依田平の名言

依田平のプロフィール

依田平、よだ・たいら。日本の経営者。介護の「ケア21」社長。長野県出身。法政大学法学部卒業後、出版社「ぎょうせい」に入社。その後、ケア21を設立。業界に先だって従業員の待遇改善に取り組んだ。

依田平の名言 一覧

人は、何歳になっても成長できます。65歳で終わりとは考えていません。


会社は、母親の胎内のような包み込む力を持った、安心できる存在でなければなりません。一度退職した社員も再び戻ってこられるくらいの懐の深さが必要です。


競争社会のなかで平等な部分をつくる。安定した労働環境の整備は、安心して働けることに繋がり、最終的には「ケアの質」の向上へ結びつくと信じています。


私は、65歳を過ぎてからも能力を伸ばすことができると信じています。会社ができることはその機会を与えることと、能力を伸ばすために必要な研修の仕組みを整備することです。


定年制の廃止は、働く側に、「いつ、自分は仕事を辞めるのか」を決める権限を与えることです。これまでなら、会社に決めてもらう人生が当たり前であったものを、自分で決める生き方の選択肢として提示することになります。自分の人生を自分で決める。その意思を持ったスタッフが一人でも多く生まれることに期待しています。


課長以上の役職者に対しては、役職の勇退制度などを適用し、65歳になったら新たに社内起業にチャレンジできるようなチャンスも提供していきたいと考えています。


新卒の社歴の浅いスタッフのなかには、定年制撤廃に対してモチベーションの向上につながるといった反応を示す者もいます。安定した職場づくりが求められている証しと言えるでしょう。


日本経済の行方といった大きなテーマで考えてみれば、いつまでも働くことができる、生きがいのある毎日が送れる環境を整えれば、年金に頼らない暮らしの実現も可能となる。社会保障の行方を案じる前に、いつまでも収入を得ることができる社会の実現に、寄与することも経営者としての責任ではないでしょうか。


定年で辞めなくてもいいとなると甘える社員も出てくるでしょう。でも、それでかまわないのです。甘えることができる会社が存在し、そのなかで優秀な社員の存在も際立ってくるはずです。


介護という仕事は、高齢者の自立した生活をサポートすることが軸になります。その仕事のなかでスタッフは高齢者に対して彼らの持っている可能性を信じて仕事に取り組んでいます。何もかも手助けするのではなく、日常の暮らしに寄り添うなかで、高齢者のできること、やりたいことに気づき、達成感が得られる楽しい毎日を形づくっていくのです。そんな仕事に取り組んでいるスタッフの可能性を年齢で区切ってしまうことはできません。働く側の可能性についても同じようにサポートしたい。


当社は、企業理念のなかで「人間の尊厳の尊重」を掲げ、人を大事にして、人を育てることを重んじています。今回の定年制廃止は、スタッフの人権を守り、年齢によって働く意思や能力を限定しないという考え方にのっとっているのです。


定年制廃止の実施を決めました。高齢者雇用安定法によって65歳まで定年を延長することが義務づけられていますが、少子高齢社会において、何歳まで定年を延長するかという議論はふさわしくないように感じていました。定年制は、年齢を口実にした首切りと変わらないとさえ思っています。


依田平の経歴・略歴

依田平、よだ・たいら。日本の経営者。介護の「ケア21」社長。長野県出身。法政大学法学部卒業後、出版社「ぎょうせい」に入社。その後、ケア21を設立。業界に先だって従業員の待遇改善に取り組んだ。

他の記事も読んでみる

梅野勉

成功体験が豊富な人ほど、それまでの必勝パターンや定石にはまって、毎回異なる新しい環境に謙虚になれなくなる恐れがあります。これはビジネスにとって大変危険なことなのです。


梅原勝彦

どうやって経営者と社員の信頼関係を築けばいいのか。答えは極めてシンプルです。私はいつでも「まず自分のほうから先に社員を好きになる」ことを心掛けてきました。社員が私のほうに近づいてくるのを待つのではなく、自分から先に胸襟をひらいて社員に接近するようにする。こうすれば、少しずつ警戒心が和らいでお互いの溝を埋めることができます。


