名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

信元久隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

信元久隆のプロフィール

信元久隆、のぶもと・ひさたか。日本の経営者。曙ブレーキ工業会長。兵庫県出身。一橋大学商学部卒業後、曙ブレーキのフランス子会社に入社。約5年フランスで実務を経験し帰国後、曙ブレーキに入社。取締役、海外事業担当、米国GMとの合弁会社アムブレーキ社長などを経て曙ブレーキ社長に就任。事業分野を絞りブレーキ専業メーカーに改革。バブル崩壊後の危機から会社を救った。そのほか日本自動車部品工業会の会長なども務めた経営者。

信元久隆の名言 一覧

本当の多様性を学ばなければなりません。本当の多様性は、相手が違うということを認識し、許容して、そこからものごとを判断していくことです。


最終的には独りで意思決定をします。しかし、そのためにはオプションを提示する人材が必要です。


社長の限界が会社の限界であってはいけない。


「なぜ?」を繰り返し、おかしいことをおかしいと言う。永遠に無駄を省き続けることが経営です。


トヨタとの付き合いはプロ同士のかなり厳しいものだが、その中には情もある。これまで以上にコミュニケーションをとって一致団結してやっていきたい。信頼関係が重要なベースであり、そこをつなぐのが各社の技術力や競争力だ。


最初は豊田章男社長の言う「もっといいクルマづくり」のとらえ方にみんな戸惑ったと思う。だが、これからの車はいろいろなニーズがあり、人によって「いいクルマ」の受け止め方も変わる。だからこそ自分たちで考えることが大事だ。


今年、協豊会(トヨタ自動車・部品サプライヤーの任意団体)に独コンチネンタルが加入した。同床異夢? それがいい。いろいろな考え方に触れて、日本の部品メーカーも意識を変えていく必要があるからだ。


信元久隆の経歴・略歴

信元久隆、のぶもと・ひさたか。日本の経営者。曙ブレーキ工業会長。兵庫県出身。一橋大学商学部卒業後、曙ブレーキのフランス子会社に入社。約5年フランスで実務を経験し帰国後、曙ブレーキに入社。取締役、海外事業担当、米国GMとの合弁会社アムブレーキ社長などを経て曙ブレーキ社長に就任。事業分野を絞りブレーキ専業メーカーに改革。バブル崩壊後の危機から会社を救った。そのほか日本自動車部品工業会の会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

ジョン・ライス

グローバルで成功するには、かなりハードルの高いチャレンジングな市場でも進出する必要がある。GEのような企業の場合、アグレッシブにビジネスチャンスを営業チームが探して挑戦する一方で、はっきりノーと決断できる部分も備えておかなければいけない。


ミゲル・マッケルビー

私たちには能力と、大きなチャンスがあった。だから成功できると考えた。野心はあった。意気込みも情熱もあった。


ウルリッヒ・シュピースホーファー

広くて浅い経営は大変危険。


上土達哉

サービス開始当初は「LINEで応募してくる人を採用して大丈夫か?」という声をいただくこともありました。しかしこの2年で、企業と求職者が従来以上に接点を持つことができるサービスとしてご評価いただけるようになっています。


中西大介

もともとJリーグの「百年構想」には、サッカーではなく、「スポーツでもっと幸せな国へ」と謳われています。単にリーグやクラブだけでなく、スポーツ界を取り巻くステークホルダーの皆さんに貢献し、一緒に成長していくことを目指しています。


木村尚敬

部下は黙って有益な情報を上げてくれるほどお人好しではない。有益な情報を知りたければ、自分からアプローチする姿勢が必要だ。情報を引き出す際は、ストレートに尋ねるより、「いま報告しておかないとヤバいかも」と気づかせる質問を投げかけたい。部下が自ら報告したかのように体裁を整えたほうが、よりレアな情報を吸い上げられるだろう。


稲垣浩之

一口に土地活用といっても、手法は様々。所有する土地を売却して、別の不動産を購入したほうが有利だと考えられる場合などは、なかなか判断が難しい。そうしたとき、パートナーとなる事業者から得た客観的な情報が合理的な判断を後押ししてくれます。


青木功

歳だから「まあ、いいや」と思ったら選手としては終わりです。


吉山勇樹

上司と共通の認識や価値基準をもつことは非常に重要です。仕事を進めるうえでは、上司と現場が優先順位を共有することも大事ですが、その基準も互いに食い違っていることが多いのです。


小室淑恵

数をこなす時代は、ミスをさせないよう、上司が厳しく緊張感を持って部下を管理する手法が有効でした。しかし、創造性を発揮させるには、そのやり方では逆効果です。上司に怒られてばかりで萎縮したメンバーは、いいアイデアや企画があってもなかなか提案しないし、会議でも発言しません。これでは、チームとして付加価値の高い仕事をすることなど不可能です。


安岡正篤

平生からおよそ善い物、善い人、真理、善い教え、善い書物、何でも善いもの・勝れているもの・尊いものには、できるだけ縁を結んでおくことです。これを勝縁といい、善縁といいます。


宮本祖豊

私は北海道出身で、実家はお寺でもありません。京都大学の受験に失敗して浪人生活を過ごす中で、将来はサラリーマンではなく、徳を積む人生を歩みたいという思いが強くなりました。そんな時に出合ったのが、中国の天台大師智顗(ちぎ)が書いた『摩訶止観(まかしかん)』という書物でした。坐禅の指南書ですが、文章は格調高く哲学的で、大変感銘を受けた私は、この本を一生かけて究め、実践し、徳を積みたいと思い至ったのです。両親は出家に反対でしたが、22歳の時、書き置きを残して家出しました。懐に比叡山までの片道分の旅費があるだけでした。もちろん、何のツテもありませんから、得度受戒(とくどじゅかい)するまでには紆余曲折がありました。