名言DB

9429 人 / 110879 名言

倉持治夫の名言

twitter Facebook はてブ

倉持治夫のプロフィール

倉持治夫、くらもち・はるお。日本の経営者。大同生命社長。大阪府出身。大阪市立大学商学部卒業後、大同生命入社。営業企画部長、首都圏地区営業本部長、事業本部長、取締役、常務などを経て社長。

倉持治夫の名言 一覧

中途入社の人が驚くのは、部下が上司に文句を言うことです。上司が部下を叱咤激励するのではなく、逆に叱咤されるのです。


安定したなかで成長を上積みしていく。全体として着実に点を取っていく。地味だけれど、逆に着実にやる難しさもあります。日ごろの厳しいトレーニングは欠かせません。先を見据えた作戦も必要です。


グループ組成の一番のメリットは、得意分野に専念できること。銀行窓口販売はT&Dフィナンシャル生命がやり、家庭市場では太陽生命が強みを生かす。そして当社、大同生命は中小企業マーケットに特化する。保険会社というものは、どうしても全部をやりがちなのですが「やらなくてもいい自由」とでもいいますか、経営資源を特定分野に集中できるのは、社長としては非常にありがたいです。


前期は保有契約高が過去最高となりました。ただそれ以上に注目しているのは、契約継続率の高さです。これはきっちりしたニーズに基づき、内容を十分にご理解していただいたうえで保険契約という手順を踏んでいる証です。この積み重ねこそが、保険会社自身の質をも高めるのだと思います。


倉持治夫の経歴・略歴

倉持治夫、くらもち・はるお。日本の経営者。大同生命社長。大阪府出身。大阪市立大学商学部卒業後、大同生命入社。営業企画部長、首都圏地区営業本部長、事業本部長、取締役、常務などを経て社長。

他の記事も読んでみる

安田隆夫

会社設立当初、私は私欲の塊で、自分が豊かになるための手段として会社があるんだ、くらいに考えていました。ところが、だんだん会社の規模が大きくなり、そして上場企業として成長していく過程において、私欲を捨てなければならない。私欲を抑制し、真に社会のためだと考えなければ会社は成長できないという確信を抱くようになりました。


吉田忠裕

当社が「窓学」という言葉を作って取り組みを始めてから、もうすぐ10年になります。この10年で様々な分野の先生方にご協力いただいてきました。学問にも通じるような切り口で取り組めば、新しい分野が広がるのではないかという思いです。


新宅祐太郎

「全く違う視点で取り組む」「諦めない」「学ぼうとする」。この3つがコモディティーに新しい命を吹き込む。


伊藤正裕(起業家)

私は会社を経営するうえで、体験的に数字を学びました。その際に数字を「本質的に理解すること」がいかに重要であるかに気づきました。「本質的に理解する」とはひと言でいえば、「何を意味する数字なのか」という部分を理解することです。そのうえで、その数字を使いこなすことが重要です。


樫尾俊雄

兄が設立した樫尾製作所(現:カシオ)に入社したのは終戦の翌年でした。そこで最初に開発したのが、電気とはまったく無関係の「指輪パイプ」。当時、タバコは値段が高く、フィルターもついていませんでした。そこで、指輪にパイプ状の筒をつければ、仕事をしながらでも根元まで吸うことができると考えたのです。これが結構売れて、計算機の開発費用の一部を稼ぐことができました。


鬼塚喜八郎

命まで取られへん。駄目ならやり直せばいい。
【覚書き:陸軍の過酷な訓練を経験し、どんなつらい状況でも耐えられるようになったことについての発言】


アントニオ猪木

何かやると、当初はいろいろ言われても、あとから必ず評価されるときが来ます。俺の歴史はその繰り返しですよ。


宇野康秀

世の中に対して意義のあることだと感じればやりますし、感じなければやりません。我々の提供するサービスが社会から必要とされることが、私の理想です。


吉野真由美

コミュニケーションの唯一の目的は、「人を動かすこと」です。それ以外に、気持ちを向けてはなりません。相手の事情に過剰に配慮する必要はないのです。


野口悠紀雄

アメリカのゴールドラッシュでは金を掘って大金持ちになった人は誰もいない。1番最初に金脈を掘り当てた人でさえ、惨めな人生を送った。カリフォルニアの農場王のジョン・サッター。彼は農場の建設中に、自分の土地から金が出ることを発見した。あとは、ひたすら金を掘るだけで億万長者になれた。しかし、サッターはその後も農場の建設作業を続行した。途中でやめたら、いままで費やした投資がムダになるからと考えたんですね。あなたはサッターを笑えますか? 株やFX投資で、状況が変わったのに損切りせず、マイナスを増やす人は少なくありません。これを経済学では「サンクコスト(埋没費用)」と呼びます。すでに投下した資金のことです。サンクコストにこだわってしまう。だからこそ、サンクコストにこだわる人は破綻する。