名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

保木将夫の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

保木将夫のプロフィール

保木将夫、ほき・まさお。日本の経営者。医療用不織布製品、滅菌用包装袋、各種医療用キット製品のトップメーカーのホギメディカル創業者。東京出身。文具小売業の保木明正堂を創業。その後、心電図用記録用紙販売事業に乗り出す。医療用消耗品事業で業績を伸ばし、同社を東証一部に上場させた。独自の経営手法で直間比率9:1を実現し、営業利益率25%という高収益体質を実現した。ホキ美術館館長。

保木将夫の名言 一覧

起業当初から、信用は自分でつくるものだと思っていました。仕入れ先との約束は全部守る。支払いは遅れない。大変ですが、その積み重ねですよね。


どんなにいい仕組みをつくっても、経営は最終的には人だと思います。いい人材だと見込んだ人物がいて、ある部署の責任者に据えました。そうしたら、生産性は落ちるわ、経費はかかるわで、毎月1億円の赤字になりました。それで他の人に替え、半年後に2000万円の黒字にしました。


商売がうまくいかない原因とは何か。その根本の原理を突き詰めたいと思うようになりました。理由は三つ。「経営者の公私混同」「主力製品が陳腐化している」「経営に計画性がない」。この反省理論を踏まえて、私は「経営の安全」を実現する事業家になると決めたのです。


経営のセンスは伝授できるものではありません。経営のできる人を探し出して、必要なところに当てはめる以外にはない。


直間比率(直接費、間接費の比率)9対1は経営論のどこにも書いてないから認められない、と言う経営評論家もいます。私が考えたんですから書いていなくて当然でしょう。うちは9対1を実現したからこそ、高い利益率を出せているんです。


私の言うことを理解して、その通りにやって成功した人はいます。しかし、たいていの人は自分の考えを持っていますから、教えても言う通りにはしない。それで失敗するのです。


上場のために経理の現場を見て歩いたとき、出荷、在庫管理の数字に間違いが多いことに気づきました。原因は入力時のミスです。自分でもやってみましたが、入力は間違えるし、チェックでも見逃してしまう。決算になぜ何日もかかるかというと、そうした間違いを修正するのに時間がかかるからです。これではダメだと思いました。そこで2人同時に伝票を入力させ、2つの数字が一致したときだけ有効としたのです。すると間違いがすぐわかります。2人が同じ作業をするダブル入力はコストが高いと社内でも反対されましたが、結果としては断然安い。人員も少なくて済みます。さらに出荷の際の間違いをなくすために自動倉庫をつくり、コンピュータシステムも一新しました。


顧客への個別対応は一見効率が悪そうですが、ユーザー本位のカスタマイズが強みとなり、収益アップを牽引する製品となっています。


当社の製品で他社に真似できない技術を使ったものはわずかしかありません。その他の製品が売れているのは別の理由からです。1970年代前半、病院の院内感染が社会問題化したのを機に、手術用のガウンなど、使い捨て不織布製品の製造販売を始めました。市場はジョンソン・エンド・ジョンソン、バクスター、そして当社の3社の激しい競争となりました。相手は世界の2大メーカーです。しかも手術時に患者の体を覆う布では彼らが先行し、ノウハウも持っていました。倉庫は在庫でいっぱいになる。そこで相手の弱点はどこかを考えたんです。彼らのただひとつの弱点は「日本に工場がない」ことでした。それを逆手にとり、個別対応で医師の要望を取り入れた製品をつくりました。すると喜んで買ってくれる。これで当社が優位に立ち、最終的には医療用不織布製品で75%のシェアを獲得できたのです。


私は2番手は嫌いなんです。いままでなかったものを、自分が先に苦労してつくりたい。いまでも誰も手掛けていなかった製品をつくり続けています。


25歳で起業したときは、何を扱えばいいのかわかりませんでした。金もない、信用もない。となると、人の売れるものをやったら負ける。ニッチで誰も手を出さない製品、しかも将来有望なものは何か。弟の話をヒントに心電計の記録用紙に着目しました。当時は日本のメーカーが心電計を開発中でした。確かにこれは伸びるかもしれない、と。


インドネシア工場で、日本人の管理職を減らし、取締役を現地の人に任せたことが生産性の向上につながりました。日本から1人赴任すると給料以外に毎月100万円かかるんです。しばらくは赤字が続くとの見通しだったのをもう一度見直させたら、4か月でトントンになって、以降はずっと黒字です。1年で累積赤字を返済しました。タダでつくっちゃったようなものです。その後、本社を縮小し、自動化できるところは自動化して、直間比率(直接費、間接費の比率)9:1を徹底しました。


