名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

保元道宣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

保元道宣のプロフィール

保元道宣、やすもと・みちのぶ。日本の経営者。「オンワードホールディングス」社長。熊本県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省、NTTエックスを経てオンワード樫山に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

保元道宣の名言 一覧

環境は依然厳しいですが、「反転攻勢」で臨みたいと思っています。いろんな石を投げて、反応を試していきたい。


保元道宣の経歴・略歴

保元道宣、やすもと・みちのぶ。日本の経営者。「オンワードホールディングス」社長。熊本県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省、NTTエックスを経てオンワード樫山に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

林野宏

与えられた課題を高いクオリティーでアウトプットするのは当然。「課題を作る」ことも自分の頭でできるようになることが求められる。


渡瀬謙

インターネットが普及したいま、相手についての情報は、ある程度、ホームページで簡単に知ることができます。ある企業に訪問するときに、その企業のホームページをみておくくらいのことは、実践されている方が多いでしょう。そのとき、そのホームページをプリントアウトしてクリアファイルに入れ、訪問時にもっていくことをお勧めします。とくに「沿革」のページが会話のきっかけをつくりやすい。相手と話すときに、そのクリアファイルをさりげなく机の上に置いておくだけで、「この人は、わが社のことをちゃんと勉強してきてくれている」という姿勢が伝わります。それだけで、相手の態度も変わってきます。


勝間和代

人はひとつのことに2時間も集中できません。最終的には15から30分単位の行動に分解し、自己投資の時間としてスケジュールに落とし込んでいくのです。


田才昭二

いつも貧乏してかけ蕎麦ばかり食べていたので、少し成功すると天ぷら蕎麦を食べたくなる気持ちは誰にでもある。でも、さらなる成長を求めるなら、贅沢は一週間だけと決めて、常に顧客の視線まで降りてこなければならない。


安田佳生

ひとつのテーマを2、3年考え続けるのは難しいものです。しかし、世の中には実際、よくこのビジネスでこれだけの売上を達成できたと驚くような中小企業が数多く存在します。そのような会社の経営者は、自分のテーマを諦めずにしつこく考え続けた人たちです。


齋藤賢一(経営者)

私は海外赴任していたとき、日本に戻ってきても、社内の人には会わず、最低限の用事を済ませたらすぐに帰っていました。帰国したときのポストを考えながら仕事をしているような人は、結局どっちもうまくいかないでしょうね。


戸塚隆将

自分の考えを明確に伝えるのが苦手な人は、英語で物事を考えてみるといいでしょう。日本語は主語が省略可能で、自分の立場や考えが曖昧でも成り立ちます。一方、英語は構造上、自分の立場や考えをはっきり伝えるのに適しています。それゆえ自分では明確な答えがあると思っていても、いざ英語に翻訳すると、考えが明確でないところが浮かび上がってくることがあります。これは英語力のトレーニングにもなるので、一石二鳥です。


上田準二

世の中が激変していく中、会社は新たな発想をもって変化・進化を遂げていかねば生き残れません。それをやれるだけの土台は作った。いかに目的に向かって会社を走らせていくかは、次の世代がやるべきです。私は自利と利他の世界で会社人生を歩んできました。これからは自己の人生を歩みます。まだ何も決めていませんがね(笑)。


金井英之

仕事で成功している人は、みんなコミュニケーション上手です。仕事上のコミュニケーションというと、社外に目が向く人も多いようですが、まずは社内の人脈づくりが重要です。まずは自分の身の回りの人たちに好かれる人間になることです。


ベンジャミン・ローゼン

失敗したことを誇りなさい。それだけリスクを冒したということなのだから。
【覚書き|コンパックの創業者ロッド・キャニオンに言った言葉。ロッドは低価格パソコン時代に高い値段にこだわったため同社の業績が急落。その経営ミスについて励ました言葉。同社はその後低価格パソコンで世界シェアトップに返り咲く】


樋口武男

伸びている人は自分の将来に対する「志」を明確にもっている人ですね。漫然と生きている人は何度言ってもできない。


千原せいじ

若い頃の僕はバカでした。中学校のときは親がよう学校に呼びだされていましたし、高校でも停学になりますし、基本的にアホなんです。接している情報が圧倒的に少ないじゃないですか。筋違いも甚だしいんですが、単純に言うたら、「自分は無敵や」と思うてました。それがある日、京都の街中でボッコボコにされて。2日間熱が出て寝込みました。そこから得たものは、腕っ節について自分は思うてるほどやないぞ、と。それで気持ちを入れ替えたかと言えば、そうでもなく。じゃあ、どの道なら無敵になれるか。16、17歳で芸人になることを決めていました。これはイメージができていたんです。バク転している自分、スーツ着てサラリーマンしている自分は想像できませんでしたけど、芸人として飯を食えている自分はイメージできた。これは経験上の後付けですけど、自分の得意なことと想像のできることを見つけるのはホンマに大事です。