信元久隆の名言

信元久隆のプロフィール

信元久隆、のぶもと・ひさたか。日本の経営者。曙ブレーキ工業会長。兵庫県出身。一橋大学商学部卒業後、曙ブレーキのフランス子会社に入社。約5年フランスで実務を経験し帰国後、曙ブレーキに入社。取締役、海外事業担当、米国GMとの合弁会社アムブレーキ社長などを経て曙ブレーキ社長に就任。事業分野を絞りブレーキ専業メーカーに改革。バブル崩壊後の危機から会社を救った。そのほか日本自動車部品工業会の会長なども務めた経営者。

信元久隆の名言 一覧

本当の多様性を学ばなければなりません。本当の多様性は、相手が違うということを認識し、許容して、そこからものごとを判断していくことです。


最終的には独りで意思決定をします。しかし、そのためにはオプションを提示する人材が必要です。


社長の限界が会社の限界であってはいけない。


「なぜ?」を繰り返し、おかしいことをおかしいと言う。永遠に無駄を省き続けることが経営です。


トヨタとの付き合いはプロ同士のかなり厳しいものだが、その中には情もある。これまで以上にコミュニケーションをとって一致団結してやっていきたい。信頼関係が重要なベースであり、そこをつなぐのが各社の技術力や競争力だ。


最初は豊田章男社長の言う「もっといいクルマづくり」のとらえ方にみんな戸惑ったと思う。だが、これからの車はいろいろなニーズがあり、人によって「いいクルマ」の受け止め方も変わる。だからこそ自分たちで考えることが大事だ。


今年、協豊会(トヨタ自動車・部品サプライヤーの任意団体)に独コンチネンタルが加入した。同床異夢? それがいい。いろいろな考え方に触れて、日本の部品メーカーも意識を変えていく必要があるからだ。


信元久隆の経歴・略歴

信元久隆、のぶもと・ひさたか。日本の経営者。曙ブレーキ工業会長。兵庫県出身。一橋大学商学部卒業後、曙ブレーキのフランス子会社に入社。約5年フランスで実務を経験し帰国後、曙ブレーキに入社。取締役、海外事業担当、米国GMとの合弁会社アムブレーキ社長などを経て曙ブレーキ社長に就任。事業分野を絞りブレーキ専業メーカーに改革。バブル崩壊後の危機から会社を救った。そのほか日本自動車部品工業会の会長なども務めた経営者。

他の記事も読んでみる

吉田たかよし

ビジネスマンの多くは、時間に余裕のある週末を勉強時間にしていると思いますが、勉強だけでなく、同時にリラックスする時間も大切にしてほしいものです。私がお勧めしたいのが、「レジャー勉強法」です。外へ出かけて、普段とは違う環境の中で勉強するのです。私も公務員試験の勉強をしていたころは、休日に大学構内の芝生に寝転がって勉強したものです。海が好きな人なら海が見える場所、山が好きな人なら山が見える場所で勉強するといいでしょう。


矢野博丈

消費者が飽きやすいのは日本人だけかと思ったら、そうではありませんでした。新興国、先進国の差によらず、海外でもまったくそうなのです。たとえばアフリカでも商品はよく売れますが、やはり消費者はすぐに飽きてしまいます。


木村惠司(木村恵司)

どんな仕事も、向き合えば見えるものがある。


篠原欣子

私はスタッフに「恋をしたことがありますか」とよく尋ねることがあります。特に女性の方に多いと思いますが、恋をすれば常に相手が気になってしまいます。そこに全神経が自然と注がれてしまうのです。同じように仕事に対しても好きになってしまえば、全神経を注ぐことができるはずなのです。


中村獅童(二代目)

「今日はよくできた」と手応えを感じても、お客様に満足していただけたとは限りません。客席の「満足度」と、「自己満足」は必ずしも比例しない。これが役者の難しさであり、面白さでもある。


