名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

信元久隆の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

信元久隆のプロフィール

信元久隆、のぶもと・ひさたか。日本の経営者。曙ブレーキ工業会長。兵庫県出身。一橋大学商学部卒業後、曙ブレーキのフランス子会社に入社。約5年フランスで実務を経験し帰国後、曙ブレーキに入社。取締役、海外事業担当、米国GMとの合弁会社アムブレーキ社長などを経て曙ブレーキ社長に就任。事業分野を絞りブレーキ専業メーカーに改革。バブル崩壊後の危機から会社を救った。そのほか日本自動車部品工業会の会長なども務めた経営者。

信元久隆の名言 一覧

本当の多様性を学ばなければなりません。本当の多様性は、相手が違うということを認識し、許容して、そこからものごとを判断していくことです。


最終的には独りで意思決定をします。しかし、そのためにはオプションを提示する人材が必要です。


社長の限界が会社の限界であってはいけない。


「なぜ?」を繰り返し、おかしいことをおかしいと言う。永遠に無駄を省き続けることが経営です。


トヨタとの付き合いはプロ同士のかなり厳しいものだが、その中には情もある。これまで以上にコミュニケーションをとって一致団結してやっていきたい。信頼関係が重要なベースであり、そこをつなぐのが各社の技術力や競争力だ。


最初は豊田章男社長の言う「もっといいクルマづくり」のとらえ方にみんな戸惑ったと思う。だが、これからの車はいろいろなニーズがあり、人によって「いいクルマ」の受け止め方も変わる。だからこそ自分たちで考えることが大事だ。


今年、協豊会(トヨタ自動車・部品サプライヤーの任意団体)に独コンチネンタルが加入した。同床異夢? それがいい。いろいろな考え方に触れて、日本の部品メーカーも意識を変えていく必要があるからだ。


信元久隆の経歴・略歴

信元久隆、のぶもと・ひさたか。日本の経営者。曙ブレーキ工業会長。兵庫県出身。一橋大学商学部卒業後、曙ブレーキのフランス子会社に入社。約5年フランスで実務を経験し帰国後、曙ブレーキに入社。取締役、海外事業担当、米国GMとの合弁会社アムブレーキ社長などを経て曙ブレーキ社長に就任。事業分野を絞りブレーキ専業メーカーに改革。バブル崩壊後の危機から会社を救った。そのほか日本自動車部品工業会の会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

後藤玄利

コンサルタント時代、「米国では本社の優秀なコンサルタントがレイオフされている」。そんな情報が届き、情報収集をしてみたら、「彼らはクビになったのではなく、自らスピンオフ(独立)してITベンチャーを立ち上げ、うまくやっている」と。


大谷將夫

社内に広めるキーワードは、つい口に出して使いたくなること、行動がイメージできることが重要です。そうであれば、少しずつでも職場内に定着し、やがて全社員が心がければ会社は変わります。


古谷博義

介護保険施設での給食事業では、施設の厨房で食事を作って提供するのですが、時間か経ち、入居者の要介護の段階が上がっていくと、常食を摂れない方が増えてきます。当時、そのような方にはミキサーで細かく刻まれた食事が提供されていました。入居者が自分の親だとすれば、それを食べさせたいとは思わなかった。なんとかできないかと考えた。

【覚え書き|美味しい介護食開発に乗り出したきっかけについて】


安達洋

知りたいという気持ちが新鮮なうちにおさらいすると、頭に入りやすいのです。


萩本欽一

「ダメな子」から出発すると、大人になるころにはずいぶん運がたまってます。「お前はダメだな」と言われるたびに自動的に運は貯金されていくし、周囲から期待されないと野放し状態でどんどん行動するから、実践でものごとを学べる。発想だって豊かになっちゃう。「ダメ」という出発点からスタートすると、少し努力しただけでぐんと伸びるんです。基準点が低く設定されてる分、ちょっと伸びただけでも誉められやすい。


佐藤優

約束を守る人間になるための一つは、「できない約束はしない」こと。仕事でも、明らかに日程的に無理があるのに、いついつまでに仕上げます、と約束したりする。で、期日に遅れて、信用を失う。かといって、あまりに守りのスケジュールでは自分の成長がストップしてしまうので、そのあたりは微妙な加減が必要ですが、僕の感じで言うと自分のいまの実力の2割増しくらいのきつさが限度。そのくらいの背伸びはしないと、自分の能力は逆に縮んでしまいます。


為末大

究極の世界を覗いて認識を変えてみる。例えば、宇宙についての話を聞くとか、1000年後を予測する人の文献を読むとか、世界一に挑戦する選手の姿を見るとか、世界の貧困層について調べてみるとか。それで何かが急に変わることはないけれど、自分の悩みの内容の狭さに気づき、認識が変わる。無理にポジティブに考えようと思い込むより、自然と前向きになれると思います。


山田義仁

社長に就任する前の1年間、戦略室長として10年長期計画の策定を任されました。作田(久男)前社長に「なぜ私が10年プランを策定するのでしょうか」と冗談半分で尋ねたら「年齢を考えれば、君は10年後もこの会社にいるだろう。プランというのは作って途中で渡すのはダメなんだ」と返されました。10年たってもまだ60歳になっていない。計画を最後まで見届けなくてはいけない。そういう切実感、切迫感が必要だということです。「自分たちの10年ビジョンをお飾りじゃなくて、血となり、肉となったものに仕上げてほしい」とも言われました。私が10年間、社長を続けるかどうかは分かりませんが、次の10年間に最後まで責任を持つということです。


佐藤龍雄(経営者)

単なに物を売るという感覚ではなく、その商品の価値を売るという意識が必要。


ジェームス・バーダマン

英単語を思い出そうと努力するより、簡単な言葉で言い換える方が会話はずっとスムーズになる。


長島徹

オンとオフの切り替えを上手くやるコツは、仕事のことをパッと忘れて、自分の好きな世界に入っていく。二時間でも三時間でもいいから、好きなことをやる時間をつくることでしょうね。


森永卓郎

このあいだ、自分から頼んである映画に出演させてもらって、非常に勉強になりました。新聞の号外を配るワンシーンだけの役だったんですが、手が滑って号外を一人に二枚渡してしまった。どうせ映っていないだろうと思って続けていたら、監督からストップがかかったんです。「いま、2枚配りましたよね?」って。映画監督って、シーンのイメージが明確にあって、それにとことんこだわって映画を撮っていくものなんだなぁと、自分の体験から理解することができました。こういう発見は、本を読むだけではなかなか得られるものではありません。だから私は、新しい仕事は、ダダでもやりたいって思っているんですよ。