名言DB

9413 人 / 110706 名言

作田久男の名言

twitter Facebook はてブ

作田久男のプロフィール

作田久男、さくた・ひさお。日本の経営者。オムロン社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部設計工学科卒業後、立石電機(のちのオムロン)に入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。オムロン創業家以外からの初の社長。

作田久男の名言 一覧

事業に携わっている社員が幸せになれるかどうかが重要だと考えています。私も平社員として入社してきた人間ですので、現場の人間の気持ちはよくわかります。


「就職はいいけど、就社はやめろ」と部下によく言ってきました。重要なのは仕事の中身であって、会社は個人が成長するための器であるともいえます。社内のほかの事業に移ってゼロから新しい経験を積むよりも、経験を生かして活躍の場を広げられるのなら、他社に移るのも選択肢のひとつです。


私は会社の存在そのもの、事業そのものがCSR(企業の社会的責任・貢献)でなければならないと考えています。企業は会社の公器ですから、納得がいかない事業には手を出さないことが重要です。


現地で働くインサイダーが今日より明日、明日より明後日と、成長を目指すのは当然です。ただ、我々経営陣は国外からの視点を持って、近隣諸国とのバランスを考えて成長を模索していかなければなりません。


ネガティブに考えるわけではなく、見極めが必要です。投資が必要なところには投資をしますが、投資をしたとしても回収できる見込みのある事業に行います。


いまさら「飛び地」の分野に進出するつもりはありません。残ったコアの部分を強化するためにM&A(企業合併買収)を進めていきます。事業の「選択」は終了し、ここ数年はもともと強い事業をより強くするための「集中」を行ってきました。オムロンはわりあいキャッシュが豊かな会社ですから、対象さえきちんと見定めれば、積極的にM&Aを進めることができます。


日立と合弁会社を設立し、ATM(現金自動預け払い機)事業を移管する前、ATM事業に長く携わってきた社員たちとディスカッションを繰り返しました。多くの人がいまの事業を続けたいという意見でした。社名からオムロンの文字が消えたとしても、グローバルにやりがいのある仕事に取り組めるのなら、それは素晴らしいことだと思います。


90年代のオムロンは「ジャパン・アズ・ナンバーワン」と言われた80年代の余勢を駆って、様々事業に手を広げました。その結果、投資効率が悪い事業にも進出し、収益率が低下しました。現在本業回帰の路線にシフトすることを明確に意識しています。選択と集中を繰り返してきた結果、収益性は高まっています。


一人一人の社員が、会社という集団の中に属しながらも、いかに自分の意志や思いを大切に日々の仕事に取り組むか。これこそが経営者にとっても、いつか大きなブレイクスルーを生む結果をもたらすのだと信じています。


人は他人のために生きるのではなく、自分の意思で生きていることを忘れてはいけません。しかし同時に、己の自律を大事にするということは、すなわち他人も大事にするということなのです。人間は集団生活を営むことが大前提の生き物ですから、好き勝手やっていいということはありません。


30代半ばに、米国に5年ほど赴任していました。日本とは異なる文化、異なる言語、そして異なる仕事のやり方。そんな中で、どう頑張っても100点満点と思えることはなかった時期です。しかし、自分の意思でやったと思えるときは、納得できました。でなければどこかに悔いが残ってしまうものなのです。


ひとつひとつの仕事に自らの意思が吹き込まれてこそ、そこに思わぬ創造性が生まれると思うのです。上からの命令や、何らかの他律的な要因で仕事を手掛けた場合、限りなく他人に求められたところに近いアウトプットを出すことはできるでしょう。しかし、それを超えるものは手にすることができません。あくまで自分がやりたいからやっているんだ、という強い思いを持って取り組むことが大切だと思うのです。


会社という組織の中で地位が高くなるにつれ、共に働く部下が増えるものですが、彼ら一人一人にできる限り自ら考えて行動してほしいという思いのもと、指導してきました。自分で考えて行動する人は少なからずいるのですが、自らの意思となると意外に難しいものです。


会社の経営も、個人の人生もそうですが、「戦うことが生きること」だと思っています。理想や信念、目標を実現したいという自分の思いと、それを阻む外的条件や世の中の不条理。この対決から逃げた瞬間に、生きることがもう半分は意味がなくなってしまうのではないでしょうか。その戦いを、周囲の評価はともかく、自分として精一杯やったなと思えるようなものにしたいのです。


社員に対しても、どんな仕事をするときも「何のためにやるか」と自らの意志を持って、自らの頭で考え、自ら行動することが大切だと日ごろから話しています。


私が会社を大きくしたいのは、3万5000人の社員のために、働く空間がある程度広くならなければいけないと考えるからです。社員たちの、オムロンという場でこの分野をやりたい、海外でこれをやりたいという多様な思いを実現するには、会社にそれだけの広がりが必要です。そのための役割を、社長として果たしたい。そう考えているのです。


私はいまオムロンで社長を務めていますが、「何のために社長をしているのだ、業績をあげるためか」と問われたら、「そうではありません」と答えるでしょう。もちろん業績をあげなければ社長の座にはいられませんから、それは必要ですが、社長という仕事を自分自身が納得してやれることが大事だと思っています。


日常や仕事でも、「何をしたか」は見えやすいですが、「何のためにしたか」は、なかなか見えてくるのが難しいものです。しかし、そちらの方が大事ではないかと私は考えています。


