名言DB

9429 人 / 110879 名言

信太明の名言

twitter Facebook はてブ

信太明のプロフィール

信太明、しだ・あきら。日本の経営者。アウンコンサルティング創業者。福島県出身。早稲田大学政治経済学部在学中からリクルートの教育情報雑誌の企画営業に携わり、大学卒業後リクルートに入社。その後、日本ネットワーク研究所の経営コンサルタント、ABCマートの運営本部部長などを経て独立。アウンコンサルティングを設立し、検索エンジンマーケティング(SEM)、検索エンジン最適化(SEO)などのサービスを軸に同社を急成長させ東証マザーズに上場させた。

信太明の名言 一覧

海外進出にはリスクは当然あるし、死ぬ気でやらないと大変なことになる。安易な考えでは失敗する。


私の場合、最も集中でき、頭が冴える午前中を、主に経営課題をじっくり考える時間にあてています。


集中できないときは、いつも携帯情報端末に10個ほどストックしてある「気分転換になる仕事」をすることで思考にメリハリをつけています。そうした雑務をこなすうちに、またフッと気持ちが乗ってくる瞬間があります。そうしたら、再び思考に集中するのです。


パッと思いついた考えや、企画に役立ちそうな口コミ情報など、逐一、携帯情報端末に入力しています。せっかくいい考えを思いついても、記録しておかなければ、すぐに忘れてしまいます。その点、情報のストックさえあれば、どこでも集中して課題を考えることができます。


たとえば、新商品企画と新規事業案策定など、似たような仕事は一気にやった方が集中しやすいでしょう。


ここぞというときに集中力を発揮する習慣が身につくと、仕事の量や質は3~4倍は向上します。


ツイッターを使うことによって、週に一度の経営会議で審議に掛けていた2時間を、実質0時間にすることができた。極論を言えば公園で一息入れながらでも、テレビを見ながらでも、都合に合わせて、スキマ時間で議論に参加すればいい。


私はすべての会社に入社するときに、30歳になったら起業したい目標がありますとお話ししてきました。リクルートは営業の勉強をするため、経営コンサルは経営の勉強をするため、ABCマートはラッキーなことに実際に経営にも携わることができました。


以前は断られると電話をかける本数が減る社員が多かったのですが、話す内容と言葉をマニュアル化してからは、かける本数と契約数が安定してきました。また、新人でもベテラン並みに、一定の成果が得られています。


信太明の経歴・略歴

信太明、しだ・あきら。日本の経営者。アウンコンサルティング創業者。福島県出身。早稲田大学政治経済学部在学中からリクルートの教育情報雑誌の企画営業に携わり、大学卒業後リクルートに入社。その後、日本ネットワーク研究所の経営コンサルタント、ABCマートの運営本部部長などを経て独立。アウンコンサルティングを設立し、検索エンジンマーケティング(SEM)、検索エンジン最適化(SEO)などのサービスを軸に同社を急成長させ東証マザーズに上場させた。

他の記事も読んでみる

苫米地英人

世の情報には際限がないので、情報はいくらでも増殖していきます。どんなに頑張って頭に知識を詰め込んだところで、思考のスピードを左右する決め手にはなりえません。


徳川家康

私はケチだから麦飯を食べているわけではない。いま天下は乱れに乱れ、領民も安らかな日は一日もない。そんななか私一人が暖衣飽食などできるものか。私が麦飯を食っているのも、少しでも節約して軍資金に回すためなのだ。


ヴィルヘルム・シュミット

トップのブランドはそれぞれ独自の特徴を持っています。


田原総一朗

強いのに弱いふりをするのは日本では美徳でも、国際社会ではうそつきなのだ。こんな演技は対日感情を悪化させる効果しかない。日本で上手に世渡りする秘訣は3つだと外国人が言う。1、弱者を装う、2、被害者ぶる、3、何事も不器用で下手くそですと言う。


葛西敬之

私は国鉄に入社し、実現できるとは誰も思っていなかった分割民営化を推し進めました。課長という立場ながら、圧倒的な力を持つ労働組合を敵に回して民営化に取り組む過程でも、想像力が役立ちました。たとえば「組合は何を考えているのか」「次にどう出てくるのか」ということを常に考え、戦略を練っていたのです。


加藤順彦

運転免許は、学生がお金の使いみちの中でも、最も額が大きい買い物のひとつです。私も大学に入る前、それまで大事に貯めていた貯金をはたいて免許を取りましたから。これはビジネスになると思いました。ただ、学生起業でお金がないから、広告も打てないし、パンフレットもばら撒けない。そこで各大学の合格発表の日に出向いて、合格したと思われる表情の明るい人に絞ってパンフレットを配布。その結果、なんと160人の申込みがありました。これが私の初めてのビジネス体験でした。


大川隆法

経営者の側から見ると、不況の時期は、ただただイエスマンに囲まれていたら、会社が潰れる時期でもあります。したがって、この時期は、ディベートというか、議論を積極的にぶつけ合っていかなければならない時期です。


福井威夫

ホンダはものごとの本質を本当にまじめに議論する会社です。それがときに世の中の常識と必ずしも一致しなくても、常識に惑わされず、本質論はどこにあるのかを突き詰めます。ホンダジェットも小型ビジネスジェット機の目指す本質はどこにあるのか、しっかり見据えたからこそ、担当者たちは業界の常識を打ち破り、修羅場を乗り越えたのでしょう。


佐藤優

これからの世の中は、さらなる競争激化、格差の拡大など、個人が抱える問題は一層増えていくでしょう。そんな不安な世の中を生き抜くためには、自分の周りに、どれだけ問題を共有できる仲間を作っておけるかが、その人の力になっていきます。これからの時代に生き残れるのは、そういう足元がしっかりしている人でしょう。


吉永泰之

我々は規模は小さいのでハイブリッド車や燃料電池車を人類で初めて作ることはできない。それでも、ここと決めたところだけはどこよりも優れているものを出していく。規模が小さいからこそ、個性を大事にしていきたい。