名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

倉岡寛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉岡寛のプロフィール

倉岡寛、くらおか・ひろし。日本の経営者。「クービック」社長。東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修了。グーグル・プロダクトマネージャー、グリー事業部長などを経てクービックを設立。

倉岡寛の名言 一覧

今後も世の中の不満・不便を解消できるようなサービスの提供を図っていきたい。


大学を卒業してグーグルへの入社を決めたことも大きな転機でした。私が大学院を修了した当時、まだ日本ではグーグルの存在があまりメジャーではありませんでしたが、1年目から大きな仕事を任せてくれました。世の中を変えようと新しい事業に取り組む企業風土も良かったですし、エンジニアが自由闊達に話をし、自由に活動できる組織も自分にとっては刺激になりました。ここで、これからの世の中がどう変わっていくのか、そして、ユーザーが何を欲しているのか、を考える習慣ができたような気がします。


倉岡寛の経歴・略歴

倉岡寛、くらおか・ひろし。日本の経営者。「クービック」社長。東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修了。グーグル・プロダクトマネージャー、グリー事業部長などを経てクービックを設立。

他の記事も読んでみる

鈴木修

会社というのは、いろいろ手間がかかっても、いちから自分でつくりあげたほうが、いい結果が出る。世の中ではM&Aブームと言われた時期もありますが、少なくとも自動車産業でM&Aをやって大成功しているところはありません。自力でコツコツと積み上げてきた企業が成功し、ダイムラーとクライスラーのような大合併は、結局失敗だったと思います。フォードもせっかく買収したジャガーを売ってしまいました。


羽生善治

対局では一生懸命に先を読んでいます。しかし、それでも読みが当たらない、あるいは、わからないというケースも非常に多いのです。10手先をきっちり予想するのも極めて難しい。自分と相手の2人が5回ずつ指すだけなのに、です。これが世間一般の事象となると、まず自分では決められないことや介入できないことが多いですし、自分が決めたあとにいろいろな人が手を出してきて状況が変わっていきます。そうなると、2手先、3手先でも、どんな局面になっているのかわかりません。それを考えても仕方がないのではないでしょうか。


柳井正

企業経営というのは自分が弱い点は他の人がチームで補完してくれるんです。だから、企業経営をやって、自分はどういう強みを持つのか、どんなことで自分の弱い分を補っていけるのか、常時考えないといけない。


小松易

片づけの段取りは、財布でも机、部屋でも同じ。中にあるモノを「出す」「分ける」「減らす」「戻す」の4ステップ。


山名昌衛

どこの国籍の人であっても、お互いの価値観の違いを認めて話をし、人間関係を構築していけば、そんなにコミュニケーションというのは難易度の高いことではない。


川村隆

会社というのは本来、機能共同体であるべきなんですが、日本の場合、村落共同体のまま来てしまった。その背景には日本の教育の在り方や社会全体の習慣もあって、切り替えは一筋縄ではいきません。


ドナルド・トランプ

勉強はけっして時間の無駄にはならない。私は若い頃、すでに不動産業界に入ることを決めていたにもかかわらず、エンターテインメントビジネスを少しばかりかじった。そして後年、めぐりめぐってエンターテインメントビジネスに身を置くようになったのである。この分野に進出することを意識的に計画していたわけではなかったが、結局あの勉強は無駄にはならなかった。


石破茂

今の政治に決定権のない次の世代に勝手にツケを回すなんて、そもそも許されていいはずがない。


山本真司

私は以前、アメリカで外国人の部下とともに働いていたことがあるのですが、彼らは定時になるとサッと仕事を切り上げ、家族と過ごしたり、趣味を楽しんだりしていました。その代わり朝から猛烈に働きます。このように、「休む時間」あるいは「弛緩する時間」があればこそ、集中することができるのだと痛感しました。


桑原豊(経営者)

30代40代で私が意識していたのは「リーダー」というキーワードでした。自分自身の仕事の責任も重くなるなか、「理想のリーダー像とは?」というテーマをいつも意識していたからです。


林義郎(経営者)

変化の時代に苦労の連続でしたが、変化に対する私の姿勢も時代とともに変わりました。国鉄のころは「変化に対処しよう」なんて言っていました。その程度でよかったんです。通信業界に入って「変化に即応しよう」。いまは「変化をチャンスとして受け止めてチャレンジしよう」です。黙っていても変化は起こるのだから、身を縮めて待つのではなく、自分から作り出せと。


シャンタヌ・ナラヤン

重要な金銭的な指標は売り上げだけではない。パッケージ販売にかかるコストや月額課金による定期的収入などを総合的に考えれば、大きく成功できると確信していた。