名言DB

9,528 人 / 112,482 名言

依田平の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

依田平のプロフィール

依田平、よだ・たいら。日本の経営者。介護の「ケア21」社長。長野県出身。法政大学法学部卒業後、出版社「ぎょうせい」に入社。その後、ケア21を設立。業界に先だって従業員の待遇改善に取り組んだ。

依田平の名言 一覧

人は、何歳になっても成長できます。65歳で終わりとは考えていません。


会社は、母親の胎内のような包み込む力を持った、安心できる存在でなければなりません。一度退職した社員も再び戻ってこられるくらいの懐の深さが必要です。


競争社会のなかで平等な部分をつくる。安定した労働環境の整備は、安心して働けることに繋がり、最終的には「ケアの質」の向上へ結びつくと信じています。


私は、65歳を過ぎてからも能力を伸ばすことができると信じています。会社ができることはその機会を与えることと、能力を伸ばすために必要な研修の仕組みを整備することです。


定年制の廃止は、働く側に、「いつ、自分は仕事を辞めるのか」を決める権限を与えることです。これまでなら、会社に決めてもらう人生が当たり前であったものを、自分で決める生き方の選択肢として提示することになります。自分の人生を自分で決める。その意思を持ったスタッフが一人でも多く生まれることに期待しています。


課長以上の役職者に対しては、役職の勇退制度などを適用し、65歳になったら新たに社内起業にチャレンジできるようなチャンスも提供していきたいと考えています。


新卒の社歴の浅いスタッフのなかには、定年制撤廃に対してモチベーションの向上につながるといった反応を示す者もいます。安定した職場づくりが求められている証しと言えるでしょう。


日本経済の行方といった大きなテーマで考えてみれば、いつまでも働くことができる、生きがいのある毎日が送れる環境を整えれば、年金に頼らない暮らしの実現も可能となる。社会保障の行方を案じる前に、いつまでも収入を得ることができる社会の実現に、寄与することも経営者としての責任ではないでしょうか。


定年で辞めなくてもいいとなると甘える社員も出てくるでしょう。でも、それでかまわないのです。甘えることができる会社が存在し、そのなかで優秀な社員の存在も際立ってくるはずです。


介護という仕事は、高齢者の自立した生活をサポートすることが軸になります。その仕事のなかでスタッフは高齢者に対して彼らの持っている可能性を信じて仕事に取り組んでいます。何もかも手助けするのではなく、日常の暮らしに寄り添うなかで、高齢者のできること、やりたいことに気づき、達成感が得られる楽しい毎日を形づくっていくのです。そんな仕事に取り組んでいるスタッフの可能性を年齢で区切ってしまうことはできません。働く側の可能性についても同じようにサポートしたい。


当社は、企業理念のなかで「人間の尊厳の尊重」を掲げ、人を大事にして、人を育てることを重んじています。今回の定年制廃止は、スタッフの人権を守り、年齢によって働く意思や能力を限定しないという考え方にのっとっているのです。


定年制廃止の実施を決めました。高齢者雇用安定法によって65歳まで定年を延長することが義務づけられていますが、少子高齢社会において、何歳まで定年を延長するかという議論はふさわしくないように感じていました。定年制は、年齢を口実にした首切りと変わらないとさえ思っています。


依田平の経歴・略歴

依田平、よだ・たいら。日本の経営者。介護の「ケア21」社長。長野県出身。法政大学法学部卒業後、出版社「ぎょうせい」に入社。その後、ケア21を設立。業界に先だって従業員の待遇改善に取り組んだ。

他の記事も読んでみる

小室登子

起業してから、同じお金を払って飲むなら、仕事関係の方の店に行ったりして、関係を深めたり、新しい関係を作るほうが楽しくなりました。たとえばランチに1万円かけても、そこで新しい情報を得たり、違った展開があれば金額以上のものが得られる。そういったお金では買えないものにお金を遣うことが、大事だと最近つくづく感じます。


高橋和志(造船技師)

のちのち、ちがう分野の人と仕事をする時には、自分たちの世界の常識を、それについてはぜんぜん知らないという人たちに説明しなければならないわけじゃない?その前に練習として妻に話すと「ここがわかりにくい」と適切な助言をくれたな。


安田秀一

僕には、「この世の中をよくして次の世代に渡さなければならない」という義務感みたいなものがある。それが今の僕を突き動かしてる。


武田良太

まず、土俵をつくるというところが、今の日本は大事なわけであって、じゃあ土俵をつくるためにはまず対話だと、協議だと。その中で両首脳が同じテーブルについたときには、日本は日本でしっかりとした要求をする。北朝鮮も何を日本に求めるかを言ってくるでしょうから。その中にある答えを見いだすことが重要じゃないかと思いますね。


清家篤

少しでもマシな選択などというのはあまり格好良いものとはいえないかもしれませんが責任ある決定とはそういうもの。難しい問題を公智(物事の軽重大小を判断して優先順位をつける判断力)を働かせ決断していく。これが慶應義塾塾長の仕事の一番大切な部分だったと思います。


谷井昭雄

人間、逃げられない立場に置かれると、知恵が湧いてくる。


蛭川勝五

昨今はローコストオペレーションで、売り場は少ない人数での接客をするところが多い。しかし私は、人をコストと見るのではなく、人こそ商品に価値を生むものと考えます。当社は基本的に安売りをしませんが、他社より高くても、品揃えの豊富さや、接客の仕方などの利便性をお客様から評価していただいているのだと思います。


上田準二

何とか買ってもらおうと、一方的にまくし立てる。そんな姿勢では相手の胸には響きません。商談が成立することもない。どうすれば相手が話してくれるのか、話してくれる雰囲気をつくるにはどうすればいいかと考えないと。


那須正幹

子供相手だからと手加減するのは嫌なんですよ。子供だって世の中のいろんな情報を得ているわけだから、きれい事だけ書いてもしょうがない。それは僕の児童文学の基本的な考え方ですね。子供に迎合しとると批判されたけど、読者が支持してくれたから気にならんかったね。


清水正(経営者)

当社は2014年に米国の自動車用ガラスメーカーを買収し、北米での事業を拡大しました。しかしその直後に事件が起きた。中国の自動車用ガラスメーカーのフーヤオが、それを大きく上回る生産能力を持つ工場を米国で立ち上げたんです。品質には自信がありましたが、結局価格で競争せざるを得ず、北米事業は期待した収益に届きませんでした。そこで痛烈に感じたのは、「もっともっと難しい市場で勝負しなければならない」ということです。


田岡信夫

ナンバーワンとはどういうことか。具体的な戦略としては、ナンバーワンの「地域」をいかにつくるか。ナンバーワンの「得意先」をいかに持つか。ナンバーワンの「商品」をいかにつくるか。私は企業の体質というものは、この3つの条件を満たしているかどうかにかかっていると思う。


樋口武男

私は、グループ全体に対する年頭訓示を英語でやっています。原稿を見ながら話せば事は簡単なのですが、すべての社員が見ている手前、それはできません。だから、移動中も帰宅後もずっと英語の練習です。いま、私の訓示を聞いた若手社員たちが、英語を勉強し始めていますよ。ねらいどおりです。