名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

依田平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

依田平のプロフィール

依田平、よだ・たいら。日本の経営者。介護の「ケア21」社長。長野県出身。法政大学法学部卒業後、出版社「ぎょうせい」に入社。その後、ケア21を設立。業界に先だって従業員の待遇改善に取り組んだ。

依田平の名言 一覧

人は、何歳になっても成長できます。65歳で終わりとは考えていません。


会社は、母親の胎内のような包み込む力を持った、安心できる存在でなければなりません。一度退職した社員も再び戻ってこられるくらいの懐の深さが必要です。


競争社会のなかで平等な部分をつくる。安定した労働環境の整備は、安心して働けることに繋がり、最終的には「ケアの質」の向上へ結びつくと信じています。


私は、65歳を過ぎてからも能力を伸ばすことができると信じています。会社ができることはその機会を与えることと、能力を伸ばすために必要な研修の仕組みを整備することです。


定年制の廃止は、働く側に、「いつ、自分は仕事を辞めるのか」を決める権限を与えることです。これまでなら、会社に決めてもらう人生が当たり前であったものを、自分で決める生き方の選択肢として提示することになります。自分の人生を自分で決める。その意思を持ったスタッフが一人でも多く生まれることに期待しています。


課長以上の役職者に対しては、役職の勇退制度などを適用し、65歳になったら新たに社内起業にチャレンジできるようなチャンスも提供していきたいと考えています。


新卒の社歴の浅いスタッフのなかには、定年制撤廃に対してモチベーションの向上につながるといった反応を示す者もいます。安定した職場づくりが求められている証しと言えるでしょう。


日本経済の行方といった大きなテーマで考えてみれば、いつまでも働くことができる、生きがいのある毎日が送れる環境を整えれば、年金に頼らない暮らしの実現も可能となる。社会保障の行方を案じる前に、いつまでも収入を得ることができる社会の実現に、寄与することも経営者としての責任ではないでしょうか。


定年で辞めなくてもいいとなると甘える社員も出てくるでしょう。でも、それでかまわないのです。甘えることができる会社が存在し、そのなかで優秀な社員の存在も際立ってくるはずです。


介護という仕事は、高齢者の自立した生活をサポートすることが軸になります。その仕事のなかでスタッフは高齢者に対して彼らの持っている可能性を信じて仕事に取り組んでいます。何もかも手助けするのではなく、日常の暮らしに寄り添うなかで、高齢者のできること、やりたいことに気づき、達成感が得られる楽しい毎日を形づくっていくのです。そんな仕事に取り組んでいるスタッフの可能性を年齢で区切ってしまうことはできません。働く側の可能性についても同じようにサポートしたい。


当社は、企業理念のなかで「人間の尊厳の尊重」を掲げ、人を大事にして、人を育てることを重んじています。今回の定年制廃止は、スタッフの人権を守り、年齢によって働く意思や能力を限定しないという考え方にのっとっているのです。


定年制廃止の実施を決めました。高齢者雇用安定法によって65歳まで定年を延長することが義務づけられていますが、少子高齢社会において、何歳まで定年を延長するかという議論はふさわしくないように感じていました。定年制は、年齢を口実にした首切りと変わらないとさえ思っています。


依田平の経歴・略歴

依田平、よだ・たいら。日本の経営者。介護の「ケア21」社長。長野県出身。法政大学法学部卒業後、出版社「ぎょうせい」に入社。その後、ケア21を設立。業界に先だって従業員の待遇改善に取り組んだ。

他の記事も読んでみる

相澤賢二

営業マンは口下手でもいいのです。笑顔があれば。ただ、逆に口が上手すぎるのは問題だと思っています。口下手な人に「こういう風に話しなさい」と指導することはできます。けれども、口が滑る人に「その話はやめなさい」と指導してもなかなか制御できません。ベラベラしゃべるのがサービスであると勘違いしているのです。やはり聞き上手がいい。お客様の話をしっかり受け止めてください。


ケリー・マクゴニガル

「変わりたいと望むこと」と、「変わる意志」は同じではない。「諦めてしまう方が簡単だ」と、あなたがどこかで決めてしまいそうになった時に、屈せずにやり抜く力を与えてくれるような「望み・欲求」が必要。


山崎将志

具体的に「明日の午前中までに」などとノルマを課して計画を立てないと、物事って進まないと思うんです。上司と部下の間でも、ちゃんと期限を聞いて、無理を言われたら「明後日の午後までならできます」、あるいは「この仕事の締め切りもあるんですけど、どちらを優先したらいいですか?」と尋ねてプライオリティを明確にすることが大切ですね。


高橋和志(造船技師)

我々は何代も船大工として生きてきたから、そもそも、我々の海から逃げるつもりもないんだ。ここから見える海をはじまりにしなければ。家業がただ続けばいいってのではなく、ここで続けるから意味があるってことです。そんなことも、息子たちには伝えたくてね。親父はあの時はこうしたんだよな、みたいな話ですけど。私自身、祖父や親父の、言わず語らずという姿勢から、生き方みたいなものを教わったような気がしているのでね。


飯田亮

型にはめることを良しとする考えを正さなければ、日本の企業体の発展はない。


倉重英樹

管理職が不要になりつつあるのは時代の要請でもあります。昔の階層型組織は、上から下される命令が絶対で、その枠からはみ出さないように部下を管理するのが上司の役割でした。ところが職場にコンピュータが入ったことで、人が人を管理する必要性が急減しました。部下が成果を出せる環境をいかに作るかの方が重要になったのです。組織が階層型からネットワーク型へ移行するのに伴い、管理職からリーダーへの転換は必要なのです。


ジャンルカ・ヴィアリ

ゆっくり行く者が、着実に遠くまで行ける。


水木しげる

打込めることを真剣に探そうとすると真面目な人たちには、案外それが見つからないものです。見つけるにはコツがある。簡単なことです。好奇心を大事にすればいい。好奇心が湧き起こったら、とことん熱中してみる。これが近道であります。そうすると、「しないではいられないこと」が姿を現してくる。それでも、姿を現さないなら、ベビイ(子供)のころを思い出してみなさい。無我夢中で遊びや趣味に没頭したころを思い浮かべてみるのです。


宮嶌裕二

熱しやすく冷めやすいユーザーが多い中、各地の駅を訪問するゲームの「駅メモ」は、ゲームで遊んだことがそのまま思い出になるライフログツール。思い出の蓄積だからこそ、途中でやめにくく、継続率が高いゲームとなっています。


土川健之

JRAは競馬を開催し続けるという点ではまったくブレがないのですが、だからといって何の工夫もしなければファンは離れていってしまいます。


小宮一慶

「叱る」という行為は、相手の受け取り方次第という側面があり、諸刃の剣。信頼している上司に叱られれば嬉しいだろうし、信頼していない嫌な上司から叱られれば「頭ごなしに叱りやがって」となるので注意が必要です。


井植歳男

お客様が使っていて折れるようなら不良品に違いはない。我々の武器は、どこよりも良い品をつくることである。そうでなければ、これまでに実績のない我々の存在価値はない。出発したばかりで不良品を出すようでは致命傷である。資金繰りは度外視しても事業の将来の方が大切だ。
【覚書き|三洋電機創業期の発言】