依田誠の名言

依田誠のプロフィール

依田誠、よだ・まこと。日本の経営者。電池メーカー「ジーエス・ユアサコーポレーション」社長。東京出身。中央大学商学部卒業後、日本電池(のちのGSユアサコーポレーション)に入社。ギリシャ・ドイツ駐在、中国合弁会社総経理、情報通信事業部営業部長、常務取締役、専務執行役員などを経て社長に就任。

依田誠の名言 一覧

中国に赴任したとき、ポケットマネーで毎週のようにバーベキュー大会を開きました。つたない中国語で酒を酌み交わせば、そのうち気心が知れてくる。その後、仕事が増えたあとも、まじめに働いてくれました。


食べ負けない。飲み負けない。おしゃれでも負けない。とにかく欧州の人たちに張り合おうと思った。そのうち、「日本人にしてはよく食べるやつがいる」という評判が広がり、「君がミスター・ヨダか。どこの会社だ」。それが取引につながっていった。
【覚え書き|日本電池欧州駐在員時代を振り返って】


依田誠の経歴・略歴

依田誠、よだ・まこと。日本の経営者。電池メーカー「ジーエス・ユアサコーポレーション」社長。東京出身。中央大学商学部卒業後、日本電池(のちのGSユアサコーポレーション)に入社。ギリシャ・ドイツ駐在、中国合弁会社総経理、情報通信事業部営業部長、常務取締役、専務執行役員などを経て社長に就任。

他の記事も読んでみる

三宅卓

経営者というのは先に明かりが見えると不思議なもので、それだけで元気になります。そうすると積極的な営業展開や設備投資ができ、好循環に入っていく。


江上治

語学や資格を身につけたからといって、必ずしもそれで稼げるわけではありません。中国語を勉強しても、ビジネスやプライベートで使わない限り、語学学校や教材への不要な支払いだけがかさむという結果にもなりかねません。風潮に流されて流行の資格や学歴を欲しがるなど、目的のはっきりしない勉強は何の役にも立ちません。


岩崎裕美子

会議は30分というルールにしています。そこで結論を出さないとまた集まらなければいけませんので、いやが応でも集中した議論になります。


似鳥昭雄

家具屋さんでもどこでもいい、店内に入ったら店員が飛んできて、ずっとついて歩くとしたら鬱陶しくないですか。お客としてはそう思うのが自然でしょう。それは世界中どこでも同じです。アメリカはそうだが日本は違う。北海道はそうだが関西は違う。文化が違うから接客の仕方も違うんだという人がいますが、本当にそうでしょうか。みんな人間なんだから感じ方もベースの部分では同じだと考える方が自然です。


三木雄信

英語学習で大事なのはインプットではなくアウトプット。「The Oxford 3000」の単語を並べ替えて、適切な状況とタイミングで話せるようになることだ。


村山昇

「どうしてうちの上司は○○してくれないのだろう」と不満を抱いている部下も多いと思いますが、厳しいことを言えば、それは一種の甘えなのです。不満をためこんだり、愚痴をこぼしたりしているだけでは、上司の態度は変わりません。それよりも、部下である自分の方から積極的に上司に働きかけてみてはどうでしょうか。


青木仁志

目標達成のうまい人は、人の力を借りるのがうまいんですよ。我が強いと、人の力を借りたくないと思う。自分だけでやろうとする。でも、できない。そこで目標を下げてしまう。


和田裕美

本当に理解しあえる信頼関係を築ける雑談力が、一流の営業マンにとってのいい話し方なのです。話が弾むときは、とりとめのない会話でも、その場にいることが楽しくて仕方がないはずです。心の深いところでつながっているからこそ、あなたから買いたいと思うのです。


吉山勇樹

上司からの指示を何も考えずに実行に移していませんか?「この会議は出た方がいい」と言われ、実際に出てみると自分は特に必要がなかったという経験はないでしょうか。そんなときは、指示通りに動く前に、その会議の趣旨を確認しましょう。本当に出席が必要か、議事録を受け取って確認すれば十分ではないか、と考えて判断することが大切です。


齋藤孝(教育学者)

交渉はゼロサムゲームにしてはいけない。相手を論破したり、言いくるめたり、揚げ足をとったりして自分が利益を独占できたとしても、相手との関係はその場で終わる。場合によっては信用を失い誰からも敬遠されるようになる。結局、これは損でしかない。


大塚陸毅

常に危機感を持ち続けるとともに、サクセスストーリーを作ることが大切だと思います。サクセスストーリーは次の変革を推進するバネになるからです。いい芽は出始めてきたという実感はあります。この調子で行くと、各グループ会社は外に出ても十分に競争力を持つ存在になっていくと思います。


アラン(哲学者)

幸福とは、報酬など全然求めていなかった者のところに突然やってくる報酬である。


伊藤雅俊(味の素)

世界では栄養の過剰摂取が問題になっています。経済が豊かになり、食品の加工度が上がると料理をしなくなり、太る人が増える。何でも簡単に食べることができてしまうからです。我々も食品でビジネスをしている以上、こうした課題の解決に取り組む責任がある。


鈴木雄介

小学館に在籍していた1990年代、初めてコンテンツの電子化に着手しました。当時、小学館は「日本大百科全書」を発行していました。これをすべて電子化すれば便利だと思い、進めようとした途端、前例のないプロジェクトだっただけに、百科事典編集部から猛クレームを受けました。その抵抗たるや、すさまじい。反対勢力の人たちと何度も会議を重ね、理解してもらえない人には膝を突き合わせて説得しました。


岩崎博之(経営者)

顧客の要望を知ろうとアンケートやヒアリングを行ったことはありません。モノ作りに必要なのは「顧客満足」ではなく「顧客誘導」だと思っているからです。顧客誘導のポイントは「顧客の顧客」を喜ばせること。メディカル・データ・ビジョンで言えば、病院の顧客である患者さんにプラスとなる商品やサービスを顧客である病院に提供することです。患者さんがその病院に行くようになれば、顧客である病院にメリットが生まれ、必ずその商品やサービスは普及します。


ページの先頭へ