名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

倉富純男の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉富純男のプロフィール

倉富純男、くらとみ・すみお。日本の経営者。「西日本鉄道」社長、「西鉄グループ」代表。福岡県出身。青山学院大学法学部卒業後、西日本鉄道に入社。不動産事業局ビル事業部開発課長、都市開発事業本部流通レジャー事業部長、取締役常務執行役員経営企画本部長などを経て社長に就任。

倉富純男の名言 一覧

天神と博多はよく比較されますが、実際は互いが連携してやっています。全体では手を繋ぎ、街づくりではそれぞれが先頭を競い合う。そうして全体の質を高めているのです。


福岡は大陸から近く、昔から多様な文化を受け入れてきた土地で、人が大らかで開放的。新しいものが入ってきてもノーとは言わず、やってみようじゃないかという雰囲気があります。要は新しもの好きなんですね。そうした風土が街づくりにも生きています。


天神はその狭いエリアの中で、アンテナショップができたり、イベントが開催されたりと、常にどこかで新しいものが生まれている。それが街の鮮度を保っているのだと思います。私たちの「天神コア」ビルなども、テナントの見直しも含めて、一生懸命鮮度を保つ努力をしています。そうやって街全体が躍動しているのです。


コンパクトシティを目指さざるをえなかったというのが実情です。というのも福岡市には決定的な弱点があった。近くに大きな河川がなく、常に水不足に悩まされてきました。水がないから工場が来ない。製造業も来ない。みんなお隣の北九州市に行きました。ところが製造業に向いていなかったことがいまに繋がりました。工場がないから公害がなく、その対策にお金を使わなくて済みました。海も山も自然が守られ、世界屈指の節水型の都市が出来上がった。そのうちに時代が製造業中心から環境優先へと変わり、福岡が注目されるようになったわけです。


福岡が元気といっても、北部九州だけを相手にしていては経営基盤として弱い。会社をより発展させるために域外展開をしっかりやるということです。その場合、当社から見て大陸はとても近い。海外の街づくりでは福岡で培ってきた、運輸事業を主体とした地域密着型の街づくりの経験を生かし、そこでレベルアップしたものを福岡にフィードバックするという相乗効果を狙っています。そうやって段階的に福岡をアジアの先進都市にしていきたい。


倉富純男の経歴・略歴

倉富純男、くらとみ・すみお。日本の経営者。「西日本鉄道」社長、「西鉄グループ」代表。福岡県出身。青山学院大学法学部卒業後、西日本鉄道に入社。不動産事業局ビル事業部開発課長、都市開発事業本部流通レジャー事業部長、取締役常務執行役員経営企画本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

池森賢二

文章は、「書き手」ではなく「読み手」のもの。自分の思いに任せて書くのは間違い。書いて伝えるのは「コミュニケーション」が目的。相手が理解できる文章になって初めて成立する。


三浦孝之(職人)

一番難しいのは、わずかなバランスが、作品の良し悪しを決定すること。作品全体を俯瞰して、各工程を性格に逆算するのはある程度経験を積んだいまでも難しい。作品の良し悪しがわかるようになったいまのほうが、バランスをとる難しさを感じています。


渡邉幸義

障害者を雇うと、彼らと触れ合い、彼らの真摯な働きぶりを間近に見るうちに、周囲の全従業員の心が変わります。従業員に利他の意識が芽生え、ものごとに対する感謝の念が強くなり、仕事に対する姿勢やものの見方も変わります。なかなか言うことを聞かなかった人が素直になったり、いがみ合っていた同僚同士が仲良くなったりもします。


名越康文

能力があっても、うまくいく人といかない人の違いが出るのは、集中力の有無。


竹内一郎

長らくコミュニケーションの手段は言葉だけだと思われてきました。しかし、人は実際には言葉だけでなく、言語以外の情報のやり取りでお互いの意図を察し合い、お互いの意図を通じ合わせています。


高岡浩三

「勝ち方」を知るには、「小さな実験」を繰り返し「失敗」の経験を積むこと以外にない。


ジョン・テンプルトン

今の資産よりもはるかに割安なものに買い替えるのでなければ、その資産を売ってはならない。


岡野原大輔

人間は他人に経験の内容を伝えられても、経験そのものは共有できませんよね。でもコンピューターなら、データを基に経験を再現できるので、学習スピードも速くなる。10台の機械が互いに経験を共有できれば、1台でする10分の1の時間で学習できる。これが機械の持つ可能性なんです。


鈴木敏文

常に「顧客の立場で」考えることを徹底するため、「真の競争相手は同業他社ではなく、絶え間なく変化する顧客のニーズである」といういい方もよくします。実際、私自身、ローソンさんやファミリーマートさんのお店には一歩も入ったことがありません。


畠山惠(塾経営者)

私の人生も行き当たりばったりなようで(笑)、一応考えているんです。保育士は安定した仕事だけど、肉体的にはきついので60歳になっても続けられるとは思えない。でも英語講師は体が動かなくなってもできる。体を動かす仕事と頭を使う仕事、この2つは意識して選び取りました。


三宅占二

競合他社のことを言っても意味がない。我々は我々のやり方でやっていくまでです。


杉山武史

経営者としての転機の一つは現地法人の社長としてタイに4年間赴任したこと。それまで24年間、姫路製作所にいたが、モノづくりが専門で、モノを売って得た利益をどう再配分するかなど、考えたこともなかった。文化が異なる人たちと力を合わせる方法も学んだ。