倉富佑也の名言

倉富佑也のプロフィール

倉富佑也、くらとみ・ゆうや。日本の経営者。「ココン」社長。早稲田大学政治経済学部を休学し、中国上海でベーグル店を開業。帰国後、ココンを設立。

倉富佑也の名言 一覧

早いタイミングで天狗の鼻をへし折られたおかげで、今の自分がある。


最初に興した事業はベーグル店の経営で「自分がやれば、何とかなる」と思っていました。けれども、あっという間に資金がショートし、3カ月で閉店することになりました。失敗の要因を考えると、すべてを自分でやろうとし、目の前のことに精一杯で、全体を見て立て直す余裕がなかったことだと痛感しています。「社長は余裕を持って、全体を俯瞰できなければいけない」と学びました。


倉富佑也の経歴・略歴

倉富佑也、くらとみ・ゆうや。日本の経営者。「ココン」社長。早稲田大学政治経済学部を休学し、中国上海でベーグル店を開業。帰国後、ココンを設立。

他の記事も読んでみる

ジョン・ジェイ(アートディレクター)

私のところに来るクライアントの大半は、答えは知らないかもしれないけれども、質問は分かっていますよ。私の仕事はそんな彼らに答えを見つけてあげることなんです。


押井守

僕が少なくとも映画監督という立場を得て、人様の目に自分の作品を触れてもらえる機会を得たのはなぜか。それは僕が、映画というものに飽きなかったからだ。美しい言葉で言えば、映画に対する情熱を最後までなくさなかったからである。しかし、僕が他の人に対して優れた点はない。


長島徹

帝人のDNAは「みんなが平気でモノを言える会社」です。モノを言ってチャレンジし、少しずつ変えるのです。


田坂広志

カリスマ的なリーダーになるほど、言葉を超えたメッセージを発する力が重要。


藤口光紀

おかげさまで、営業収入は順調に伸びています。ただ、数値目標に特別なこだわりはないんです。数字は、あくまでも結果です。最近「売上高100億円突破はいつか」と質問される機会が増えましたが、100億円を目指してクラブを運営しているわけではないので、数字だけに注目されるのは、少し違和感があります。


津田純嗣

僕にとって、ビートルズの存在は大きかった。英語云々ではなく、単純なカッコよさに「ビートルズの曲をうまく歌いたい」と思いました。それこそ必死で、英文の歌詞を見ながら歌う練習をした。速いテンポの曲も、どうにかついていこうと一生懸命でしたね。今から思うと、スラスラと口から英語が出てくるようになったのは、あの経験があったからだと思います。そう考えると、「洋楽をカッコよく歌う」のは、スピーキングの練習にぴったりですね。


小笹芳央

悩む暇があったら、目の前の仕事に全力で取り組もう。


大山健太郎

誰にでもわかる話し方のコツは、平易な言葉を使うこと。私は横文字も使いません。難しい話を簡単にかみ砕くのが経営者の話し方。


石田淳(コンサルタント)

上司がイライラしがちな職場では、上司と部下のコミュニケーション量が少ない傾向にあります。コミュニケーションが少ないと、部下は「自分は上司に嫌われている」「ダメな部下だと思われている」と感じ、仕事に対して後ろ向きになります。それを見て、上司はまたイライラする。そんな悪循環に陥っている職場は非常に多いのです。


小宮一慶

50代以降は、自分の持っているスキルを、会社の外で生かすべきでしょう。例えば経理・財務担当者なら、週末や勤務時間外に友人や知り合いの会社の手伝いをする。すると退職後に雇ってもらえるかもしれない。営業の能力がある人なら、顧客を若手や友人などに紹介する。ノウハウを本業に支障のない範囲で伝える。そうした事前のネットワークづくりが、あとで自分を助けてくれるかもしれません。


ビル・エモット

開放性を失えば、西洋の繁栄は途絶える。平等でなければ民主主義は成り立たない。この2つの危機は、我々西洋の危機でもある。


鎌田靖

時間的制約はありますが、行ける場所にはなるべく行きたい。たった1日、2日の取材ですべてがわかるとはまったく思っていませんが、私自身、元社会部記者ですから現場は欠かせません。現場に行かないと自信を持って説明できないのです。


戸田覚

時間の価値は誰に対しても平等というわけではなく、立場や力関係によっても変わってきます。立場が低いほど管理できる時間は減っていくので、自分が置かれた立場や管理できる時間を把握しながら、スケジュールを組み立てていく必要があります。


高崎秀夫(高﨑秀夫)

「他行に学べ、他産業に学べ」と口酸っぱく言っています。机に座って悩んでも、思案しても出てくる知恵なんかたかがしれています。そうであれば、よその銀行や企業が行っていることを聞いてくる、考え方を学んでこいということです。学ぶ心で接し、そこから何らかの教えを得ようとする「謙虚さ」これも大事でしょう。


小島順彦

私は社員に対して「3つのC+C」が大事だと話しています。「Curiosity(好奇心)」「Challenge(挑戦)」「Communication(意思疎通)」。そして「Courtesy(礼儀正しさ)」。


ページの先頭へ