名言DB

9425 人 / 110833 名言

倉持淳子の名言

twitter Facebook はてブ

倉持淳子のプロフィール

倉持淳子、くらもち・じゅんこ。日本のコンサルタント。埼玉出身。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業後、翻訳専門学校在学を経て、大手事務機器総合商社、伊藤忠テクノサイエンスなどいくつかの会社で営業実務経験を積んだのち、ぐるなびに入社。会社初のMVP選出、東京統括リーダー、東日本地域統括リーダーなどを務め同社の営業部門の強化に貢献した。コンサルタントとして独立後は、各種の営業セミナーを主催。主な著書に『1日10秒の習慣で夢を叶える!何回もあきらめた人も続けられるシンプルな法則』など。

倉持淳子の名言 一覧

コミュニケーションする上での前提は2つ。「人は自己重要感を満たしたい」「人は人の話を聞きたくない」ということ。


やる気のない部下にいくら方法論を教えても無駄です。部下と真剣に向き合い、人生を預かるくらいのつもりで踏み込んで指導していくことにしました。仕事を楽しみ、自分がやれると思ってもらうために、ダメな部下に向き合い、ときに褒め、ときに怒鳴り、ときに涙し、私の本気をぶつけました。


会社勤め時代、熱海から東京の会社に通っていました。新幹線通勤は誰の邪魔も入らないので、自分の将来への投資として本を読んだり、目標を振り返る時間にあてていました。少々荒業ですが、時間に追われている人ほど長距離通勤をお勧めします。


紙の手帳を使うのは、手書きにこだわりがあるからです。手帳には自分の成果や行動を数値化して記録しますが、ひと手間かけて手で書き込むからこそ、数値を自分のものとしてとらえることができるようになります。


目標管理の最大の障害になるのは、「どうせ無理」「そんなことをして何になるの」とささやいて足を引っ張る人です。こういう人の話に耳を貸していると、自分の中の言い訳の虫が反応して行動にブレーキがかかります。このタイプの人に余計なエネルギーを奪われないようにするためには、とにかく数字に集中することが大切です。自分で決めた数値目標だけを見て、それを達成すすることに注力するのです。それによって、目標達成の邪魔をする人たちを視界の外に追いやってしまうのです。


手書きの重要性をとくに実感したのは、マネジャーになったときです。各営業所から上がってくる数字をPC画面で眺めているだけでは、数字が他人事になってしまい、うまくコミットメントできませんでした。ところが同じものを自分の手で手帳に書き込み、毎日目に触れる状態にしたところ、途端に数字が自分のものになりました。上のポジションになるほど手書きの効用を実感できるはずです。


3か月続けないと行動の是非は変わりません。そう考えると、最初の3か月は、最初に決めたやり方でひたすら行動すべきです。すぐに成果が出ないからといって方法を変えると、いつまでも成果を出すことができないので要注意です。


時間管理の面で気をつけたいのは残業です。とくに注意したいのは、緊急の仕事があるわけでもないのに、なんとなく帰りづらい雰囲気が漂っているときです。流されてずるずると残業するのは時間の無駄です。あえて空気を読めないフリをして出るべきでしょう。言い出しづらい人はいっそ遠くに引っ越してください。私は熱海から東京の会社に通っていたため、10時半になると終電なのでと言って帰宅していました。


私は目標管理のために、自分の成果や行動を数値化して手帳に毎日つけていました。たとえば、売上達成のために1日5件の新規営業が必要だと判断したら、訪問件数を毎日、手帳につけて振り返ります。さらに週次でも数字を集計し、行動を微調整します。数字を毎日書きこむ習慣は、モチベーション管理にも役立ちます。数字が目標値に達しない日、あるいは空白の日があれば、モチベーションが落ちている証拠です。まさに数字はモチベーションのバロメーターなのです。


