名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

倉持淳子の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉持淳子のプロフィール

倉持淳子、くらもち・じゅんこ。日本のコンサルタント。埼玉出身。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業後、翻訳専門学校在学を経て、大手事務機器総合商社、伊藤忠テクノサイエンスなどいくつかの会社で営業実務経験を積んだのち、ぐるなびに入社。会社初のMVP選出、東京統括リーダー、東日本地域統括リーダーなどを務め同社の営業部門の強化に貢献した。コンサルタントとして独立後は、各種の営業セミナーを主催。主な著書に『1日10秒の習慣で夢を叶える!何回もあきらめた人も続けられるシンプルな法則』など。

倉持淳子の名言 一覧

コミュニケーションする上での前提は2つ。「人は自己重要感を満たしたい」「人は人の話を聞きたくない」ということ。


やる気のない部下にいくら方法論を教えても無駄です。部下と真剣に向き合い、人生を預かるくらいのつもりで踏み込んで指導していくことにしました。仕事を楽しみ、自分がやれると思ってもらうために、ダメな部下に向き合い、ときに褒め、ときに怒鳴り、ときに涙し、私の本気をぶつけました。


会社勤め時代、熱海から東京の会社に通っていました。新幹線通勤は誰の邪魔も入らないので、自分の将来への投資として本を読んだり、目標を振り返る時間にあてていました。少々荒業ですが、時間に追われている人ほど長距離通勤をお勧めします。


紙の手帳を使うのは、手書きにこだわりがあるからです。手帳には自分の成果や行動を数値化して記録しますが、ひと手間かけて手で書き込むからこそ、数値を自分のものとしてとらえることができるようになります。


目標管理の最大の障害になるのは、「どうせ無理」「そんなことをして何になるの」とささやいて足を引っ張る人です。こういう人の話に耳を貸していると、自分の中の言い訳の虫が反応して行動にブレーキがかかります。このタイプの人に余計なエネルギーを奪われないようにするためには、とにかく数字に集中することが大切です。自分で決めた数値目標だけを見て、それを達成すすることに注力するのです。それによって、目標達成の邪魔をする人たちを視界の外に追いやってしまうのです。


手書きの重要性をとくに実感したのは、マネジャーになったときです。各営業所から上がってくる数字をPC画面で眺めているだけでは、数字が他人事になってしまい、うまくコミットメントできませんでした。ところが同じものを自分の手で手帳に書き込み、毎日目に触れる状態にしたところ、途端に数字が自分のものになりました。上のポジションになるほど手書きの効用を実感できるはずです。


3か月続けないと行動の是非は変わりません。そう考えると、最初の3か月は、最初に決めたやり方でひたすら行動すべきです。すぐに成果が出ないからといって方法を変えると、いつまでも成果を出すことができないので要注意です。


時間管理の面で気をつけたいのは残業です。とくに注意したいのは、緊急の仕事があるわけでもないのに、なんとなく帰りづらい雰囲気が漂っているときです。流されてずるずると残業するのは時間の無駄です。あえて空気を読めないフリをして出るべきでしょう。言い出しづらい人はいっそ遠くに引っ越してください。私は熱海から東京の会社に通っていたため、10時半になると終電なのでと言って帰宅していました。


私は目標管理のために、自分の成果や行動を数値化して手帳に毎日つけていました。たとえば、売上達成のために1日5件の新規営業が必要だと判断したら、訪問件数を毎日、手帳につけて振り返ります。さらに週次でも数字を集計し、行動を微調整します。数字を毎日書きこむ習慣は、モチベーション管理にも役立ちます。数字が目標値に達しない日、あるいは空白の日があれば、モチベーションが落ちている証拠です。まさに数字はモチベーションのバロメーターなのです。


習慣化の目安は3か月です。1か月ごとの短期目標を3回クリアすれば、あとは意識しなくても自然に体が動くはずです。3か月たっても短期目標をクリアできなければ、行動を間違えている可能性が大です。その場合は別のアプローチで目標達成を模索したほうがいいでしょう。


長期目標の期日が決まったら、その半分を目安に中期目標を設定します。さらに逆算して、短期目標とその実現に必要な行動量を1か月ごとに設定して手帳に書き込みます。短期目標を1か月に設定するのは、達成感を早く味わえるからです。最初の一歩をクリアできるとモチベーションが高まり、行動を習慣化しやすくなります。