オムロンは新たに制定した企業理念の中で「人間性の尊重」、経営指針の中で「個人の尊重」を謳っていますが、その言葉にしても、グループ社員の人数と同じ3万5000通りの解釈があっていいと思います。金太郎アメのようにひとつだけ答えがあるわけではありません。自分の頭で理解し、互いに議論をして行動を起こせばいいのです。そういう違いを包含してオムロンという会社を成り立たせるのが私の仕事だと考えています。


人間は自意識が強いから、自分の考えが一番正しい、自分のやり方が一番素晴らしいと思いがちです。しかし、10人いれば10通りのものの考え方があり、その人たちを否定しては仕事はできません。そういう一人一人の考え方があることを私は読書を通して強く意識することができました。


作田久男の経歴・略歴

作田久男、さくた・ひさお。日本の経営者。オムロン社長。愛知県出身。慶應義塾大学工学部設計工学科卒業後、立石電機(のちのオムロン)に入社。取締役、常務、専務などを経て社長に就任。オムロン創業家以外からの初の社長。

他の記事も読んでみる

波頭亮

マッキンゼー時代、先輩社員も上司も、いちいち細かく指導してくれませんでした。「君はもうプロなんだから、セルフマネジメントをしっかりしろ」ということなんです。会社にプロとして認められたと同時に、プロであることを強いられました。それはもうみんな必死でしたよ。結果を出せなかったら新卒入社で7年目、中途入社だと4年目には肩たたきに遭いました。「他の会社で仕事をした方が、君にとっても、世の中にとってもいいよ」なんて言われた人は大勢います。


谷本有香

ビジネスで成功したいと考えるなら、まずはトップに惚れこまれる人物になること。人間的な魅力なくして、大きな仕事を成し遂げることはできません。


大谷竹次郎

偉くなる役者は必ずどこかに普通人とは違うものを持っているものだ。


古賀信行

40代などすぐに終わってしまいます。「光陰矢のごとし」を肝に銘じるべきでしょう。


松本晃(経営者)

上司はトラブルの報告を受けたら、まず、褒める。叱ったら、その人は次から報告しなくなりますから。


鈴木敏文

常にニーズの変化に対応し、新しいことに挑戦していけば、顧客の支持が得られる。


坂本孝

せっかく良いものを持っている飲食店でも多店舗展開できないのは、マネジメントの問題です。自分が成長し、他人を育てるためにも、マネジメントが大切です。


青野慶久

万全な情報セキュリティ対策を打っておくことは、企業としての信頼を保つために欠かせません。これは大企業でも中小企業でも同じです。情報セキュリティ対策にはお金や人手がかかると思っている経営者も多いようですが、アクセス権限やパスワード管理などといった日常的な取り組みを見直すだけでも、かなりの対策力が打てていると言えます。大切なのは、経営者が情報セキュリティ対策の重要性を認識し、社員に適切な行動を促すこと。


チャールズ・ケタリング

自由に開かれた心があれば、必ず地平線は開ける。


菊川剛

イギリス人社長を迎えることで、何よりも日常の業務を通じて社員は意識改革を迫られるでしょう。意識を変えなければ、一緒に仕事がしにくくなりますから。これは単に英語力が求められるといったレベルではありません。まずスピード感が大きく変わるでしょう。グローバルなスピード感なり、働き方が確実に求められるようになるはずです。


瀬口清之

様々な古典書があるが、私がビジネスパーソンの皆さんにまず読んでほしいのは『論語』『老子』『孫子』の3つ。『論語』は儒教の始祖である孔子と弟子たちとのやり取りを記した書で、人を率いるとはどういうことか、人間としてどう生きるべきかなど人生の指針を学ぶことができる。どちらかというと人生上り坂の時に読むといい。逆に心落ち込んだ時に読みたいのが『老子』。自分の原点に立ち返り、「また一から頑張ろう」と、気持ちを奮い立たせてくれる。そして、具体的に人生をどう切り開くか、企業戦略をどう立てるべきかを示してくれるのが『孫子』だ。


陰山英男

英語学習はきっちり継続することができれば一番いいんですが、とりあえず緩く長く続けるというのも効果があると思います。これは多忙なビジネスパーソンの方にもいえますが、緩く続けられえる状態というのは、逆にいえば、「英語ができなければ仕事にならない」というような切羽詰まった状況ではないということですよね。そういう状況で根を詰めたら、挫折のもとです。ダラダラと続けるのも努力のうち。いざ本当に必要になったときには、それにふさわしい短期間での学習方法というものもあるでしょう。


若園浩史

成功報酬型の事業モデルは、業績が安定しないのが難点です。ストック型のビジネスを強化することで克服したい。


川端裕

上司の立場を理解したうえでこの提案をしているんだ、ということが上司に伝わる提案をすれば、「こいつ、よく俺の立場をわかっているな」となります。


水野操

日本ではいまだにグーグル級のインターネット企業は生まれていない。日本企業は大規模投資が苦手なことや、「まずは国内で成功してから、海外へ行けばいい」という発想になりがちなのが、小さくまとまってしまう理由だ。優れたアイデアや技術を持ち、最初から海外を狙うベンチャーが出てくれば、日本から世界レベルのインターネット企業が誕生する可能性はある。