名言DB

9,553 人 / 112,978 名言

依田巽の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

依田巽のプロフィール

依田巽、よだ・たつみ。日本の経営者。「日本レコード協会」会長、「ギャガ」会長CEO(最高経営責任者)。長野県出身。明治大学経営学部卒業後、長田電機工業(オサダ)、山水電気を経てティー ワイ リミテッドを設立。エイベックス・ディー・ディー会長、音楽産業・文化振興財団理事長、日本レコード協会理事・副会長・会長、エイベックス社長・会長、ドリーミュージック会長、ティー ワイ エンタテインメント会長、ギャガ会長などを務めた。

依田巽の名言 一覧

若い人たちが自分たちでやりたいならば、任せるべきかと。筆頭株主でしたので、株もすべて売却して綺麗さっぱりと辞めました。

【覚え書き|エイベックス会長を辞任したことについて】


ヒットした映画『ラ・ラ・ランド』は、最初はやはり中高年層でした。それがどんどん、大学生、女子高生にまで下りていきましたね。女性の心をつかむことが大ヒットにつながる時代なんです。


映画の買い付けの最終的な判断は私がやります。これだけはリスクが高いので、誰も責任が持てません。(どの映画が面白いかという)情報は四六時中入ってきます。そのなかでギャガとして「やらなければならない」作品という要素を頭に置いて判断します。


国内大手は邦画を多数手がけていますし、ハリウッド・メジャー系の配給会社は自動的に日本にも作品が供給されますから、作品調達には困りません。我々の場合は無数にある独立系作品の中からヒットの可能性がある作品を探し出さなければなりませんが、裏を返せばそれが我々の存在意義なのです。探し出した良質の作品を、ギャガのもう一つの強みである、宣伝・マーケティング力で日本でのヒットに導く。それが私にとってのチャレンジであり喜びでもあります。


山水電気の取締役を終えて、独立しました。そのとき考えたのが、できるだけプレッシャーのない仕事をすること。つまり、在庫を持たない、売掛金がない、そして人件費が掛からない。そのうえで自分に何ができるかと考えて、日本とアメリカの懸け橋となれる輸出入の顧問業をやろうと思いました。山水の取締役退任後の3月に、現在のティーワイリミテッドを設立しました。


依田巽の経歴・略歴

依田巽、よだ・たつみ。日本の経営者。「日本レコード協会」会長、「ギャガ」会長CEO(最高経営責任者)。長野県出身。明治大学経営学部卒業後、長田電機工業(オサダ)、山水電気を経てティー ワイ リミテッドを設立。エイベックス・ディー・ディー会長、音楽産業・文化振興財団理事長、日本レコード協会理事・副会長・会長、エイベックス社長・会長、ドリーミュージック会長、ティー ワイ エンタテインメント会長、ギャガ会長などを務めた。

他の記事も読んでみる

本田有明

プレーヤーとして優秀な上司が部下を育てられない理由のひとつは、自分が優秀だから他人に任せるとまどろっこしいということです。それで、勘所にくると、自ら乗り出して受注に持ち込んでしまう。教える暇がないのです。最近はここに別の事情が加味され、より面倒なことになっています。年功序列が崩れ、場合によっては後輩が自分を追い抜くかもしれない。できる部下なら、ライバル会社に引き抜かれる恐れもある。だから、契約の取り方など虎の巻的な知恵を簡単に授けてしまうわけにはいかないと考えてしまうのです。


岩田松雄

スタバは入店時にしっかりと理念教育をするので、パートナー(従業員)はミッションが大事であることをよくわかっています。しかし、もしミッションではなく、形だけを教えていたらどうなるでしょうか。おそらくパートナーは何か押しつけられたように感じて、挨拶は心のこもらないものになるはずです。


小松永門

当社は最新技術にいち早く対応することができます。固定仕様のパソコンのような季節ごとの更新では技術革新に出遅れかねません。しかし当社なら、旬のパーツを機敏に採用できます。新技術を搭載したパーツなら、当然コストパフォーマンスも優れています。ハイスペックながらフェアな価格という当社に対する高い評価も、こうした独自の事業モデルから生まれたものなのです。


土井英司

兵隊と将軍では読む本が違います。仕組みをつくる側に回らないと将軍にはなれません。年収1500万円と800万円以下は仕組みをつくれるかつくれないかの違いです。この違いは大きい。年収800万円と500万円の差は、頑張る度合いでしょう。


益岡徹

無名塾にいた頃、「品のない芝居をするな!」と言われ、反発を覚えたこともありました。でも、50歳を過ぎてから、やっといまその言葉の真意がわかりかけてきた。僕は気づくのが遅すぎかもしれませんが、そんなふうにいろいろな経験を重ねた後に気づくこともあるはず。そう考えると、失敗した直後に気にし過ぎないほうが良い、とますます思うんです。


伊藤義剛

多様な人材が集まって議論し、何かを思いついたらすぐに試作ができる環境を整えています。まったく異業種の方との共働こそ、新たな「ことづくり」につながる。


早川幸治

通勤電車で座れたり、片手が使えたりする場合は、リーディング強化にも使えます。「次の駅までにひとつパラグラフを読む」など、時間を決めて読むと良いでしょう。帰路の場合、もし読み切る前に降りる駅についてしまったら、数分間ホームのベンチに座り、決めたところまで読むのも良い方法です。そうした「あと数分」を毎日作り、英語に触れる頻度を高めることで、実力は少しずつ上がっていきます。


髙﨑秀雄(高﨑秀雄)

お客さんに課題を何でも言ってもらって、技術開発陣がこれを受けて提案できることが大切です。お客さんと我々の考えとでギャップが生じることもありますが、ああでもないこうでもないと、ガチンコで、とことん話し合う。お客さんの高い要望に応えていけるかが、ハイエンド分野で勝負し続けるカギ。


小林昌裕

お勧めしたいのが、週末にセミナーに参加したり、コミュニティに入ることにより、先輩の大家さんと交流することです。自分の目指すべきモデルが見えると、がぜんやる気になるはずです。私自身、不動産投資を始めたのは「一人でもできる」ことが理由の一つでした。ですが、不動産投資によって多くの人とつながりができたことで、人と接したり、人に教えたりする楽しみを新たに見出すことができました。副業はお金だけでなく、自分の世界を広げてくれるものでもあるのです。


北村正志

「人が主役」の会社にするには、一人ひとりが持っている能力や可能性を存分に発揮できるよう、「明るく、朗らか、のびのび」と仕事ができる環境を整えなければなりません。


芳川裕誠

コンピューター産業でグローバルスタンダードと言われる技術のほとんどは米国で生まれている。最初からグローバルなマーケットを攻めようと考えた時、米国での起業は自然な結論でした。中でもシリコンバレーを選んだのは、ビジネスの「エコシステム(生態系)」がしっかりしているからです。


鈴木喬(経営者)

最初からイエスというお客様などいません。だから僕は、相手にノーと言われた瞬間に、「よし、ここからがスタートだ!」とスイッチが入る。そして、ノーを覆すためのアイデアがいくらでも湧いてくる。