倉岡寛の名言

倉岡寛のプロフィール

倉岡寛、くらおか・ひろし。日本の経営者。「クービック」社長。東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修了。グーグル・プロダクトマネージャー、グリー事業部長などを経てクービックを設立。

倉岡寛の名言 一覧

今後も世の中の不満・不便を解消できるようなサービスの提供を図っていきたい。


大学を卒業してグーグルへの入社を決めたことも大きな転機でした。私が大学院を修了した当時、まだ日本ではグーグルの存在があまりメジャーではありませんでしたが、1年目から大きな仕事を任せてくれました。世の中を変えようと新しい事業に取り組む企業風土も良かったですし、エンジニアが自由闊達に話をし、自由に活動できる組織も自分にとっては刺激になりました。ここで、これからの世の中がどう変わっていくのか、そして、ユーザーが何を欲しているのか、を考える習慣ができたような気がします。


倉岡寛の経歴・略歴

倉岡寛、くらおか・ひろし。日本の経営者。「クービック」社長。東京大学大学院工学系研究科精密機械工学専攻修了。グーグル・プロダクトマネージャー、グリー事業部長などを経てクービックを設立。

他の記事も読んでみる

酒巻久

利益が出るか出ないかは、働いている人が能動的か受動的かによって大きく違います。自分で考えて積極的に行動する人間か、指示や命令を待つ人間かという違いです。後者が多ければ会社は黒字にはなりません。指示した人がいなければ現場は遊んでしまうからです。


坂下智保

プロダクトマネージャーを経験したことは、目標に向けて意識を一つにしていく点が生かせる。ただ、経営は変化に柔軟に対応しなければならず、そこは違う部分。


中沢啓治

僕は一介の漫画家です。講釈しても仕方がない。だから、自分の体験を話します。体験から何かを考えて欲しい。講演会に出向いて話をしたり、広島を訪れる修学旅行生に話すこともあります。これからも、こうした活動を続けていきます。原爆を体験しているのは僕の世代で最後です。次の世代に伝えなければならないことが、まだたくさんあるのです。


川上量生

僕が好きなのは、相手から見て「これはいったい何を狙っているんだろう、分からない」という手が好きなんですよ。勝つために何が一番有効かというと、「いや、僕もよく分からないんだよね」みたいな(笑)。逆に、誰もが「これはこういう狙いだろう」と思うような手は打ちたくない。ライバルに対策を講じられてしまいますから。


柴田憲佑

動画の美しさは大切ですが、最も重要なのは、目的に合わせ、いつ、どこで、どのような形で動画を出すかを決めることです。


三木谷浩史

日本興業銀行での最初の配属先は外国為替部でした。海外への送金が主な仕事で、望んだ部署ではありませんでした。数字と書類の確認に追われる毎日。一線で活躍する営業に比べると地味な職場です。そんな気持ちが態度に出たのかもしれません。ある日、先輩に「事務でも仕事は仕事。ビシッとやれ」と叱られました。ちょっとしたミスで、数億円、数十億円の損が出る。銀行の事務は、慎重、かつ緻密にならざるを得ない業務です。心を入れ替え「ここで学べることはすべて吸い取ってしまおう」と懸命に取り組むようになりました。おかげで今でも経営者の中では事務処理に強いほうだと思います。


加藤俊徳

やはり人間は地球に住む動物ですから、地球の動きに合わせて生活することが無理のない生き方。夕方は夕日をしっかり拝んで、翌朝は、朝日を拝む生活パターンを繰り返すことが、脳に負担を与えず、最大限の力を発揮させることにつながる。


小宮一慶

現代のような膨大な情報が氾濫する社会では、一人でできることには限りがあり、多くの人の知恵を借りる必要があります。よって、人的なネットワークの構築を確実にすることが重要だ、という意識を今まで以上に強く持つべきです。


つんく♂

ブームができてから後追いしても何のメリットもありません。大ヒットしたドラマがあっても、その何カ月も前から脚本家やプロデューサーは案を練っています。ヒットしている段階ですでに賞味期限が切れかけているのです。


中田宏

議員の先生が講演しているときに、秘書には次の予定や移動手段を調べておくことが求められるわけですが、それで満足しては駄目です。私自身は、著名な方が聴衆として来ていないかどうか調べて、先生に伝えるようにしていました。そうすると、先生が次にその方に合ったときに、「この間はどうも」と話ができますよね。
【覚書き|議員秘書時代を振り返っての発言】


吉田修一(小説家)

水泳部の待ち合わせ場所が、学校の図書室だったんです。図書室の中でいったん集まってから、みんなでプールに行っていたんですよね、なぜか(笑)。そのときに、なんとなく本を手にとって読んでみたんですよ。はっきり覚えているのは、新潮文庫に入っている近代詩で、ランボーやボードレールを読んだときのこと。自分がこういうものを面白いと感じるわけないだろうな、と思って読んでみたら、面白かったんですよ。結構な衝撃が、ズドンときたんです。そこから本を読み始めた記憶がありますね。まさか自分が小説を書くようになるとは、当時はまったく思っていなかったですけどね。


ラルフ・ウォルド・エマーソン

氷上を滑るには、スピードを出した方が安全だ。


楠木新

結局会社はそんなに難しい能力、人材を求めていません。いろんな人から「一緒に働きたい」と思われる人間かどうか。いろんな人と協調して仕事ができ成果を上げる人を求めているのです。


金田博之

日本人は遠慮しがちですが、はっきり「わからない」ということは無作法ではありません。むしろ、わかったふりをしてしまう方が問題です。


ブルース・リー

ハイキックができなくなったら、自分のできるローキックを一生懸命磨いて得意技にすればいい。


ページの先頭へ