倉富純男の名言

倉富純男のプロフィール

倉富純男、くらとみ・すみお。日本の経営者。「西日本鉄道」社長、「西鉄グループ」代表。福岡県出身。青山学院大学法学部卒業後、西日本鉄道に入社。不動産事業局ビル事業部開発課長、都市開発事業本部流通レジャー事業部長、取締役常務執行役員経営企画本部長などを経て社長に就任。

倉富純男の名言 一覧

天神と博多はよく比較されますが、実際は互いが連携してやっています。全体では手を繋ぎ、街づくりではそれぞれが先頭を競い合う。そうして全体の質を高めているのです。


天神はその狭いエリアの中で、アンテナショップができたり、イベントが開催されたりと、常にどこかで新しいものが生まれている。それが街の鮮度を保っているのだと思います。私たちの「天神コア」ビルなども、テナントの見直しも含めて、一生懸命鮮度を保つ努力をしています。そうやって街全体が躍動しているのです。


福岡は大陸から近く、昔から多様な文化を受け入れてきた土地で、人が大らかで開放的。新しいものが入ってきてもノーとは言わず、やってみようじゃないかという雰囲気があります。要は新しもの好きなんですね。そうした風土が街づくりにも生きています。


コンパクトシティを目指さざるをえなかったというのが実情です。というのも福岡市には決定的な弱点があった。近くに大きな河川がなく、常に水不足に悩まされてきました。水がないから工場が来ない。製造業も来ない。みんなお隣の北九州市に行きました。ところが製造業に向いていなかったことがいまに繋がりました。工場がないから公害がなく、その対策にお金を使わなくて済みました。海も山も自然が守られ、世界屈指の節水型の都市が出来上がった。そのうちに時代が製造業中心から環境優先へと変わり、福岡が注目されるようになったわけです。


福岡が元気といっても、北部九州だけを相手にしていては経営基盤として弱い。会社をより発展させるために域外展開をしっかりやるということです。その場合、当社から見て大陸はとても近い。海外の街づくりでは福岡で培ってきた、運輸事業を主体とした地域密着型の街づくりの経験を生かし、そこでレベルアップしたものを福岡にフィードバックするという相乗効果を狙っています。そうやって段階的に福岡をアジアの先進都市にしていきたい。


倉富純男の経歴・略歴

倉富純男、くらとみ・すみお。日本の経営者。「西日本鉄道」社長、「西鉄グループ」代表。福岡県出身。青山学院大学法学部卒業後、西日本鉄道に入社。不動産事業局ビル事業部開発課長、都市開発事業本部流通レジャー事業部長、取締役常務執行役員経営企画本部長などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

生月誠

「TO DO/NOT TO DO」ノートをつけてみてください。ノートを開いて、右ページはあなたがやること、左ページは他人に任せることとし、あなたの仕事の「事業仕分け」をやるのです。一度線引きをしたら、ノートの左ページの仕事は絶対自分でやらないことを肝に銘じましよう。


大川順子

理解や分析以前に「感じる」ことが不可欠です。とくに、お褒めやお叱りをいただいたときには、そのお客様がどれくらい喜ばれたのか、ご不快だったのか、といった感情の「度合い」を感じ取ることが必要です。これらは数字で表わすことができない領域ですから、感じ取って記憶に残すしかありません。こうした感覚を研ぎ澄ませることも、勘を磨くことに通じます。


北方謙三

僕の志は、125歳まで生きて、小説を書き続けることだ。書きたいテーマを数え上げて、年を取って書ける枚数が減ってくることも計算に入れると、その年齢まで生きなければいけないとわかった。でもそれは無理だから、毎回「この一作で125歳までの仕事をしたな」と思える充実感のある作品を書きたいと机に向かっている。


石倉洋子

遅かれ早かれ、日本も変わらなければいけない時が来ます。それならば先手必勝で、社会や会社の変化に先んじて「自分の働き方・生き方」を、少しずつ変えればいい。


木村尚義

誰もが効率化に必死になっている時代だからこそ、あえて無駄なことをやってみましょう。そうすることで、一味違う発想のヒントに出会えるのです。


小林佳雄

メニューは増やせばいいものではありません。良い店には「この店に行ったら絶対これを食べなきゃ!」という目玉商品があります。


桂三枝(6代目桂文枝)

以前、『新婚さんいらっしゃい!』の私の司会を見たある外国の方から「まるで剣術みたいだ」といわれたことがあります。確かに、相手が打ち込んできたらさっとかわし、ひるんだと見るやすかさず打ち込むという、44年間番組をやらせてもらうことで身につけた私のスタイルは、剣術に通じるところがあるのかもしれません。


吉田修一(小説家)

僕の小説の書き方は、最初に場所を決めるんです。場所を決めたら、そこにいそうな人達がどういう人で、どういう生き方をしてきたのかを書いていけば、おのずと物語は生まれます。『最後の息子』のときは、いまでもよく飲みに行っている新宿の街ですね。ここを舞台にしようと決めたら、新宿にいるような人たちが浮かんできて。その人たちのその日その日を一個一個順番に書いていったら、この物語ができあがりました。


小嶋光信

私は貴志川線を引き受ける前に自分で全部の駅の周りを歩いて住民の方に話を聞いてみました。そして、知ってもらい乗ってもらえれば、状況はガラリと変わると確信しました。すべての答えは現場にあるのです。


安藤宏基

これは創業者の安藤百福がいつも言っていた言葉なのですが、「成長一路、頂点なし」だと。企業も個人も同じで、ひとつ成長したら、またひとつ上のレベルに上がりたくなる。人間というものはひとつの欲望を果たしたら、もっと欲が出てきて、より高いものを求めるものだと。だから、これで終わりということは永遠にない。創業者は、いつもそういうことを言っていました。


齋藤孝(教育学者)

「メンタルの強さ」は、経験の量に比例する。最初は辛いと思った仕事でも、繰り返すうちに慣れてくる。失敗を多く積み重ねた人ほど、その経験を糧にして後に良きリーダーになることもある。


山本伸(経済ジャーナリスト)

日本人がいけないのは、みな日本は成熟経済で、開拓地が存在してないと思っている人が多いんです。でもフロンティアはあるんですよ。


ジョン・キム(法学者)

不可抗力には逆らわないことです。想定外のものには、運命として避けられない不可抗力的なものと、自分の力で回避可能な可抗力的なものがあります。気をつけたいのは、不可抗力と可抗力の線引きは変化しうるということです。自分の統制力を磨いていけば、運命の女神に委ねる部分を減らしていくことはできます。


宇佐美進典

様々な事業を手がける中で、「流行り物が得意ではない」ことに気付いたのです。それからは、改善を重ね、根気強く事業を続けています。


宋文洲

仕事が速い人は集中力がありますね。日本のビジネスマンのなかには、就業時間内にもっと集中して仕事をすれば、残業なんてしないで帰れる人が結構いると思いますよ。


ページの先頭へ