名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

倉本博光の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉本博光のプロフィール

倉本博光、くらもと・ひろみつ。日本の経営者。郵船グループの郵船ロジスティクス社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本郵船に入社。米国子会社NYKバルクシップインク社長、本社取締役、常務、専務、副社長、郵船航空サービス副社長を経て、郵船ロジスティック社長。

倉本博光の名言 一覧

私は「サービス・メイド・イン・ジャパン」と言っていますが、これからも日本企業らしいサービスを売りにしていきます。お客様のかゆいところに手の届く、きめ細かいサービスを提供する。欧米の大手物流企業と戦ううえで有力な武器になるはずです。


日本郵船グループには「誠意・創意・熱意」というグループバリューがあります。これは業務に対する基本姿勢を表した言葉ですが、私は会社に対しても、個人に対しても同じだと言っています。社内でも誠意をもち、相手を思いやる気持ちで仕事をすれば、国籍が異なっても理解しあえるはずです。


倉本博光の経歴・略歴

倉本博光、くらもと・ひろみつ。日本の経営者。郵船グループの郵船ロジスティクス社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本郵船に入社。米国子会社NYKバルクシップインク社長、本社取締役、常務、専務、副社長、郵船航空サービス副社長を経て、郵船ロジスティック社長。

他の記事も読んでみる

渡瀬謙

名刺をもらうだけ、あるいは雑談が盛り上がっただけで満足してしまう人がいますが、営業は最終的に受注するのが目的です。「今日は、来月発売になる新商品の案内をする」などと、その日の活動の目的を自分なりに明確にすれば、話が脇にそれても本題に戻すことができます。


鈴木修

2015年は戦後70年ですが、戦争の体験や不幸を後世に伝えるのは無理だと思うんですよ。学徒動員の時はシラミがいっぱいだったとか、芋しか食わなかったとか、今の若い人たちに言ってもダメだよ。時代の「常識」というのは常に変わっていくものでしょう。だから、伝えたいのは、他人に迷惑をかけないとか、社会に貢献するとか、正しく生きる最低限のモラルを守りながら、「やる気」を発揮してほしいということだけ。


中田敦彦

「成功しなくてはいけない」は最大の洗脳だと思います。もっと高い地位、もっと良い暮らしを皆が盲目的に目指していますが、実はそんな必要などない。「成功」とは誰かが作り上げた価値観です。普通に頑張って得られたものがその人の位置。そこから無理に上に行こうとしたり方向を変えようとしたりするからしんどくなるのです。自分の立ち位置を認識したうえで、能力と個性に即した働きをし、自分らしく暮らすことが本当に幸せな働き方、生き方なのではないかと思います。


青野慶久

「今、当社はこんな状態だ」「有望な市場がある」「何かいいアイデアないか」などと、まず課 題や状況を皆で「共有」する。それにメンバーが「共感」する。そしてメンバーが活動に「参画」していく。この流れをつくることが大切です。実際、ユーザー企業の多くが、こうした流れを企業活動のイノベーションにつなげることで、躍進を果たしています。


小倉広

メールの返信がないと、「何か不都合があったのでは?」などと相手に余計な気をつかわせてしまいます。込み入った内容のメールでも、自分が忙しくても、「届きました」の一言くらいは返信しましょう。それだけで、相手は「確実に連絡がある」「気遣いがある」という評価をするようになります。


水谷克己

サービス精神を丸出しにして何かやろうとすると、それにあやかろうと、つけこんでくる人もいます。でも、つけこみたい人は、つけこんだらいい。


三原淳

自分も様々な挫折を経験してきたので、マンマチャオブランドに懸けてくれる情熱のある仲間と共に、社会に必要とされるインフラとして成長していきたい。


シェイクスピア

馬鹿は自分のことを賢いと思い、賢明な人間は自分が愚か者であることを知っている。


白井一幸

伝えるための方法をたくさん考えることは、指導者が自分自身を高めるためでもあります。選手や部下ができるようになるために、どう伝え、どうかかわっていくのか。試行錯誤しながら、相手とのかかわり方の引き出しを増やしていくのが、指導者としての一番の醍醐味だと私は思います。


ハロルド・ジェニーン

我々は見つかる限り優秀な人材を雇いたかった。我々が欲しいのは知能に優れ、知識と経験の備わった人物だったが、そうした長所を備えた候補者をさらに選考する条件として、働くことへの情熱という点で、私と共通している人々を周囲に置きたかった。


松岡修造

限界を決めるのは他人じゃない。あくまで自分自身。


進藤孝生

我々は日本の顧客に鍛えられて競争力を高めてきた。先輩の経営者にならって、日本経済全体の利益をよく考えて経営したい。