作本義就の名言

作本義就のプロフィール

作本義就、さくもと・よしなり。日本の経営者。「エージェック(Agec)」社長。大阪工業技術専門学校建築科卒業、京都工芸繊維大学繊維学部デザイン経営工学科卒業。清水建設現場所長などを経てエージェック、チョウバネットワークを設立。

作本義就の名言 一覧

私の父も工務店の親方でした。父は私が中学3年生のときに他界しましたが、父の後ろ姿を見てきた私は知らぬ間に人のためになる仕事をするリーダーになりたいと思うようになっていたのです。


創業当初、私の言動に理解を示す人はほとんどいませんでした。なぜなら私のやろうとしている仕事が常識では考えられないビジネスモデルだったからです。それから10年余りが過ぎ、導入実績も増え、お客様から感謝される声を聞く度に、自分の決断は間違っていなかったと感じています。


作本義就の経歴・略歴

作本義就、さくもと・よしなり。日本の経営者。「エージェック(Agec)」社長。大阪工業技術専門学校建築科卒業、京都工芸繊維大学繊維学部デザイン経営工学科卒業。清水建設現場所長などを経てエージェック、チョウバネットワークを設立。

他の記事も読んでみる

櫻田謙悟(桜田謙悟)

介護は、明確に需要が拡大していく、そして求められているものです。ただ、まだビジネスモデルに業界標準がなく混沌としている。他の事業もそうですが、デジタル技術を導入して、もっと生産性や品質、安全性などを高めていけば、過当競争のビジネスから脱皮できると思います。


勝俣良介

自分に課題を与えることが成長につながる。


盛田昭夫

会社とはあくまで儲けるための団体である。血みどろの戦いの場である。楽しみ自体に目的を持たれてはたまったものではない。楽しみを追っかける小市民的な夢に安住している人間を、私はビジネスマン失格者と見なす。安閑としていては、会社の成長についていくことは難しい。口うるさいほどに言いたいのは、会社とは欲と二人連れの儲けるための団体である。この儲けの精神を忘れた時、すべてのサラリーマンは失格者として進歩から見放されるであろう。


永守重信

タバコは吸わないし、40代のころに飲酒もやめた。観光にも美食にも縁がない。正直にいうと日々の激務の中で「こんな人生でいいのか?」と自問することもなくはない。だが、一代でこれだけの規模へ会社を引っ張り上げるには、個人的な楽しみを封じてでも、必死に働きつづける必要があったのだ。


真山仁

現状に不満があっても、とりあえず一度その枠の中で全力を尽くしてみる。その経験はきっとどこかで生きてくるはず。


武田信玄

成せば成る、成さねば成らぬ、成る業を、成りぬと捨つる、人のはかなき


飯塚哲哉

企業経営では、リスクを恐れて動かないことが最大のリスク。


牛窪恵

職場でさとり世代の力を引き出すには、まずは小さなことでいいから「成功体験を積ませること」が何より大事です。コスパ(コストパフォーマンス)重視のさとり世代にとって、「達成感」は大事なキーワード。「自分はここまでやれた」という達成感を得られれば、その仕事に費やした時間や労力も無駄ではないと思えるようになります。


栗原典裕

相手が話し始めた話題が不得意なジャンルだった場合、素直に詳しくないことを伝え、教えを請うのが一般的です。ここではそれにもうひと工夫し、相手に思い切りエキスパートになってもらいましょう。例えばサッカーの話をされたあと「○○さんって、本当にサッカーに詳しいですね」と返すのです。こうすることによって相手はエキスパートになった気持ちになり、いろいろなことを話してくれるのです。


山村幸広

会社の方針転換は、もう百回でも二百回でも同じことを社員に言い続けるしかないですね。「これからは規模ではない。利益重視だ」「ターゲットは、20歳から34歳の、とくに女性に絞り込め」と。


上田晶平

これまで49回、フルマラソンを完走しました。好きな場所と聞いてすぐ思いつくのは、私の場合、マラソンのスタートラインです。「スタートライン? ゴールではないのか?」という方もおられるでしょう。確かに快心の走りをしたときはゴールのときに達成感があります。しかしそういうケースは実はまれで、ほとんどの場合、疲れ切ってゴールして、走り終わったという安堵感があるだけです。ところがスタート地点では、まさしくこれから走るレースのことを考えながら、胸が高鳴り、それに不安と期待が入りまじった、何とも言えない緊張感があるのがいいのです。


高橋尚子

私はその日のうちにすべてを出したい。レースでは一、二分の違いが何十番もの差になる。一日で見たらわずかな時間でも、その練習を翌日に持ち越さなくてはいけなくなる。これくらいでいいやではなく真剣にやってほしい、そう思っていました。


村田早耶香

やるべきことでも実力不足ですぐにはできないこともありましたし、実行したものの効果を得られなかったということもあります。そういう意味では、有効と思われる手段を考えたら、成果を焦らずトライ&エラーを繰り返すことがとても重要です。


榎本博明

有効なのが部下やチームメンバーへの声かけです。人間は誰もが、「ポジティブ・イリュージョン」を抱いています。これは、自分の能力や業績、性格などを、実際より優秀と評価する認知的な歪みのことです。つまり人間には、自分を過大評価する心理的傾向があるということ。だから職場では、多くの部下が人事評価に不満を持ちます。仮に上司が部下の能力や業績を正当に評価したとしても、本人は実際以上に「自分は優秀だ」と思い込んでいますから、「上司が自分をちゃんと評価してくれない」と不満に思うわけです。そこで重要になるのが、声かけです。上司が部下に「調子はどう?」「頑張ってるね」などと声をかけることで、部下は「自分を気にかけてくれている」と感じて不満は和らぎ、気持ちも前向きになって、モチベーションが高まります。


山口多賀司(経営者)

バブル崩壊の頃、当社の資格を持った社員に対して、大企業からものすごい引き抜き攻勢がありました。ですが、この時、社員は誰一人辞めなかった。おそらく給料も当社よりずっと良かったと思うんですが、それでも辞めなかった。これは今でも私の自慢です。私は勧誘があった社員たちを知っていますから、後から何人かを呼んで、なぜ大企業にいかなかったのかを聞いたんです。そうしたら「社長、よくそんなことを言いますね」と言うんです。「そんなに僕のことを信用していないんですか」と言って怒るんですよ(笑)。つまり、彼らは「当たり前じゃないですか」と言うんです。「私たちは非破壊検査で技術を学んで、世の中の高度技術社会の安全を確保して、維持して、人の命を守るために頑張ってきました。そういう信念を社長が私たちにたたき込んだじゃないですか。私たちは全員そういう気でいます。もしも大企業にいったら、歯車の一つの刃にしかすぎません。だから、私たちは大企業にいく気はこれっぽっちもないですし、社長は私たちを信用していないんですか」と。そうやって怒られたんです(笑)。本当に嬉しかったですね。


ページの先頭へ