速いからこそ、逆に「マイペースさ」が一番大事になってきていますね。なぜかというと、「驕れる平氏は久しからず」がすごいスピードで繰り返される時代だからです。「これに乗り遅れたら終わりだ!」という流行がすごいスピードで現れては消えていく時代なので、それに惑わされないことが大事。


倉本圭造の経歴・略歴

倉本圭造、くらもと・けいぞう。日本の経済思想家、経営コンサルタント。兵庫県出身。京都大学経済学部卒業後、マッキンゼー、船井総研などを経て独立。

他の記事も読んでみる

ジャック・マー(馬雲)

なぜミッションとビジョンが必要かというと、多くの人がナンバーワンになったらどうなるのか、なった後はどうするのかを考えておらず、目標のナンバーワンになった後に結局迷い、自分の将来が分からなくなってしまうからです。それは一番恐いこと。


神吉武司

よい社風をつくるには社長が率先垂範すること。また、「節約すれば、社員たちにどういう利益があるのか」が目に見えるかたちでわかる仕組みづくりが不可欠。


セバスチアン・スラン(セバスチャン・スラン)

反復的な仕事を人間から人工知能が奪うことは悪いことばかりではありません。今まで人間がやっていたことを人工知能がやれるなら、人件費が浮きます。つまり、人間にとって必要なものがどんどん安くなっていくのです。食料、住宅、輸送・交通、医療などが安くなるため、格差なく多くの人に行き渡ります。そうなってくると、いい生活をするためにたくさんのお金を稼ぐ必要がなくなるわけです。


元谷芙美子

不動産はタイミング。プロは要る、要らないで判断せず、タイミングを買う。その理由は、経済かサイクルで動いているから。バブルだろうと、リーマンショックだろうと、上がれば下がるし、下がれば上がる。景気が変動する中で、どこで買うか、誰から買うかが大事。


北島康介

アメリカ人はどういう練習をしているのか、ただ興味本位で、南カリフォルニア大学の社会人クラブチームの練習を見学しました。アメリカ、スイス、チュニジアなど、国籍も競技レベルも異なる20人ほどの選手が、同じ練習メニューを黙々とこなす。そして、「ベスト記録を出す」「米国代表を目指す」「五輪で2冠を達成する」などレベルは違うけど、皆明確な目標を持っていた。泳ぐなら、まず小さなステップからスタートしたかったし、ここならブランクがある自分でも、気負いなく泳げるかもしれないと、気持ちが動きました。


石渡美奈

手紙を送ることに躊躇して、伝えるべき瞬間を失ってしまうほうがもったいない。感銘を受けた時にすぐ送らないと、相手も忘れてしまいます。必要最低限の礼儀さえおさえれば、相手の機嫌を損ねることはないでしょう。まずは、一歩踏み出してみることが大切だと思います。


大坪勇二

「行動する仕事」と「考える仕事」をなぜ同じ日にやってはいけないのか。たとえば営業の場合、行動する仕事といえばお客様との商談です。もしアポイントとアポイントの間に、営業活動について振り返る時間があったらどうなるでしょうか。私の場合、「さっきの商談は何がいけなかったのか」「次の商談にはどう臨むべきか」と迷いはじめて、次の商談のパフォーマンスが落ちます。行動を最大化するためには、反省や戦略策定は後回しにすべきです。行動すると決めた日は、行動一色でいいのです。


澤田秀雄

調子がよすぎるときは、逆に少し暗めがいい。「少し慎重に行こう」と、あえて自分を抑えるんです。たとえばバブル期には、自分たちの実力や努力以上のペースで業績が伸びていました。それで私は、いっさいの拡大策を実施しませんでした。そのおかげで、バブルが弾けてもまったく影響を受けずに済んだのです。


小山五郎

いまマイホーム主義という言葉が流行して、誰にも干渉されずに小さく小さく生きるという風潮が世の中に広まっていますが、こういう時代の中でこそ、若い人は火中の栗を拾うぐらいの気概が欲しいところです。蛮勇を振えとはいいませんが、せめて小さな勇気を出してほしいと切に若い人には希望しています。


こだま(作家)

人の顔色をうかがってビクビクし、失敗ばかり繰り返す。仕事も続かない。病気にもなる。私の過去は惨めなことばかりだと思っていました。でも失敗と一括りにしていたものを紐解いてみると、愉快な出来事もたくさんあった。地味ながらも意外と楽しんでいたんじゃないかと過去をようやく肯定できるようになりました。


菅原洋平

「無理して早寝早起きをする」のではなく、「生体リズムに従って、睡眠をスキルとして使いこなす」という発想が、忙しいビジネスパーソンには求められると思います。


渡邊五郎

高校卒業後、高知を離れますが、高校までに故郷で培われた気質が今の私の基軸になっています。


斎藤康博

足の筋肉は20歳から減少を始め、50歳からそのスピードが加速。80歳までにおよそ40%減少するといわれています。高齢期に寝たきりになるリスクを減らすには、やはり若いうちからの運動とたんぱく質の摂取が大事。私もウォーキングの後には、必ずプロテインを飲むことを習慣にしていますし、朝食時には牛乳、チーズ、そしてヨーグルトでしっかりたんぱく質を補給しています。


鬼塚喜八郎

私がスポーツシューズのメーカーを起こしたのは、青少年の育成に役立つ仕事がしたいと思ったからです。
終戦後、戦友との約束で面倒を見ることになった老夫婦の養子になり、神戸でサラリーマン生活に入ったものの、私利私欲に走る社長に我慢ならず、辞表を叩きつけてしまった。この先どうするか。教育委員会で働く知人に相談すると「それなら運動靴を作れ」とアドバイスしてくれた。スポーツマンはルールを守り、礼を重んじ、ベストを尽くして戦い、チームワークに徹し、目標達成に向けて自己啓発に努める。スポーツマンシップとは何かという彼の説明に感動した私は、残りの人生を懸けて、青少年のためにいいシューズを作ろうと決意したのです。


鈴木博毅

うまくいっている人はどこが違うのか。常にその違いを観察することが重要。


ページの先頭へ