名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

倉岡寛の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉岡寛のプロフィール

倉岡寛、くらおか・ひろし。日本の経営者。「クービック」社長。東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修了。グーグル・プロダクトマネージャー、グリー事業部長などを経てクービックを設立。

倉岡寛の名言 一覧

今後も世の中の不満・不便を解消できるようなサービスの提供を図っていきたい。


大学を卒業してグーグルへの入社を決めたことも大きな転機でした。私が大学院を修了した当時、まだ日本ではグーグルの存在があまりメジャーではありませんでしたが、1年目から大きな仕事を任せてくれました。世の中を変えようと新しい事業に取り組む企業風土も良かったですし、エンジニアが自由闊達に話をし、自由に活動できる組織も自分にとっては刺激になりました。ここで、これからの世の中がどう変わっていくのか、そして、ユーザーが何を欲しているのか、を考える習慣ができたような気がします。


倉岡寛の経歴・略歴

倉岡寛、くらおか・ひろし。日本の経営者。「クービック」社長。東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修了。グーグル・プロダクトマネージャー、グリー事業部長などを経てクービックを設立。

他の記事も読んでみる

秋元久雄

「働き方改革」より前に取り組むべきは「楽しみ方改革」だと思っている。楽しい人生を送るにはどうしたらいいかを考えた方がいい。大工は仕事と遊びが表裏一体のような職業。こういう職業は楽しい。仕事の楽しさを知った若い社員たちこそが、競争力を作り出せると考えている。


石塚しのぶ

商品企画や調達、テクノロジー開発においても、その会社の独自性を際立たせるようなアイデアの創出を促すためには、個々の従業員が各自の創造性や率先力をフルに発揮できるような環境をつくることが必須です。


遠藤結蔵

私たちのサービスを利用していただくことで、特別な「ハレの日」ではなく、平日のアフターファイブや何も予定のない週末といった、ごく普通の時間を豊かに楽しく過ごしていただきたいという思いを込めて、私たちは「豊かで楽しい日常の暮らしを提供します」という企業理念を定めました。レンタル市場が全体的に縮小傾向の中で、ゲオグループはスピード感をもって変化し続けていきます。


弘兼憲史

新しい企画を提案された時、僕は割とすんなり「面白そうだからやりましょう!」と言ってしまうタイプです。でも実は、「じゃあ、その企画であれば、こんな切り口はどうでしょう」と自らアイデアを出しつつ、実は「何か言わなくちゃ」と思いながら、その場の思いつきで言っていることがほとんどです。後々「これ、結構面倒な案件だったな……」と、ますます忙しくなる現状に後悔することもしばしばです(笑)。


柴田励司

私は雇われ経営者ですから、創業者が20数年間やってきたことにキャッチアップしないといけません。それには、とにかく創業者と同じ時間を共有することが大切なのです。そのため、朝一番の予定の前に増田(宗昭:CCC創業者)さんの自宅に行くことが多いです。私は、朝駆けと呼んでいますが、一緒にお茶でも飲みながら、雑談をしています。


秋田正紀

仕事をする上で大切なのはチームワークだと思います。全社員の気持ちをひとつにし、力を合わせて仕事に取り組むことが大切です。


カルロス・ゴーン

我々は変化し続けないといけない。技術は進化するし、それに伴ってサプライヤーやパートナーも変わる。消費者ニーズも変わっていくので商品も変わる。自動車メーカーは常にそういったことに注意を払っていく必要がある。


豊島逸夫

私もリーマンショックの時にやられてね。証券会社出身の妻に、けちょんけちょんに言われました。日頃エラそうなことを言うくせにと。でもおかげさまで持っている(資産の)2割の金が3倍になってくれたので、ロスの7割はリカバーできたんです。プロがこう言うのもおかしいけれど、本当に金って、いざというときに役立つなと思った。普段は輝くだけで配当も生まないし、値動きがある訳でもなしと思うけれどね。つまり資産運用では脇役。インカムを生むのが主役だから。なので金は脇役なんだけれども、なかなか渋い味を出すなと、その時、私も実感したんです。


マハトマ・ガンジー

私たちは人生の中で経験したことを、何もかも覚えていられるわけではない。むしろほとんど忘れてしまっていいのである。そうでなければ、後悔や迷いが頭から離れることがないだろう。ある出来事があって、そこから何かを学んだなら、起きたことは忘れてしまおう。


川路耕一

何か新しいことをやりたいと考えて、会社をつくると、不思議と人が集まってくる。やはり人生は人と人の出会いだと思います。私は本当に幸せ者です。


南場智子

「常に今が一番大変」ですよ。ただ、大変のスケールの大きさは変わってきたかと思います。起業したての頃は自分が走り回ることに精一杯で、直面している問題を大きく感じましたが、今考えれば全然大きくありません。今はもっとスケールが大きいと感じますが、そうなると陥りやすい罠があって、痛みや熱さを感じられなくなってしまうのです。感覚が麻痺して以前のように駆けずり回らなくなってしまったら、一番危険ですね。


大沢幸弘(経営者)

形はサラリーマンでも、「マインドは自分の人生のオーナー経営者、気分は自由業だ」と感じ始めたら、周りの景色が変わった。