名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

保志忠彦の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

保志忠彦のプロフィール

保志忠彦、ほし・ただひこ。日本の経営者。業務用カラオケやコンテンツ関連会社の第一興商会長。東京アールエスでの勤務などを経て、第一興商を設立。同社は業務用カラオケシステムの販売・レンタルなどで同社の業績を伸ばした。また、音楽配信を基軸としたビジネスを展開。業務用通信カラオケでは業界最大手で、直営カラオケ店舗ビッグエコーなども全国展開している。

保志忠彦の名言 一覧

古今東西の歴史が証明しているように、過去の成功体験は必ず次の大敗の原因になります。輝かしい勝利の体験は早く消し去らないといけない。だから私は早く社長の座を譲り渡したかったのです。私のやり方にこだわっていたら、激しい環境変化にはついていけません。


「事業の進歩発展に最も害をなすものは、青年の過失ではなく、老人の跋扈(ばっこ)である」。58歳の若さで引退した住友の二代目総理事の伊庭貞剛氏は、こんな言葉を残しています。初代総理事の広瀬宰平氏は別子銅山の経営で功績をあげましたが、長らくその座にとどまった結果、銀行設立に後れを取ってしまいました。伊庭氏はそれを間近に見て、自らを戒めたからだといいます。


余人をもって代え難し。周囲にそうささやかれたからか、あるいは本人がそう思い込んだからか、最近、トップの座に長く居座って老醜をさらしてしまう経営者が目立ちます。とくに創業者の場合、いかにタイミングよく身を引くかは大切なことです。外から見て早すぎると思われる時期に、決断しないといけない。


急速な技術革新により、情報と流通が大きく変わり、音楽産業をはじめ、あらゆる産業を揺さぶっています。20世紀の10年分の進歩がたった1年で訪れてしまうような21世紀社会は、やはり若い人でないと乗り切ることはできないはずです。


勝つ者には偶然があり、敗れる者には必然があります。当社が勝ってこられたのは、ひとえにモノが売れる組織作りを徹底したからです。カラオケはスナックなどで使われる製品で、夜の時間の対応が肝心です。深夜営業をいとわない販売網を作り上げたことが最大の要因でした。


保志忠彦の経歴・略歴

保志忠彦、ほし・ただひこ。日本の経営者。業務用カラオケやコンテンツ関連会社の第一興商会長。東京アールエスでの勤務などを経て、第一興商を設立。同社は業務用カラオケシステムの販売・レンタルなどで同社の業績を伸ばした。また、音楽配信を基軸としたビジネスを展開。業務用通信カラオケでは業界最大手で、直営カラオケ店舗ビッグエコーなども全国展開している。

他の記事も読んでみる

福岡伸一

私たちの身体を構成する細胞の分子は、絶えず食べ物から得られる分子と入れ替わっています。髪の毛や爪といった目に見え、わかるところだけではなく、骨や歯といったところも例外なく入れ替わっているのです。早い、遅いの差はありますが、消化器官の細胞なんていうのは2、3日で入れ替わり、筋肉の細胞も2週間ぐらいで入れ替わる。細胞の分裂が起こらないとされる脳細胞や心臓細胞でも、細胞の中身は絶えず入れ替わっているんです。よく、知人とかと久しぶりに会うと「お変わりありませんね」って言うでしょう。でも、1年も経っていると、私たちの身体は表面上同じに見えても、分子レベルではすっかり入れ替わっているんですよ。それこそ、お変わり「ありまくり」状態です(笑)。


山元賢治

自分の人生を他人に委ねるのではなく、自分でデザインする。そのために、まずは自分のやりたいこと、ビジネスで成し遂げたい目標を考える。それが、強いメンタルを持つために不可欠。


小林喜光

時間を守るのは、社会人としての「常識的なマナー」です。しかし、私は実はもっと重い意味があると思っています。1人の人間が与えられている「時間」には限りがあります。約束に遅れて、その貴重な資源を浪費させるのは、「正義」に反するのではないでしょうか。


荒川詔四

日本の生きる道はビジネスモデルの開発にある。タイヤをつくって売るだけでなく、もう一度事業の周りを見直して、どうビジネスを再構築できるかと。


岸見一郎

部下を信頼しなければ、いつまでも仕事を任せられない。たとえば、部下が持ってくるレポートや、出版社などであれば原稿が全然ダメ。だが締め切りが迫っている。こういうときに、いつも上司が自分で書き直してしまうと、部下は成長しない。


中西勝則

たとえ業績が悪化している企業でも、事業承継には大きな意味があります。各社の事業をよく見ると、その企業なりの「宝石」が存在し、宝石の喪失は社会的財産の喪失でもあるからです。減少傾向であっても計上する売り上げがあるのなら、その企業を必要とする人が存在するということです。宝石を消失させずに事業承継し有効活用を図ることは地域経済の活性化につながります。


鈴木優輔

何歳まで生きるかではなく、何歳まで元気でいられるかが大事です。健康長寿を理想とし、病気にかかってから病院や薬に頼って治すのではなく、病気にならない努力をする。自分の健康は自分で守ることが不可欠なのです。


寺尾玄

私はこれまで、何度も可能性を使って不可能と思われていることに挑戦してきました。そのたびに「よくそんな無茶ができますね?」と言われますが、私にとっては無茶でも何でもありません。それはいつも「できるかもしれない」と考えているから。そのことを相手に説明するとさらに、「でも、○○と考えるのが普通ですよね」と聞かれます。実はこの質問が、可能性を使う時に立ちはだかる最大の障壁なんです。この質問の正体は何だと思いますか? それは「常識」です。


堀江裕介

資本力も組織力もないスタートアップが大企業に勝てることがあるとしたら、意思決定のスピードとオペレーションを勢いよく回すくらいしかない。


村木厚子

気長にやってみて、長い時間を経て振り返ると、「随分力がついたな、随分前に進んだな」と思える瞬間があります。短期間で成果が出ないからといって、必要以上に焦らなくても大丈夫。


深田和範

日本社会では、高校受験や大学受験のとき、あるいは就職のときに、学校や学部、企業などを選択することによって、自分の将来や人生を決めていきます。この仕組みに慣れてしまって、大多数の人が他から選択の機会を与えられなければ、自分のやりたいことを真剣に考えないようになってしまった。本当は、選択の機会が与えられるのを待つのではなく、常に自分のやりたいことを考えて、自ら選択の機会を作り出していかなければいけません。落ち着いて周りを見れば、選択の機会はいくらでも見つかるはずです。リストラという現実が迫ってきたときに、『あそこでこういう選択をしておけばよかった』と後悔しても遅いんです。学生の内から、自分のやりたいことを意識し、そこへ向かうために主体的に選択していく癖を身に付けておいた方がいいでしょう。


鹿島章

まったく違う分野から、新しいプレイヤーが突如誕生してくる。そんな可能性がある。