名言DB

9,524 人 / 112,423 名言

作本義就の名言

Facebookボタン  Twitterボタン  はてなブックマークボタン  新着 名言

作本義就のプロフィール

作本義就、さくもと・よしなり。日本の経営者。「エージェック(Agec)」社長。大阪工業技術専門学校建築科卒業、京都工芸繊維大学繊維学部デザイン経営工学科卒業。清水建設現場所長などを経てエージェック、チョウバネットワークを設立。

作本義就の名言 一覧

私の父も工務店の親方でした。父は私が中学3年生のときに他界しましたが、父の後ろ姿を見てきた私は知らぬ間に人のためになる仕事をするリーダーになりたいと思うようになっていたのです。


創業当初、私の言動に理解を示す人はほとんどいませんでした。なぜなら私のやろうとしている仕事が常識では考えられないビジネスモデルだったからです。それから10年余りが過ぎ、導入実績も増え、お客様から感謝される声を聞く度に、自分の決断は間違っていなかったと感じています。


作本義就の経歴・略歴

作本義就、さくもと・よしなり。日本の経営者。「エージェック(Agec)」社長。大阪工業技術専門学校建築科卒業、京都工芸繊維大学繊維学部デザイン経営工学科卒業。清水建設現場所長などを経てエージェック、チョウバネットワークを設立。

他の記事も読んでみる

岩切章太郎

絵の上手な人は絵描きになるがよく、声のいい人は音楽家にと、それぞれ自分の一番適した方面に向かうのがいいというのが私の考え方の根本にあった。したがって、中央で働くのに適した人は中央で、地方で働く方がいい人は地方に帰るのがいいのではないか。


吉越浩一郎

人目を気にするというのは、自分の評価を他人にゆだね、他人に行動を左右されること。仕事ができない人ほど、人目を気にする。人目を気にすると、さらに仕事の成果が上がらないという悪循環に陥る。


アントニオ猪木

もし、いい加減な気持ちで環境問題を考えていたら、とっくの昔にやめていたでしょうね。マスコミに叩かれてまでやることはないと……。でも、近い将来、必ず環境問題が注目され世界的問題になるという確信かあったからこそ、叩かれることで余計、私の決心は強くなっていったんじゃないでしょうか。


柳井正

僕はいまのような変革の時代においては、人より卓越したものを職業で身につけ一人前になるということが一番大事だと思っている。自分に何もない人に「自分探し」もない。そんなことよりも、まず社会で一人前として生きていけるようになることですよ。でないと、これからの時代は生き残れない。


御手洗冨士夫

各地方は自分たちの力で自分たちを強くするという仕組みに変えていかなければ、真の意味での地方活性化はできないと思う。


経沢香保子

自分の得意分野で勝負するには、まず自分を知ることです。私の場合は、他人より優れているのではと感じていたコミュニケーション能力を活かして、営業職からスタートしました。得意な分野である程度のポジションを築いてから、それを次のキャリアに活かしていこうと考えたのです。


ダン・ケネディー

私はほとんどの場合、プロジェクトの計画と実行を同時に進める。完璧を期すのではなく、ときには質を犠牲にしても、とりあえず製品を送り出すことを優先する場合も多い。欠点の矯正や微調整は市場にデビューさせたあとですればいい。


上川内あづさ

研究するのに人の脳は少し複雑すぎるので、最初はなるべく単純な生き物で根本的な原理を明らかにしようと、ショウジョウバエで聴覚の仕組みを調べています。ハエの脳をパーツに分解して理解できたら、そのパーツが人や烏の脳ではどう使われているのか、さらに研究を発展させたいと思っています。


金森重樹

座学では痛い目を見ないので大事なことを学べない。まずは少額でやってみて経験値を上げてください。失敗すると、その反対に正解に近付けるし、いずれ正解がわかるでしょう。


宇佐美進典

売上が下がってからどうするかではなく、売上があり、スタッフのモチベーションも高いうちに変えよう。


日和佐信子

現場の判断に任せるという姿勢だけでは社員は本当につらいと思います。ルールに対して明確なメッセージをわかりやすく発信するのがトップの務めです。


仲暁子

ゼロからイチをつくるのは昔から好きです。大学でもミスコンを企画したり、フリーペーパーをつくったりしていました。慶應義塾大学の友達から、「うちの大学では、楽勝科目の履修情報をまとめた『リシュルート』という雑誌が500円で売られている」という話を聞きました。それは面白いと思って京大版をつくりました。ただ、京大は慶應と比べて学生数が少ないので、販売しても元は取れない。だから地域の居酒屋などにスポンサーになってもらって、クーポンをつけて配りました。リクルートの『ホットペッパー』と同じビジネスモデルなので、名前はそれをもじって『チョットベター』。ありがたいことに、いまでも続いています。