名言DB

9413 人 / 110706 名言

作本義就の名言

twitter Facebook はてブ

作本義就のプロフィール

作本義就、さくもと・よしなり。日本の経営者。「エージェック(Agec)」社長。大阪工業技術専門学校建築科卒業、京都工芸繊維大学繊維学部デザイン経営工学科卒業。清水建設現場所長などを経てエージェック、チョウバネットワークを設立。

作本義就の名言 一覧

私の父も工務店の親方でした。父は私が中学3年生のときに他界しましたが、父の後ろ姿を見てきた私は知らぬ間に人のためになる仕事をするリーダーになりたいと思うようになっていたのです。


創業当初、私の言動に理解を示す人はほとんどいませんでした。なぜなら私のやろうとしている仕事が常識では考えられないビジネスモデルだったからです。それから10年余りが過ぎ、導入実績も増え、お客様から感謝される声を聞く度に、自分の決断は間違っていなかったと感じています。


作本義就の経歴・略歴

作本義就、さくもと・よしなり。日本の経営者。「エージェック(Agec)」社長。大阪工業技術専門学校建築科卒業、京都工芸繊維大学繊維学部デザイン経営工学科卒業。清水建設現場所長などを経てエージェック、チョウバネットワークを設立。

他の記事も読んでみる

西成活裕

博士課程の頃は生活も苦しかったですね。と言うのも、私はいつか研究者として独立するのだから、と親に仕送りは要らないと言っていたんです。それでもう極貧になっちゃった。割のいい家庭教師のアルバイトが見つかるまでは、風呂は週に一回、素麺一束で7日間は生活する、月末の3日間は仕方がないから醤油を薄めて飲もう、なんて毎日でしたので。銭湯は「高い」から、普段は洗濯機の中に入っていました。そのうち、家賃も払えなくなり、経済的にゆとりのある友人の家の倉庫を使わせてもらうようになりました。ガスなし、水道なし、家賃ダダで3年ぐらい耐え、倉庫の隣のホカ弁屋さんで、賞味期限の切れた商品をもらっていたな。


天野豊美

当社は教育には非常に力を入れています。社内に教育専門の部署である「人財戦略事業部」を作り、個人に合わせた教育をし、キャリアパスを描けるようにしています。


ナディーン・ヴェヒタ・モレノ

小さいころから、何かクリエイティブな仕事に就きたいと思っていました。最初はグラフィックデザイナーを考えていたのですが、コンピュータ相手の仕事は自分にはちょっと合わないかな、と。そうして考えているうちに、料理人になることを決めました。料理はクリエイティブであり、つくるうえでも食べるうえでも、みんなで楽しむことができますから。


湯浅勲

人間はどんなに仲のいい相手でも、自然と喧嘩にならない距離をとっています。顔を見ただけで虫酸が走るほどの相手であっても、精神的な苦痛を感じない程度の距離感を保つことはできるはずです。この距離を早く見つけるよう心がけることです。


関家一馬

昔は農業従事者のほぼ全員が畑に出て作業していました。それが今では実際に農業に従事する人の割合はどんどん減っています。農機具の開発など、農業の生産性向上を考える人が増えてきたためです。会社も営業担当者がただ売るだけでは、いつまでたっても効率は上がりません。自分の時間の半分、あるいは10人の中で5人がモノを効率的に売る仕組みを考える。そういう状態にしていきたいんです。


村田昭治

グローバルな時代に求められるのは、改善ではなく改革レベルの変身だ。一部分の変更では企業は厳しい環境に対応することはできない。


加藤久統

店舗数を増やし、事業の拡大を図るとき、全社で事業への思いを共有しなければなりません。どうしても、会社が拡大すると経営者の目は届かなくなります。そのために、グッドスピードにおける社員の行動規範を記したクレド(信条)をつくるなど、様々な取り組みを行っています。


津坂純

ハーバードの教育のすべてがいいというつもりはないのですが、ほとんどの授業が議論の中で進められます。「正解は何か」を求めるのではなく、「より良い結論に至るプロセス」が学びの中心に据えられているからです。


津曲孝

最初に勤めたのは東京の洋菓子店でしたが、その後、人の紹介で、神戸に本社があるエーデルワイスというスイス菓子の会社で働き始めました。その会社が、スイスの民族舞踏団が来日した際、スポンサーになった縁で、スイス大使館がスイスで洋菓子を学ぶ機会をくださり、社長から「新しいブランドを立ち上げるから、スイスで学んで来い」と言われ、私が会社を代表してスイスに行かせてもらいました。スイスでは材料の違いを感じました。当時は、まだ最高の材料が日本には入ってきていませんでした。ヨーロッパは、いい材料を当たり前に使ってお菓子を作っていたので、日本でも「いい材料でお菓子を作らなければいけない」と思って帰国しました。


上田準二

いま成功しているお店は、お客様に対してメッセージを明確に打ち出している店ばかり。


村田昭治

努力も健康も運さえも、強く生きる哲学がつくってくれるもの。


山崎浩一(コラムニスト)

「いいペンを使っている」という意識が、1本の線を引く時でも手を抜けなくする。その積み重ねが、プロとして恥ずかしくない技量と心構えを養ってくれる。文具には、そんな力が備わっていると思います。


黒田如水(黒田官兵衛)

その職にふさわしくない者はすぐに処分したりするが、よく考えてみると、その役を十分に務めてくれるだろうと見たのはその主だ。目利き違いなのだから、主の罪は臣下よりもなお重い。


池上彰

話している内容が同じでも、伝える姿勢や態度によって、相手が受ける印象は大きく異なります。たとえよいことでも、仏頂面で言っては、相手は不愉快になるかもしれないし、自信なさげだったら相手の心に届かないことも十分にあり得ます。


新藤晴一

バンドに限らず、実力と人気は別次元のものですけれど、やっぱりスキルが高いということは一番正しいことだと思うんです。