名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

信太明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

信太明のプロフィール

信太明、しだ・あきら。日本の経営者。アウンコンサルティング創業者。福島県出身。早稲田大学政治経済学部在学中からリクルートの教育情報雑誌の企画営業に携わり、大学卒業後リクルートに入社。その後、日本ネットワーク研究所の経営コンサルタント、ABCマートの運営本部部長などを経て独立。アウンコンサルティングを設立し、検索エンジンマーケティング(SEM)、検索エンジン最適化(SEO)などのサービスを軸に同社を急成長させ東証マザーズに上場させた。

信太明の名言 一覧

海外進出にはリスクは当然あるし、死ぬ気でやらないと大変なことになる。安易な考えでは失敗する。


私の場合、最も集中でき、頭が冴える午前中を、主に経営課題をじっくり考える時間にあてています。


集中できないときは、いつも携帯情報端末に10個ほどストックしてある「気分転換になる仕事」をすることで思考にメリハリをつけています。そうした雑務をこなすうちに、またフッと気持ちが乗ってくる瞬間があります。そうしたら、再び思考に集中するのです。


パッと思いついた考えや、企画に役立ちそうな口コミ情報など、逐一、携帯情報端末に入力しています。せっかくいい考えを思いついても、記録しておかなければ、すぐに忘れてしまいます。その点、情報のストックさえあれば、どこでも集中して課題を考えることができます。


たとえば、新商品企画と新規事業案策定など、似たような仕事は一気にやった方が集中しやすいでしょう。


ここぞというときに集中力を発揮する習慣が身につくと、仕事の量や質は3~4倍は向上します。


ツイッターを使うことによって、週に一度の経営会議で審議に掛けていた2時間を、実質0時間にすることができた。極論を言えば公園で一息入れながらでも、テレビを見ながらでも、都合に合わせて、スキマ時間で議論に参加すればいい。


私はすべての会社に入社するときに、30歳になったら起業したい目標がありますとお話ししてきました。リクルートは営業の勉強をするため、経営コンサルは経営の勉強をするため、ABCマートはラッキーなことに実際に経営にも携わることができました。


以前は断られると電話をかける本数が減る社員が多かったのですが、話す内容と言葉をマニュアル化してからは、かける本数と契約数が安定してきました。また、新人でもベテラン並みに、一定の成果が得られています。


信太明の経歴・略歴

信太明、しだ・あきら。日本の経営者。アウンコンサルティング創業者。福島県出身。早稲田大学政治経済学部在学中からリクルートの教育情報雑誌の企画営業に携わり、大学卒業後リクルートに入社。その後、日本ネットワーク研究所の経営コンサルタント、ABCマートの運営本部部長などを経て独立。アウンコンサルティングを設立し、検索エンジンマーケティング(SEM)、検索エンジン最適化(SEO)などのサービスを軸に同社を急成長させ東証マザーズに上場させた。

他の記事も読んでみる

森川亮

私は寸暇を惜しんで仕事に時間を投じ、結果を出すべく奮闘していますが、それでも世界の市場で勝てるかどうかは分からない。それぐらいグローバル競争は厳しい。世の中を変え、ナンバーワンになり、自己実現したいと思うなら、何かを犠牲にしないといけない。


近藤淳也

自由な議論と、安心して発言できる場とのバランスを保つのが難しいし、コミュニティの維持・発展の肝だと僕は考えています。


細田収

いかなるときも常に「聞く姿勢」を最優先させることこそ、信頼関係構築のポイントです。


ドナルド・トランプ

他人が何かを成し遂げたとき、どれだけの時間と努力を注いだか、私たちにはわからないことがある。ウォーレン・バフェットは今、数十億の資産を持っているが、彼は6歳でチューインガムを売り始めたのだ。1パックで2セントの儲けだった。


北修爾

94年1月に(北)茂社長の退任の発表と同時に日本経済新聞をはじめ各紙で約1300億円もの阪和の大規模な特別損失が報じられ、私が再建を託されることになった。51歳の若さで上場企業の社長になるので霞が関の元同僚からも関心を持たれ、「よく焼け火ばしを握ったなあ」とも言われた。阪和の株価は信用不安で奈落の底へ落ちていた。ただ、営業基盤はしっかりしており資産も残っていたので、財テク資産を損切りしても債務超過にはならないと考えていた。頑張れば再建できると。


加藤照和

経営では、やるべきことをやり、やらざるべきことをやらないという判断が極めて重要ですが、その拠り所となるのが経営理念です。経営理念をいかに浸透させるか。そして、理念にもとづいてビジョンを立て、計画に落とし込んで実行していく。それをあたかも自転車に乗るような自然な感覚で実行できるまで持っていくのが、今の私の経営のテーマになっています。


岩瀬昌美

私もチャットツールをよく使っています。電話の場合、言った、言わないの問題に発展しかねないのでメッセンジャーやメールなど文字で会話に履歴が残るものを使うようにしています。とはいえ、メールやメッセンジャーだと文字だけなので無機質な言葉になりがち。緊急時や謝罪時、何か問題があるときは電話で連絡します。


西澤敬二

さらに新たなビジネスモデルにチャレンジしていかなければいけない。今後の競合はどこになるかまだ見えないが、お客様の立場に立って徹底的に取り組んでいく。


高岡浩三

グローバル人材とは、「グローバルに考え、ローカルに行動する」ことができる人。


藤沢武夫

布を織るとき、タテ糸は動かず通っている。タテ糸がまっすぐ通っていて、はじめてヨコ糸は自由自在に動く。一本の太い筋が通っていて、しかも状況に応じて自在に動ける、これが「経営」であると思う。


村上太一

本来の自分を偽ってまで、外づらを良くする必要はありません。あくまでも、「もともと自分が持っているものを場面ごとにどう使い分けるか」を考えるべきではないでしょうか。


西村晃(経済評論家)

仕事が速くなるために、何から手をつけたらいいかわならないというなら、一度、自分の1日の動きを追ってみることです。歯磨きに何分、着替えに何分というように、朝起きてから夜寝るまでの、時間の明細表をつくるのです。明細表をつくれば、現在の自分が24時間をどのように使っているかがはっきりするし、1分や5分という単位で何ができるかということも発見できます。