倉本博光の名言

倉本博光のプロフィール

倉本博光、くらもと・ひろみつ。日本の経営者。郵船グループの郵船ロジスティクス社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本郵船に入社。米国子会社NYKバルクシップインク社長、本社取締役、常務、専務、副社長、郵船航空サービス副社長を経て、郵船ロジスティック社長。

倉本博光の名言 一覧

私は「サービス・メイド・イン・ジャパン」と言っていますが、これからも日本企業らしいサービスを売りにしていきます。お客様のかゆいところに手の届く、きめ細かいサービスを提供する。欧米の大手物流企業と戦ううえで有力な武器になるはずです。


日本郵船グループには「誠意・創意・熱意」というグループバリューがあります。これは業務に対する基本姿勢を表した言葉ですが、私は会社に対しても、個人に対しても同じだと言っています。社内でも誠意をもち、相手を思いやる気持ちで仕事をすれば、国籍が異なっても理解しあえるはずです。


倉本博光の経歴・略歴

倉本博光、くらもと・ひろみつ。日本の経営者。郵船グループの郵船ロジスティクス社長。東京都出身。慶應義塾大学経済学部卒業後、日本郵船に入社。米国子会社NYKバルクシップインク社長、本社取締役、常務、専務、副社長、郵船航空サービス副社長を経て、郵船ロジスティック社長。

他の記事も読んでみる

水尾順一

「仏つくって魂入れず」という言葉がありますが、自社のコンプライアンス活動が、単なる義理や建前で行なわれている状態になっていないか、今一度よく考えてみることが大事。


信田さよ子

何が原因で兄弟同士が反目するのか。その原因は、親の眼差しが大きく影響しています。親が兄弟を見る目は、ややもすると不平等なものになりがちだからです。そのため、兄弟の能力や容姿に差が生じたときは、片方がコンプレックスを感じないように、比較する発言をしないことが必要です。たとえば、勉強が苦手な弟には、運動をやらせたり、音楽をやらせたりするなど、親が「二人にはそれぞれ得がたい個性がある」という態度に徹します。そうすれば、兄弟の確執をある程度防ぐことができます。


寺尾玄

大手の経営陣がアイデアの良さを判断して投資できるはずがない。


田原総一朗

「本当は違うのでは?」「隠されていることがあるはずだ」と疑ってみる。すると新しい発見があるし、興味が出てくる。


西村晃(経済評論家)

マスコミの情報が当てにならないのは、企業広報のリリース(広報資料、発表)をなぞっているだけで、身銭を切って商品を買っていないからです。


宮嶋茂樹

戦場に取材に出かけるとき、両親宛の遺書を自分のロッカーに納めていくこともあるが、その際も真剣に死を考えてはいない。保険金の使い道のほかに「自らの意思で戦場へ行く。私を戦地へ送ってくれる編集部には感謝こそすれ、いかなる責任もない」と書くだけである。暗黙で書けと促される場合もあるが、私は気にせず進んで書く。


稲盛和夫

「社長業には何が大切か」と聞かれて、こんなふうに答えたことがありました。第一に、「社長は公私の区別を峻厳に設けること」。第二は、「社長は企業に対し無限大の責任を持つこと」。第三は、「社長は自身の持つすべての人格と意志を会社に注入しなくてはいけない」。さらにいえば、経営者にはひとかけらでも「私」があってはならない、ということです。


長谷川英祐

参加者の思考パターンが似通っていては、ブレーンストーミングにならない。


山口照美

言葉にならない悩みは、モヤモヤと胸のうちに溜まります。生活が苦しくなると、お金や将来の不安を漠然と感じます。感じるけれど、その正体がわからないためにずっとモヤモヤした不安を抱えたことになってしまいます。そういうときは悩みの言語化がお勧めです。まず「お金の不安がある」と紙に書いてみる。そして、不安の中身を具体的に調べて書く。貯金がいくらで、給与がこれだけで、買いたいものや必要なお金がこれだけあってと書き、足りない金額を目に見えるようにする。そこから、なぜ足りないのかと自問自答を始めます。具体的な原因が言語化されると、モヤモヤが明確な課題に変わります。


青木仁志

私は常々「4つの自信」というものを大切にし、うちの社員にも伝えてきました。それは、自分の「会社に対する自信」「職業に対する自信」「商品に対する自信」、そして「自分という人間に対する自信」の4つです。いつ、どんな環境においても、私は先に挙げた4つの自信を自分でピカピカに磨き上げていました。だから、売れ続けたんだと思います。


桑原豊(経営者)

話の要点を3つ以内に絞り込むことにしています。理由はたくさんのことを羅列しても、相手は覚えきれないからです。私自身が一度に3つ以上のことを言われても、頭に入りませんから。


豊臣秀吉

金銀をたくさん積んでおくのは、良い侍を牢に押し込めて置くのと同じことだ。
【覚書き:秀吉が金銀を気前よく部下や民衆に与えるのはなぜかと家臣が聞いた時の言葉。秀吉は気前が良い武将であると同時に、敵だった武将を打ち負かした後、牢に押し込めておかずに自分の部下に登用するほどの器量を持っていた。】


出口治明

立派な業績を挙げたトップには、必ずリーダーシップのある名参謀がついている。


西川光一(経営者)

会員の退会理由を見ていると、「車を買ったので退会します」というケースがかなりあります。最近、「若者のクルマ離れ」とか、「草食系」とか言いますが、彼らは物心ついた時から景気が悪くて、将来への不安を持っている。初期費用も維持費もかかる車なんて持たないですよ。だからこそ、車が便利で快適で、楽しいということを手軽に体験してもらえる環境を作っておきたい。カーシェアで月に2~3回でもいいから運転していれば、お金に余裕ができた時に自分の車を買おうとする。自動車メーカ-さんからありがたいと思ってもらえる存在になりたいですね。


プブリウス・シルス

変更できない計画は、悪い計画だ。


ページの先頭へ