名言DB

9,557 人 / 112,978 名言

作本義就の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

作本義就のプロフィール

作本義就、さくもと・よしなり。日本の経営者。「エージェック(Agec)」社長。大阪工業技術専門学校建築科卒業、京都工芸繊維大学繊維学部デザイン経営工学科卒業。清水建設現場所長などを経てエージェック、チョウバネットワークを設立。

作本義就の名言 一覧

私の父も工務店の親方でした。父は私が中学3年生のときに他界しましたが、父の後ろ姿を見てきた私は知らぬ間に人のためになる仕事をするリーダーになりたいと思うようになっていたのです。


創業当初、私の言動に理解を示す人はほとんどいませんでした。なぜなら私のやろうとしている仕事が常識では考えられないビジネスモデルだったからです。それから10年余りが過ぎ、導入実績も増え、お客様から感謝される声を聞く度に、自分の決断は間違っていなかったと感じています。


作本義就の経歴・略歴

作本義就、さくもと・よしなり。日本の経営者。「エージェック(Agec)」社長。大阪工業技術専門学校建築科卒業、京都工芸繊維大学繊維学部デザイン経営工学科卒業。清水建設現場所長などを経てエージェック、チョウバネットワークを設立。

他の記事も読んでみる

前川孝雄

「後輩や部下に任せても期待するアウトプットが出てこないし、仕事が進まない。だから自分でやってしまったほうが早い」という考えは間違っているわけではありませんが、そのやり方を続けている限りは、いつまでも自分一人でできる範囲以上のことができるようにはなりません。


蜂谷二郎

当社では新しい試みとして「グランファンディング」を開始しました。一棟のマンションを小口化して販売するもので、いわばクラウドファンディングの不動産版。より多くの人に、少額から不動産経営に参加してほしいと思っています。一人ひとりの人と向き合い、その人が本当に大事にしたいものを大事にできる場所を提供したいと思ったのがきっかけです。


孫正義

どんな高級な料理でも、飽きてしまっては食欲がわかないものだ。


田北百樹子

女性に多いのが、自分が頼まれているのに苦手なことは他人に押し付け、おいしいところだけ持っていき、ちゃっかり、ぬくぬくとしている社員です。厄介なことにこのようなタイプは役員などのウケがよく、評価も意外と高いのです。ですから上司も強く批判できません。しかし、そのままでは職場の雰囲気は悪くなり、仕事を押し付けられ責任を取らされた人のモチベーションも下がります。目立つものの、少しきつい仕事を与えて自分の壁を認識させるなど、勘違いに気づかせる必要があります。


山内奏人

じつは事業は中1の頃からやろうしていたんです。ただ、つくったサービスがビックリするほど誰も使ってくれなくて失敗しました(笑)。学校の授業って、つまらないものもありますよね。だから学生の投票で新しく授業をつくるサービスをリリースしてみたのですが、十数人しか投票してもらえなくて。大失敗です。ただ、そのとき使っていたシェアオフィスにdelyの堀江(裕介)さんという人がいて、「うちに来なよ」と誘ってもらいました。だから12歳から報酬をもらって働いていました。やっていたのは半年くらい。そのあとはいろんな会社でプログラマーとして仕事をしていました。


牛久崇司

入社して高砂工場の総務課に配属され、経理の仕事がおもしろそうだと思い、夜間学校に通いました。その努力を見てくれている人がいて、その後、経理畑を歩むことになりました。


糸井重里

週に1回1時間ほど、「こういうことを考えているから知っておいてほしい」ということを話します。彼ら(社員)が僕と話をする機会はしょっちゅうあるので。その場で意見を言えというリーダーもいますよね。でも、そういうのは得意じゃないんです。すべてをわかっていない状態で、今聞いた話に反応できるほうがおかしいと思っているので。


佐渡島庸平

僕が独立してやりたいのは、天才たちとともに、「時代と国境を超えるような作品」をこの世に送り出すこと。だからダイエットや英語などその時々のブーム本といったものは、僕らの会社が目指すものから最も離れたところにあるんです。僕らは、10年後にも20年後にも、テーマになりうるものだけを追っていきます。


松尾静磨

スポーツは技術だけでは駄目だ。がっちりと、テコでも動かぬ精神力と粘りを身につけなければ勝てない。
【覚書き|学生時代、テニスを中心にスポーツに没頭したことについて語った言葉】


岩田聡

アイデアのほとんどは失敗します。その中で数少ない成功があるのは、お客様がニコニコ喜んでくださる、というインセンティブがあるからです。とにかく、喜んでもらいたいと思う情熱から作り上がるのだと思います。


寺尾玄

リーマンショック直後から注文がパッタリ途絶えました。そのとき身にしみてわかったのは、たとえば我々がこだわってつくってきた8万円もするデスクライトは多くの人に必要のないものだったということ。


青木豊彦

ある人に「本業をほったらかしで社員に申し訳ない」という話をしたら、「青木さん、立派に社長業してまっせ。おたくの社員かて社長がどこにおるんかみんなわかってる。それで十分やろ」と言われました。僕が外に行くことで「ああ、あのアオキですか」と言ってもらえるようになればいいのかなと思っています。