習慣化の目安は3か月です。1か月ごとの短期目標を3回クリアすれば、あとは意識しなくても自然に体が動くはずです。3か月たっても短期目標をクリアできなければ、行動を間違えている可能性が大です。その場合は別のアプローチで目標達成を模索したほうがいいでしょう。


長期目標の期日が決まったら、その半分を目安に中期目標を設定します。さらに逆算して、短期目標とその実現に必要な行動量を1か月ごとに設定して手帳に書き込みます。短期目標を1か月に設定するのは、達成感を早く味わえるからです。最初の一歩をクリアできるとモチベーションが高まり、行動を習慣化しやすくなります。


夢の実現には、具体化・数値化が必要です。いくら立派な夢を描いても、漠然としたままでは行動が伴いません。夢が叶った状態を数値で定量化し、それをいつまでに実現するかを決めてこそ、行動計画へと落とし込むことができます。


倉持淳子の経歴・略歴

倉持淳子、くらもち・じゅんこ。日本のコンサルタント。埼玉出身。明治大学文学部文学科演劇学専攻卒業後、翻訳専門学校在学を経て、大手事務機器総合商社、伊藤忠テクノサイエンスなどいくつかの会社で営業実務経験を積んだのち、ぐるなびに入社。会社初のMVP選出、東京統括リーダー、東日本地域統括リーダーなどを務め同社の営業部門の強化に貢献した。コンサルタントとして独立後は、各種の営業セミナーを主催。主な著書に『1日10秒の習慣で夢を叶える!何回もあきらめた人も続けられるシンプルな法則』など。

他の記事も読んでみる

福沢諭吉

生まれるということは死ぬということの約束であって、死も格別驚くことではない。


笹嶋敏之

「製品は、取り付けて実際に使える性能を発揮して、初めて評価していただくもの」というのが創業者の思想です。実際に施工することによって得られるお客様の声や現場の実情が、新たな発想の源になっているような気がします。


藤田晋

芸能人にブログを書いてもらうとき、記事には一切お金は払ってないです。うちのサービスを使ってほしい、書くことについてお金は払えないけど、そのかわりに、商売を一緒につくりましょうと芸能事務所に持ちかけました。たとえばタレントさんのブログの空いたスペースを広告枠にして、その広告の売上を折半する。そこの営業活動を結構頑張ったので、徐々に信頼してもらえるようになって、使ってもらえるようになりました。


小林幸雄(経営者)

たとえ思想や文化、風習が違っても、同じように楽しい時間を分かち合える。


赤塚保正

柿安にとって「おいしいものをお値打ちに提供する」は絶対に譲れない価値観。そうでないと、社員が誇りを持って仕事ができなくなる可能性があるからです。


千原せいじ

海外に行く前は徹底的にその国を調べます。常識が違う場所に行くわけだから、自分がそれに合わせないといけませんよね。


桜井博志

周囲は「どうせダメなんだから、(社長を)やらせてみよう」という感覚だったと思います。旭酒造は、誰も経営をやりたがらない会社だった。だから、逆にやる気になりましたね。


ジム・ステンゲル

経営者は効率化を好む傾向が強いが、審美眼を持つことなど「アーティスト」のような頭の使い方を意識すべきだ。


入山章栄

平井一夫社長が就任して以降、ソニーの人たちから「社長がよく現場に現れる」という話を聞くようになりました。私はこの頃から、平井体制の目指す経営の方向性は正しいと感じていました。経営陣が現場の創意工夫に前向きに興味を持っていることが社内に伝わり、現場レベルでそれぞれの専門性を持った社員が、自主的に知恵を持ち寄って挑戦的な商品を生み出す。経営学で「知の探索」と呼ばれる作業が、今のソニーはできているのではないでしょうか。


ドナルド・トランプ

かつて私に対してまったく見当違いなことをいう人たちがいた。今なら、およそ9割は私とは何の関係もない言いがかりとわかっているから、さらりとかわせる。面(つら)の皮を厚くし、常に自分はポジティブな物の考え方をキープしていなければならない。