名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

保元道宣の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

保元道宣のプロフィール

保元道宣、やすもと・みちのぶ。日本の経営者。「オンワードホールディングス」社長。熊本県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省、NTTエックスを経てオンワード樫山に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

保元道宣の名言 一覧

環境は依然厳しいですが、「反転攻勢」で臨みたいと思っています。いろんな石を投げて、反応を試していきたい。


保元道宣の経歴・略歴

保元道宣、やすもと・みちのぶ。日本の経営者。「オンワードホールディングス」社長。熊本県出身。東京大学法学部卒業後、通商産業省、NTTエックスを経てオンワード樫山に入社。常務、専務などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

今村暁

起きがけのときにポジティブなことをすると、脳が「今日はポジティブ」と勘違いし、前向きな気分が長続きする。ゴミ捨てをするなど、小さな達成感でも効果がある。


出口治明

リーダーには、「これをやりたい」という強い思いが必須です。そして、その旗を掲げた人の周りに有志が参集していく。右へ行くのか、左へ行くのかわからないような旗のもとには、人は集まらないでしょう。


千本倖生

決断するには心理的な突貫力、勇猛心というべきものが必要です。賢いだけではダメで、いい意味での無頼性のようなものがなければ、何事も起こせない。


伊東信一郎

1986年にはじめて国際線に進出したとき、不安もありましが、会社全体に大きな熱意がありました。


フィリップ・コトラー

いままでは顧客の調査を重ねれば、「顧客の目線」でものごとが見えてくると考えられてきました。しかし、何百ページものマーケティング報告書は、読み切れないほど大量のデータを集めているだけで、それを見て顧客のことがわかったつもりになっていました。しかも、売り手側は情報を独占し、一方的に都合の良いメッセージを流し続けていました。私はこれを「モノローグ(ひとり芝居)」と呼んでいます。双方向のインターネットの登場によって、そういう時代は終わりを告げました。


青山祐子

活動的かどうかはわかりませんが、頭よりも足で仕事するタイプだと自分では思っています。局にはもちろん自分の机がありますが、そこに1時間もいると珍しがられるくらい、局でジッとしていません(笑)。とにかく、いろいろなところに出かけて、人に会うようにしています。


井上礼之

徹底した現場主義は、素早い経営判断をする上で役に立っていますが、私自身、多くの人の話を聞いても、すぐには決められないこともあります。その場合は「一か月後にみんなで結論を出してこい。私はそれに従うから」などというときもあります。決めてくれると思っていたリーダーが決めないと、社員たちは責任逃れができなくなるから、自分の問題として真剣に考えます。最後には現場に即した良い答えをちゃんと出してきたりする。その答えが正しいかわからない場合も、大きな影響がないようなら、思い切って採用する。それが現場への権限委譲やリーダーの育成につながります。


梅田望夫

ブログにコメントを自由に書き込みができ、たとえそこに嫌な内容が書き込まれていたとしても、消さないで残しておく。それも含めて、全体が「知」なんです。


岩下尚史

昔からの無邪気な知人に「初老になってから活躍できるようになってよかったね」などと言われますが、それは僻目(ひがめ)というもので。男は50を過ぎていいことなど、ひとつもありません。心身ともに、20代から30代の頃が男として最も幸せでした。当時は会う人ごとに不平ばかり申しておりましたが、それは口先だけのことで男としてあんなに幸福な時期はなかったのです。


新田信行

飲食店は、日本全体の平均で3年以内で半分が潰れてしまうといいます。実は彼らは金融機関の指導を受けていないことが多いんです。我々の税理士さんの中には飲食業が得意な方もいるので、お願いすればきちんとやってくれます。飲食業の方々は料理をつくるのは上手ですが、教えられなければ資金繰りのことなどわかりません。みんな潰れたくて潰れているわけではないのです。


東英弥

事業構想に取り組んでいますと「社会の一翼を担う」という理念がなければならないということを痛感します。企業は理念に基づき広報活動を行う必要があります。


吉留真

昼間の会議では意見を言うことは少ないものです。夜、全員を飲みにつれていって、いろいろな意見や本音を聞く。それが大切なんです。