会社の運営に関して、私は直接費と間接費の割合は9:1が適正だと考えています。業種に関わらず、普通は7:3が一般的です。私の計算では、7:3と9:1では30数%も利益が違ってくる。要するに原価が3割安くなる。これだけ違うとかなり優位に立てます。


この60年、いままでなかった製品をいくつも発表してきましたが、すぐに思ったように売れませんでした。新製品はなかなか売れないものです。


保木将夫の経歴・略歴

保木将夫、ほき・まさお。日本の経営者。医療用不織布製品、滅菌用包装袋、各種医療用キット製品のトップメーカーのホギメディカル創業者。東京出身。文具小売業の保木明正堂を創業。その後、心電図用記録用紙販売事業に乗り出す。医療用消耗品事業で業績を伸ばし、同社を東証一部に上場させた。独自の経営手法で直間比率9:1を実現し、営業利益率25%という高収益体質を実現した。ホキ美術館館長。

他の記事も読んでみる

齋藤孝(教育学者)

「メンタルの強さ」は、経験の量に比例する。最初は辛いと思った仕事でも、繰り返すうちに慣れてくる。失敗を多く積み重ねた人ほど、その経験を糧にして後に良きリーダーになることもある。


村山滋

誰が悪かったとか、責任を追及するのは無意味です。第1次南極越冬隊の西堀栄三郎隊長は「ポジティブフィードバック」という言葉を残しています。失敗は次の糧にすればいいんです。過ぎたことは仕方がない。どんな悪い経験でも、経験しないよりいいはずです。


小山昇

成績が落ちてきた人は、過去の自分の数字を見るといいでしょう。1週間前の自分、1か月前の自分、1年前の自分をライバルにして、それを超えることを目標にすればいいのです。というのも、以前よりも成績が落ちている人は、単にサボっているというケースが多いからです。過去の自分よりも頑張れば、少なくとも自己記録を更新することができるはずです。


石川善樹

「人間が一日に使える意思決定の量は限られている」。これは心理学の定説です。朝、何を着るか、何を食べるかと検討する。いちいちそんなことをやっていたら、決める作業の連続で心はすっかりすり減ります一日に許された意思決定の総量を使い果たすと、あとは理性ではなく欲望に支配されてしまいます。ちょっとしたことでイライラし、生産性を著しく損なうことも多いのです。


クリスティアン・クルツケ

磁器の世界では、中国の模倣品の脅威がよくいわれますが、300年間で80万種類もの製作パーツを蓄積し、独自の進化を遂げてきたマイセンのものづくりを模倣することは容易ではありません。


八郷隆弘

創業から変わらないのは、現場の活力を大切にするという考え方だ。これからも変えるつもりはない。


出口治明

準備していれば、本当の夢を実現するチャンスが巡ってくる。


末田真

成長している業界で起業すれば、自然と売り上げが増える。あとは業界内でどう戦うかを考えればいい。


井上礼之

日本のモノ作りの強みは従来、設計から製造に至る工程で部門間が連携して品質改善などに取り組む「すり合わせ技術」において発揮されてきました。デジタル家電など標準タイプの部品を集めて組み立てる「組み合わせ技術」の製品が苦戦する一方で、自動車や工作機械などすり合わせ技術が生きる業種では、日本は強みを維持しています。そうした製品であれば、すり合わせ技術で圧倒的に優位に立てるビジネスモデルを構築し、技術や品質、「匠の技」などを磨き続けることも、世界で勝つ要諦のひとつだと思います。


出口治明

人間は過去からしか学ぶことができません。過去の事例に照らし合わせ、最適だと思われる決断をする。その判断材料は多ければ多いほどいい。だから、世界史が役立ちます。


髙柳浩二(高柳浩二)

私自身、伊藤忠商事から来た身で、現場のことはファミマの澤田貴司社長とユニーの佐古則男社長に任せている。私がやるのは、あくまでグループ最適を追求すること。筆頭株主の伊藤忠のリソースも積極的に活用していきたい。


宮崎龍己

当社のビジネスモデルは継続的にIT人材を創出していくものであり「採用」「教育」「営業」の3要素に加え、初期の人材教育を支える財務基盤が必要な独自性の高いものであるため、他社は容易に模倣できません。