名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

依田平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

依田平のプロフィール

依田平、よだ・たいら。日本の経営者。介護の「ケア21」社長。長野県出身。法政大学法学部卒業後、出版社「ぎょうせい」に入社。その後、ケア21を設立。業界に先だって従業員の待遇改善に取り組んだ。

依田平の名言 一覧

人は、何歳になっても成長できます。65歳で終わりとは考えていません。


会社は、母親の胎内のような包み込む力を持った、安心できる存在でなければなりません。一度退職した社員も再び戻ってこられるくらいの懐の深さが必要です。


競争社会のなかで平等な部分をつくる。安定した労働環境の整備は、安心して働けることに繋がり、最終的には「ケアの質」の向上へ結びつくと信じています。


私は、65歳を過ぎてからも能力を伸ばすことができると信じています。会社ができることはその機会を与えることと、能力を伸ばすために必要な研修の仕組みを整備することです。


定年制の廃止は、働く側に、「いつ、自分は仕事を辞めるのか」を決める権限を与えることです。これまでなら、会社に決めてもらう人生が当たり前であったものを、自分で決める生き方の選択肢として提示することになります。自分の人生を自分で決める。その意思を持ったスタッフが一人でも多く生まれることに期待しています。


課長以上の役職者に対しては、役職の勇退制度などを適用し、65歳になったら新たに社内起業にチャレンジできるようなチャンスも提供していきたいと考えています。


新卒の社歴の浅いスタッフのなかには、定年制撤廃に対してモチベーションの向上につながるといった反応を示す者もいます。安定した職場づくりが求められている証しと言えるでしょう。


日本経済の行方といった大きなテーマで考えてみれば、いつまでも働くことができる、生きがいのある毎日が送れる環境を整えれば、年金に頼らない暮らしの実現も可能となる。社会保障の行方を案じる前に、いつまでも収入を得ることができる社会の実現に、寄与することも経営者としての責任ではないでしょうか。


定年で辞めなくてもいいとなると甘える社員も出てくるでしょう。でも、それでかまわないのです。甘えることができる会社が存在し、そのなかで優秀な社員の存在も際立ってくるはずです。


介護という仕事は、高齢者の自立した生活をサポートすることが軸になります。その仕事のなかでスタッフは高齢者に対して彼らの持っている可能性を信じて仕事に取り組んでいます。何もかも手助けするのではなく、日常の暮らしに寄り添うなかで、高齢者のできること、やりたいことに気づき、達成感が得られる楽しい毎日を形づくっていくのです。そんな仕事に取り組んでいるスタッフの可能性を年齢で区切ってしまうことはできません。働く側の可能性についても同じようにサポートしたい。


当社は、企業理念のなかで「人間の尊厳の尊重」を掲げ、人を大事にして、人を育てることを重んじています。今回の定年制廃止は、スタッフの人権を守り、年齢によって働く意思や能力を限定しないという考え方にのっとっているのです。


定年制廃止の実施を決めました。高齢者雇用安定法によって65歳まで定年を延長することが義務づけられていますが、少子高齢社会において、何歳まで定年を延長するかという議論はふさわしくないように感じていました。定年制は、年齢を口実にした首切りと変わらないとさえ思っています。


依田平の経歴・略歴

依田平、よだ・たいら。日本の経営者。介護の「ケア21」社長。長野県出身。法政大学法学部卒業後、出版社「ぎょうせい」に入社。その後、ケア21を設立。業界に先だって従業員の待遇改善に取り組んだ。

他の記事も読んでみる

齋藤勇(齊藤勇)

最初は製品や接客などが原因でクレームをつけてきたのに、最後に「お前はなんだ!」と対応した人を否定する人もいます。二次災害を避けるためにも、相手によって話し方や態度を変えてみましょう。淡々と怒っている人には落ち着いた口調で。怒鳴り散らす人にはオーバーリアクション気味に頭を下げて謝ったり。相手に合わせることで事前に防げる問題もあります。


野村忠宏

好きなことで独立しても楽しいだけではなく、継続するなかで苦しみが必ず生まれます。もしかしたら、その仕事が嫌いになるかもしれない。どんな状況であっても、小さな成功でも悔しさでもいい、自分を奮い立たせてくれるモチベーションの種をつくり続けることです。