安渕聖司

どんな些細な仕事でもチャレンジ目標を設けて改善を加えることが大事です。極端な話、与えられた仕事そのものがムダだと思えば、その仕事をやめる提案をすれば、自分の業務効率だけでなく会社全体としての効率も上がります。その意味で、「そもそも、この仕事って必要なんだろうか」と、目の前の仕事を疑う目をもつことが大切ですね。


松本幸夫

自分一人で大量に仕事を抱え込まないためには、思い切ってほかの人に任せることが大切です。頼みごとが受け入れられるか否かは、日ごろからのコミュニケーションがものをいいます。自分から先に業務を手伝い、頼みごとをするときは相手の状況を読みタイミングを計る。時間のかかりすぎる仕事は頼まず、相手の得意のジャンルを中心に、「ぜひ」「あなただから」とプライドを満たすように頼むのもコツです。


新見正則

生活の中で体を冷やさない工夫を。適度な運動で筋肉量を増やすのも、体温が上がりやすくなるため風邪予防には有効です。「適度」には個人差がありますが、まったく運動習慣のない人なら、一日5分の散歩でもかまいません。ただし、運動後は汗を冷やさないよう注意してください。


三谷宏治

他人とのコミュニケーション能力、判断力、洞察力など、企業に採用され評価されるにしても、共通して必要とされる能力があります。仕事に困らない人間になるためには、そうした能力を早いうちから身につけなければいけません。そのためには子供のころの「お手伝い」に優る経験はありません。


谷本有香

ビジネスマンである以上、企業の利益を追求するのは当然です。しかし、どこかで利己的な気持ちを捨てられないと、「成功者」ではなく、ただの「お金持ち」で終わってしまいます。


スティーブ・ジョブズ

iPodより高価なスニーカーもある。
(覚書き|iPodの価格が300ドルというのは高いのではないかという質問に対するコメント。商品の値段よりも、値段が高くても顧客が喜んで買ってくれるような価値を持つ商品を発売すればいいという趣旨の発言)


ミハエル・シューマッハ

冷静さを保ち、精神を集中して、興奮しすぎないよう、そして疲れないように務めた。
【覚書き:98年鈴鹿でのレース前を振り返っての発言。】


佐々木正悟

掃除ができないという人がいますが、「片づけなければ」という思いが強いストレスになりすぎて、行動を回避するようになっているからです。でも、誰かと一緒なら片づけることができます。それと同じで、ハードルが高い仕事はチームを組む、あるいは人と話をしながら仕事を始める。意外なようですが、嫌な仕事の場合などには効果的だと思います。


江川達也

サイコロの目が出る確率は、どれも6分の1です。だから、延々と1に賭け続ければ、最終的に正解率は6分の1になるはずなんです。ところが、理屈はそうでも、なかなか1が出ないと、ほとんどの人は途中で2や3に賭けてしまう。ずっと1で押し通すというモチベーションが、維持できないのです。


若林正恭

親父が死んでからは本格的に冷笑・揶揄は卒業しなければならないと思い始めた。死の間際、病室で親父が「ありがとな」と言いながら痩せこけた手で母親と握手している姿を見たからだ。その時にやっと、人間は内ではなく外に向かって生きた方が良いということを知った。教訓めいたことでもなくて、内(自意識)ではなく外に大事なものを作った方が人生はイージーだと言うことだ。


ジョン・ジェイ(アートディレクター)

普通は海外に進出すると、その国のエージェントを買収するのですが、我々はそういうことはしないんです。私自身が世界を回って、肌で感じたことを仕事にしていく、というやり方です。


島正博

「愛」と「気」と「創造」、それが人間特有のものでコンピュータにもAIにも代替され得ない。やる気を出して発明に精を出し、それが成功に繋がり会社の活気となります。やる気だけではなく創造性も大切です。


園山征夫

会社を順調に伸ばすために一番大切なことは現場主義です。現場に責任だけでなく権限も与える。どこの会社も本社が強くなりすぎです。本社は企画して指示を出す、現場は本社の指示に従うだけという発想は会社の風土としてはまずい。


ページの先頭へ