名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

依田巽の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

依田巽のプロフィール

依田巽、よだ・たつみ。日本の経営者。「日本レコード協会」会長、「ギャガ」会長CEO(最高経営責任者)。長野県出身。明治大学経営学部卒業後、長田電機工業(オサダ)、山水電気を経てティー ワイ リミテッドを設立。エイベックス・ディー・ディー会長、音楽産業・文化振興財団理事長、日本レコード協会理事・副会長・会長、エイベックス社長・会長、ドリーミュージック会長、ティー ワイ エンタテインメント会長、ギャガ会長などを務めた。

依田巽の名言 一覧

若い人たちが自分たちでやりたいならば、任せるべきかと。筆頭株主でしたので、株もすべて売却して綺麗さっぱりと辞めました。

【覚え書き|エイベックス会長を辞任したことについて】


ヒットした映画『ラ・ラ・ランド』は、最初はやはり中高年層でした。それがどんどん、大学生、女子高生にまで下りていきましたね。女性の心をつかむことが大ヒットにつながる時代なんです。


映画の買い付けの最終的な判断は私がやります。これだけはリスクが高いので、誰も責任が持てません。(どの映画が面白いかという)情報は四六時中入ってきます。そのなかでギャガとして「やらなければならない」作品という要素を頭に置いて判断します。


国内大手は邦画を多数手がけていますし、ハリウッド・メジャー系の配給会社は自動的に日本にも作品が供給されますから、作品調達には困りません。我々の場合は無数にある独立系作品の中からヒットの可能性がある作品を探し出さなければなりませんが、裏を返せばそれが我々の存在意義なのです。探し出した良質の作品を、ギャガのもう一つの強みである、宣伝・マーケティング力で日本でのヒットに導く。それが私にとってのチャレンジであり喜びでもあります。


山水電気の取締役を終えて、独立しました。そのとき考えたのが、できるだけプレッシャーのない仕事をすること。つまり、在庫を持たない、売掛金がない、そして人件費が掛からない。そのうえで自分に何ができるかと考えて、日本とアメリカの懸け橋となれる輸出入の顧問業をやろうと思いました。山水の取締役退任後の3月に、現在のティーワイリミテッドを設立しました。


依田巽の経歴・略歴

依田巽、よだ・たつみ。日本の経営者。「日本レコード協会」会長、「ギャガ」会長CEO(最高経営責任者)。長野県出身。明治大学経営学部卒業後、長田電機工業(オサダ)、山水電気を経てティー ワイ リミテッドを設立。エイベックス・ディー・ディー会長、音楽産業・文化振興財団理事長、日本レコード協会理事・副会長・会長、エイベックス社長・会長、ドリーミュージック会長、ティー ワイ エンタテインメント会長、ギャガ会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

田中角栄

男が恥を忍んで頭を下げてきたら、できるだけのことはしてやるものだ。


柳井正

商売とは成功したと思った時点でダメになります。成功はマンネリ、保守化、形式化、慢心を生むからです。だから企業の存続発展のためには、小さい失敗をどんどんすべきだと思います。致命的な失敗をする前に、ちいさい失敗を何回もして、それを財産にとらえて次に生かすのです。失敗して、転んで、起き上がる。その繰り返しの中で学んでいかなければいけない。最悪なのは失敗を恐れて立ち止まったり、ためらって何もしないことです。


山口晋二(経営者)

「部品販売というビジネスを通して、お客様のために何ができるのか」をこれからも考え続けることで、お客様のニーズを先回りして実現していきたい。


宗次徳二

経営者の一番の仕事は次なる経営者を育てることだと言われます。しかし私は後継者を育てようと思ってやってきたわけじゃありません。トップが現場主義に徹し、お客様第一で率先垂範していれば、自然に育つものです。


小村典弘

私たちは先日、東京で築50年の物件をリノベーションしました。他社さんが、同じ建物内の部屋のリノベーションを手がけていたのですが、これより10万円以上高い賃料にもかかわらず、工事完了前に成約しました。これも、「コンセプトありき」のリノベーションが共感を生んだ事例です。


糸井重里

企業文化、DNAを本当に根付かせるには、一つ一つの仕事の中で刻みつけていくことが大切。ある仕事の中で、これはいいよれ、あるいはこれはダメだねということを繰り返すことで、いい悪いの基準を共有していく。これを日々行っていくことで、ほぼ日らしさが未来につながっていくのだと思います。


草刈貴弘

長期投資家の良いところは、「時」を待っていられることですね。目先を追い掛けている人たちは市場の変動に一喜一憂してしまいそうですが、我々は待っていましたとニヤリ。そして、市場が落ち着いて、きちんと戻ったらもう一度ニヤリ。下がっても上がってもうれしいなんてなかなかないですね。


田中仁(経営者)

もし、赤字部門を任されたなら、まずいろいろな人の話を聞いて回り、問題の本質を見つけなければなりません。そして明確なビジョンとシナリオをつくり、従業員のやる気に火をつけることです。


高橋がなり

上にだけ媚びを売るヤツは、後輩や同僚から嫌われる。僕がすすめるのは、「下」や「横」の人に尽くすこと。後輩や同僚に尽くすと、僕が困った時に同僚や後輩が助けてくれるから仕事が上手く回る。それで「優秀に見えないけど、なぜかアイツに頼むと上手くいく」「運の良い男だ」と評価され始めた。結局、上も下も横も動いてくれるようになったわけです。


本田健

新しいビジネスの世界に飛び込むときには、その世界の最前線で仕事をしてきた人の話を聞くことが何よりのヒントになる。


藤田晋

私は社内外にかかわらず大事な局面では、大物と呼ばれる人であろうとも、抱いた疑問や納得のいかないことは率直に言うようにしています。経験上、そうするようにしてから、人間関係が円滑に回るようになったと思っているからです。状況を正しく把握できずに、自分の主張ばかりを言う人は周囲に叩かれますが、ウソをついたり、隠し事をせずに「率直に話す」ことは、コミュニケーションにおいてとても大事なことだと思います。


さだまさし

恋愛中の女性に彼の魅力を問えば、十中八九「優しさ」をあげつらう。女性が男性に優しさを求める理由は明白、すなわち、女に都合が良いのである。だが、この場合の優しさは半ば、ひとつの女性サイドのお仕着せでもある。というのは10人中、8人も9人も優しい男がいたら、世の中、終わりだからである。