名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

倉持治夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉持治夫のプロフィール

倉持治夫、くらもち・はるお。日本の経営者。大同生命社長。大阪府出身。大阪市立大学商学部卒業後、大同生命入社。営業企画部長、首都圏地区営業本部長、事業本部長、取締役、常務などを経て社長。

倉持治夫の名言 一覧

中途入社の人が驚くのは、部下が上司に文句を言うことです。上司が部下を叱咤激励するのではなく、逆に叱咤されるのです。


安定したなかで成長を上積みしていく。全体として着実に点を取っていく。地味だけれど、逆に着実にやる難しさもあります。日ごろの厳しいトレーニングは欠かせません。先を見据えた作戦も必要です。


グループ組成の一番のメリットは、得意分野に専念できること。銀行窓口販売はT&Dフィナンシャル生命がやり、家庭市場では太陽生命が強みを生かす。そして当社、大同生命は中小企業マーケットに特化する。保険会社というものは、どうしても全部をやりがちなのですが「やらなくてもいい自由」とでもいいますか、経営資源を特定分野に集中できるのは、社長としては非常にありがたいです。


前期は保有契約高が過去最高となりました。ただそれ以上に注目しているのは、契約継続率の高さです。これはきっちりしたニーズに基づき、内容を十分にご理解していただいたうえで保険契約という手順を踏んでいる証です。この積み重ねこそが、保険会社自身の質をも高めるのだと思います。


倉持治夫の経歴・略歴

倉持治夫、くらもち・はるお。日本の経営者。大同生命社長。大阪府出身。大阪市立大学商学部卒業後、大同生命入社。営業企画部長、首都圏地区営業本部長、事業本部長、取締役、常務などを経て社長。

他の記事も読んでみる

本田有明

トヨタはちょっと前に成果主義を導入しましたが、わずか1年半で元に戻しました。従来は課長昇進の条件が「個人の成果5割」対「育成5割」の比率でしたが、それをいったん7対3に変えたのです。ところが変えた途端に、社員たちが育成をないがしろにし始めました。そのため、人が育たなくなることに強い危機感を抱いたトヨタは、課長昇進の条件を従来の5対5に戻しました。


熊谷正寿

計画を作るのも骨が折れますからね。それに、コロコロ変えていては説得力が無くなってしまいます。そこで、一度だけ作れば未来への道筋が全て定まるような計画にしようと思ったのです。5年計画では1年ズレただけで20%分の軌道修正を求められますが、55年なら大差が無い。後できちんと取り戻せます。

【覚え書き|「55か年計画」をつくったことについて】


坪田信貴

人には様々なタイプがあり、適職もそれによって異なります。親が子供を指導する際は、タイプごとに異なるアプローチが必要です。たとえば「慶應に受かったら、友達がいっぱいできるしアナウンサーになれるかも」と声をかけても、「それはいい。頑張ろう」と考える子も、「世の中そんなに甘くない」と考える子もいますから、効果はまちまちです。まずは、子供のタイプを知ることが大切。


永守重信

当社が目指すのは残業ゼロではない。残業ゼロは「手段」であり、目的は「生産性を世界のトップレベルまで高めること」だ。その結果、競争力が高まれば、利益が増える。利益が増えれば、給料もボーナスも上がる。むしろ、従業員の収入は上がる。残業代で稼げる額の比ではない。


久保征一郎

「ぐるなび」はまったく新しい事業なので、顧客を獲得するのは大変ですが、滝(久雄)は、プロパーの人間だけで営業をすることにこだわりました。なぜかというと、代理店を挟むと、メディア側である「ぐるなび」の考え方が飲食店になかなか伝わらないからです。


尾平泰一

最近、全員力経営が注目されています。これも部門が総がかりでないと成長できないという苦しい現状を反映しています。また、国内外に多様なプレイヤーがあらわれ、部門単位でも外のつながりが以前よりはるかに求められる時代となってきました。


矢野香

一流の人ほどい派手なテクニックは使いません。伝えるべきことを間違いのない言葉で、的確に淡々と話します。


ジェレミー・ハンター

さんざん接待や残業をして頑張っても成果が出ず、疲ればかりたまっていると感じたら、顧客へのアプローチの仕方や働き方を見直すべき。


小笹芳央

中間管理職の存在意義は、大人数の組織を小さなチームに分け、それぞれのトップを決めることで、組織内のコミュニケーションの複雑さを解消し、より効率的なコミュニケーションをすることにあります。


金田一秀穂

ムダ話には価値があり、得することが多い。理由は簡単。ムダ話には、「人と人をつなげる力」があるからです。たとえ伝えたいことがあっても、ストレートに放つ言葉は響かない。むしろムダ話によって人の心は潤され、通い合う。


太田雄貴

フェンシングをずっと続けていられるのは、まだ自分に可能性があるって信じているからですね。可能性のないことに人は頑張れないから、そう感じなくなったら辞めどきですね。


田中俊彦(経営者)

よくいろいろな人から「なんで無借金なのに上場するんですか?」と聞かれるんです。私は会社を成長させるためには、上場が一つの通過点だと考えています。やはり、成長は全てを凌駕する。そういう強い意志を持って会社を成長させていきたい。