内田俊雄

単なる精神論でチームワークを強調してきたつもりはありません。野球は記録に残らないプレーが勝敗を左右するスポーツです。盗塁のときに、打者が走者を助ける空振りをする。平凡な内野ゴロでも全力疾走を怠らず、守備では味方の暴投に備えて必ずバックアップに入る。選手一人一人が自分の適性や役割を理解して、チームワークを優先することができるなら、その強さは少しのことでは決して揺るぎません。練習中から挨拶や全力疾走をおろそかにしないように心がけているのも、記録に残らないプレーこそ、学生野球の基本だからです。


三輪豊明

1年の留学期間はあっと言う間で、私は米国公認会計士の資格を取得する前にあえなく帰国。その後、証券会社とメーカーに勤めましたが、その間もなんとなく「あんなに面白かった会計の勉強をやりきれていない」と後ろ髪を引かれる思いがありました。最後に勤めたメーカーでは、世界各地に駐在し楽しく働いていましたが、海外の工場統括で大きなミスが起き、責任を感じて自ら退職。私は30歳過ぎで無職になりました。さてどうするかというとき、頭に浮かんだのが、ずっと気になっていた会計の勉強だったのです。


岡素之

M&Aは、当社の9つの事業部門が自分たちのやっているコア事業をどう大きくするのかという戦略をいろいろ描いて、その実現に必要なときに実施するのが基本です。


フランソワ・ラブレー

良心なき知識は、人間の魂を滅ぼす。


鈴木敏文

セブン銀行開始当時、ATMの機械は1台800万円ほどしていた。それを、常に店舗内に設置することで防御にかけるコストを減らし、NECに1台200万円程度で作っていただいた。イニシャルコストが、従来とは全く違う。1台あたりの取引件数が1日70件ほどになれば必ず採算に乗るはずだと。考えたことは、単純なんですよ。


小倉広

好んでミスする人はいませんよね。ミスは精一杯頑張った上でのもの。「君はベストを尽くした」と認めてあげるべき。そして一緒に考えようと促す。最近は、大丈夫だよ、僕がカバーするからという優しい上司も多いようですが、部下は上司に依存してしまい、よくないフォローの仕方だと思います。


塚越寛

二宮尊徳は「人、生まれて学ばざれば、生まれざると同じ。学んで道を知らざれば、学ばざると同じ。知って行うこと能わざれば、知らざると同じ」と言っています。つまり、知識や経験は、道(あるべき姿)を知ってこそ生きてくるものだということ。スキルばかり求め、「企業がどうあるべきか」という哲学に欠けている経営者が増えたような気がします。


井川幸広

私たちは時代のトレンドを追いかけてきたわけではありません。事業には「お金を出す人」「汗をかく人」「知恵を出す人」という三者が必要です。日本の場合「汗をかく人」ばかり重用され、「知恵を出す人」が正当な報われ方をしていないという問題意識がありました。この国は知財に対する評価が低すぎる。知財を持っている人たちは自分の持つ権利をアピールするのが苦手で、フリーになった途端に不利益を被ることもあったのです。そこにスポットを当てようという考えが前提としてあります。


ジェフリー・フェファー

新しいつながりを手にしようと思うなら、誰一人として知り合いがいないような集まり、普段は関心がない分野の会合などに顔を出すことだ。日本には仕事の後に同僚と飲みに行く風習があると聞いているが、それを社外の人との飲みに切り替えるだけで大きく変わる。新しい出会いの中にこそ新しい学びやネットワークがあるのだ。


山本亮(コンサルタント)

知らない人に会う、それだけですごく構える人がいますが、やみくもに声をかけるわけではありません。たとえば、ターゲットの行きつけの店に出かけてみる、セミナーに参加して積極的に質問をしてみる、何か会合があれば参加してみるなど、確実にその人と会えるところに行くのがコツ。その場で話すことができたらラッキー。もしできなかったとしても回を重ねていけば顔を覚えてもらえて、向こうから話しかけてくれる可能性もありますからね。