名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

倉富佑也の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

倉富佑也のプロフィール

倉富佑也、くらとみ・ゆうや。日本の経営者。「ココン」社長。早稲田大学政治経済学部を休学し、中国上海でベーグル店を開業。帰国後、ココンを設立。

倉富佑也の名言 一覧

早いタイミングで天狗の鼻をへし折られたおかげで、今の自分がある。


最初に興した事業はベーグル店の経営で「自分がやれば、何とかなる」と思っていました。けれども、あっという間に資金がショートし、3カ月で閉店することになりました。失敗の要因を考えると、すべてを自分でやろうとし、目の前のことに精一杯で、全体を見て立て直す余裕がなかったことだと痛感しています。「社長は余裕を持って、全体を俯瞰できなければいけない」と学びました。


倉富佑也の経歴・略歴

倉富佑也、くらとみ・ゆうや。日本の経営者。「ココン」社長。早稲田大学政治経済学部を休学し、中国上海でベーグル店を開業。帰国後、ココンを設立。

他の記事も読んでみる

東国原英夫(そのまんま東)

僕は走っていることが面白くて仕方がありません。煩悩を我慢するのではなく、小さな煩悩よりも、もっと快感が得られるものに出会うことができました。自分の価値観を転換して、もっと面白いものへと移っていくからこそ、こうやって楽しく続けられるのです。雑多な日常を忘れて、無我夢中で走っていると、生きるのに最低限必要なものがわかります。まず空気と水。それと食糧、睡眠、休憩といったものが残り、とりあえずカネとか肩書きなんて必要なくなります。


梶原しげる

しばしの沈黙の後に発せられた言葉には、重みがあります。いいことを言えばものすごくいいことに聞こえるし、それなりのことでもなんだか重みのあるひと言に聞こえます。ですが、自分に自信がない人ほど、この沈黙に耐えられないのです。そうして、意味のない言葉を連ねて、軽く見られてしまう。


石田淳(コンサルタント)

私がコミュニケーションに関する調査をしたとき、同じ仕事をやっているのに業績が良い部署と悪い部署を比較したところ、コミュニケーションの量に3倍以上の差がありました。しかも、業績が悪い部署は、コミュニケーションが上司から部下への一方通行で、業績が良い部署は上司からと部下からの双方向になっていました。上司が指示を出すだけではなく、部下からも質問や提案をしやすい関係ができているということです。


梅原大吾

プロになって1年目のある日、ゲームセンターでプレーしていたら、学生服を着た男の子が、「梅原さん、お仕事中失礼します。サインしてください」って。「あ、オレ、仕事中なんだ」って。あれは面白くて、印象的でした。


太田彩子

プレゼンの場面では「3つのS」が必要です。

  1. 専門性。お客様に応え得るレベルの知識、情報量、技量を磨きましょう。
  2. 信憑性。提案には根拠が不可欠です。現状のデータ、提示した解決策の論拠などをきちんと説明すること。
  3. 誠意。一生懸命、誠実に臨むこと。

森田仁基

打席に立たないとヒットは生まれない。挑戦する文化をつくり上げたい。


阿部修平

会社は誰のものかといえば、それは株主のものです。しかし、株主だけでは会社は存立しえない。守るべきものは現経営陣や限られた一部の株主を超えたものであるはずです。


中田敦彦

長所や強みは、周りの人に見つけてもらうこと。そのためには、家に閉じこもっていちゃダメ! 人と接して「おまえのこういうところがすごいな」と言われたら、それに耳を貸そう。


数土文夫(數土文夫)

川崎製鉄とNKKの統合をしたとき、組織も工夫しました。製鉄所などの部長は全員、統合相手の会社にあった同様のポストへ異動させました。部長を全交換したのです。部長たちは相手側の組織の中にいきなり放り込まれるわけですから、当初は違和感も少なくなかったはずです。


出雲充

人間の意思決定は、そのときの体調や天候、前日あったことなどに簡単に左右されるものです。断わった相手は、前の日に奥さんとケンカしてイライラしていたのかもしれない。体調が悪くて、一刻も早く帰りたいと思いながら、私とのアポに無理をしてつき合ってくれていたのかもしれない。だとすれば、別の日には、同じ相手からまったく違う答えが返ってくる可能性もある。次にお願いするときには、たまたま天気が良くて上機嫌かもしれない。たまたま前日に孫が生まれて、地球の未来について深く考えているかもしれない。つまり、どんな答えが返ってくるかは状況次第。成果が出るかどうかはこちらでコントロールできることではありません。一発必中などあり得ないのです。


三浦善司

手帳は、日々のわずかな違いを見逃さないライフログとしても、重要な役割を担っています。為替などのビジネスに関する数字を毎日書いておけば、「わずかな変化を見逃さない目」を養えます。


小室淑恵

所要時間を決めずに業務に取り組んでいる人は、仕事の見切りどころがわからないため、本来なら2時間で切り上げていい内容の仕事に、3時間も4時間もかけてしまう。必要以上にクオリティーを追求してしまうわけです。だから仕事が山積みになって、いつも時間に追われている気分になってしまう。この差は歴然としていますよね。