夢の実現には、具体化・数値化が必要です。いくら立派な夢を描いても、漠然としたままでは行動が伴いません。夢が叶った状態を数値で定量化し、それをいつまでに実現するかを決めてこそ、行動計画へと落とし込むことができます。


倉持淳子の経歴・略歴

倉持淳子、くらもち・じゅんこ。日本のコンサルタント。埼玉出身。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業後、翻訳専門学校在学を経て、大手事務機器総合商社、伊藤忠テクノサイエンスなどいくつかの会社で営業実務経験を積んだのち、ぐるなびに入社。会社初のMVP選出、東京統括リーダー、東日本地域統括リーダーなどを務め同社の営業部門の強化に貢献した。コンサルタントとして独立後は、各種の営業セミナーを主催。主な著書に『1日10秒の習慣で夢を叶える!何回もあきらめた人も続けられるシンプルな法則』など。

他の記事も読んでみる

佐久間昇二(佐久間曻二)

社員の心を揺さぶるようなメッセージをトップが発することで、社員の意識が高まり、行動が起こる。


イチロー(鈴木一朗)

いまでもブレない自分というものが完全に出来上がっているわけではないですよ。ただ、その時々に感じているものの中から、おかしいなって感じたものを削除するという行為を繰り返してきただけなんです。その意識は徐々に強くなってきたとは思いますけど。


中室牧子

日本では、リーダーシップというのは、企業の中で、相当上の職位についたり、幹部になったりしなければ必要とされないという考え方が支配的かもしれませんが、それは必ずしも、それから身に付けても遅くない、ということを意味しません。就学期にリーダーシップを鍛えるような機会を得られれば、就職した後の長い人生において大きな財産となるのではないでしょうか。


竹田和平

僕は、いつでも必要なときに、本当に必要な人が現れて、手を差し伸べてくれるという恵まれた人生を送ってきたと思います。だけど、にこにこしながら、いつも一所懸命に頑張っていると、人は愛してくれるものだと思いますよ。


辻本憲三

最近、中国だ、インドだという経営者が増えています。労働力が安価だ、モノをつくるコストが安いという理由で海外に出ていく経営者は20年先を見ていない。いま、決して成熟国家から逃げたらいかんと思っています。勢いを持って成長している新興国が成熟するのはあっという間です。日本企業は成熟国家で来るべき時代に向けて知恵を絞りだし、競争力を磨かなければならない。それが目先ではなく、中長期的に競争力を保持していく必須条件だと思います。


樋口武男

正しいことが正しいこととして通る社風にしなければいけない。当たり前のことが当たり前に通るような会社にしなければいけない。


大関東支夫

役所には「在任中を無難に過ごせば栄転できる」との空気があるものです。私は「問題は逃げずに任期中に片付けたい」という性分。難しい場面の連続でしたが相手の立場を理解するという姿勢を大切にしながら壁をひとつひとつ越えていきました。総務局長まで務めることができたのは、人に恵まれピンチをチャンスに変えられたからだと思っています。


西澤ロイ

英語の勉強に効率を求める気持ちの裏には、「英語を勉強するのは嫌だ」という気持ちが隠れていて、時間をかけずにラクに学べる方法を求めているのかもしれません。しかし、嫌いなことは苦痛で長続きしませんし、ましてや上達は至難の業です。そういう人は、「まずは英語を好きになる」ことから始めてください。


井上五郎

モノをつくるより、人をつくること。それは経営者にとって最大の責務である。


藤原大

僕自身が仕事でいつも意識しているのは、「ちゃんと自分で判断しているか?」ということ。そうしないと、他人に依存するようになってしまいますから。チームのみんなにも、同じことを尋ねます。もちろん、何事も自分の思いどおりになるわけではありませんが、「自分はどうしていきたいのか?」とつねに自分自身に問いかけていくことは、不可欠なことではないでしょうか。


安東弘樹

27年間勤めたTBSテレビを退職し、フリーランスとして再出発しました。よかったことは、最大13人のアナウンサーのスケジュール管理から解放されたことです。管理職の7年間、アナウンサー業務と並行しながら部下の仕事の調整もしていました。休暇中でもパソコンと向き合う生活は辛かったですね。組織内でも時にはNOと言って、自分の限界をきちんと伝える必要があると痛感しました。何でも言いなりはよくないと思います。


高城幸司

自分が置かれた状況を冷静に判断しておく必要がある。正論を使っていいのは、それが自分にとっての「追い風」になる時だけ。正論を貫くと、うっとおしがられて「向かい風」になる恐れがあることを踏まえておくべきです。