名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

信太明の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

信太明のプロフィール

信太明、しだ・あきら。日本の経営者。アウンコンサルティング創業者。福島県出身。早稲田大学政治経済学部在学中からリクルートの教育情報雑誌の企画営業に携わり、大学卒業後リクルートに入社。その後、日本ネットワーク研究所の経営コンサルタント、ABCマートの運営本部部長などを経て独立。アウンコンサルティングを設立し、検索エンジンマーケティング(SEM)、検索エンジン最適化(SEO)などのサービスを軸に同社を急成長させ東証マザーズに上場させた。

信太明の名言 一覧

海外進出にはリスクは当然あるし、死ぬ気でやらないと大変なことになる。安易な考えでは失敗する。


私の場合、最も集中でき、頭が冴える午前中を、主に経営課題をじっくり考える時間にあてています。


集中できないときは、いつも携帯情報端末に10個ほどストックしてある「気分転換になる仕事」をすることで思考にメリハリをつけています。そうした雑務をこなすうちに、またフッと気持ちが乗ってくる瞬間があります。そうしたら、再び思考に集中するのです。


パッと思いついた考えや、企画に役立ちそうな口コミ情報など、逐一、携帯情報端末に入力しています。せっかくいい考えを思いついても、記録しておかなければ、すぐに忘れてしまいます。その点、情報のストックさえあれば、どこでも集中して課題を考えることができます。


たとえば、新商品企画と新規事業案策定など、似たような仕事は一気にやった方が集中しやすいでしょう。


ここぞというときに集中力を発揮する習慣が身につくと、仕事の量や質は3~4倍は向上します。


ツイッターを使うことによって、週に一度の経営会議で審議に掛けていた2時間を、実質0時間にすることができた。極論を言えば公園で一息入れながらでも、テレビを見ながらでも、都合に合わせて、スキマ時間で議論に参加すればいい。


私はすべての会社に入社するときに、30歳になったら起業したい目標がありますとお話ししてきました。リクルートは営業の勉強をするため、経営コンサルは経営の勉強をするため、ABCマートはラッキーなことに実際に経営にも携わることができました。


以前は断られると電話をかける本数が減る社員が多かったのですが、話す内容と言葉をマニュアル化してからは、かける本数と契約数が安定してきました。また、新人でもベテラン並みに、一定の成果が得られています。


信太明の経歴・略歴

信太明、しだ・あきら。日本の経営者。アウンコンサルティング創業者。福島県出身。早稲田大学政治経済学部在学中からリクルートの教育情報雑誌の企画営業に携わり、大学卒業後リクルートに入社。その後、日本ネットワーク研究所の経営コンサルタント、ABCマートの運営本部部長などを経て独立。アウンコンサルティングを設立し、検索エンジンマーケティング(SEM)、検索エンジン最適化(SEO)などのサービスを軸に同社を急成長させ東証マザーズに上場させた。

他の記事も読んでみる

岸見一郎

不確実な未来より「今、この瞬間」に意識を集中してほしい。将来のことばかり考えると今がおろそかになり、幸福感や充足感を得にくくなる。


御手洗冨士夫

企業人も自らある程度のリスクをとりつつ、市場を切り拓いていく覚悟が求められている。


池谷裕二

入力の仕方は関係なく、出力する機会が多い方が記憶は定着すると考えられます。人に話すという行為は、まさに出力そのものです。覚えたい知識があれば、資料を何度も読み返すより、それを職場で話してみるとよいでしょう。その方が、ずっと記憶として定着します。


佐藤正午

僕の書いている小説のエピソード、そのひとつひとつはありえない話ではありません。たとえば『身の上話』の主人公・ミチルは、不倫相手にくっついてふらっと地元を出て行ってしまう。それ自体は僕の知人女性の実体験がもとになっています。その先で、たまたま宝くじで高額当選していることに気がついた彼女は、東京に居つくことを決めるのだけど、日本中のどこかで誰かが当選しているのだから、これもまた起こりうる話。さらに殺人事件に巻き込まれることについても、理由なく誰かが殺されてしまうことが簡単に起きる世の中ですから、なんら不思議ではありません。だけど、どれもたいていの人の日常からはかけ離れているから、事実をそのまま羅列するだけでは「こんなのありえない」と言われてしまう。はずみで駆け落ちするのならば、そのはずみがどういう経緯で起きたのかを何ページもかけて読者に説明して初めて、読者は「ああ、だからこういう事象に至ったのか」と納得してくれる。それを成すのが小説であり、嘘を本当に見せるということだと僕は思っています。


木田宏

平等主義の思想は、個人個人はそれぞれ違うという前提があって成り立つ。ところが違ってはいかんという画一主義に走るから問題が起きる。人間にあまり等質性を要求しすぎて同じキャリア、メンタリティー、能力水準を持つ人間がいいとする。それがいまの人事制度、ひいては社会制度を窮屈にしている。


倉重英樹

社員には「たとえば株主を背負ったときリーダーは私だが、お客様を背負った場合は君らがリーダーだ。だから、そういう場合では私を上手く使ってくれ」と話しています。社長や部長というのは、地位ではなく単なる役割なのです。


荒川静香

どんなに記憶に残る演技でも、「求められる要素」を盛り込まなければ加点されません。ビジネスの現場と似ている点かもしれませんが、重要なのは「統計データ」です。戦略を練る際、「技の成功率」や「点数が取りやすい技術」など、あらゆる統計データを取って考えます。例えば、「誰がどの技で結果を残したのか」というデータを見ながら、自分の持ち技で、どう戦えるかと考える。難易度の高い技に挑戦して失敗した時に、手元に残る点数も計算しながら、様々な場面を想定します。


河田真誠

顧客とのつき合いにおいて最も恐れるべきは、認識のズレ。相手の価値観を正確に把握していないと、こちらがよかれと思ったことが期待外れの提案となり、空振りするというミス、そして仕事に費やす時間のロスにつながります。


吉永泰之

大きな投資を伴う新工場建設は考えていません。クルマは少し足りないくらいがちょうどいい。新工場をつくって一気に数万台も生産台数が増えると、クルマが余ってしまう可能性もあります。余ったクルマを安売りすることだけは避けないといけません。大きな設備投資をしなくても、生産台数を増やす方策を考えています。


岡村隆史

以前はDVDに残そうなんて全然、思ってなかったから。舞台は生で見た方が絶対に面白いし、カメラというフィルターを通したら違うものになってしまう。振り返るのはかっこ悪い。でも、それは若い頃の思い込みだった部分もあって。40歳になってみると、振り返ってわかることもありますね。


小室淑恵

ワーク・ライフバランスという言葉を聞くと、24時間を仕事とプライベートでどう配分するかといった印象を受ける人が多いですよね。しかし、ワーク・ライフバランスの本質は時間配分ではなく、仕事もプライベートも充実させて相乗効果を生み出すことにあります。


手倉森誠

五輪出場も危ないと言われていました。実際、ずっと勝てなかった世代なので、これは普通にやっていてはダメだと思いました。自分のやり方で勝たせるしかない、と。