有本均

店長時代には、QSC(品質・サービス・清潔さ)を高めるための大きな目標を小さく分解し、毎日の目標に落とし込む作業をしていました。「お客様へ商品を提供する時間を短縮する」というのが大きな目標だとしたら、現状では注文を聞くのに何分かかっているか、コーヒーやバーガーを出すのに何秒かかっているか、といったところまでブレイクダウンしていきます。すると、どこで時間がかかっているのかが見えてきます。コーヒー用の砂糖を出すのに時間がかかっているとわかれば、「今日はその時間を短縮しよう」という短期の目標が設定できます。その目標を達成したら、また翌日は別の目標を設定し、それをクリアするために集中する。これを繰り返していれば、高いモチベーションを保てるはずです。


小森哲郎

危機感は高いが何を目指していくべきかがわからない人たちの場合、必要なのはまさに目標、ビジョンです。しかも、受け手に能力がそこそこあれば、正しい方向さえ見せればいいのです。手取り足取りやろうとすると「子ども扱いするな」とかえって反発されてしまいます。


和田洋一(スクウェア・エニックス)

私はどちらもしませんが、目標を人に話したり、紙に書いたりすることで気合が入る人は、そうしたほうが良いと思います。いずれにせよ、自らが自らの主人となり、目標を達成すると堅く決意すること。それが何よりも大切だと思います。


長谷川和廣

うるさい人、細かい人、しつこい人。優秀なチームリーダーの条件はこの3つです。どう考えても部下から好かれるタイプではありません。むしろ鬼軍曹と陰口を叩かれるような人です。小さなミスでもうるさく叱る上司なら、部下もミスを犯さないよう、慎重になります。重箱の隅をほじくるように細部をチェックされれば、大きな失敗を起こしません。また、しつこく確認する上司なら、部下の報告・連絡・相談も完ぺきになります。それで仕事は上手くいくのです。


能作克治

会社としては、外注費を絞ることができないので苦しいですが、地元の外注先に対して指導したり、社内と同等の人件費で発注すれば産地の企業が一緒に上がっていくではないですか。一社がダントツに伸びて、その一社がクシャミをしたら全員が風邪を引くようではダメ。同じぐらいの規模で伸びている会社がいくつもできることが、伝統産業には望ましいのです。


土光敏夫

行動となって現れないような思考は無用であり、時に有害でさえある。思考と行動は相互作用を積み重ねながら成熟していくもので、その中から生きたアイデアが生まれてくる。行動は思考の芽を育て伸ばす触媒なのだ。


嶋浩一郎

私は数年前に、世間で話題になっていた魔法少女アニメをたまたま観たんです。その時の私の驚きようといったら……。「魔法少女ってこんなに奥が深いのか!」と。そして「食わず嫌いはいけないな」と心から思いました。それから私は「最低月1回、普段の自分ならほぼ触れることのないコンテンツにあえて触れる」と決めました。コンテンツは本、映画、ライブ、スポーツ……なんでもいい。ルールは1つだけ。「コンテンツには1人で触れる」。友達と一緒に見たり、体感してはいけない。1人の方が素直にドキドキするし、いろいろなことに気づきやすくなるからです。


高城幸司

ビジネスでは相手の困りごとを解決できるかどうかで、それからの関係性が決まります。自社の商品で解決しないのであれば、他社の紹介でも構いません。「こいつは頼れる」という印象は、必ず次のビジネスにつながります。


横山信弘

過干渉によって部下の手足を縛ることは、部下の頭をフリーズ状態にさせ、回り回ってあなたの仕事効率も低下させる。


江幡哲也

仕事というのは、「やりたいこと」「できること」「やるべきこと」の3つの輪からできています。ビジネスマンが一番力を発揮できるのは、この3つの輪が重なっている状態なのです。だから目標を立てるときは、どうすれば3つの輪が重なるのかを、意識して立てるといいでしょう。


ページの先頭へ